円泉寺便り

某新聞社の社員が、父の戒名を院号居士にして下さい !

日頃私も読んでいる某新聞社の社員さんに
「父親の葬儀で信士ではみっともない、院号居士にして欲しい」
と依頼されたが断ったと、ある寺の住職が話していました。
 
その新聞には、お葬式やお墓に関して、きれい事が書いてあるのを何度も読んでいます。
 
部下があれだけのことを書いているのに、上司たる者が親の戒名に「院号居士」とは!。
 
当寺でも檀家さんから院号居士にして欲しいと言われ、二度断ったことがあります。
 
二件とも他の寺に移り、後で数百万円の御寄付を依頼され、大変なことになったようです。
 
注 : 山梨県・長野県・新潟県では、院号居士がほとんどという地域もあります。3万円で全ての宗旨に院号を授ける寺もありますが、儀式を伴わないただの授与証が送られてくるだけです。
 
きれい事を後押しするNPO団体の紹介記事もなにかで読みました。
 
そのNPO団体の言葉 「お墓」 「寺」 「葬式」 などを「国家」 「権力」に置き換えると、まるでかつての「新左翼」の発言に聞こえます。
「全て自分たちが正しい」
 
全ての古いしきたりは、悪だと言っているように思いました。
しかし、お金のかけ過ぎは、良くないとは思います。
 
更に深読みすると、その団体のバックは「葬儀社」かもしれません。
自分の関連の葬儀社に仕事を依頼する。
考えすぎでしょうか。
 
「お葬式はしなくて良い」 「散骨・樹木葬」 「直葬(火葬のみ)」「0葬」
その他いろいろ。時代は変わりました。
 
話は変わりますが、今お寺は存亡の危機に立っています。
 
人口の減少した地域では、廃寺が増えています。
本堂を取り壊す経費もなく、朽ち果てるままになっている寺も何ヶ寺か見たことがあります。
 
お寺が朽ち果てることは、その地が朽ち果てていくことに繋がっています。
 
ヤフーオークションを見れば、廃寺から出た仏像・仏具がたくさん出ています。
これほどとは思いませんでした。
 
ある親しい骨董屋さんが、
「仏像・仏具はお寺から出てるんですよ」
と言っていました。
その仏像仏具が何点かがお寺に来ています。
 
 
当寺も100年後残っているでしょうか。

夕焼け小焼けの里 中村雨虹の生家 八王子市 宮尾神社

将門神社に行く前に「夕焼け小焼け」の作詞で知られる中村雨虹の地、夕やけ小やけふれあいの里(東京都八王子市上恩方)に行きました。
お昼に里の中の「いろりばた」でお蕎麦を食べました。なかなか美味しいお蕎麦でした。
 
イメージ 1
 
略図をいただき、お店を出て道路を渡るとすぐ近くに中村雨虹(本名・髙井宮吉)のお墓(高井家)があります。
 
 
宮尾神社へは坂道と階段ですが、良く整備されており、足が丈夫であれば問題ありません。
 
 
宮尾神社です。
 
イメージ 4
 
 
境内にある「夕焼け小焼け」の碑です。
 
 
子供の頃を思い出しながら、くちずさみました。
 
少し離れますが、「山のお寺の鐘が鳴る」の興慶寺です。実際にはここの寺だけをさしているのではないかもしれませんが、ここと思える風情があります。
 
 
 
 
良く整備されています。
 

山形県の山寺 妙見院 妙見神社

山寺、妙見院、妙見神社に行ってきました。
 私は日本全国の妙見信仰・妙見菩薩を調べていますが、天神社宮司の西澤師に誘われて、山形へ行くことができました。
 山形では宮司の信者さんに案内していただきました。
 
 妙見信仰・妙見菩薩は、資料集を参照して下さい。
 
 山形市の妙見院妙見堂です。地図だけしか見ていなかったので、行ってみたら山の上でした。
 山形市内を見守っているようなお堂です。
 
 
 
 
  次は天童市の妙見神社です。
 
 
  前後しますが、山寺です。
 
 
 
 
  こちらが今回のメンバーの主な目的地でした。こんなに素晴らしいところとは思ってもいませんでした。
  西澤宮司、現地のAさんに感謝感謝です。

山形県 岩根沢三山神社「旧 湯殿山月山日月寺」 宿坊由来の不動明王像

円泉寺阿弥陀堂にお迎えしたお不動様は、後背に「湯殿山日月寺」の文字が書かれており、不思議に思っていました。

出羽三山は「羽黒山・月山・湯殿山」の三山を言います。日月寺は月山系のお寺でしたので、湯殿山ではありません。

 

