花・植木

境内の花々

出かけることを控えて、今朝はマクロレンズを出し、境内の花を中心に撮影してみました。

古いレンズですので、背景のボケが汚く思います。

少し動いただけで、ピントがずれてしまいます。

檀家さんには墓参り方々、境内の花々を見ていただきたいのですが、コロナのために残念なことになっています。

標準ズームで撮った方が、きれいだったように思います。このマクロはしまい込むか、差し上げるつもりです。

下はマクロレンズではありません。

 

 

←普賢菩薩掛軸               これが戒名?

 

妙見堂(妙見宮)裏のニリンソウ

妙見堂北側のニリンソウです。

新型コロナウイルスのために、お墓参りもまばらですが、来られたら是非見ていただきたい場所です。

 

 

 

先日ご紹介したスミレの側でも咲いています。

 

スマホで撮影している人もいましたが、小さな花ですから難しいでしょう。

 

スミレが咲いています                普賢菩薩掛軸

桜が咲き出しています 彼岸のお中日

境内の桜は、いつもは4月に満開となりますが、今年はもう咲き出しています。

境内にはソメイヨシノの他、山桜もありますが、こちらは蕾のままでした。

妙見堂の桜が今一番咲いています。

 

蕾もたくさんあります。

 

他の花々もジックリ探すと、アチコチに咲いていますので、お墓参りだけでなく、ユックリ見学していただきたいと思っています。

 

もう少しでニリンソウが咲き出しそうです。

 

警備員さんを三人依頼しました。

しかし、新型コロナウイルスのため、この写真を写していても、駐車場には車が一台だけでした。

それも墓参りではなさそうです。

閑そうです。

 

10時30分

 

いつもなら駐車場が満杯どころか、他の駐車可能な場所や公園まで駐めるしかなくなります。

それでも墓地には、かなりの花が手向けてありました。

彼岸をあえて避けたのかもしれません。

 

午後はかなり増えましたが、例年ほどではありませんでした。

 

追記 3月22日  お中日より墓参りが多いようです。しかし、駐車場が満杯になることはなかったようです。

追記 3月23日  桜が、ほぼ満開です。

 

桜ではありませんが、妙見堂下のペット供養塔に花がいっぱいです。

 

新型コロナの影響? ファックスの数が減りました               都内の大型納骨堂 破産 倒産 経営不振

 

キンモクセイの香り

境内に4本あるキンモクセイが、昨日から強く香り出しました。

幾日も前から香っていたのですが、昨日は特に感じました。

 

 

今日はあいにくの雨でしたが、一昨日より強い香りです。

 

香りを知らない人が多いのか、参道でキンモクセイをながめている人は、いませんでした。

 

←大熊町広報に当寺からの義援金記事         東京国立博物館 正倉院展→

お花がいっぱい

お彼岸中ですので、境内のアチコチにお花を手向けました。

檀家さんも手向けていただいた方がいるようです。

六地蔵

 

奥多摩新四国霊場 阿弥陀如来 弘法大師

 

弘法大師

 

御本堂

 

弘法大師

 

永代供養塔

 

ペット供養塔

永代供養塔は大勢の方が祀られています。ペット供養塔もたくさんのペットが祀られています。

ペットは納骨して、しばらくはお参りに来られます。毎年続けて来られる方は減っていきます。来られる方は新規の方が多いようです。

 

←銭洗い弁天           シロアリ対策→

ページ上部へ