2021年12月

田村本陣門 旧本庄警察署跡 埼玉県本庄市

田村本陣は本庄宿の他の場所にありましたが、門だけが旧本庄警察署跡に移築されています。

 

 

 

旧本庄警察署は本庄市歴史資料館となっていましたが、県指定有形文化財の旧本庄警察署となっています。

 

 

 

この看板では、歴史資料館となっていました。

現在は閉められており、中に入ることは出来ないようです。

 

 

 

建物の西側には、石仏などが祀られていました。

小倉山房石碑群でした。

多くは安養院に祀られ、一部がここにあります。

 

 

 

敷地にあった案内板です。

車であれば全て見学出来る距離にあります。

 

旧本庄警察署  埼玉県本庄市中央1丁目2−3 地図link

 

 

普寛霊場 埼玉県本庄市

木曽御嶽山、武尊山、八海山などを開山した行者である、普寛上人の墓があるのが普寛霊場です。

元の墓は、ここの南にある安養院でした。

 

 

 

秩父市の三峰神社は今は神社ですが、 明治初期までは修験道系の寺院でした。

普寛は三峰観音院で修業したと言われています。

 

普段は参拝者が少ないようですが、祭礼の時は多くの参拝者で賑わいます。

 

 

境内はきれいに掃き清められていました。

 

 

見事な龍の彫刻です。

 

 

お墓は拝殿奥に祀られているのだと思います。

 

御嶽山の碑は遙拝所かもしれません。

 

 

 

普寛神社と思っていましたが、普寛霊場でした。

 

 

本庄七福神めぐりの大黒天を祀りますが、お社奥に祀られているようでした。

 

普寛霊場  埼玉県本庄市中央3丁目4−41  地図link

 

※追記

吉祥院  台東区元浅草2-1-14  地図

普寛上人に興味を持ったのは、吉祥院でした。

 

 

吉祥院には普寛上人供養塔があります。

 

 

講関係者が山岡鐵太郎(鉄舟)に書いていただいてます。

吉祥院ブログlink

 

普寛神社  埼玉県秩父市大滝944 地図link

普寛上人の神霊をお祀りした神社が秩父御嶽山普寛神社です。

 

 

普寛上人は現在の秩父市大滝で生まれました。

境内には墓(分骨)と銅像があります。

 

 

 埼玉県秩父市大滝944 地図link

 

摩利支天神は御嶽山関連の神社に多く祀られています。

ブログlink

 

 

阿夫利天神社 埼玉県本庄市

阿夫利神社は児玉党の本庄庄太郎によって、寿永年間(1182~84)に創建されました。

明治初年まで安養院が別当でした。

阿夫利天神社となったのは、大正2年に天神社を合祀したためです。

 

 

 

御本社向かって左側は、あとで調べると古墳でした。

残念ながら写真は撮っていません。

 

 

お社の天井画は、近年描かれたようです。

 

境内は緑の多い杜となっています。

落ち葉を集めていたのは、おそらく宮司さんと思います。

 

 

御本社から更に奥に向かうと、稲荷社がありました。

 

 

社の中には、小さな狐さんとペットボトルに水を入れて納めてありました。

 

阿夫利天神社  埼玉県本庄市中央3丁目4−38  地図link

 

曹洞宗 安養院 埼玉県本庄市

安養院は立派な伽藍が江戸時代より残されています。

児玉党の本庄信明により文明7年(1475)に創立され、徳川の時代は二十五石の御朱印を頂いています。

 

総門、山門、本堂は市の指定文化財に指定されています。

本庄宿で最も大きな木造建築物なのだそうです。

 

 

 

 

 

安養院とあるように御本尊は無量寿如来(阿弥陀如来)を祀ります。

※安養浄土は、西方極楽浄土。

 

 

 

 

浄霊堂は鐘楼堂もかねています。

 

 

 

 

墓地入口の六地蔵

 

 

武州本庄七福神めぐりの一つで、毘沙門天が祭られています。

 

七福神めぐりlink

 

安養院 埼玉県本庄市中央3丁目3−6 地図link

 

高野山真言宗 本庄高尾山 佛母寺 埼玉県本庄市

今から40年以上前に、当時の御住職か副住職に、八王子市の大本山高尾山で、お目にかかったことがあります。

てっきり真言宗智山派と思っていましたが、高野山真言宗でした。

 

