円泉寺便り

椙森稲荷からお玉ヶ池跡

反将門公関連の寺社などを調べるために来ました。

今の時代には将門公側、反将門公側など気にすることはないのですが、友人の中には気にする人が大勢います。

江戸時代は富くじ発行が行われていました。

 

しばらく歩くと宝くじ売り場の看板が見えました。

ここで買う人が多いようです。高額当選者も出ているようです。

お玉が池のほとりだったそうですが、池があった場所は埋め立てられて面影はありません。

近くに千葉周作の玄武館がありました。お玉ヶ池近辺地図

 

東高野山 長命寺 練馬区

以前、長命寺の斎場において、当寺檀家さんの葬儀がありました。遅れないよう、かなり早い時間に到着しましたので、境内を散策しました。

その折、カメラを用意しませんでしたので、改めて参拝を致しました。

東高野山長命寺リンク 東京都練馬区高野台3丁目10−3  場所

 

東高野山と言われ、江戸時代から広く参拝者が訪れました。

 

小遣地蔵堂は六角堂となっており、明治32年の建立です。

 

高野山と同じく奥の院がありました。

周りにはたくさんの石仏が祀ってあり、練馬区では一番多くあるそうです。

 

奥には十王様が祀られていました。

閻魔様の奥には、徳川家光一周忌に建立された供養塔がありました。

勝手に将軍の供養塔を建立できるわけがなく、当時の長命寺とご住職が幕府に信頼されていたかが分かります。

 

甲斐善光寺参拝

どうしても善光寺と言えば、長野の善光寺を思い浮かべます。

由来にあるように善光寺の伽藍が、兵火にかからないように甲斐に諸仏、寺宝を移したのが、甲斐善光寺の始まりです。

甲斐善光寺リンク  山梨県甲府市善光寺3丁目36−1    地図

 

当日の参拝者は、我々以外に1組だけでした。

おそらく地蔵堂と思います。左右にも大きなお地蔵様が、

 

阿弥陀如来の大仏様も祀られていましたが、ここの石仏の方が私は好きです。

 

 

食事は門前の「手打ちうどん とだ」にしました。

評判の良いお店でしたので、昼はここと決めていました。

 

※追記  よっぽど気に入ったのでしょう、友人は後日も山梨に出かけた折り、わざわざ寄ったそうです。

 

武田神社 甲府市

前々よりお参りしたいと思った神社です。

近くにお参りしたことがあるのですが、当寺と同じ真言宗智山派寺院優先でしたので、今回念願が叶いました。

武田家の城跡と言われるだけあって、石垣など重厚さがありました。

 

 

もっと正面からの写真があったのですが、ボケボケのばかりで側面からだけです。


宝物館にも行きましたが、またまたボケボケでした。少し暗くなると調子が悪いようです。

 

甲府盆地と山並みも自然の要塞になっていることが分かります。

 

武田神社 リンク 山梨県甲府市古府中町2611 場所

 

この後、甲府善光寺に向かいました。

 

妙石庵 甲府市

日蓮聖人が布教のため寄られた寺とご住職から聞きました。

境内の整備、墓地の新設、永代供養など、積極的に行っているようです。

妙石庵  山梨県甲府市上曽根町 2452-6  地図

 

 

北側に中央高速が走っています。

この後、御本堂でいろいろお話を伺いました。

 

雨引観音参拝

坂東24番札所の雨引山楽法寺には、以前もお参りしています。

他の用事の時ばかりですから、今回も納経帳を持たずに来ました。

駐車場から石階段を登り、山門、本堂と向かいます。

雨引観音 リンク  茨城県桜川市本木1 地図

東照宮

 

 

仲間が一生懸命に撮影していたのは、孔雀でした。

放し飼いになっていましたが、よく逃げ出さないと思います。大事に飼われているのでしょう。

 

真壁の石材問屋見学と注文

真壁から仕入れている業者さんの知り合いから招待されて、数件の問屋さんを見学致しました。

 

この千手観音さまは気に入りましたが、すでに売り切れでした。

 

震災の折は鳥居が倒れてしまい、甚大な被害だったそうです。

気に入った石仏がありましたので、注文していただきました。

原価を知られるのは困るのでしょうが、たまには良いでしょう。

 

ご接待いただいたのは、名物 俵ハンバーグのペンギンです。

確かに業者さんが勧めるだけあって、美味しいハンバーグでした。

 

ページ上部へ