2018年10月18日

ごめんなさい‥‥ 渡辺俊明墨彩画

 

絵は吉祥天ではないかと思います。勝手な解釈ですが。

「ごめんなさいと 素直にいえる 自分でありたい」   とても私には出来ないことです。

 

このところ渡辺俊明の墨彩画にひかれています。

この作品は、御本堂に飾りたいと思っています。

 

コウメ太夫さんの滝行 東京都檜原村 龍神の滝

10月9日、当寺境内天神社宮司が主催する滝行に、AMEBATVの撮影のため、龍神の滝にこられました。13日の放映でした。
 
宮司から当日の画像を頂いて書いています。
 
小梅太夫さんだとばかり思っていました。いつの間にか改名していました。
 

すっぴんのコウメ太夫さんは、初めて見ます。
 
 
白塗り化粧に小一時間かかるのだそうです。行衣に着替えて撮影開始です。
 
 
放送前の写真ですので、滝行中はありません。
近年、高域が出づらくなったとのこと、辛いでしょうね。
 
テレビにはあまり出なくなりましたが、ユーチューブで見るコウメ太夫さんは、面白いです。
tweeterの「チクショウ」が注目されているようです。
 
 
知り合いから画像を頂きましたので、添付します
 
 
 
 

多胡碑

多古碑は5回目になります。多古碑Wikipedia

碑の見学だけでなく、記念館でいろいろな催しもやっています。

前々回は家内が属していた書道の会とは異なりますが、書道展がありましたので、多古碑記念館に運転手としてきています。

多古碑  群馬県高崎市 吉井町池1095  地図   

先ずは多古碑の見学です。

 

文字は碑文の説明を見れば、私にも少しは理解できます。

「羊給」に色々な説があるようです。

この碑は羊さまと呼ばれ、地域の信仰がありました。

少し離れたところに、羊神社があります。以前の羊神社ブログlink

羊神社  群馬県安中市中野谷  地図          

 

多古碑記念館は、4時半を過ぎていましたので、入れませんでした。

 

記念館横の古墳

何の木でしょう。赤い実がなっています。

 

帰りには藤岡の「道の駅 ららん藤岡」に寄り、お土産と夕食です。

高速から入れます。

仲間がこれを食べたいと言いますので、同じ物を頼みました。

 

日枝神社の山王廃寺・放光寺跡(前橋市)と山上碑(高崎市)

上野三碑の内、山上碑に行きました。

先ずは、山上碑を残した放光寺の僧侶・長利がいたところです。

日枝神社(山王廃寺・放光寺跡)

山王廃寺跡Wikipedia   

以前ここに来たときは、地元の方に案内して頂きました。

かなりの規模だったようです。

発掘調査の結果、方光の文字が書かれた瓦がでて、古文献にある放光寺跡であることが分かりました。

 

廃仏毀釈以前の日枝神社は、昌楽寺というお寺でした。

 

中には、古代の石製鴟尾と塔心柱根巻石(重要文化財)があります。

塔心礎

 

 

元寺院であったことを物語る石仏なども祀られています。

 

日枝神社  前橋市総社町総社2408  地図      

 

山上碑

いつも時間がなくなって、来られなくなった場所です。

一緒に行った二人は、若いから元気です。

 

碑の保存されている建物と古墳です。

 

この碑は、僧・長利が母・黒売刀自のために建てました。

 

山上古墳は黒売刀自の父・大児臣の墓で、黒売刀自が追葬されたようです。

 

古墳の中には石仏が祀られています。

馬頭観音のようです。

山上碑  群馬県高崎市山名町2334 場所

山上碑Wikipedia     

ページ上部へ