円泉寺便り

虹ですよ!

石材店の店員さんが、「虹が出てますよ」の声。確かに虹です。店員さんやお墓参りの方々も皆さんスマホで虹を撮っています。台風の影響で、雨が降ったりやんだりの好条件だったのでしょう。

2014116162313.jpg
2014116162356.jpg

急いでカメラを持ち出し、本堂前で撮り出しました。次にお墓に向かいうと、虹全体を見ることが出来ました。久しぶりに見る虹に子供の頃を思い出しました。

良く霧吹きで霧を作り、小さな虹を見て喜んでいました。近頃はやたらと昔のことを思い出します。歳のせいですかねー。

 

2014116163133.jpg

 

飛行機の音が聞こえ振り向くと、横田基地に戻る輸送機が見えます。今日は何機も飛んでいるようです。

 

201411616342.jpg
2014116163428.jpgお墓にはまだ鶏頭咲いていました。

 

レインボー! 久しぶりに見る虹です。

「住職、虹ですよ!」の声でカメラを急いで取り出し、本堂前で撮影開始です。

 
すでにお参りの方などもスマホで撮っています。
 
 
 
台風の影響で、虹を見るには良いあんばいの気象条件だったようです。
 
 
石屋さんに「お墓から見ると全部見えますよ」と言われ、急いでお墓に向かいました。
 
 
久しぶりに見る虹です。
子供の頃、霧吹きで虹を作って遊んだことを思い出します。シャボン玉、メンコ、紙飛行機、昔のように自分で作って遊ぶ事がなくなりましたね。
親の責任です。反省。
 
 
かなり長い時間、虹を見ることが出来ました。

振り向くとお墓には、まだ鶏頭が咲いていました。
 
 
 
 
このあとお客さんが来て、「車の中で虹を見ていたら、危なく追突しそうになりましたよ」との言葉、気をつけて下さいね。
 
 

飯能市の星宮神社

飯能市には二社の星宮神社があります。共に妙見菩薩関連です。栃木県は日光修験の関係で、虚空蔵菩薩でした。妙見菩薩、虚空蔵菩薩を祀る多くのお堂、お社は明治以降に社名を変更され、土地の名前、星宮神社などなっています。ご本尊も多くが天御中主神になっています。

まずは名栗の星宮神社  埼玉県飯能市上名栗小字宮

2014112194025.jpg

秩父七妙見の一社 名栗の村社で神明・諏訪を合祀
                  

2014112194047.jpg

元暦年間八百年前に降った星を祀ったと伝えられている。

星宮神社(旧妙見社)   飯能市赤沢299-1

2014112195018.jpg

旧妙見寺(聖護院末)持 廃仏毀釈の折に星宮神社となった。

今でも地元の人は妙見様と言っています。

2014112195038.jpg

康永二年(1343)の創建と伝えられる。

赤沢近くの赤工(あかだくみ)には小さな社に妙見菩薩の石仏が祀られています。ちなみに赤工は製鉄に関連しています。妙見菩薩は、山師などにも信仰されたようです。この御尊像も製鉄に関連あるのかもしれません。

201411220113.jpg

埼玉県飯能市上赤工久根

お不動様と言われています。見れば違うことが分かります。

201411220137.jpg

妙見菩薩の亀踏像。剣を持ち、玄武(亀)に載っています。

 他にも妙見様関連の寺社があります。まとめた資料は、PDF リンクをご覧下さい。

妙見菩薩 リンク      

 

 

秩父御嶽神社と浅見茶屋 埼玉県飯能市

秩父御嶽神社

先日市内の観音寺ホームページを見てみると秩父御嶽神社での催し(平成26年11月22日(土)16時から)出演が載っていました。通り道でしたので、ちょっと寄り道の予定でした。

気軽にお参りしたのが間違いです。ご本社まで数百段の階段でした。

2014111114746.jpg

山上より長野の御岳山を遙拝するように建つご本社

長野の御岳山噴火のことが心配ですね。なくられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。

2014111114945.jpg

長い階段が数百段あります。登りはどうにか階段で行きましたが、下りは女坂から降りました。足がふらふら、写真も曲がっています。

 途中、東郷平八郎元帥の銅像や日露戦争で活躍した戦艦三笠の砲弾で穴だらけになった甲板の一部があります。

201411111552.jpg

 

