2006年04月21日

臨済宗 長善寺 茨城県取手市

平将門公が祈願寺として創建したと伝えられています。

車で行きましたが、取手駅から近くにあります。

 

紫陽花の頃が見頃のようです。

階段を登り切り、山門過ぎると茨城県指定文化財の三世堂です。

中は「さざえ堂」になっており、坂東・秩父・西国の百観音が祀られています。

1年に一度、4月18日に公開されるようです。

 

こちらが御本堂と思いますが、もっと良く見てみれば良かったと思います。

 

霊山堂とあります。

霊山堂は取手大師とありますので、こちらも弘法大師でしょうか。

 

  弘法大師の相馬新四国札所になっています。

文殊堂

 

相馬霊場大本開基光音堂とあります。こちらも札所?

 

茨城百景に選ばれていますが、たしかに素晴らしいお寺でした。

 

長禅寺 茨城県取手市取手2丁目9−1 地図

 

天台宗 竜禅寺 茨城県取手市

将門公の生まれた所と伝えられており、幾つかある伝承の一つです。平将門公創建の寺とも伝えられています。

ここにはそのような看板などはありませんでした。

 

 

御本堂をご紹介する方が先と思いますが、先ずは取手市では唯一の国指定重要文化財である三仏堂です。

釈迦如来、阿弥陀如来、弥勒菩薩の仏像が安置されており、三仏堂と言われています。

 

永禄12年(1569)と書かれた木札があり、その頃に建立されたようです。

 

御本堂に参拝です。御本尊は阿弥陀如来です。

 

取手など近郊には、平将門公の伝承が数多く残されています。

 

            竜禅寺Wikipediaリンク

妙見八幡神社 茨城県常総市

元々は天台宗妙見寺でした。妙見寺境内の八幡神社を廃仏毀釈時に合祀して、妙見八幡神社としたようです。

国道294号沿い、石下紫峰高南交差点の角地にあります。

 

もう少し早く来れば桜の花が咲いていたはずです。

 

妙見寺は明治4年廃寺とあります。間違いなく廃仏毀釈になったことが明らかです。

 

 

妙見八幡神社 

 

ページ上部へ