ホーム

円泉寺ご案内

梅松山円泉寺

真言宗智山派 梅松山円泉寺の概要

円泉寺

円泉寺は、真言宗智山派に属し、総本山は京都市東山七条の智積院です。
智山派は成田山新勝寺、川崎大師平間寺、高尾山薬王院、高幡不動尊金剛寺、大須観音宝生院など全国に約3000ヶ寺ありますが、埼玉県では一番多い宗派です。

当寺は弘法大師が巡錫のおり開いたと縁起にありますが、残念ながら江戸末期の火災のためか詳細は不明です。かろうじて読める江戸初期の住職の石塔がありますが、それ以前は残念ながら摩耗して読めません。

規模は大きくありませんが、本堂・観音堂・妙見堂・大師堂・阿弥陀堂・天神社・永代供養塔などの建物があります。
武蔵野七福神の『福禄寿』様の札所として知られ、お正月10日ごろまでが御尊像開帳期間となります。
昨年、岩殿弁財天様(銭洗い弁財天) をお祀りしました。
それ以外にも全ての七福神・十三仏が祀られています。

阿弥陀堂は、円泉寺で一番古い御尊像・阿弥陀様が祀られています。
お参りに来られた方々のためにお茶など用意しています。気軽にご参拝下さい。

札所・行事


武蔵野七福神札所(福禄寿)、1月1日より10日ごろまで御尊像を本堂にてで参拝することができます。
武蔵野観音札所(十一面観世音)25番札所

花祭り 4月8日
施餓鬼会 8月16日 午前10時より
妙見尊大祭 12月第1日曜日

 

忠魂碑
円泉寺

声明・仏讃

仏讃の次第

 


真言宗智山派の声明(しょうみょう)・仏讃(佛讃・ぶっさん)です。滅多に使われることがありません。

仏讃音声はこちらから(MP3)
仏讃音声

 


 

アクセスマップ

  • 西武池袋線 「飯能駅」より 4㎞
  • 圏央道 「狭山・日高」ICより 4㎞       道順     

円泉寺観音縁起

円泉寺十一面観世音様縁起

武州高麗郡平松村梅松山觀世音由来の記





円泉寺に伝わる縁起文のPDFデータを
掲載致します。


 

※現在の観音堂御本尊・十一面観世音様は、木造の仏様です。

円泉寺のご本尊は、不動明王です

不動明王
阿弥陀堂の不動明王



円泉寺には、お不動様・観音様等の十三仏、
七福神などが祀られています。
阿弥陀堂の阿弥陀様、お不動様、弁天様、
お釈迦様と銭洗い弁天様はお近くでお参りができます、
ぜひお参り下さい。

 

 

円泉寺の菩提樹と花・葉・実

菩提樹

観音堂の前に菩提樹の木があります。約100年前に根元から切られましたが、そこから出た芽が大きくなりました。6月10日前後が見頃で、20日頃には黄色い花が絨毯のように落ちてきます。

この実は、がくがついていて、くるくると回りながら風に運ばれていきます。小学校の教科書にも風が運ぶ実として載っています。

この実の殻を割ると黒い種が何粒かでてきますので、この種を半日陰(又は日陰)の所に蒔くか、殻を一部割って蒔くと運がよければ芽が生えてきす。そのままでは芽が出ないようです。この実からは残念ながら念珠は作れません。

生えてきたという話は、あまり聞かないので蒔き方を変えて挑戦してみてはいかがでしょうか。但し、すぐ大きくなるので広い庭も必要です。 花が咲くまではかなりかかります。 どうしても菩提樹の木が欲しい方は、五月から八月ごろ境内に芽を出しますので、そのころ問い合わせ下さい。但し、にた木と間違えることもあります。

20156819627.jpg
2015681970.jpg

 

菩提樹とは

インドにてお釈迦様はこの木の下で、悟りを開きました。菩提とは覚りという意味です。
日本にある菩提樹は、中国原産の種類です

シューベルトの冬の旅の中の「菩提樹」は、日本語でしたが学教で習ったことがあります。

葉がハートの形をしているので、ヨーロッパでは恋愛の木として知られているそうです。この木に祈れば恋愛、縁結び、良縁が成就するかも。保証しませんが

 

2016530151111.jpg

2016530193016.jpg

菩提樹のハーブティー(リンデンティー)は、安眠効果や心を落ち着かせる作用があるようです。 失恋にはぴったりのお茶かもしれません。

  ブログリンク

菩提樹の実

菩提樹の実


お正月の七福神参拝者の多くが木の実をひろっていきます。

花芽は16ありますが、実が落ちる頃は1、2個になっています。最高9個でした。
種を蒔き芽が出ましたと話される方もいますが、あまり出ないようです。
1年目に発芽することもありますが、普通2年ほどしてから芽が出るようです。

 

学習院御一行が昭和11年に円泉寺に来られました

学習院

本堂に上がると正面上に久邇宮家(故香淳皇后様ご実家)御下賜などと書かれた檜の板が三枚あります。
昭和11年10月22日、久邇宮様、並びに学習院の御一行、お付きの方々などが遠足に円泉寺参拝・栗拾い・ゴム工場の見学に来られました。

円泉寺にお参りに来られると元住職が説明しても、地元の方々や警察も信用せず、事実と分かると道普請、本堂の改修、境内の整備、トイレの増築などと準備に大変だったそうです。出費も相当のものだったようです。

地元の方々が農作業の唄や踊りを披露しました。栗拾いには時期が遅く、用意した実を針金でつったり撒いたりして迎えたそうです。その時記念に植えられた、お手植えの4本の高野槙が現在一本だけ残っています。
円泉寺の北側に「久邇カントリークラブ」があります。戦後このあたりに久邇宮様が鉄砲を撃ちによく来られたそうです。来られるとお昼に円泉寺でお蕎麦を召し上がりました。久邇カントリークラブが現在ここに開設されたのも、鉄砲撃ちに来られていたからです。

戦前のお話しです

戦前の話





円泉寺始まって以来の大フィーバーだったようです。

真言宗智山派 円泉寺 (えんせんじ)

   〒357-0014 埼玉県飯能市平松376

sub Home page link   ブログlink

       [電話番号] 042-973-5716 

      [Fax] 042-972-8834                

       ブログ2  link  別のブログです。  

ホームに戻る         

 

ページ上部へ