他の寺社

大塚八幡神社 埼玉県小川町

以前、近くの大梅寺に参拝致しましたが、八幡神社には寄りませんでした。

今回は狛犬ならぬ狛鳩があると書かれていましたので、急遽参拝です。

 

大梅寺の近くから、八幡神社の参道となっており、神社東側には大きな鳥居があります。

 

 

かなり広い境内の神社でした。

 

 

鎌倉幕府最後の将軍である守邦親王が、ここに仮寓したと伝えられているようです。

史実であるかは、明らかではありません。 守邦親王wikipedia リンク

 

参道には二組の立派な狛犬が守ってます。社殿前の狛犬が一番古い狛犬です。

その前に今回目的の狛鳩がいました。昭和2年10月の建立です。

 

 

鳩は八幡神の神使なのだそうです。初めて見る狛鳩でした。

 

 

大きな御神木の脇に松尾芭蕉の句碑がありました。

 

 

「はるもやゝ  気色とゝのふ  月と梅」 芭蕉による元禄6(1694)年の句碑です。

 

漢詩の碑は弘化2年とありました。

 

 

 

八幡神社 埼玉県比企郡小川町大塚427  地図

 

←日本一大きな板碑 野上下郷石塔婆 埼玉県長瀞町                 福正寺 勢至堂と板碑 埼玉県滑川町           

 

真言宗智山派 伝蔵院 宝篋印陀羅尼板碑 石仏 埼玉県寄居町金尾

伝蔵院は金尾氏の館跡です。裏の金尾要害山は後北条氏の支配する鉢形城の支城だったようです。

 

ここも秩父事件の集合地だったのですね。

宝篋印陀羅尼の板碑が、他にあるのだそうですが、検索しても見つかりません。

 

 

上部に梵字オン・ア・ビラ・ウン・ケンの周りに、光明真言が彫られています。

 

 

下段は一切如来心秘密全身舎利宝篋印陀羅尼経(宝篋印陀羅尼)が彫られています。

 

 

この陀羅尼が彫られている板碑は、初めて見ました。

文化15(1818)年(文政元年)の建立です。

 

 

庚申塔も立派です。

 

琵琶弁財天

 

本堂裏に向かうと、歴代住職の墓がありました。

 

 

さらに裏に行けば、金尾要害山城に出られます。整備されており、見晴らしが良さそうですが、かなり登るようですので軟弱な私はパスしました。

金尾山つつじ公園となっており、駐車場もありましたが、駐まっている車はありませんでした。途中、なにかあっても人がいなかった可能性があります。

 

伝蔵院 埼玉県大里郡寄居町大字金尾216 地図

 

←白鬚神社 寄居町金尾                日本一大きな板碑 埼玉県長瀞町→

 

白鬚神社 埼玉県寄居町金尾

新編武蔵野風土記によると、江戸時代には妙見菩薩が祀られていたとありました。

次に行く伝蔵院の神社でした。

私が調べている妙見菩薩の関係で、一度お参りに来ているのですが、資料に入れるのを忘れていました。妙見菩薩資料集リンク

 

 

神社参道より見る「新寄居橋」

 

昭和22年に寄居橋が架けられるまで、「殿倉の渡し」がありました。

さらに昭和61年、現在の吊り橋が完成致しました。

 

 

境内社の中には、妙見社はありません。

伝蔵院に祀られているのかも知れないと思ったのですが、確認できません。

 

 

伝蔵院は金尾氏の館跡で、城山が後ろに控えていました。

この地は、地域の産業を支えると交通の要衝として、また北条氏の重要な場所だったのでしょう。

 

白鬚神社 埼玉県寄居町金尾255-1 地図

 

姥宮神社 埼玉県寄居町               伝蔵院 宝篋印陀羅尼板碑 寄居町金尾→

姥宮神社 埼玉県寄居町

姥宮神社と書いて(とめみやじんじゃ)と読むそうです。

変わった狛犬を祀る寺社を探していました。狛蛙が祀られています。寄居町などの他の寺社と共にお参りすることに致しました。

 

 

石凝姥神(いしこりどめのみこと)が祭神です。八咫鏡を作った神さまなのだそうです。

境内は杉のご神木も含めて、大事に維持管理されていました。

お社には、優れた彫刻が施されています。

 

狛蛙

 

 

