2006年06月10日

武尊神社 五重塔庚申塔 石仏群 群馬県片品村

石仏が道路から見える場所に「武尊神社の石仏群」とありました。

末社に星ノ宮神社があるはずです。

 

石の額がありましたが、武尊神社ではなく天満宮だと思います。合祀されたのでしょうか。

庚申供養塔

 

四段目に青面金剛、五段目には二鶏と二猿像です。

 

片品村ホームページには「武尊神社の境内があり、その登り口に立派な石仏群が建てられています。一番奥には、珍しい五層の庚申供養塔があり、この塔は、土出伊閑町の五層の供養塔と同じような形をしています。建立は、1686年と彫られています。」

このような五重塔式の庚申塔は、初めて見ました。※後日、榛東村の柳沢寺を参拝すると、同じような庚申塔がありました。ブログlink

 

星ノ宮神社は分かりませんでしたが、楽しくお参りができました。

片品村には穂高神社は他にも複数あるようです。冬場はスキー客で多くの方が行き交う通りだと思います。

 

武尊神社 群馬県利根郡片品村大字戸倉211 地図          

片品村石仏群リンク

八幡宮・北斗星石祠(原家持) 群馬県沼田市

たまたま前を通ると、小さい神社でありながら、よく手入れされている所を見つけました。

 

 

草花がきれいです。

 

脇に行くと石祠などが祀られています。

石室部分正面に北斗星が彫られていました。剣が付いた部分は破軍星です。
愛知県春日井市内津の妙見寺の紋によく似ています。

 

元々は原アイ子さんの実家である大竹家のものであったが、嫁ぐときに土地と八幡宮を受けつぎました。大竹家はかなりの旧家のようです。

上川田保育園の道を挟んだ南側にあります。

 

追記 2020/01/10  上川田保育園は廃園になったようです。

ページ上部へ