岩根沢三山神社(旧・湯殿山日月寺)  山形県西村山郡西川町岩根沢

 

かつてはなぜ湯殿山かは分からなかったそうです。戦後長耀山と記された物が発掘され旧山号が分かったのだそうです。

湯殿山の額

今でもいくつか「湯殿山」の額が掲げてあります。

 

 

不動明王像が祀られていた少貳坊は、戦前までありました。

岩根沢三山神社の二階には、当寺から送った不動明王の写真が、掛けてあるそうです。

 

円泉寺阿弥陀堂

 

阿弥陀堂が開いているときは、お近くでお参りできます。ぜひお参り下さい。

 

ホーム

東京都檜原村の『山城』で美味しいお蕎麦や山菜

   3年ぶりぐらいで、『山城』さんのお蕎麦や山菜を堪能してきました。
   お寺から一時間以上掛かりますが、いつも檜原で滝行を行っている 当寺天神社西澤宮司の運転でしたので、安心して行けました。
 
 
   食事は順番に出てきますので、『山城』さんの許可を得て、ホームページの写真を使用させていただきました。
 
 
   山菜は今が旬で、良いときにこれたなと思います。お蕎麦は大盛にしましたが、あまりにも多く、普通盛りで十分です。なお、食事は予約制になっています。
 
東京の奥座敷 秋川渓谷 檜原村 旅館 古民家の宿 山城 公式ページ
〒190-0221東京都西多摩郡檜原村数馬2478 TEL042-519-5132
   なお、山城のご主人は『九頭龍神社』の宮司さんです。
  
 
   帰りにお宮にお参りしてかえりました。
   西澤宮司は、檜原村『九頭龍神社』のご支援で、この近くの九頭龍の滝、龍神の滝で滝行を行っています。
 

御茶ノ水から神田明神 秋葉原

久しぶりの御茶ノ水です。

地下鉄を降りて神田明神に向かいます。

 

湯島聖堂の道路にパトカーが。

 

医科歯科大は工事中です。ズイブンきれいになりました。

 

湯島聖堂裏

 

神田明神到着です。

気持ちよくお参りが出来ました。

 

この後、秋葉原で買い物しようと思いましたが結局何も買わず、秋葉原駅で紅茶を飲んで帰りました。

買い物は池袋で。

雪かき②

14日に降り始めた雪は、先日の2倍以上の積雪です。

結局20日まで雪かきとなりました。

15日朝

取りあえず御本堂前まで通路の確保です。

一休みして、ニュースを見ると都内は少ないですね。うらやましい!

 

16日

 

17日

 

公園の桜が折れて、植木屋さんに出動していただきました。

 

本堂裏は一番後になりました。

葬儀屋さんも地元の雪かきを終えてから、手伝いに来てくれました。感謝感謝です。

 

墓地はひどい状態です。

 

雪かき

昨日からの雪が、場所により30センチ以上になりました。

朝から境内だけでなく、歩道まで雪かきです。

 

弁天様もかまくらで雪を楽しんでいます。

 

石屋さんが早くから来て、車で駐車場をかき回していましたが、スタックしてしまいました。

 

御本堂の雪のひさしです。

 

雪かきを休んで芸術作品をと思いましたが、およそ芸術性がありません。

 

円通院 宮城県松山町

瑞巌寺のすぐ隣が円通院です。

 

円通院に入ると案内の方がいました。

素晴らしい庭園ですね。

 

案内に促されて、三慧殿(さんけいでん)の説明を受けます。

伊達政宗の嫡孫・光宗の霊廟です。

中には厨子があり、馬に乗った光宗の像が祀られています。

支倉常長が西洋から持ち帰ったと伝わるバラの絵が描かれています。

 

脇には岩屋があり、石仏が祀られていました。

 

三慧殿のバラに因みバラ園もありました。一部しか咲いていませんでしたが、バラの季節には日本庭園と異なる華やかな庭になるのでしょう。

「バラ寺」とも言われているようです。

 

趣のある庭園です。

 

御本堂では、希望すれば念珠を作ることが出来ます。

何人かの女性が作っていました。

 

 

瑞巌寺参拝

東日本大震災の津波は、このあたりも襲いました。

休業している店もあります。

瑞巌寺リンク 宮城県宮城郡松島町松島町内91 地図  

瑞巌寺の参道が、こんなに長いとは思いませんでした。

 

参道には三十三観音さま石仏が祀られています。

 

御本堂は工事中で入ることが出来ませんでした。

代わりに普段はお参りできない瑞巌寺庫裡に入れました。

 

障観世音菩薩

 

歴代ご住職の御尊像

 

御霊屋に向かいました。面白い景観です。

かつては海に接していたのでしょうか。

 

ページ上部へ