2019年11月11日

アンモナイトの化石

昨日のペット合同供養カメラマンは檀家さんでした。

頼まずとも撮影するつもりで来られました。お礼にアンモナイトの化石を半分差し上げました。

 

一つの化石を半分に切り取り、中も見えるようにした化石です。

 

もう半分は儀式に参列するために、1時間前に来られた檀家さんです。

 

二人ともパワーストーンが好きで、喜んでいました。

 

実は先日、机の中を探していた物が見つからず、すっかり忘れていた化石が出てきたのです。どこで、何時求めたのかも忘れていました。

これがアンモライトと言われる七色に光る化石だと、十倍以上の価格のようです。

それでも二人とも家に飾ると話していました。

 

←第7会回 ペット合同供養            賽の河原 お地蔵様→

 

令和元年 第七回ペットの合同供養

昨日の11月第二日曜日は、ワンワンヤャンの日で、毎年ペット供養塔の前で、合同法要を行っています。

11時からですが、供養塔の前には参列舎の用意した生花が手向けられています。お寺で用意したのは大きな生け花だけです。

 

挨拶をして読経に入りました。今回は友人も助法に来られています。

 

毎回参列の檀家さんです。

 

供養塔の脇に犬猫の石像があります。この子は猫の像を指さして、○○ちゃんだと喜んでいました。

 

約60名ほどの参列者だったようです。今年は両陛下のパレードがありますので、少し少なかったのかも知れません。

 

 

終わってみると、さらに多くの花園になっていました。

 

←日高市 霊巖寺           アンモナイトの化石→

 

 

 

 

ページ上部へ