2018年08月

天神さま(道真公)の彫刻

 

菅原道真公(天神さま)を祀る神社には、牛の像が奉納されているのを目にします。

大宰府において道真公がなくなり、遺体を載せた車を引く牛が、座り込んで動かなくなりました。道真公が動かなくなった場所を自分のお墓にしたいのだと、周りの人は思い、そこが墓地となりました。

また丑年生まれであったことも、全国の天神社に牛の像を奉納し祀るようになったわけです。

 

骨董屋さんに聞くと、かつてこの彫刻は、飯能市内の神社に納められていたようです。

彫刻の左下にこれを彫った「野﨑直延」の名が彫られています。市内稲荷町の久下稲荷神社の稲荷神像台座には、野﨑直延の名があるようです。

 

この彫刻は、ご本堂に掲げてあります。

 

当寺天神社の撫で牛です。祭礼の時のみ拝むことが出来ます。 平松天神社

 

當麻曼荼羅(観経曼荼羅)

當麻曼荼羅は、奈良県の當麻寺に伝えられた、観無量寿経の世界を描いた刺繍の図です。

中将姫が蓮の糸を染め、作られたと伝えられています。(実際には綿糸のようです)

この曼荼羅図は原本からではなく、當麻寺の中之坊に伝えられた掛け軸の工芸品です。

當麻寺中之坊           當麻曼荼羅Wikipedia

 

 

阿弥陀如来

 

勢至菩薩

観音菩薩

 

 

当寺で迎えた勢至菩薩像は、この図と同じ形でした。そのような縁もあって迎えた掛け軸です。

一周忌法要には勢至菩薩のお話をしますが、當麻曼荼羅の話が中心になっています。

 

當麻寺には行ったことがありませんが、奈良市内に中将姫誕生地と言われる誕生寺前を通ったことがあります。

もう7年も前のことです。

 

朝の8時半頃でしたので、中ではお参りできませんでした。

誕生寺  奈良市三棟町2   地図

大宮神社 小山氏大宮城 栃木市大宮町

下野市に向かう途中、カーナビに大宮神社がありました。
気になるので、お参りをすることに致しました。
 
 
ガソリンスタンドの先を左折すると、鳥居が立っています。
この道が、かつては参道だったのでしょう。
 
 
 
行ってみると、いくらでもありそうな神社でした。
神社の前を右に折れても、かなり先に鳥居があるようです。
 
大宮神社
 
おおみや幼稚園児の元気な歌声が聞こえます。
 
 
 
碑の文字を読んでいくと、神社の南が小山氏の支城だったことが分かります。小山(おやま)氏
 
江戸時代には、大老堀田正俊の三代で、堀田正虎の陸奥福島藩・上野安中藩と共に、下野大宮藩2万石がありました。堀田正虎
その陣屋がこの神社の南東に置かれていたようです。
 
駐車場から、神社に向かう途中にも、土塁や掘と思われる跡が残されており、明らかに境内も含む広範囲が、城跡だったのだと思いました。
大宮藩陣屋跡も城跡と重なる部分があったと思いますが、伝承が取り違えられたのかもしれません。
 
 
 

南側からの参道
 
 
拝殿と本殿
 
お参りの後、神社の周りを散策致しました。
 
神社の四方に、堀と土塁跡と思われる所が、残されていました。
 
 
 
 
西側と南側は川が流れており、平地ながら高低差は、かなりあったと思われます。
 
 
 
神社の裏側の土塁の外側は、埋め戻されているようです。
 
実際には、神社境内を含むもっと広い範囲が、城跡だったのだとのだと思います。
神社の杜があったために、境内部分だけの遺構が残されたのでしょう。
 
 
稲荷神社の彫り物は、見事でした。
 
 
愛宕社
 
 
南からの参道を通ったときは、古墳と思ったのですが、調べてみると大宮藩陣屋の櫓台の跡とする人もいます。
この右手に陣屋が置かれていたようです。
 
大宮神社 栃木県栃木市大宮町1638   地図       
 
 

慈母観音の掛け軸 工芸品

工芸品の慈母観音掛け軸です。

実物は、かなり色あせた状態ですので、かなり画像をいじくりました。

 

 

 

 

元々の絵を撮影し、印刷した画像を使用していましたので、かなり眠い絵でした。

狩野芳崖の作品だったと思います。

 

以前、他の慈母観音掛け軸のパンフレットが、送られてきましたが、高価すぎで買えませんでした。

仏具屋さんで見た掛け軸も同じく高価でした。

 

修正した画像をA3で印刷し、額に入れようかと思っています。

 

百日紅

境内の百日紅が、まだまだ元気です。

お盆には、ますます暑さを感じそうです。

中門の前

 

永代供養塔前

 

お墓の紫がかった 花

 

ピンクの花は、そろそろ終わりです。

 

蝉の脱皮 大丈夫かなあ !

夕5時に蝉が脱皮していると教えてらいました。地面から約30センチです。

しかし、普通脱皮は朝の内だったと思います。

 

6時を過ぎました。

ほとんど変わりません。

以前、このまま脱皮できずにいる蝉がいました。

翌日は落ちて、蟻がたかっていました。またそうなるのかもしれません。

 

 

6時半、全く変わりません。

明日には、飛び去っていますように!

 

ページ上部へ