コンテンツ

桓武平家・平良文一族による妙見菩薩の移動 千学集抄によるコース

妙見菩薩の移動

平安期の房総平氏の信仰は、皇孫としての祖神の信仰である八幡神だったとする説がある。
「丸井啓治氏『源平闘諍録と千葉氏嫡宗権の成立について』(千葉県史研究)第8号」
「上総下総千葉一族」新人物往来社丸井敬司著
(丸井氏の祖母は、千葉氏の末裔。千葉市立郷土博物館長)

 

※「妙見信仰の史的考察」中西用康(もちやす)著平成20 年6 月発行
八幡神と妙見菩薩の習合があった。先祖の桓武天皇は北辰に対する信仰が厚かった。
地元渡来系の信仰と先祖の信仰。旧中西氏所蔵の「妙見菩薩像」は読売ランドに祀られている。
※宇佐八幡宮の地主神として「妙見社」がある。
※この時代の妙見様のお姿は童子形ではなかったと思う。

妙見寺(元息災寺)  群馬県高崎市引間町(元群馬町)    天台

※平将門は『将門記』(しょうもんき)では939 年に上野の国庁で八幡大菩薩よりの神託をうけて「新皇」を自称した。このように八幡神は武家を王朝的秩序から解放し、天照大神とは異なる世界を創る大きな役割があり、武家が守護神として八幡神を奉ずる理由であった。

Wikipedia®


平将門(たいらのまさかど)、平良文(たいらのよしぶみ)を助けた童子姿の妙見菩薩が祀られていた。
平良文は、ここより妙見菩薩を各地に移す。千葉氏などの妙見信仰の大本。戦国期まで長尾氏(桓武平氏良文流)が信仰した。
近くに国分寺跡がある。

神亀6年(729)に天白山妙見寺(大阪府南河内郡太子町春日)より勧請されたという説。
続日本紀:「宝亀2年 (771)上野国、美作国・・各々50烟を給す妙見寺(天白山)」
(天白山は、もと東方の信夫山にあった。)
あるいは、714 年(和銅7 年)またはその翌年の715 年(霊亀元年)上野国大掾藤原忠明の開基により
創建されたと伝えられる。

三嶋神社  上社・下社  群馬県藤岡市西平井  上杉顕定が伊豆の三嶋大社から分祀。

良文とその一族により→武蔵国平井(諸説あり。)
例・上野国であるが群馬県藤岡市西平井の三嶋神社(道順で考えればこちら)、東京都江戸川区平井など。

宗像神社  埼玉県大里郡寄居町藤田

宗像神社の説が有力だそうだが、ここは元々極楽寺聖天宮の下社であった。
宗像神社(旧聖天宮)が妙見の変化した姿と考えられているようだ。
旧聖天宮の祭礼は、西平井の三嶋神社と同じく11月15日だった。

極楽寺聖天宮(元上社)   埼玉県大里郡寄居町藤田249    豊山

弘法大師の開山と伝えられ、聖天を祀った。源義家(1039~1106)は七堂伽藍・六供六坊を建立した。
中世に妙見菩薩が祀られていたという記録があるという。
宗像神社というよりも極楽寺に祀られていたのかもしれない。

廣見寺内・妙見堂  埼玉県秩父市下宮地25-29 秩父最初の禅寺    曹

秩父妙見宮は、秩父神社に合祀される前はこのあたりにあった。
※金剛院秩父市下吉田(元秩父郡吉田町)
金剛院は秩父氏の菩提寺で秩父武綱の墓がある。近くには秩父氏舘跡(吉田小学校)がある。

