円泉寺便り

八大龍王

難陀龍王

八大龍王様の全てが祀られているわけではありません。代表の難陀(ナンダ)龍王様です。

 

201492593719.jpg

他の寺社でも一尊が多いと思います。
天神社の御尊像ですが、現在は本堂に祀られています。普段はお参りできません。

よその御尊像を見ると、ご神体に龍全体が巻き付いているのが多いようですが、円泉寺の御尊像の龍は、頭部に頂いています。

 

2014925114335.jpg

 

江戸期の御尊像と思われますが、うっかり持つと取れてしまいそうな部分が多く、気を遣います。

 

2014925122638.jpg

 

八大龍王様とは

ここからは天神社宮司・西澤師による説明です。

宇宙根源の大宇宙の支配を依託された八体の龍王神で、特に生命を支える水を司ります。有名な箱根九頭龍神社に祀られている九頭龍様も八大龍王の一神で、和修吉(わしゅうきつ)龍王のことです。

各地の龍神様

2014928191324.jpg

善寶寺 八大龍王

戒道大竜女   竜宮竜道大竜王   関連資料(池田哲夫氏・佐渡の善寶寺信仰)

山形県鶴岡市

 
リンク      Wikipedia   八大龍王九頭龍伝承

  箱根     九頭龍神社

           檜原村 九頭龍神社

 

※追記2018/09/22

山形県鶴岡市・善寳寺の竜宮竜道大竜王・戒道大竜女掛け軸です。

漁業関係者の信仰が厚いそうです。
 

 

戒道大竜女  竜宮竜道大竜王

〒357-0014   埼玉県 飯能市平松376番地   円泉寺   電話042-973-5716  

 

 

恵比寿

恵比須さんは、伊弉諾尊と伊弉冉尊の子である蛭子命、あるいは少彦名神や彦火火出見尊とする説などがあるそうです。
 
 
 
円泉寺の恵比寿さん
 
 
恵比須・戎・夷などとも書きます。
 
えびす信仰は、兵庫県の西宮神社の神人である傀儡師が、積極的に神徳を広めたたことと、七福神の一神となったことが、大きいようです。
 
 
 
 
昔は古い家で、よく恵比寿大黒の二神を見かけました。今では人形ケースに入っていれば良い方でしょう。神棚も少なくなりました。
 
骨董屋さん、古道具屋さんには、家を取り壊すときに持ち込まれた、真っ黒な恵比寿大黒像を見かけます。
あまりにも多く、中には恵比寿大黒二体で、二人分の昼食代より安い像があったのには驚きでした。
なお、結構良い恵比寿大黒さんもあります。
 
小さな恵比寿大黒さんも、祀ってあります。ヤフオクでも時たま見かけます。
 
 
高さ約4センチメートル
 
ちなみに家内の好きなエビスビールです。
写真撮影用に買ってきました。
 
 
 
写真の胸と同じ、三つ柏紋があります(エビスビールは同類の蔓柏紋)。恵比須系の神社には、この紋が多いようです。
 
恵比寿さんの掛け軸です。
 
 
2015919205449.jpg
掛け軸
 
 
最近手に入れた西宮恵比寿のお姿札です。
 
20162417561.jpg
西宮えびす
 
 
 
武蔵野七福神ではありません。本堂内の七福神様。
 
2015919205620.jpg
 
飯能市では、武蔵野七福神札所の恵比寿さんは、諏訪神社内・恵比寿神社です。
 
 

秋葉権現/飯縄権現/天狗?

以前、秋葉権現として当山にお招き致しました。小さな御尊像です。飯縄権現と同じお姿をしているように思います。

2014922131224.jpg

当寺の属する真言宗智山派には、大本山高尾山薬王院があり、飯縄権現が祀られて、飯縄権現と言えば、高尾山と言われるほどです。

高尾山薬王院  リンク

さて、秋葉権現と飯縄権現の違いは、まったく区別できません。ついこの御尊像に「南無飯縄大権現」と唱えたくなります。ひょっとすると飯縄様なのかもしれません。

その違いは、「スキャンダラスな神々」川副秀樹著にも書かれていますが、いろいろな秋葉権現、飯縄権現、烏天狗の御尊像や掛け軸などを比べてみても、両者の違いを当てることが出来ないと思います。

 

2014922132921.jpg

この本は、新刊で求めることは出来ませんので、古本のサイトやアマゾンで探してください。

川副秀樹氏のブログにも、くわしい説明があります。   そえじいの福々巡り  高尾山の歴史巡り  リンク

 