平成5年に納められた狛カエルです。

どのようないわれがあるのか書かれていませんでした。

 

狛蛙

 

境内のアチコチに岩があります。

裏に回ると胎内潜りのできる場所がありました。

 

 

体が硬いので心配しましたが、這いながら進みました。雨の時は無理です。

 

 

やっと出ることができました。

 

 

すぐ近くが風布館(ひっぷ)です。営業中の旗がありましたが、新型コロナウイルスなのか、お休みとなっていました。

埼玉県大里郡寄居町大字風布74

 

姥宮神社 埼玉県大里郡寄居町大字風布125 地図

 

←クチナシの花               白鬚神社 埼玉県長瀞町金尾

 

曹洞宗 香林寺 馬頭観音石仏 石橋供養塔 埼玉県東松山市

阿弥陀一尊の板碑と馬頭観音石仏があると書かれていましたので、お参り致しました。

見落としたのか阿弥陀さまは分かりませんでした。

 

 

正面脇に駐車場がありましたが、三台がやっでした。他にあるのかもしれません。

参道の景観は趣があります。

 

 

馬頭観音さま石仏は観音堂脇に如意輪観音さまと並んで祀られています。

 

馬頭観音  如意輪観音

 

馬頭観音

 

御本堂脇に板碑が祀られていましたが、摩耗しており確認できませんでした。

 

 

板碑などの反対側に石橋供養塔がありました。

 

石橋供養塔 安永三年(1774)四月建立

 

急に雨が降り出しましたので、阿弥陀一尊板碑は後日に致します。

 

香林寺 東松山市宮鼻144  地図

 

←愛染堂 埼玉県熊谷市               コロナで破綻

 

天台宗 光照寺 閻魔十王と薬師如来などの石仏 埼玉県熊谷市

光照寺は私のカーナビでは掲載されていませんでした。近くの番地に設定して、無事到着です。

医王山瑠璃院とあるように、御本尊は薬師如来さまです。

かなり古い歴史のある寺院のようです。

 

 

住職の住まない寺ですので、何か寂しげな雰囲気がします。

 

 

御本堂の向かって右側に御堂があったようですが、取り壊されたようです。

十王石仏は、この六地蔵さまの左脇にあると書かれていましたが、ありませんでした。

 

 

六地蔵さま右脇のには、他の石仏が祀られています。

 

薬師如来さま石仏は、十三仏の石仏を祀っている寺院でしか、見たことはありません。

薬師如来

 

如意輪観音

 

右は梵字キリーク(阿弥陀如来)板碑

 

 

立派な宝篋印塔塔がありました。

 

 

墓地の方に向かうと、菩提樹の根本に十王石仏は移されていました。

 

 

上段に閻魔さま。中段下段に五体づつ十王さまが彫られています。

 

上段 閻魔像

元禄8(1695)年 2月13日の建立です。

 

 

光照寺  埼玉県熊谷市今井884  地図

 

※西光院の閻魔・奪衣婆 熊谷市上須賀のブログ リンク

 

←玉洞院 埼玉県熊谷市妻沼               愛染堂 埼玉県熊谷市→

 

臨済宗 玉洞院 埼玉県熊谷市妻沼

玉洞院は妻沼の聖天さま北側にあります。

かなり狭い道を行くようですので、対向車には注意が必要です。

 

 

ただ植木がポツンポツンと植えられている庭ですが、他にない面白みがあります。

御本堂前の槙の大木は手入れがなされ、力強さを感じます。

 

 

観音様が祀られる圓通閣(観音堂)です。

今日の目的は、御堂右前の善光寺式阿弥陀三尊板碑です。

 

善光寺式阿弥陀三尊板碑

 

阿弥陀如来石仏

 

この仏さまは如意輪観音さまと思いますが、違うかもしれません。

 

 

この円通閣には、御本尊の左右に風神雷神の像も祀られています。

御堂の彫り物も優れた彫刻でした。

 

 

入口の石仏は、間違いなく如意輪観音さまです。

 

 

同じく入口のお地蔵様。

 

この後、近くの聖天さまをお参りしました。

 

玉洞院 埼玉県熊谷市妻沼2404  地図

 

←菩提樹の花が咲き出しました               光照寺 十王石仏 埼玉県熊谷市→

 

