2020年05月10日

第十一回合同法要は お焼香のみ

今年の永代供養合同法要は、新型コロナウイルスの流行のため、10時から12時まで、お焼香ができるように、前もって拝んでおくことにしました。

しかし、始まる前に来られた方もいます。

 

拝む途中から4名となりました。ありがたいことです。

 

三台の香炉を用意しましたが、皆さん一人一人お焼香をしています。

 

 

いつもは豪華な花祭壇ですが、今回は二対の生花のみにして、お位牌の前に小さな弘法大師像を祀りました。

 

 

読経が終わり、10時前になると次々に、参列者が増えてきます。

 

 

永代供養塔前でも、お線香を手向けます。

 

供養塔の前は前もって生花を用意しています。3時には生花がかなり増えていました。

ズッと数えていたわけではありませんが、約50名ほど来られたようです。

 

 

昨年の永代供養第十回合同法要の模様です。

約170名でした。

 

←小さな善光寺式阿弥陀三尊                トウオガタマ

 

ページ上部へ