2014922133613.jpg

201492213358.jpg

2014922173720.jpgおそらく江戸後期の御尊像だと思います。

かつて、円泉寺妙見堂に秋葉権現が、祀られていました。仏像ではなく御幣だけなのかもしれません。いずれそちらにお祀りしたいと思っています。

 

2014922153148.jpg

左:七曜紋(妙見菩薩)   右:羽団扇紋(秋葉権現)

 

いろいろな天狗さま

    古いお姿の掛軸を集めてみました。

2014101191319.jpg

道了尊  大雄山最乗寺

神奈川県南足柄市

2014101191345.jpg

奥山半僧坊 方広寺

静岡県浜松市

201410985143.jpg

古峰ヶ原 古峯神社


  栃木県鹿沼市草久

201410985421.jpg

天狗ではありませんが  豊川稲荷

愛知県豊川市豊川町

荼枳尼天との習合があります。

20166219244.jpg

鞍馬山魔王大僧正

鞍馬寺

京都市左京区鞍馬本町1074

 

 

秋葉権現ではありませんが、飯縄修験の末裔・Fさんの ホームページ、ブログも面白いです。

  ブログ  リンク

峯龍の求道日記    

円泉寺  ホーム   

 

〒357-0014   埼玉県 飯能市平松376番地   円泉寺   電話042-973-5716   
       

布袋像

銅製と思われる御尊像です。ネットで調べると、以前まったく同じ姿の布袋像を見かけたことがあります。まだまだあるのでしょう。

 

2014921193353.jpg

 

この笑顔はとても素晴らしいと思います。

この御尊像を求める前に、大きな木彫の布袋様も見つけたのですが、お土産みたいな作りで、興味が湧きませんでした。

 

2014921193919.jpg

 

お顔を眺めているだけで、楽しくなります。すぐ側で拝めるので、布袋さんのお腹をさすっている方が多いですよ。

ホーム

 

寿老人

昨年お祀りした寿老人様です。

201492119223.jpg

 

円泉寺は、武蔵野七福神(福禄寿様)の札所ですので、思いついて他の神仏を全部お祀りしようと思い、昨年の10月頃には、そろいました。

すでに弁天様は、昔からバラバラになっていた御尊像を修復して、お祀りしています。銭洗い弁天様も昨年お祭り致しましたので、あと五体の御尊像が必要だったわけです。

 

201492119652.jpg

箱に「百々亀」(ももき ?)と書かれています。現代的な御尊像です。どのような方が彫ったのかは不明です。


飯能市内の武蔵野七福神札所の内、寿老人は観音寺さんに祀られています。

ホーム

 

お彼岸のお参りと彼岸花

今日は昨日と違って暖かく、お参りもかなり多く出ていました。
午前中は、駐車場も満配状態だったようです。
 
イメージ 1
 
イメージ 3
 
午後は一段落で、お参りは半分以下のようでした。
地元の農家の方は、午前中にお墓参りを済ませ、午後は稲刈りの人が多かったようです。
平日は生業の会社勤めのため、お彼岸とはいえ致し方ないことです。
 
イメージ 2
 
今日も永代供養塔の前は、お花でいっぱいでした。次々にお墓参りに来られています。
お線香も途切れず煙がなびいています。燃えだしはしないかと心配になるほどでした。
 
円泉寺の彼岸花は、まだ満開ではありません。先日通った時見た入間川沿いの曼珠沙華は、どこも咲き誇っていました。
 
イメージ 4
 
彼岸花で有名な日高市の巾着田への道は、渋滞で大変だったようです。
円泉寺の新しい檀家さんは、お墓参りに来る途中、なぜこんなに混でいるのか、分からなかった方もいました。
 
201492118240.jpg白い(少し黄色い)彼岸花
 
イメージ 5
咲き終わった白いリコリス
 
お中日の台風が気になります。
 
 

童子形の妙見菩薩

私は妙見菩薩関連のことを調べていた頃があります。
 
201491914551.jpg童子形  妙見菩薩
 
 
先日、「妙見菩薩」のテーマで、卒論を書く大学生が訪ねてこられました。
有名な妙見様関連神社のお膝元に住み、従兄弟もその神社に奉職しているそうです。
 
ご一緒に、妙見様に詳しい権禰宜さんも来られ、本などの資料を用意して、説明させていただきました。
私よりはるかに妙見様のことを知っている方なので、弱ったと思いましたが、たてていただいて助かりました。
私の資料集には、この時知ったのですが、その方の書かかれた社報から抜き出した文章もあったことでした。
 
