2020年11月20日

冥銭 中国の六文銭

冥銭とは紙銭とも言われ、中国などで葬儀に使用する来世用の紙幣です。当然普段の買い物などで使用できるわけではありません。

十代の頃、テレビで見たことがあります。

日本で言えば六文銭になります。日本では三途の川を渡るときに六文かかるといわれ、土葬の頃は硬貨を入れていました。

 

 

中華天寳年製の伍拾圓札とありますが、中国の天寳は唐の時代ですから、あり得ません。いつ頃印刷された冥銭であるか分かりません。

冥府銀行、陰世通用です。

来世に豊かに暮らせるように大量に棺に入れたり、祖霊に対して墓前や軒下で燃やしました。

死後に困らないよう先祖に届くようとの思いなのだそうです。

 

 

裏面には般若心経が印刷されています。

 

 

←皇帝ダリア               弁財天図 小坂島邨→

 

ページ上部へ