2014年09月01日

秩父神社と妙見菩薩

先月秩父神社にお参りに行ってきました。

秩父神社と言えば妙見様として知られており、かつて関東においても千葉神社に次ぐ妙見信仰の神社です。

廃仏毀釈により、妙見様との関係が分からなくなっている神社も多く見られます。
妙見菩薩はほとんどの神社が天御中主神となっており、秩父神社でも四柱の中の一神として祀られています。

 

201491192510.jpg

妙見菩薩を信仰する平将門の末裔である千葉氏の流れをくむ秩父氏は、川越氏、畠山氏、江戸氏、渋谷氏、豊島氏、葛西氏などとして鎌倉幕府の有力な御家人として活躍しました。しかし、幕府の奸計により滅ぼされたり、どうにか命脈を保った氏族もありました。

 
千葉氏や相馬氏は平将門の末裔と称していました。
東郷元帥は薩摩に移った渋谷氏の末裔です。
 
毎年12月3日は秩父夜祭りとして知られ、多くの方が参拝に訪れます。でも、とてつもなく寒いですよ。 
妙見菩薩は北極星・北斗七星を人格化した仏様です。札場では妙見様の神社であることがわかる御札などを授与していただけます。
 

20149119441.jpg

私の研究していた妙見菩薩の資料を興味のある方は覗いてみて下さい。

妙見菩薩 リンク     秩父神社の妙見様と養蚕神 リンク                  

 

ページ上部へ