秩父神社  埼玉県秩父市番場町1-13

1300 年から1320 年に秩父神社に合祀。12月3日の秩父夜祭りが有名。ここでは妙見菩薩が女神と言われている。養蚕神との習合が考えられます。

神奈川県藤沢市村岡(鎌倉の村岡とある)   藤沢市渡内の二伝寺に良文の墓

しかし熊谷市村岡(大里郡村岡郷)の説もある。村岡の高雲寺は平氏の館跡と言われる。
良文の子の平忠頼・忠通が住んでいた。
彼らは平氏惣領家の平繁盛(平貞盛の弟)の使節が大般若経を比叡山に送ろうとしたさい、村岡郷で追い返した。
〔今昔物語の良文と箕田(みだ、鴻巣市)の源宛(あつる・渡辺綱の父)との記載や子孫の動向から、地元びいきもあり熊谷説を採りたい。)〕
  ※村岡集会所の地に近年まで平良文を供養する観音堂があった。

氷川八幡社  埼玉県鴻巣市箕田(箕田源氏発祥の地)

源仕(つこう)→宛(あつる)→綱(つな源頼光の四天王渡辺綱)三代の屋敷跡があった。
源宛は今昔物語で平良文との逸話が有名。綱は幼少にして両親を失い、従母の多田満仲の娘に引き取られ、
摂津国渡辺の庄で養育され、渡辺姓を名乗るようになった。渡辺姓の大元。

源経基舘跡  埼玉県鴻巣市鴻巣高校の南西側に隣接

経基は清和源氏の祖。天慶の乱が無ければ、平家も源氏もただの地方武士のまま終わっていたのでしょう。

人見神社  千葉県君津市人見白雉元(650)年創建

千葉六妙見のひとつ。急な階段が300 段以上続く。

上野  千葉県四街道市上野か?

四街道市上野には上野神社・妙見祠がある。近くには薬師堂。
山科828 の天御中主神社(妙見神社)は、千葉神社の前身で金剛授寺の分霊を祀る?

妙見堂  千葉県千葉市緑区大椎  大椎城址    現在は民家にあるようだ

根古屋集落には妙見様を祭る祠をもつお宅が何軒かる。

千葉神社(元金剛授寺)  千葉県千葉市中央区院内1-16-1 1000 年にここに移る

千葉氏の妙見信仰の中心だった。長保2年(1000)年に千葉忠常の次男・覚算大僧正が建立。
妙見大祭8月16日~22日(だらだらまつりの古式)

特に金剛授寺からは、鎌倉期の桓武平家の一族の発展により、多くの妙見菩薩が各地に勧請された。
千葉県下、近在はもちろん、東北・中部・近畿・中国・九州に及びます。
福島県下には、平将門の子孫と言われる相馬氏の関係で、野馬追いで有名な相馬三妙見などがあり、かなり多くの妙見社があります。
千葉県下は、妙見を祀る城跡が数多く見られる。

※東氏は千葉常胤の六男六郎大夫胤頼(たねより)を祖とする。
東胤行は承久の乱(1221)の勲功により美濃国郡上郡山田荘の地頭職に補任され、この地を本領として移り住んだ。
近世には遠藤氏を名のり、慶隆のとき徳川氏に属した。
関ヶ原の戦の勲功により美濃国郡上郡八幡城主となり、2 万7000 石を賜領した。
1698 年(元禄11)近江国三上に転封、1870 年(明治3)和泉国に移り藩名を吉見藩と改め、78 年より旧姓東氏に復する。
のち子爵。
© 1998 Hitachi Digital Heibonsha, All rights reserved.

明建神社 岐阜県郡上市大和町牧近くに別当・尊星王院跡がある。牧に東氏(千葉氏一族)館跡あり。承久3(1221)年創建
乗性寺 岐阜県郡上市美並町白山967-3    真宗

※東家(遠藤家)の菩提寺妙見菩薩掛軸

肥前千葉氏  小城市には、鎌倉初期から御家人の千葉氏が支配し,室町時代には千葉城が築かれた。

光勝寺妙見堂 佐賀県小城市小城町松尾4421    日
晴気妙見社 佐賀県小城市小城町晴気1968
妙台山見明寺 佐賀県小城市小城町晴気1966    天
晴気妙見社の元別当妙見堂には僧形の妙見神が祀られている。
北浦妙見社 佐賀県小城市小城町