学生さんは、担当教授の指導で、方向性を以て勉強していたようでした。
以前卒論のことで電話のあった方は、電話のみでした。
 
今回、特にお話ししたのが、「童子形妙見菩薩像」です。
 
学生さんですから、資料となる本などは図書館、古本屋さん、ネットなどで探したようですが、不十分だったようで、数冊お貸ししました。
古本など、約1.500円だった本が、今では30.000円にもなっているのもあるようです。それでは無理ですよね。
 
誰でもお貸しするわけでなく、今回はよく知っている妙見様関連のお寺さんの紹介だったことと、一緒に来られた方が、天神社宮司・西澤師の知り合いだったからです。
 
自分の住む地区の妙見様に対する、熱い思いを感じました。良い卒論になるでしょう。
 

童子形

10年前は、童子形の言葉も知りませんでした。
東京文化財研究所でのセミナーで津田徹英先生の「中世における中国道教神の受容をめぐって」をお話を聞き始めて知ったわけです。
私もここでのレクチャーで、文章や信仰だけで調べるのでなく、現実にある物から、何か見える物があることを知りました。
 
私が日本中の妙見菩薩を祀る寺社、山名、地名、川などを本、電子地図、ネット、直接見聞きしたことなどを参考にを集めたのは、平面から見える物もあるのではと思ったからでした。
 
中国において、11世紀頃から道教神である玄武の亀と蛇が絡み合った姿が、徐々に擬人化して玄武神(真武)となりました。
 
中世に千葉氏など有力氏族や寺院などが直接中国と交易をし、文物が直に日本に伝わって来るなかで、妙見菩薩として信仰され、日本的な変容があったと説明がありました。日本においては中国と異なり童子の姿での像容であることが大きく異なるとのことでした。
 
先生によっては、直接密教系の妙見菩薩が、童子形になったと思っている方もいます。それではなぜ亀に乗っているのか、蛇が絡まっている像があるのか理解できません。
 
201491915427.jpg
      玄武  →  擬人化(玄武神・真武神)  →  童子形妙見菩薩(日本)
 
 
日本における古い童子形の妙見菩薩像
    ※日本の美術  「中世の童子形」より
  •    「正安元年(1299)七月/藤原末友」との陰刻銘。紀年在銘妙見彫像の中でも現存最古に当たる。
  個人像・千葉県山武市成東
 
堀内神社   千葉県銚子市   千葉氏系・海上氏関連らしい。
 
  • 聖徳太子や妙見菩薩の童子形については、
 
                 日本の美術442 中世の童子形  著者:津田徹英  出版: 至文堂 が詳しいです。絶版
 
                 古本が、Amazon、スーパー源氏、日本の古本屋などで、手に入ると思います。
 
 
    オープンレクチャー  「中世における中国道教神の受容をめぐって」  リンク
 
 
私は古文書が読めませんので、日本各地にどのくらい妙見様が祀られているかに絞りつつ、あちこちに写真撮りと美味しものを食べるのを目的として出かけました。
 
調べ物の内容は豊かになりませんでしたが、私の体型だけは豊になりました。脱線。
 

今年のオープレクチャー

今回も津田先生のレクチャーがあります。
 
 
 
 
 
第48回オープンレクチャー モノ/イメージとの対話 のお知らせ
 
日時:10月31日(金)・ 11月1日(土)14:00~16:30 (午後1時30分~午後4時30分)
場所:東京文化財研究所・地下セミナー室
申し込み等、詳細はこちらをご参照ください。 
 
東京文化財研究所
〒110-8713 東京都台東区上野公園13-43
 
   詳細は東文研のホームページをご覧下さい。
   一流の講師のお話が聞けます。アマチュアにも分かりやすくお話ししていただけます。
 
 
〒357-0014   埼玉県 飯能市平松376番地   円泉寺   電話042-973-5716  
 
 

東京・檜原村で滝行取材に協力-女性セブン掲載体験漫画

都下・九頭龍の滝で滝行修行取材協力

少女漫画家・高坂ゆう香さんが描く、流行スポット、注目スポットを巡る新連載体験漫画の初回に掲載されます。
女性セブン掲載号発売は10月9日となります。
 
201410171048.jpg
          ※九頭龍の滝・当日の写真ではありません。
 
作中では、今回の滝行の紹介を中心に、滝行が現在、どれくらいの人が行っているか、注意点や効果など、
幅広く紹介するそうです。
 
滝行もそろそろ厳しい季節になります。
都下檜原村の九頭龍の滝は、初心者でも経験できますが、他の滝以上に水量も多く、経験の豊富な指導者が必要です。
 
西澤宮司  滝行  リンク                                                                                                      
 
高坂ゆう香先生、記者さん共に、真摯に滝修行をされたようです。
詳細は、女性セブンをお読みください。
 
坂ゆう香先生  ブログ                                                                                                    

 

