ホーム

妙見堂と妙見菩薩・平将門資料集

妙見堂と妙見菩薩・平将門資料集

平松の妙見様と平将門

当所・綿貫家の伝承では、平将門(たいらのまさかど)公(延喜3年・903年?~天慶三年・940年)が在京中、妙見菩薩に危難を救われ、御尊像を奉受 し、守り本尊として持ち帰ったと伝えられています。天慶の乱で敗れた将門公配下の武将・綿貫豊八は隠れ住み、この御尊像を密かに祀り守護してきました。残念ながら現在の妙見像は二代目です。
弘化五年(1847・永元年)平松出身の分限者・綿貫伊助の尽力により、実家の妙見菩薩像を京都神祇官統領伯王殿公文所より円泉寺境内にお祀りすることが 許可され、(実際には、その十年前に円泉寺に祀られるようになっていた)現在のように土を村民総出で高く盛り上げて、お堂を建立し祀りました。
現在の本尊様は二代目です。妙見菩薩は北極星、北斗七星の神格化された姿であり、その信仰は奈良・平安時代かなり盛んになったようです。

綿貫家古文書    

リンク   妙見信仰

(←妙見菩薩・平将門関連資料集PDFデータ)

 

 

妙見菩薩

妙見堂本尊 妙見菩薩

妙見堂(ひらまつのみょうけんさま)

妙見堂(ひらまつのみょうけんさま)

全国の妙見菩薩

日本全国の妙見様を祀る寺院、神社、石仏などの所在地を平成15年より暇にあかせて諸資料、インターネットを利用して調べてみました。PDFを参照してください。ただし、あまり正確ではありません。ご了解下さい。

        ご本堂の妙見菩薩

妙見菩薩像
妙見菩薩 北斗七星 北辰鎮宅霊符神
妙見大菩薩 天御中主神(元妙見) 玄武
星曼荼羅(一部) 尊星王 摩多羅神
摩多利神 妙見寺 妙見堂
妙見山(山号)妙見神社 妙見社 妙見宮
星宮神社 星神社 妙見信仰
初発神社(福島県)他 妙見山(山名) 妙見(地名)

※本地仏の十一面観音・七仏薬師は掲載していない。
※妙見寺、妙見山(山号)などとあっても祀られているとは限らない。
※栃木県の星宮神社は日光修験の関係で、元は虚空蔵菩薩が多い。

関東の妙見菩薩 資料

関東の妙見菩薩

関東の妙見菩薩
(埼玉・東京・群馬)

関東の妙見菩薩

関東の妙見菩薩
(茨城・栃木・千葉・神奈川)

北海道・東北の妙見菩薩 妙見などの地名

北海道・東北の妙見菩薩
妙見などの地名

中部北陸地方の妙見菩薩 摩多羅神 摩多利神

中部北陸地方の妙見菩薩
摩多羅神 摩多利神

近畿地方の妙見菩薩

近畿地方の妙見菩薩

中国・四国・九州の妙見菩薩

中国・四国・九州の妙見菩薩

別冊 妙見菩薩 平将門関連

別冊 妙見菩薩 平将門関連

妙見菩薩  石仏協会資料

妙見菩薩  石仏協会資料

妙見菩薩と妙見信仰   リンク     

         妙見菩薩のお姿紙札    リンク

北辰妙見星碑と名山壽行    リンク 

智山派の仏様             リンク

伊勢の将門           リンク  

飯能市の平将門伝説  リンク 

真言宗智山派 円泉寺 (えんせんじ)

   〒357-0014 埼玉県飯能市平松376

       sub Home page link          ブログlink

       [電話番号] 042-973-5716 

      [Fax] 042-972-8834                

       ブログ2  link  別のブログです。  

ホームに戻る         

 

ページ上部へ