北辰明見星碑-名山壽行関連-神奈川県の富士信仰と妙見信仰 の結びつき

小田原市の某家より当寺に奉納された観音堂前の北辰明見星碑のことが少し分かりました。

北辰明見星とは北辰明見菩薩(妙見菩薩)のことです。北極星、北斗七星の神格化された仏様です。

本来天部の仏様ですが、菩薩の名が付いています。

 

2015617184955.jpg

2015618173332.jpg

 

神奈川県開成町の広報に簡単ですが掲載されています。  開成町広報   

開成町の富士講先達・加藤平左衛門(明治37年歿)により小田原市の某家に建立されたようです。
碑の文字をしたためた名山壽行(みょうざんじゅこう)も彼でした。
 
加藤平左衛門は北極星と富士信仰を結び付けた藤丸講(ふじまるこう)を創設し、熱心に富士信仰を広げました。
富士登山も76回も行ったそうです。
 
 
平成21年10月1日に小田原に赴き、円泉寺に移す儀式を行いました。
 
 
201561719855.jpg
 
他にも七ヶ所(八体の石碑)名山壽行の明見碑があるようです。
 
2015617204011.jpg
 
  大稲荷神社(小田原市城山) 
  観音堂(開成町円通寺)
  個人宅(開成町金井島)-加藤平左衛門(名山寿行)旧居
  祖師堂(開成町吉田島)ー吉田島教会
  福沢神社(南足柄市小市) 
  大円寺(南足柄市怒田)
  国分㈱鵠沼寮駐車場(藤沢市鵠沼海岸)  二体の石碑
 
より知りたい方は もう一つのブログ  を参考にして下さい。
 
 
※開成町は東日本で一番面積の少ない町だそうです。  Wikipedia開成町
 
 
〒357-0014   埼玉県 飯能市平松376番地   円泉寺   電話042-973-5716
 
ページ上部へ