真言宗豊山派 金剛寺の摩多利神堂 疫病平癒 群馬県前橋市関根町

前橋市の金剛寺は、摩多利神を祀る寺として知られています。

毎年3月24日には、疫病平癒の祭礼が行われています。今年は新型コロナウイルスのため、役員さんのみが参列しました。

 

 

8年程前に金剛寺に参拝していますが、その当時と比べても、更に整備されているように思います。

 

 

御本堂の西側に摩利支天堂があります。

元々は少し離れた場所に祀られていましたが、大正年間に金剛寺に移されたそうです。

 

 

同じ真言宗同士でしたので、親切に御住職が中を案内していただきました。

毎日御祈願を行っているそうです。

写真撮影まで、許可していただきました。

 

 

石祠の中に木像の摩利支天さまが祀られていました。

 

 

摩多利神の扁額は、空海書とあります。弘法大師の書体を集めて作られたのかもしれません。

どこかは分かりませんが、他の所にありました。

後日、新型コロナウイルス退散の祭礼を役員さんのみの参列で、行う予定だそうです。

 

 

摩多利神/matarijinー三面大黒天との関連link

 

中部北陸地方の妙見菩薩 摩多羅神 摩多利神 PDF が、妙見菩薩資料集にあります。資料集link

 

円空堂には、新しい円空仏が祀られていました。

 

 

快く対応していただき、感謝致します。

 

更にこの後、近くの横室にある摩多利神石碑を案内していただきました。

 

金剛寺  群馬県前橋市関根町16  地図

 

←阿弥陀堂で石屋さんが アマビエの朱印付きのマスク発売中               横室の摩多利神碑 群馬県前橋市 横室歌舞伎衣装→

曹洞宗 妙見寺 栃木県粟野町

2006年の写真です。随分前で申し訳ありません。

現在は鹿沼市になっています。

 

私がお世話になっている曹洞宗寺院の娘さんが、妙見寺御住職の奥様です。

そのお寺さんのご紹介で、妙見菩薩を拝ませていただくことになりました。当寺の妙見菩薩資料集です。link

 

歴史と格式のある寺院ですので、重みが違います。

 

 

妙見寺御住職と妙見堂です。御尊像は物騒ですので、他の場所に祀ってあります。

 

妙見菩薩の亀踏像です。

妙見尊星王

 

妙見菩薩像も拝ませていただきました。

ご尊像も撮して良いと言われましたが、申し訳ないので遠慮させていただき、亀踏の裏側だけとしました。

掲載致しませんが、御尊像写真は撮させていただきました。

寄進者が下総国結城本郷 品川次兵衛義□(?)。最後の文字が私には読めません。局とはないと思います。下総国結城本郷Wikipediaリンク

結城は現在の茨城県八千代町ですので、妙見信仰が盛んだったと思われます。

 

お寺も立派でしたが、手入れの行き届いた庭は見事でした。

 

現在は状況が変わっていると思います。ご了承ください。

 

追記 2021/03/20

2020年5月23日「木造妙見菩薩(ぼさつ)立像(武将形)」と「木造妙見菩薩倚像(いぞう)(童子形)」が市有形文化財に指定されました。

 

妙見寺 栃木県元上都賀郡粟野町口粟野3178  地図  現在は鹿沼市

 

←御朱印さんぽに掲載されました              2ちゃんねるのお陰 →       

 

柴燈大護摩供 火渡り 千葉県木更津市 観音寺 令和2年1月18日 土曜日

 

「滝行の会」を主催する西澤師の元に時々来られる真言宗豊山派僧侶グループがいます。

彼らの仲間による柴燈護摩(火渡り)が、千葉県木更津市の観音寺近くの広場で行われます。

木札(3000円)を申し込みたい方は、電話にてお申し込み下さい。

 

◆日時  令和2年1月18日(土)  午後1時より

◆会場  千葉県木更津市金田東3-3  牛込ふれあい公園 観音寺霊園横広場  地図

◆電話  0438-41-1831  観音寺

※三井アウトレットパーク木更津の北側になります。アクセス

※アウトレット行き路線バスをご利用下さい。

※なお、駐車場はございません。

皆さんまじめな方ばかりですよ。

 

柴燈護摩の儀式   

 

令和2年1月18日(土曜日) 午後1時より行います。

ぜひご参加ください。お待ち申し上げます。

 

←阿弥陀三尊などのA4画像授与               謹賀新年→

 

ページ上部へ