三途の川と奪衣婆-群馬県甘楽町金井

甘楽町の第三回目です。

 

かつて埼玉県の「川の博物館」において『発見!三途の川』展を見学したことがあります。

その時、一番驚いたのが縄文時代に三途の川を思わせる遺跡があることです。 この川は人の住む地区とお墓の間に掘られているそうです。

新潟県岩船郡朝日村  奥三面遺跡リンク

 

川の博物館では、3ヶ所「三途の川」を紹介していました。その内の1ヶ所が甘楽町の三途川です。

 

20156321355.jpg
20156321416.jpg
 

201563212451.jpg

三途川は上信越自動車道の甘楽パーキングの東側を南北に流れており、上下道共に多くの車がその上を走っています。

 

三途の川の脇には奪衣婆(だつえば)を祀る姥子堂(うばごどう)があります。姥子堂の前も道路(国道254号線)があり、三途川の上をたくさんの車が行き来しています。

姥子堂 地図

20156321715.jpg

奪衣婆(だつえば)

201563211146.jpg

姥子堂(うばごどう)

20156322847.jpg

三途橋と昔の写真リンク

 

20156321377.jpg

 

姥子堂は近くの宝勝寺の持仏堂で、六十代の方が昔子供の頃、二度ばかりお祭りをしていたのを記憶していると教えてくれました。

お念仏も行っていたようです。

 

201563211945.jpg

真言宗豊山派 宝蔵寺  甘楽町金井375ー1

 

宝蔵寺は小幡藩織田家家臣の菩提寺だったようです。今は天童市に家臣の方々の子孫が大勢居ます。

三途の川 もう一つのブログ  リンク    

ページ上部へ