当寺の水天画と全国の水天石仏

201492964126.jpg

 

この水天の掛け軸は、かつて妙見菩薩と言われて求めました。

しかし、妙見様には蛇が亀に絡まっているか、手に持っている像は見たことはありますが、頭に描かれているのは見たことはありません。弁天様にも似ています。

覚禅抄に頭にヘビが乗っている仏画像があり、また、ネットで検索してみると水天に間違いないことが分かりました。

妙見様、弁天様は水天としても信仰されており、三神が合体したような絵にも見えます。

 

  水天の石仏のある場所                                                                      

水天のお姿は、妙見様によく似ています。石仏も摩耗したら妙見様と見間違うこともありそうです。
妙見様を水天として祀っているところもあり、明治以降に妙見社を水天社・水神社 にしてしまったところもあるそうです。
 

  • 東京都青梅市黒沢         嘉永5年1852
  • 東京都東大和市芋窪6-1352     慶性院
  • 東京都 不明
  • 群馬県渋川市伊香保町水沢214  水澤寺(水沢観音・坂東札所)                                   

20149299420.jpg

お水屋の水天   水沢観音・表参道の石段下

                 

  • 富山県富山市流杉           流杉老人ホーム近く水天磨崖像。
  • 富山県新川郡大沢野町芦生      新・旧の水天像 天保3年と昭和29年 。新旧が並んでいる。
  • 富山県南砺市 福光地区                     ダムに沈んだ刀利から来た。
  • 富山県南砺市 井口地区                     水天(蛇喰八幡の地蔵さま)
  • 富山県                                                  となみ野の石仏
  • 和歌山県西牟婁郡上富町市ノ瀬    市ノ瀬愛郷会上溝水利組合所有

                                 水路開設水天像。江戸時代 市ノ瀬地区
                                   石工は市ノ瀬在住の日高屋山本新七と見られている。

  • 大分県日田市北友田三丁目                 夜明観音


本やネットで調べたかぎり、日本中に水天、水神の石祠、文字の石塔はたくさんありますが、意外と石像は少ないようです。

 

ちなみに妙見様の掛け軸です。これでは水天との違いは少ないですよね。

骨董屋さんも間違えるはずです。

 

201562019620.jpg

高崎市引間  妙見寺の妙見菩薩掛軸(当寺蔵)

ホーム        

ページ上部へ