武蔵千葉氏展のご紹介-東京都板橋区立郷土資料館 平成27年9月19日~11月1日

過日板橋区立郷土史館の方がお見えになり、急遽資料として妙見様像、掛け軸などをお貸し致しました。

比較するために千葉氏とは関係ない能勢の資料、三井曼荼羅図などもお渡ししています。

板橋区立郷土資料館 リンク  地図 

 

201592511310.jpg

チラシと図録

  2015925101319.JPG

妙見菩薩像

 

2015925101410.jpg

妙見寺 高崎市

 

 

千葉氏の末裔は鎌倉以降、全国に散らばりましたが、妙見信仰は受け継いて行ったようです。

鹿児島から青森まで、移り住んだ地域には、妙見様がまつられています。

明治以降になると北海道開拓に携わった方々は、相馬神社などを勧請してまつりました。相馬家宗家も北海道に移り住んでいます。

しかし、北海道では廃仏毀釈の関係で、元々妙見様をまつっていたことを忘れられているそうです。

 

千葉氏は室町時代になると鎌倉公方側と関東管領上杉氏側とに分かれ、それぞれ力を落としました。また、豊臣勢対小田原北条の結果、千葉氏は昔の勢いは全くなくなってしまいました。しかし、現在も各地に多くの子孫が残されています。

また、九州にいた千葉氏の宗家は、現在は柏市に移り住んでいます。   ホームページ       肥前千葉氏

 

 板橋区立郷土資料館   〒175-0092 板橋区赤塚5-35-25   

開館時間 9時30分~17時(入館は16時30分まで)

休館日  毎週月曜日(祝祭日の場合は翌日)・年末年始 展示換え・施設点検等で臨時休館する場合があります


  TEL 03-5998-0081              
  FAX 03-5998-0083               
  E-mail kyoudo@city.itabashi.tokyo.jp    

 

追記  次回は資料館に行ったときのブログです。  リンク

       

 

ページ上部へ