 

 

 

佛母寺の南側には、本庄金鑚神社神社があります。

元々は金鑚神社の別当・百蓮寺でしたが、廃仏毀釈により無住となっていました。

後に現在の場所に明治18年再興、同23年に佛母寺に改称されています。

 

 

向かって右が、飯縄権現をお祀りする本庄高尾山です。

前大本山高尾山薬王院御貫首・大山隆玄大僧正が書いた扁額となっていました。

 

下の高尾山の案内板をみると、佛母寺は真言宗智山派と思う人が多いと思います。

 

 

 

向かって左側が御本堂です。御本尊は珍しい准胝観世音菩薩(順帝観世音菩薩)です。

 

 

 

境内には銀杏が何本かあり、黄葉が見事でした。

 

 

お水屋そばには、本庄七福神の弁天様が祀られていました。

いかにも福を授けていただけそうな弁天様です。

 

 

七福神めぐりlink            佛母寺ホームページlink

 

高野山真言宗 準別格本山 佛母寺  埼玉県本庄市千代田3丁目3−10 地図link

 

本庄金鑚神社 埼玉県本庄市

金鑚神社(かなさなじんじゃ)は埼玉県神川町を中心に、十一ヶ所あります。

本庄金鑚神社は元本庄宿の総社です。

本庄児玉インターチェンジから伊勢崎市に向かう途中右側に、石垣に囲まれた杜が金鑚神社です。

 

 

 

駐車場には大きな楠がありました。小笠原正信の献木と伝えられています。本庄市指定有形文化財となっています。

境内の門は別当寺であった百蓮寺の総門でした。

 

 

境内では数名の女性が落ち葉を集めていました。

これだけ緑の濃い杜を持つ神社では、氏子さんの協力なくては無理でしょう。

 

 

社殿は関宿城主となった小笠原忠貴によって寄進されています。

 

 

優れた彫刻が施されていました。

社には優れた天井画が描かれているようです。

 

 

 

神楽殿も色彩豊かな建造物でした。

 

 

毎年11月3日の本庄まつりには、神楽が奉納されます。

 

さらに奥に向かうと小高く持った場所に金比羅神社があります。

古墳の上に立てられた社のようにも見えました。

 

 

 

さらに奥に向かうと、秋葉社や太子(聖徳太子)社などが祀られています。

 

 

駐車場に面した一角に武州本庄七福神の恵比寿が祀られています。

比較的近い九社寺が札所となっています。

 

 

ここの七福神はスタンプラリーとなっています。

他の札所で二人の女性が七福神廻りをしていました。

 

本庄市観光協会 七福神めぐりlink

 

金鑚神社  埼玉県本庄市千代田3丁目2−3  地図

 

 

成田山高崎分院の聖徳太子は 建築職人の神様 元大工町より移築 群馬県高崎市

成田山光徳寺を参拝致しました。御本堂左側に太子堂があります。

七五三や星祭りの祭礼も行われています。

 

旧大工町(現在のあら町)にあった神社から、廃仏毀釈の為にここに移築されています。

あら町は現在の高崎駅と高崎市役所の間になります。

常夜灯に「左官職」と彫られていました。

 

 

あくまでも伝承ですが、指金を中国から移入し大工を集め講義を開いて、建築の基礎などを教えたのだそうです。

 

聖徳太子は大工の神様として、建設関連の職人に大事にされていました。

室町時代から太子講が大工、木工職人により、聖徳太子の命日・2月22日に行われています。

現在でも建設会社によっては聖徳太子の掛軸を祀り、祭礼を行っているところもあるそうです。

 

各地の聖徳太子石仏は、その名残も多くあるようです。

職人の講中や名前が彫られているのを目にしたことがあります。

 

※当寺(円泉寺)の指金を持った聖徳太子掛軸です。

 

今年は聖徳太子の1400年御遠忌にあたり、各地で法要や聖徳太子霊場巡りが行われています。

御遠忌に併せて淡交社から「たずねる わかる聖徳太子」が発行されています。

建設に関わる方々は由緒ある聖徳太子ですので、参拝や御祈願をされてはいかがでしょうか。

 

 

成田山光徳寺御本堂 成田山高崎分院ブログ

 

成田山光徳寺 成田山高崎分院  ホームページlink

群馬県高崎市成田町23  地図link

 

ページ上部へ