コンテンツ

妙見菩薩と妙見信仰

妙見菩薩・平将門資料集 リンク

 
  1. 紀元前数千年前、元々は現在のイラクやイランに栄えた古代アッシリアやバビロニアの砂漠の遊牧民が方角を確認するために北極星を神として信仰し、遊牧民を経て、中国に伝わりました。
    中国においても、北辰信仰は、紀元前二千数百年前の堯・舜(伝説の王の名・夏の前)の時代に記録されているという。
    北極星の信仰が古代中国に伝わり、道教などの星信仰と習合していきます。
    北極星は、道教においては、天帝太一神の居所であり、北辰を北極大帝、北極紫微大帝、玄武大帝もしくは北極玄天上帝などと称し、最高神である玉皇大帝の命をうけて星や自然界をつかさどり、天界、人界、冥界の三界を総宰する神格とされるようになりました。  
  2. 仏教では「七仏八菩薩諸説陀羅尼神呪経(妙見神呪経)」として組み込まれました(正倉院の写経請本帳(736 年)にこの経もみえる)。「妙見」とは仏典を根拠とする言葉です。 妙見菩薩とは、北極星、北斗七星を神格化した仏様のことです。
    菩薩とありますが、天部の仏様です。  
  3. 玄武は中国の四神(青竜、朱雀、白虎、玄武)のひとつで、北方の守護神といわれ、五行説で北は水に属します。
    宋(960 ~ 1279)の時代(1014 年)には諱避(いひ)のために真武と名を変えました。
    「宋真宗大中祥符七年(1014 年)加封為翌聖保德真君後為避聖祖趙玄朗之諱改玄武為真武」
    ※玄=色では黒を表す。(玄は、げん、くらい、くろ、くろいと読む) 真武大帝(しんぶたいてい) Chinese mythology ホームページより。 四聖獣のひとつ玄武(げんぶ)の神としての姿。真武神、裕聖真君、玄天上帝など別名を多く持つ。黒の衣をま とい、七星剣を持ち、亀と蛇を踏む姿で表される。北方を守護し、水神、武神でもあり、北斗七星とも関係が深 い。
    特にこの神は南方での人気が高く、ベトナムや台湾では最高神の扱いをうけているという。「北遊記」(注: 東西南北の物語が作られ、特に西遊記が有名)では主人公として活躍する。    藤山  
  4. 天皇大帝(てんおうだいてい)ともいわれ、日本の天皇号も宇宙最高神の権威の象徴として成立した。  
  5. 七世紀に高句麗、百済などの渡来人により伝わったようです。
    最初は渡来人の多い関西以西の信仰だったようでが、天智天皇以降に渡来人を強制的に関東に移住させたために関東に妙見信仰が伝わりました。  
  6. 妙見様は、北斗七星の第七番目の星が、破軍星と言われたために武門に信仰され、山口市の大内氏は氷上山興隆寺を厚く敬いました。
    特に桓武平氏の千葉氏系は妙見信仰で強い絆を持ち、鎌倉幕府設立には大きな力になりました。
    一族は日本各地に広がり、各地に妙見菩薩を勧請しました。
    現在も千葉神社を中心に千葉県内には妙見菩薩を祀る約400 の寺社があるようです。
    福島県の野馬追いで知られる妙見三社などがよく知られています。 他に、秩父氏では埼玉県の秩父神社が知られています。  
  7. 鎌倉末期天台教学と融合した山王信仰が説かれた。山王七社は北斗七星でもあり、庚甲・北斗・山王信仰との関係が密接です。  
  8. 江戸時代には、妙見信仰が日蓮宗に広がり、特に大阪府豊能郡能勢町の能勢妙見が有名です。
    京都では昭和61年に日蓮宗を中心に洛陽十二支妙見が再興されました。  
  9. 北辰鎮宅霊符神として祀られているところもあります。  
  10. 地域によっては水神、鉱物神・馬の神としても信仰されたました。隠れキリシタンは妙見を天帝として祀ったこともあったようです。
    水神として祀っている地区(高知県・熊本県など)。
    水天を妙見と取り違えて祀ってあるところもあるようですが、どこかは分かりません。摩耗したら判断がつかないでしょう。
    ※水天も亀蛇に乗る。  
  11. めうけん(妙見)はきたのきたにぞおはします 衆生ねがひを満てんとて空にはほしとぞみえたまふ    「梁塵秘抄」  
  12. 自治体単位で現在調べたところもっとも多いのは、広島県福山市の32ヶ所。  
  13. 妙見山(山号)、妙見寺とあっても、現在は祀られていないところもある。  
  14. 有名な所千葉神社(千葉氏) 能勢妙見(兵庫県) 八代神社(熊本県) 秩父神社(埼玉県) 足立山妙見宮御祖神社(北九州市) 相馬野馬追(福島県、相馬中村神社・太田神社・相馬小高神社)  
  15. 妙見菩薩の本地仏は十一面観音(真言宗)、七仏薬師(天台宗)とされている。  
  16. 伊勢の天台宗常明寺にて日蓮上人の前に妙見菩薩が示現したという話しは、本化別頭高祖伝(1720 年)にある。  
  17. 亀の中国思想史(永谷恵氏)が面白い。    http://mayanagi.hum.ibaraki.ac.jp/students/04/nagatani.html
  18. 「阿裟縛抄」第六の「妙見」に「帖に云わく。北辰は妙見なり。又尊星王と云う是なり」とある。  
  19. 『山書月報』の谷有二氏の解説に「地中の埋蔵鉱物は、空の星が降って地の中で育つと信じられた時代があった。
    そこで北極星、つまり妙見が鉱山師の信仰を受けるようになったらしい。
    その妙見を祀る山が、妙見山である」という。
    ※石見銀山(世界遺産)は延慶2年(1309)周防国守大内弘幸が日頃信心する妙見神のお告げにより銀山を発見された。

ページトップ

ページ上部へ