2016年02月23日

墓誌彫刻

永代供養塔の墓誌に彫刻の依頼を致しました。

 

2016223191520.jpg永代供養塔の墓誌
2016223183227.jpg

朱文字は生前予約、ご夫婦や親子での申し込み。

 

いつもは10日ぐらい前に依頼すれば良いのですが、雪の影響で今回はかなり遅れました。

残念ながら納骨に間に合わない家もありました。

以前はお墓ようの墓誌には直接彫るのではなく、茨城県の真壁に持って行き依頼していたので、かなり期間が必要でした。それに比べれば速い物です。

 

201622318397.jpg

 

鉄粉をコンプレッサーで吹き付けますので、硬い石もきれいに文字の彫刻が出来ます。

最後に掃除をし、文字に白と朱を入れます。朱は没後に白く塗り直します。

 

2016223184157.jpg

型をはりつけ、文字を抜き出します。

2016223222737.jpg

コンプレッサーで鉄粉の吹きつけ。

風下では粉塵が目に飛び込みます。

鉄粉は雨やしけっているとき、内部で固まってしまうために、工期が遅れてしまうのだそうです。

きれいに仕上げていただきました。

 

昔は墓誌に彫刻することはなく、箇々や夫婦などで、それぞれ石塔を建てました。

さらに火葬での納骨ではありません。棺のまま土葬ですから、お墓もかなり広い面積が必要でした。

 

201622319610.jpg

箇々の墓石

 

20162231978.jpg

墓誌

201622319729.jpg

石塔への戒名等の彫刻

 

永代供養塔は箇々の家のお墓でなく、跡取りがいても共同墓地として利用している方も増えています。

 

201622319936.jpg

泉寺永代供養塔

 

2016223222622.jpg

 

ページ上部へ