飯能市の重要文化財があるお寺

埼玉県飯能市には、三件の重要文化財があります。重文以外にも飯能は優れた文化財が数多くあります。幕末の飯能戦争がなければ、もっと多くの重文があったと思います。

実際に見ることが出来るのは、臨済宗建長寺派の福徳寺阿弥陀堂のみです。

2014103020310.jpg

阿弥陀堂  鎌倉中期

20141030203120.jpg

福徳寺 埼玉県飯能市虎秀71

阿弥陀堂は、福島県いわき市の国宝白水阿弥陀堂によく似ており、優雅な姿は近在ではなかなか見ることが出来ません。

曹洞宗見光寺には雲版が指定されており、埼玉県立博物館に預けられていますので、見ることは出来ません。

ご本堂、惣門は禅宗様式の優れた建築物です。

20141030214241.jpg

ご本堂

2014103021430.jpg

惣門

 軍荼利明王を祀るのは、真言宗智山派、高山不動・常楽院です。

20141030204529.jpg

高山不動  埼玉県飯能市高山346

軍荼利明王は高さが228.8cmあります。

20141030204549.jpg

かなりの急階段です。

ページ上部へ