講談師 宝井琴柑さん

以前、当寺檀家の姪御さんに宝井琴柑さんがいると聞きました。

調べると都内の巣鴨信用金庫本店で、「おたのしみ演芸会」に出演することが書かれていましたので、巣鴨まで出かけました。

 

20175259335.jpg

宝井琴柑さんのブログ link

 

今日は本店3階にて11時半より、宝井琴柑さんと柳家 わさびさんが高座を受け持ちます。

巣鴨信用金庫本店 「おたのしみ演芸会」 link

2017524194046.jpg

 

15分前に入ると、もう満席です。

なにせ無料ですから、集まるのも当たり前かもしれません。

201752419415.jpg

 

琴柑さんは話の冒頭から張り扇をパンパンたたき、速いテンポで一気に会場を盛り上げ、笑いの渦に包まれました。

とにかくお年寄りばかりの会場です。普段笑いを忘れた人にはぴったりだったのでは!。

うまく表現できませんが、昔お祭りで見たバナナのたたき売り以上の調子です。たたき売りを見たことの無い方は、渥美清さん演ずる「男はつらいよ」のフウテンの寅さんの調子だと思って下さい。

古典の軍記物、天保水滸伝などとは全く異なる世界です。私の持つ講談のイメージがずいぶん変わりました。

 

若いとはいえ、あの勢いで30分をよく持たせたと感心しました。すごいパワーですね。

しかし、新作ばかりでなく古典も得意なようです。

 

今日の演目は、新作 「ボクサー 白井義男伝」でした。 白井義男 Wikipedia

演題を聞いて、たいしたことが無いだろうと思いましたが、細部にわたり良く計算された流れです。一時として飽きさせませんでした。

二ツ目とは信じられません。

たとえ白井義男を知らなくても、ボクシングに興味のない人でも、30分を十分楽しむことが出来たと思います。

 

この後に行った柳家 わさびさんはやりづらかったでしょう。

演題は紺屋高尾(こうやたかお)でした。

 

午前の部が終わり、帰るために廊下に出ると、たまたま琴柑さんが前から来ました。図々しいと思いましたが、声をかけさせていただきました。

まだずっと先になりますが永代総供養の催しに、講談をお願いしたしました。 総供養link

その折、撮らせていただいたのが、一番上の写真です。

 

ページ上部へ