2022年06月02日

泉福寺 重要文化財・阿弥陀如来像収蔵 真言宗智山派 埼玉県嵐山町

泉福寺

泉福寺は無住のお寺ですが、本尊の木造阿弥陀如来坐像が重要文化財に指定されています。

新編武蔵野風土記によれば、建久元年(1190)の開創になるようです。阿弥陀三尊像は慈覚大師の御作とも書かれていますので、古は天台宗だったのかも知れません。

 

像内に仏師定朝の流れをくむ、定生の建長6年(1254)墨銘がありますが、修復名のようです。

開創後の僅か60年で修復とは思われませんので、開創以前の仏像の可能性もあると思います。

 

泉福寺 ウィキペディアlink

 

 

御本堂参拝後に収蔵庫に向かいます。

 

御本堂に祀られていた重文の阿弥陀如来と埼玉県指定有形文化財の観音菩薩・勢至菩薩像が納められている収蔵庫です。

 

 

下記に書きました三門館跡は、NHK放映中の『鎌倉殿の13人』に出て来る比企氏関連として、比企遠宗と妻・比企尼が暮らしていた館跡の説もあります。

新たに作られた看板には、比企尼と思われるイラストが描かれていました。

 

 

収蔵庫内の阿弥陀さまなどを拝観するには、滑川町教育委員会へ申し込む必要があります。

 

泉福寺 埼玉県比企郡滑川町和泉1681 地図link

 

三門館跡

泉福寺東側約200メートルに三門館(みかどやかた)跡があります。

堀と土塁がありますが、築城年代や誰の館であったかは不明です。

泉福寺とも関連があると思います。

 

三門館跡  埼玉県比企郡滑川町和泉1237 地図link

 

曹洞宗 慶徳寺 埼玉県滑川町

慶徳寺は中武蔵薬師霊場72番札所の結願寺です。

中武蔵七十二薬師霊場ブログlink

 

創建は永承元年(1504)になります。

 

寺に向かう途中に不動明王の石仏が祀られていました。

素晴らしい不動明王像です。

 

四天門の四天王御尊像は、埼玉でも珍しい優品では無いかと思います。

 

御本堂の参拝を済ませると、階段を登り薬師堂に向かいました。

 

かなりの中抜きでしたが、薬師霊場結願の薬師堂をお参りすることが出来ました。

 

向背天井には、素晴らしい絵が描かれていました。

 

御住職が境内の掃除をしていましたので、邪魔とは思いましたが声をかけさせていただきました。

今年の参拝は御朱印ブームもあって普段より多い程度と話していました。

 

かつて慶徳寺では、薬草を薬研で細かくし、目に良い薬を無料で差し上げていた時代があるそうです。

薬事法が出来ため出来なくなったのだそうです。

 

今は官地となってしまった寺池(てらいけ)です。

昔は目が良くなった方々が、寺池に鯉を放ったそうです。

戦後の物資不足の時には、檀家さんが恋をとって食べてしまったと話していました。

 

ここでは分かりませんが、各地のため池などではブラックバスなどを放流している人がいますが、やめてもらいたいものです。

 

 

慶徳寺  埼玉県比企郡滑川町中尾812  地図link

 

 

寄居町 閻魔大王 ペット納骨供養墓 高蔵寺(天台宗) 延命地蔵尊 子育て地蔵 埼玉県大里郡

天台宗 高蔵寺

高蔵寺は柳澤兵部丞信俊が開基で、慶長19年(1614)没しました。柳沢吉保の祖父です。

信俊の墓は御本堂裏にありました。

 

御本尊は阿弥陀如来です。

併せて武蔵十三仏霊場の阿閦如来を祀ります。

 

本日目的の一番お目当ては「閻魔さま」の参拝です。

 

 

駐車場に駐めましたが、先ずは入口近くから山門を通り、御本堂に手を合わせました。

 

 

重厚な御本堂です。

 

その後で閻魔堂に向かいました。

 

実際には拝観出来ない寺院もありますが、お参りしやすいように扉が開かれていました。

このように立派な閻魔様は、なかなかお目にかかることはありません。

ましてすぐ近くです。

 

墓地の方に目を向けると花壇が見えます。

寄ってみるとペットの墓地(ペット霊園)でした。

当寺(円泉寺)もペット供養塔(お骨にしてから納める)があり、毎月数件の申し込みがあります。

ここは手のかかる樹木葬のような墓地でした。鉢にはきれいな花々が咲き誇っています。

 

立派な永代供養墓もありました。

当寺(円泉寺)では、ペット供養塔に納骨された方が、墓地や永代供養の契約をする方が、けっこういました。

ペットのそばで眠りたいと話す人もいます。

 

今は墓じまいが多くなり、墓地は申し込む方が減っています。

永代供養への需要が多い時代となっていますので、併せてペットの納骨施設も必要なのかも知れません。

 

お参りを済ませると、草花の手入れをしている御住職の奥様から声をかけられました。

けっこう長時間お話をさせていただました。

 

高蔵寺 埼玉県大里郡寄居町今市700 地図link

 

延命地蔵尊

奥様に近くの延命地蔵尊も管理していると伺いました。

着いてみると若い頃に二度ばかり参拝している御堂でした。

 

鎌倉街道上道(かみつみち)に面しており、多くの武将が鎌倉を往復したり、戦に馳せ参じた古の道です。

 

埼玉県内でも大きな地蔵菩薩で、寄居町指定文化財です。

 

イボとり地蔵として知られていましたが、現在では子育て地蔵として信仰されているようです。

赤ちゃん用よだれ掛けが納めてありました。

以前参拝したときには無かった風習です。

 

延命地蔵尊 埼玉県大里郡寄居町今市 地図link

 

大日堂の胎蔵界曼荼羅板碑 埼玉県寄居町

不動寺から約300メートル南に大日堂があります。

 

 

御本尊は金剛界大日如来を祀ります。

 

 

蔵界曼荼羅が彫られた寛元元(1243)年の板碑です。

 

数多くの梵字が彫られた正中2(1325)年の板碑は、左右に光明真言が彫られています。

光明真言供養塔の初期の例かも知れません。

 

他にも板碑が祀られています。

 

六地蔵と石仏

 

二十二夜塔

 

曼荼羅と光明真言ですから、近くの不動寺と関連のある御堂のような気がします。

不動寺ブログlink

 

大日堂 埼玉県大里郡寄居町富田2063 地図link

 

 

ページ上部へ