2012年06月15日

見沼元圦公園の風車 埼玉県羽生市

この近くを通ると風車が見えました。

北側の駐車場に車を駐め、休憩かたがた散策です。

 

 

さいたまなびに「見沼代用水の元圦跡を整備して作られた公園です。利根川から見沼代用水に取水する利根大堰から見沼代用水沿いの西側に広がっています。」とあります。

 

 

平日でしたので、ここで休憩している方以外には、散策している人はいませんでした。

遊具もありますので、土日や休日には子供さんが遊んでいるのでしょう。

 

 

 

敷地のサツキがきれいでしたが、写真を撮り忘れました。

 

 

見沼元圦公園 埼玉県行田市須加 3792番地  地図link

 

追記

行田市の「埼玉発祥の地」看板がありました。

 

埼玉県には埼玉郡(さいたまぐん)がありました。

埼玉古墳(さきたまこふん)、前玉(さきたま)神社など、埼玉の由来となった土地があります。

浦和市・大宮市・与野市が合併して埼玉市になることになり、旧埼玉郡から反発があったことを思い出します。

さいたま市となったのは、県北の地域に考慮する必要があったからだったと思います。

 

小屋原稲荷神社 群馬県前橋市小屋原町

ここの稲荷神社は慶長年間の創建です。

 

 

明治42年に菅原道真公と大山祇命を合祀しました。

 

 

 

 

境内には数多くの石祠が祀られています。

 

 

 

 

どのような由来なのかは知りませんが、摩多利尊天のお姿が社に貼られていました。

 

 

追記

摩多利神は同市の金剛寺が知られています。金剛寺ブログlink

 

小屋原稲荷神社 群馬県前橋市小屋原町969−2  地図link

 

曹洞宗 曹源寺 さざえ堂 群馬県太田市

太田市の曹源寺さざえ堂は三層の御堂で、西国・坂東・秩父の観音様をお祀りしており、重要文化財に指定されています。

 

 

紫陽花の時期でした。

紫陽花寺とも言われているそうです。

 

 

 

 

 

案内板に「さざえ堂は、新田氏の始祖新田義重が京都からの養姫である詳寿姫の菩提を弔うために建立したと伝えられる祥寿山曹源寺の本堂であり、完成五年四月(1793年)当時の火災あとに再建されたものである。‥‥‥」とあります。

 

どの観音様も優れた彫刻でした。

 

 

平日でありながら、次々と参拝客が訪れています。

 

 

山門を出ようとすると、団体客が着いたところでした。

同じ時間帯でしたら混み合って落ち着いて参拝できなかったでしょう。

 

曹源寺さざえ堂  群馬県太田市東今泉町165 地図link

 

ページ上部へ