2018年10月30日

渡辺俊明画伯の4点の絵

週に一度、当寺の阿弥陀堂に来られている女性が、飾られている渡辺俊明画伯の絵を見て、「家に4点の絵がある」と言われました。

後日、その絵を持ってこられ、写真を撮らせていただきました。

ご親戚の方が画伯の奥様と親しく、奥様に選んでいた絵だそうです。

裏には娘さんの名前も書いて頂いたのだそうです。ぼかせてある場所がそうです

 

他の3点は、少し小さな絵です。

絵の部分だけ、表示しています。

どれも奥様に選んで頂いたので、特に優れた作品だと思います。

私が持っている作品より、良いと思います。

 

画集にも文字を書いて頂いています。

本当に素晴らしい、作品ですね。

うらやましい。

 

テレビ番組に戒名が使われます

先月、テレビの制作会社から電話がありました。
番組に使われる戒名の依頼です。  
色々な会社から、年に1、2度依頼されています。

10月の番組と言われましたが、11月10日からになりました。テレビ番組リンク
連城三紀彦の「隠れ菊」が原作です。
過去にも二度、他の番組で放送されました。
 
亡くなった「きく」の戒名を依頼されました。
今回は、亡くなった人は出てきません。
仏壇の前でのシーンだそうです。
 
かつて他のテレビ局「○○K」では、私の好きな女優さんが演じていました。
ある方の通夜で、この女優さんが来られていました。
通夜後の席では私の真ん前に座りました。超美人です。
 
そのイメージで考えた戒名です。
 
実際の放送では、位牌が出ても戒名が分からないことが多く、今回もそうなるかもしれません。
或いは、他の戒名になっているかもしれません。
 
もし興味のある方は、視て下さい。
私は日頃テレビはニュース以外は視ません。まして遅い時間ですので尚更です。
 
 
以前、あるテレビ局のドラマに出たときの写真です。

これは葬儀読経の録音風景です。
一度だけ経験したいと思い、出かけました。
 
番組では私の後ろ姿と、読経の音声が流れましたが、戒名は文字が読めませんでした。
 

センリョウが赤くなりました

お水屋の所にあるセンリョウの実が、赤く色づきました。

 

自然と生えた木が、年々枝が増えています。

 

もう少し熟してくると、鳥がついばみにやってくるのでしょう。

 

野の后 野仏 渡辺俊明画

このところ渡辺俊明の絵を求めています。

ほとんどが友人の所行きです。

絵や文字も気軽に楽しめます。

 

 

この絵は、あちこちに出かけては車や運転手を対応しくれる方の元に行きます。

事務所が殺風景で、何も飾りがないので、役に立つと思います。

 

ただ、額が傷ついていますので、申し訳なく思っています。

 

ページ上部へ