2020年10月04日

古い弁財天像

現在は都内の知り合いの方が祀っている弁財天様です。

その方の信者さん?や経営相談などで来られる方々の中に、厳島弁財天様と縁のある方や、弁財天を祀る神社の宮司さんなどから相談されることがあります。

その方に祀っていただくのが、一番役立つと思いました。

私が某骨董店より購入した御尊像です。

 

 

右手の剣と頭部の鳥居がなくなっていますが、写真で見るより顔立ちの良い御尊像です。

修復や彩色を施すと、かえって良さがスポイルするような気がして、そのまま祀っていました。

 

 

全体や頭部の宇賀神様は、ほこりだらけでした。

このような状態でなく、少しほこりを取り磨いてから、お渡ししています。

当日は関係者10名も来られておりました。

 

 

数日後に電話があり、信者さん?から「目が開いて光った」と言われたそうです。

私が個人的に祀るより、後々まで役立っていただけることは、間違いありません。

 

←蕎麦畑 群馬県渋川市               『たずねる・わかる聖徳太子』淡交社→

ページ上部へ