奥州千葉氏

房総千葉氏は源頼朝の奥州藤原氏討伐で功を立て、多数の領土を得ました。
そして1230 ~ 1300 年年頃に房総の地から多くの千葉一族が奥州に移ったと言われています。千葉の姓は、東北に多い。
千葉周作(北辰一刀流・玄武館)、新渡戸稲造もその一族です。

※平野貞夫著「坂本龍馬と謎の北極星信仰」より抜粋

小沢一郎の出身地である水沢市(現奥州市水沢区)を中心に、候補者のタスキを掛けて挨拶まわりをしていると、
事務所や自宅に、ある菩薩を祀っているところが実に多いことに気がついた。
いずれも星信仰である「妙見菩薩」だと言う。
また「千葉」という姓も多かった。聞くと平将門の末裔、千葉一族の子孫が岩手県南部に多いということであった。

相馬氏は、平将門の後裔と伝えられるが、直接の祖は千葉氏の祖常胤(つねたね)の次男師常(もろつね)。
重胤が1323 年(元亨3)に一族とともに行方郡に下向して奥州相馬氏をおこした。
現在相馬本家は北海道に移住。福島県内には初発(はじめ)神社など多くの妙見様を祀る所がある。
相馬野馬追7月23.24.25 日

相馬中村神社 福島県相馬市中村北町140
太田神社 福島県南相馬市原町区中太田舘腰143 相馬氏累代の鎮守
相馬小高神社 福島県南相馬市小高区小高城下173
相馬妙見歓喜寺 福島県相馬市中村高池前43    豊山
明治に中村妙見の本尊妙見菩薩を移す。三個寺の一
妙見堂 福島県いわき市四倉町字西3-13-1

都内の千葉系妙見神社

妙見神社 東京都江戸川区東葛西3-17(妙見島)
中曽根神社 東京都足立区本木2 丁目5
足立区一帯を支配していた千葉次郎勝胤が築城した中曽根城跡
名主屋敷(佐野家)・妙見社 東京都足立区佐野1丁目31番
文禄二年(1593)千葉勝胤の子孫といわれる佐野新蔵胤信が開墾し子孫が代々名主を務めてきたことによる。
乗蓮寺(東京大仏)妙見祠 東京都板橋区赤塚5丁目28-3 千葉氏赤塚城二の丸跡浄土
葛原神社(旧妙見社) 東京都品川区荏原6-2-13 千葉氏系鏑木家勧請

薩摩千葉氏・秩父平氏系渋谷氏  関連があるか分からないが

天御中主神社 鹿児島県薩摩川内市入来町副田207
御中主神社 鹿児島県薩摩川内市東郷町斧渕4759
妙見神社 鹿児島県薩摩川内市祁答院町下手

薩摩に千葉氏が一時入ったが、その後秩父平氏・渋谷氏の内、所領に下った一族は、入来院(いりきいん)(定心),東郷(実重),昭答院(けどういん)(重保),鶴田(重諸),高城(重貞)各氏の祖となり発展した。なかでも入来院氏は入来院の領主として存続して明治維新を迎えた。
  © 1998 Hitachi Digital Heibonsha, All rights reserved.
※入来院文書が知られている。渋谷氏の末裔に東郷元帥がいる。

別 須々木氏(丹治宗行)関連  埼玉県小鹿野町(元両神村薄出自)    注・桓武平家ではない

 金山寺 岡山県岡山市金山寺481 天台
須々木氏(丹治宗行)が田を寄進。山上に妙見宮。
天神社(元妙見宮) 岡山県岡山市三野本町妙見山上(明見山)
須々木氏の城跡。

※桓武平家秩父氏は元々は丹治氏だったという説もある。

妙見菩薩・平将門資料集  リンク 

ページトップ

ページ上部へ