2018年10月16日

高崎観音 群馬県

洞窟観音・徳明園の後に、すぐ近くの高崎観音に行きました。

 

 

白衣観音様の体内廻りをしました。

以前来たときは団体客があり、進むのが大変だったことを思い出します。

閻魔大王

 

大日如来

 

普賢菩薩

 

阿弥陀如来

 

摩利支天

 

釈迦如来

 

まだたくさんの仏様が祀られています。

 

千社札が貼ってありましたが、落書きがダメなのに千社札は許可されているのでしょうか。

当寺では、あまりの勝手さに、全てお断りするようにしました。

 

洞窟観音の石仏群・山徳記念館・徳明園 高崎市石原町

12日の続きです。

洞窟観音、徳明園は知らない所でした。

地図に乗っていましたのでネットで調べると、素晴らしい石仏と庭園がありました。

 
 
 
呉服商・山田徳蔵により、大正8年から50年の歳月をかけて作られました。
全て人力で工事をしました。かなりの財力がなければ無理です。
 
 

洞窟観音

まずは洞窟観音に入りました。
400メートルもあるそうです。
 
 
素晴らしい観世音菩薩石仏などが、たくさん祀られていました。
 

如意輪観音

千手観音

龍上観音

 

持経観音

圓光観音

白衣観音

 

美臥観音

 

滝見観音

 

施薬観音

 

 

徳王観音

岩戸観音

 

 どれも素晴らしい観音菩薩像です。

 

徳明園

次に庭園の散策です。

中国からの人たちです。

少し日本語がしゃべれますので、日本で働いているのでしょう。

 

 

徳明園が「ぐるたび」サイトにて「群馬県の庭園注目度ランキング2016年&2017年」1位となっています。

北関東一の名庭園と言われるだけのことはあります。

 

山徳記念館

山田徳蔵の写真などが、飾られていました。

掛軸には「合気道」とありますが、近くに合気道の道場がありました。

 

山徳記念館

中で歴代首相の似顔絵展が行われていました。写真は撮れませんでした。

良く特徴がでています。

中で来られなかった方のために、お土産を買いました。

紅葉は11月のライトアップの頃が良さそうです。

さぞかし見事でしょう。

 

高崎観音には、健脚であれば歩いて行けます。ここの受付で聞いてください。

吊り橋もあるそうです。

 
 

境内の花

秋明菊以外は今の時期、花も少なく気がつきません。

いろいろ探してみました。

 

これからの花、もう終わりの花、雑草、いろいろ見つかるものです。

こんな実もありました。

 

 

ページ上部へ