鬼子母神(訶梨帝母)kishimojin

本日、東松山市の仏像修復師さんから、鬼子母神(きしもじん)さんが、きれいになって届けられました。
見違えるほどですが、ちょっと派手々かなと感じます。何年かすると落ち着いてくるでしょう。
慈愛に満ちたお顔です。
 
 
決して悪くはなかったのですが、お顔がススでかなり黒ずんで墨を塗ったようでした。また、首飾りが、赤ちゃんの顔に当たっているのも気になることでした。
手をずっと合わせていたい気になれませんでした。
 
下地を取り、無くなったザクロ・飾りと彩色をしていただきました。
元の御尊像は、かなり厚く塗っていたようです。
下地を取っただけの方が、なにげに良さそうな感じでしたね。
 
20141017334.jpg
 
お厨子は前のままです。
戻ってくると、かなり細かく彫刻してあるのが、分かりました。
鬼子母神様の口の中まで彫ってあり、手のひらと思われた赤子の手が、人差し指でした。
この子は、ひょっとすると吉祥天かもしれません。
 
 
20141017412.jpg
都内のある真言宗のお寺さんで、信者さんに鬼子母神さんのことを聞かれた御住職が答えられなかったことがありました。私が答えて喜ばれたことを思い出します。
 
都内には鬼子母神信仰の日蓮宗寺院が多く、子授け、安産、子どもの守り神として、信仰されています。信者さんもお子様のことで気になることがあったようです。
 
しかし、日蓮宗では、この御尊像のような穏やかなお顔でなく、祈祷の本尊として、鬼形の像が多いようです。
 
20141017637.jpg
鬼形  鬼子母神

 

子供の頃読んだ漫画の本の記憶が、少しだけ残っていましたが、あらためて注文しました。

ずいぶんと忘れていました。
 
 
20141017713.jpg
 
 
真言宗では珍しいと思います。この御尊像も、元々は日蓮宗系のお寺か、信者さんがお祀りしていたのかもしれません。
 
円泉寺と同じ地元・埼玉県飯能市の同宗派・真言宗智山派「観音寺」さんにも祀られています。
観音寺 リンク
 
追記 2015/04/25
最近求めた三井曼荼羅図に訶梨帝母の図がありました。
 
201542565633.jpg
時代は江戸後期だと思います。
 
〒357-0014   埼玉県 飯能市平松376番地   円泉寺   電話042-973-5716  
 

西澤笛畝・仙湖の愛した人形達-さいたま市大宮盆栽博物館

笛畝(1889~1965)・仙湖の収集した、江戸時代から昭和前期までの貴重な人形やタイの張子玩具などが展示されています。

笛畝は官展画家として、画壇に地位を築きました。人形収集家・研究者として、義父・西澤仙湖を抜きにして、語ることは出来ません。

平成26年9月12日~10月19日(日) 木曜日休館

20141016547.jpgさいたま市 大宮盆栽美術館 企画展 リンク                            
 
 
西澤笛畝・仙湖をご存じない方が、ほとんどではないでしょうか。
笛畝が愛した、たくさんの人形の一部が、展示されています。
西澤笛畝  Wikipediaリンク                               
 
今「(仮称)岩槻人形会館」のプレ事業として開催されています。
 
201410165523.jpg
矢の根
 
かつて埼玉県入間郡越生町にあった『笛畝人形記念美術館』にあった作品が、平成18年にさいたま市に寄贈されました。
 
何度か越生には出向き、素晴らしい人形に接することが出来たのですが、今まで見学できるところがありませんでした。
 
また、親交のあった人形作家・久保佐四郎の作品も、貴重な人形と共に展示されています。
 
たくさんの盆栽も、目を楽しませてくれるでしょう。
201410165741.jpg
201410165719.jpg
201410165756.jpg
 盆栽を販売するコーナーも、駐車場の一角にあります。
 
大宮盆栽美術館  駐車場有り   リンク
   さいたま市北区土呂町2-24-3
 
      JR宇都宮線土呂駅徒歩5分
      東武野田線大宮公園駅徒歩10分

 

ページ上部へ