2015年11月25日

日本三古碑の多胡碑と羊様ー高崎市吉井町

多胡碑

那須国造碑、多賀城碑と共に日本三古碑として知られる多胡碑(たごひ)です。この碑は八世紀後半に造られました。

 

20151125164625.jpg

多胡碑

 

20151125182725.jpg

多胡碑掲示板  画像をクリックして拡大

2015112518287.jpg

碑文  画像をクリックして拡大

「給羊」が方角説、人名説などがありますが、現在は人名説が有力だそうです。

 

土地の人は「羊様」(羊太夫)と呼び、信仰の対象となっています。多くの伝承が残されており、ここより秩父の和銅発見に功績があったのが「羊」あるなど、各地に広く分布しています。

Aさんが和銅鉱山にある秩父の聖神社の「聖」が、どうしてなのか不思議だったが、羊(ひつじ)と聖(ひじり)が何か関係あるのだろうかと言っていたことを思いだします。

併設の多胡碑記念館は関連資料の展示や企画展などの催しが開催されます。以前家内の関係の方が書道展を行ったときに来たこともあります。

 

すぐ近くには七世紀頃の南高原1号墳と片山1号墳があります。

 

20151125172014.jpg

南高原1号墳

20151125172032.jpg

1号墳玄室

20151125192342.jpg

画像をクリックして拡大

 

多胡碑 高崎市吉井町池1095  リンク     地図

 

羊神社

20151125165147.jpg

羊神社

20151125165210.jpg

御由緒  画像をクリックして拡大

多胡碑から西に約13キロメートル

多胡一族が移り住んだ地に羊太夫を祀った神社です。

このあたりには多胡の姓の方が多くおり、神社のすぐ近くにも一族のお墓がありました。

 

羊神社  群馬県安中市中野谷1751  リンク

   地図

 

富岡製糸場と和田英

もう一週間以上たちますが、群馬県の富岡製糸場を見学してきました。

20151125104914.jpg

富岡製糸場

 

世界遺産であることは知っていましたが、国宝であったとは知りませんでした。日本を発展させた大事業でした。

日本国内で最所の製糸場として建設され、引き継いだ片倉工業が後世に残していただいたことにより、現在私たちも目にすることが出来るわけです。

平日でしたので、ついた時間が早かったために駐車場に楽には入れましたが、帰るときはいっぱいでした。

団体の見学客が次々にやってきます。

 

2015112511010.jpg

たくさんの見学者

20151125111610.jpg

工場内

20151125115524.jpg

 

ただ見て歩くだけでなく、ガイドしていただくことをおすすめします。ひとり200円です。

明治初めの多くの建物群が現在に残されているのに、近代に建てられた物が、壊れているのを見ると、どれだけ海外からあらゆる分野の技術を熱心に習得したのか垣間見ることが出来ます。

 

ここに残された膨大な遺産だけでなく、外部資料として松江から女工として来た和田英(わだえい・旧姓 横田)の著した「富岡日記」が今も出版され読むことが出来ます。 PDF 富岡日記 リンク

 

20151125112559.jpg

富岡日記(ちくま文庫)

ちなみに和田英の兄弟は、大審院長、鉄道大臣になるなど、秀才の家系のようです。  旧横田家住宅

 

以前「女工哀史」を読んだことがありました。ガイドさんに聞いたところ「富岡製糸では、そのようなことはありませんでした」「後に造られた製糸工場では、そのようなことがあった所もあるようです」とのことです。

映画の「ああ野麦峠」のようなことは他の工場ではあったのでしょう。

富岡製糸では当時労働時間が、7時間45分と決められていたそうです。

 

20151125121848.jpg
20151125121924.jpg

 富岡日記を読むと、女工達はかなりの覚悟でここに来たことが分かりますが、思った以上にのびのび働いていたことが知られます。

 

フランスから来た技術者も、日本人の勤勉さ、能力の高さに舌を巻いたのではないでしょうか。

 

かつて日本に鉄道が敷かれたとき、外国からの機関士よりたちまち優れた技術を習得し、日本人を馬鹿にしていた人々も悔しがっていたことを何かで読んだことがあります。

当時日本ほど識字率が高く、勤勉な民族はなかったはずです。

 

追記
以前書いた蚕の神様「衣襲明神」(きぬがさみょうじん)のブログです。ご参照下さい。  リンク

ページ上部へ