大正十四年四月十七日、元帥自ら臨席し序幕式が行われた。

生前の東郷元帥の銅像は、ここだけです。

2014111115914.jpg

戦艦三笠の甲板

砲弾で穴だらけです。

2014111115941.jpg

ロシアの野砲

秩父御嶽神社  埼玉県飯能市坂石580   ホームページ   リンク        

 

なぜ飯能市にありながら、秩父御嶽神社とあるのをご存じですか。

実は昔は、埼玉県秩父郡吾野村だったのです。飯能は埼玉県入間郡飯能町でした。

聞いた話ですと、バスを吾野に通すためは、許可を得るために多くの支障がありました。

  1. 秩父との間の正丸峠は、バスを通す広い道を確保できません。
  2. 当時の行政区域の関係で、飯能からバスを通す事が出来ない。

このようなことから、大正10年秩父郡から入間郡に変わったそうです。

ある人の父親は、旧制中学なら飯能方面に通う方が楽だったのに、秩父の親戚に下宿して旧制秩父中学に通ったと聞いたこともあります。いまでも秩父に親戚がたくさんいるそうです。

 

浅見茶屋

御嶽神社の脇を抜けて、約2キロメートル。子ノ権現方面に向かいます。

以前から何度も行こう行こうと思いながら、飯能に来て33年、やっと食べにこれました。昔からよく知られたお店です。

 

2014111125348.jpg

昔ながらの古民家

201411112544.jpg

中も趣があります。古い道具、ポスターがありました。

黄桜のポスター、三浦布美子さんは、とてもすてきです。

201411112552.jpg

噂通りの美味しいうどんでした。

 

浅見茶屋  埼玉県飯能市大字坂石1050番地   ホームページ  リンク     

 

我野神社 飯能市吾野

飯能市には、昔から妙見様を祀った神社が多くあります。秩父神社との関連だと思います。しかし我野神社(あがのじんじゃ)は旧秩父郡にありながら秩父神社との関係はないようです。新編武蔵野風土記にも関連は書かれていません。

 

2014111192657.jpg
2014111192715.jpg

廃仏毀釈の関係で、主祭神は天御中主神になっています。 延長5年(927年)にまとめられた延喜式神名帳には、天御中主神を祀った神社はないそうです。

桜の咲いてる頃に、またお参りしたいですね。 新緑の時もいいですよ。

 

2014111192755.jpg

本殿はとても優れた彫刻です。

2014111192815.jpg

本社脇の扁額  明治3年までは、正面にあったのでしょう。

我野神社は「休暇村奥武蔵」(奥武蔵あじさい館)の近くにあります。宿泊施設ですが、お食事や日帰りでお風呂に入る人も多いそうです。 休暇村奥武蔵 ホームページ  リンク

 

我野神社   埼玉県飯能市吾野226-1   ホームページ   リンク

 

 

高山不動常楽院 埼玉県飯能市

高山不動は真言宗智山派に属し、山中にありながら、大きな伽藍を誇っています。
残念ながら軍荼利明王は、お参りできませんでした。以前お参りしたときは、あまりにも大きな像に驚いものです。
 
かつてここは信者も多く、講もかなりあったと聞きます。
 
 
今から二十年ほど前に、ある講元さんと話す機会がありましたが、次の講元を誰も受けてくれないとこぼしていました。
 
以前お参りしてから、十五年は経っているでしょう。
あの頃何でもなかった階段が、こんなにきついとは思いませんでした。
 
イメージ 2
 
60歳半ばに近付くと、こんなにも体力がなくなるのでしょうか。
 
境内には「飯能市立高山小学校」の校舎が残されていました。
 
イメージ 3
 
 
かつては林業も盛んであり、子供の数も多く、境内が校庭代わりだったのでしょう。
 
境内の大銀杏は乳が垂れ下がったような気根が見事です。
 
イメージ 4
 
子育てイチョウと言われています。
 
境内のモミジももうじき紅葉を迎えます。
 
高山不動 常楽院   埼玉県飯能市高山346
常楽院 軍荼利明王  リンク  
 

明治神宮参拝

本日は午後から上野に行く予定があり、ついでに他の所にも行こうと早めに出かけました。

飯能駅でスマホで予定の場所を調べようとすると、なぜか画面にエボラの文字。そこからなぜかデング熱の文字が頭に浮かび、→代々木公園→明治神宮となり、予定を変更して「明治神宮」に行くことにしました。なんとも変な思考回路です。

