2019年03月

メジロの飛来

今朝は梅の木に二羽のメジロが来ていました。

蜂蜜を食べているようです。

 

急いで望遠ズームに付け替えての撮影です。

天気も良く、思った以上にピントが近くまで行きました。

前日は雨でしたので、

 

梅の花見物

某神社の梅の花です。

今回は友人のカメラに私のSDカードを入れての画像です。

やはり良いレンズですね。

私は他社の軽いカメラとレンズに移行しました。

持っていった広角ズームでは、こうは撮れません。

 

河鍋暁斎展 サントリー美術館

「河鍋暁斎 その手に描けぬものなし」展がサントリー美術館で開催されていました。3月31日まで開催されています。河鍋暁斎Wikipedia

サントリー美術館 link   東京都港区赤坂9-7-4 地図

 

狩野派を自負していましたが、あらゆる流派を研究し、優れた作品を描いています。

上のポスターにあるカラスの図により、一躍世間に知られる画家となったそうです。

中に入るとこの図の止まった様子から飛び立ち、又止まる様子が動く画像でありました。色彩を多用していない絵の中に、見る人が見れば動きのある豊かな色合いを感じるのでしょう。

 

地下鉄「六本木駅」からすぐですので、地下鉄で行く限りは間違いなく行けます。

私は、ここの前に行ったところから歩けば、ミッドタウンには6分で着く予定が、方向を間違えて倍以上かかってしまいました。

スマホで確認したのですが、情けないです。

 

赤坂氷川神社 東京都港区赤坂

氷川神社だけでなく、この周りも緑が多い場所です。

正面鳥居前の道路には、沢山のタクシーが止まって休んでいました。

 

何本かの大きな銀杏の大木(樹齢400年)があります。黄葉の頃に来ると良いでしょう。

 

それほどではありませんが、次々とお参りが途切れずに来ていました。

 

もっと境内を巡れば良かったのですが、ズッと歩き通しでしたので、足が棒になっていました。

 

赤坂氷川神社 東京都港区赤坂6-10-12   地図

 

豊川稲荷東京別院と摩利支天 港区元赤坂

豊川稲荷は、思った以上に若い方がお参りしていました。

さすが東京別院です。次々に参詣客が来られています。

 
 
 
 
 

豊川稲荷東京別院  東京都港区元赤坂1丁目4−7 地図

 

境内に入ると、沢山の神仏が祀られています。

七福神の前で、一生懸命手を合わせている方もいます。

 

先ずは身を清めます。

 
 
 
 
 

今回の目的の摩利支天様です。

ここでも一生懸命、お経と御真言を唱えているがいました。

私は、お唱えが終わるまで他の神々をお参りすることに致しました。

 
 
 

七福神様も好みの神様がいるのでしょう、御神酒の数が異なります。

 
 

愛染明王様には、女性の両縁成就を願う、ハートの絵馬が並びます。

 
 
 

迎賓館赤坂離宮

近くに行く予定があり、グーグルの地図をみていると、迎賓館がありました。

調べると迎賓館も見学できることがわかり、急遽出かけました。

ただし、見学出来ない日もあります。予約すると案内していただけます。

赤坂離宮迎賓館  東京都港区赤坂2-1-1 地図

迎賓館の西側が廃館の入口です。

中も外も警備の人が大勢います。受付では持ち物検査がありました。

先ずは受付近くのトイレに行くことをお勧めします。

建物は広いのですが、国賓を接待する場、国宝ですから、一般のトイレはありません。

同じ建物にテレビでの説明がありますので、先ずは見ていた方が良いと思います。中で音声が流れ、ボランティアの方が説明していましたが、なかなか聞き取れません。

作りが良すぎて、声が響きすぎます。

紀州徳川家の江戸中屋敷があった場所です。
明治42年に建設の総指揮をしたのは、片山東熊でした。明治を代表する建物で、国宝に指定されています。
素晴らしい建物です。
建物、装飾、庭園、超一流の国宝の迎賓館でした。
 
中は撮影が出来ません。
各国の来賓の方々を迎える、天皇皇后両陛下、皇太子ご夫妻、秋篠宮様、現首相などの写真が各部屋におかれていました。
 

 

 

 

うっかり60㎜のレンズしか付けてなかったので、撮影に苦労しました。

全体像はスマホを使用しています。

 

ページ上部へ