2020年06月13日

コロナで破綻した会社がありました 元檀家の勤務先

いまから10年程前、ある檀家さんが亡くなりました。

しかし私が葬儀を行わず、葬儀社紹介の僧侶が執り行うことになったことがあります。

喪主が相談に来ると、やたらと昔の組合員風な口調でした。

寺は檀家から搾取していると、暗に言っています。

当寺はまだしも寺院は大変な時代を迎えているのです。これからどれだけ廃寺になるか見当つきません。

 

その家は墓の工事をしていませんでした。

墓地の工事費も高すぎると言っています。ネットでは「‥‥‥」。結局墓を返していただきました。

 

後日、伯母さんが来られて笑っていました。49日忌に某霊園の墓に納骨したのですが、お骨が二人分しか入らない墓だったそうです。

身内でありながら笑われてしまった甥に、他の親戚もあきれ果てたようです。安い墓を見つけたと言っていたそうです。

 

その人の会社は、労働争議で破綻寸前になり、他の企業が救済しています。

数十年の間、経営も安定したように見えましたが、記事によるとジリ貧が続いていたようです。この新型コロナには、手も足も出なかったようです。

親会社は見捨てました。

おそらく定年で退職しているでしょう。退職金がもらえただけでも良かったと思いますが、後輩達が気の毒と思っているでしょうか。

 

←香林寺 馬頭観音石仏 埼玉県東松山市                クチナシの花→

 

曹洞宗 香林寺 馬頭観音石仏 石橋供養塔 埼玉県東松山市

阿弥陀一尊の板碑と馬頭観音石仏があると書かれていましたので、お参り致しました。

見落としたのか阿弥陀さまは分かりませんでした。

 

 

正面脇に駐車場がありましたが、三台がやっでした。他にあるのかもしれません。

参道の景観は趣があります。

 

 

馬頭観音さま石仏は観音堂脇に如意輪観音さまと並んで祀られています。

 

馬頭観音  如意輪観音

 

馬頭観音

 

御本堂脇に板碑が祀られていましたが、摩耗しており確認できませんでした。

 

 

板碑などの反対側に石橋供養塔がありました。

 

石橋供養塔 安永三年(1774)四月建立

 

急に雨が降り出しましたので、阿弥陀一尊板碑は後日に致します。

 

追記 2021/10/11

たぶん聖観音と思います。

 

 

香林寺 東松山市宮鼻144  地図

 

←愛染堂 埼玉県熊谷市               コロナで破綻

 

ページ上部へ