明治神宮には、三十七年ぶりの参詣になります。神宮の森は都心でありながら自然がいっぱいです。

20141031203348.jpg

さすが明治神宮です。次々とお参りの人がやってきます。

2014103120343.jpg

菊花展もやっていました。

 お水屋で手と口を清め、さあ参拝です。

20141031203618.jpg

他の神社とは趣が違います。

20141031203643.jpg

御社殿前には外人さんがいっぱいでした。

20141031205922.jpg

生け花展もやっていました。

 

せっかく来たのだからと神宮直営のお店で昼食を摂ることにしました。

20141031205542.jpg

レストランよよぎ

2014103120567.jpg

パスタにしました。

いやー、これは美味しいです。今まで食べた中では、自分的には一番です。

2014103121928.jpg宝物展示室では、「宮中の和歌―明治天皇の時代―」展が開かれていました。 お参りの折には、ご覧になることをお勧めします。11月30日(日)までです。

再来年の役員旅行は、明治神宮を入れることにします。当然昼食もここにしたいですね。

なお、当寺には戦前の明治神宮宮司の額があります。

 

20141031214158.jpg

明治神宮宮司の書

 

このあとは、上野に行きました。大道芸人のパフォーマンスをたまたま見ることが出来ました。

重要文化財 雲版のある長光寺 埼玉県飯能市

曹洞宗の長光寺は格式ある寺院で、寺宝の雲版は国の重要文化財になっており、全国で3番目に古いものだそうです。現在は埼玉県立博物館に寄託されてます。
 
本堂は埼玉県内にある曹洞宗最古であり、惣門と共に県の有形文化財となっています。
 
 
本堂
 
 
惣門
 
参道で珍しい写真を撮りました。
 
 
ふつう新盆の盆提灯は、お墓に塔婆にくくりつけて置いてきますが、ここでは地蔵堂に吊してありました。
10月の末で、まだ新しかったので、何かの行事が行われたように思います。
 
長光寺  雲版 
飯能市大字下直竹1056 
 

飯能市 鳥居観音の紅葉

昨日は一緒に出かけたAさんが、まだ鳥居観音に行ったことがないと言うので、ちょっと寄り道をしました。旧村役場、有間ダム近辺は、紅葉はまだでした。

参道を車で上るに従い、紅葉に変わります。あと数日でさらに見事になるはずです。

2014103175117.jpg

救世観音  高さ33メートル

2014103175140.jpg

玄奘三蔵塔からの眺め

 

これらは、この村(旧名栗村)出身の平沼彌太郎氏(旧 埼玉銀行 頭取)により、昭和15年に建設されました。 玄奘三蔵塔の周りもきれいです。

201410318252.jpg

玄奘三蔵塔

塔内には奉賛者の銘板があり、吉田茂、鳩山一郎、松下幸之助、清水谷恭順など各界の実力者のお名前が彫られています。

201410318314.jpg

玄奘三蔵像

 

大観音像近くにお参りすると、その大きさを実感します。

2014103181426.jpg

子供の頃は中に入った記憶があります。

2014103181441.jpg

たくさんの紅葉が植えられています。

先代の御住職には何度かお会いしたこともあり、素晴らしい方が来られたと感じておりましたが、今年突然逝去されました。多くの方々に慕われておりましたので、残念でなりません。

 

鳥居観音  埼玉県飯能市上名栗3198    ホーム  リンク    

  

飯能市の重要文化財があるお寺

埼玉県飯能市には、三件の重要文化財があります。重文以外にも飯能は優れた文化財が数多くあります。幕末の飯能戦争がなければ、もっと多くの重文があったと思います。

実際に見ることが出来るのは、臨済宗建長寺派の福徳寺阿弥陀堂のみです。


阿弥陀堂  鎌倉中期


福徳寺 埼玉県飯能市虎秀71

阿弥陀堂は、福島県いわき市の国宝白水阿弥陀堂によく似ており、優雅な姿は近在ではなかなか見ることが出来ません。

曹洞宗見光寺には雲版が指定されており、埼玉県立博物館に預けられていますので、見ることは出来ません。

ご本堂、惣門は禅宗様式の優れた建築物です。

20141030214241.jpg

ご本堂

2014103021430.jpg

惣門

 軍荼利明王を祀るのは、真言宗智山派、高山不動・常楽院です。

20141030204529.jpg

高山不動  埼玉県飯能市高山346

軍荼利明王は高さが228.8cmあります。

20141030204549.jpg

かなりの急階段です。

ページ上部へ