円泉寺便り

保谷農園のイチゴジャム

保谷家は当寺の檀家さんです。

双柳の浅間地区の林を戦後開墾して、畑を開きました。

色々な作物を栽培し、敷地には梨やイチゴも栽培しています。時々買いに行っています。

 

家内が宮沢湖の温泉施設で、時折買ってくるのがイチゴジャムです。

 

息子さんが寺に来られたおり、「ジャムを現在も扱っていますか」と言うと、すぐ持って来てくれました。

側にいた他の檀家さんも求めました。

 

昨日開けたジャムが、一瓶がほぼ無くなってしまい、今朝は残りを薄くのばして食べました。

それでも十分な量です。

化学保存料を使用していませんので、真っ赤ではありません。安心して食べられます。

今は栽培しているイチゴの時期ではありませんので、新鮮なイチゴが食べられる時期にも行ってみてください。

美味しいですよ。

 

保谷農園 飯能市双柳1484−3  地図

 

爆走おとな小学生による公演 劇場MOMO

檀家さんの孫・和久井大城さん脚本・演出の『ミーンナジブンガカワユス』が劇場MOMOで行われます。公式ブログ

ぜひご観覧ください。

《あらすじ》
100年の歴史がある老舗人形屋さんには、ありとあらゆる種類の人形たちが毎日おめかしをして綺麗に可愛くショーケースの中に飾られている。素敵なご主人様を待ち望み、幸せに暮らせる事を夢みる子たちと様々な事情を抱えた男性客。

「『可愛いは作れる』なんて嘘や!もしほんとなら、ウチの事もっと可愛く作ってよ!」

新しくて可愛い子は売れていき、古くて可愛くない子は売れ残る。
誰かを幸せにするためだけに買われる人形と自分が幸せになるためだけに買う人間。
結局ミーンナジブンガカワユスな、人形じかけのヒューマンドラマ。

 

チケット購入 リンク

劇場MOMO  東京都中野区中野3丁目22−8  地図

 

和久井大城さんブログ

 

ユリが満開です

毎年楽しませてくれるヤマユリが、満開となりました

 

日曜日ですが、あいにくの雨となってしまい、お参りも少ないかと思います。

 

お大師様脇にも咲いています。

 

弁天様前の池には、もう一輪の睡蓮が咲いています。

 

飯能祭に匠工房が出店します パワーストーン 蜂蜜 他

明日13日と14日に匠工房駐車場にて、パワーストーン、蜂蜜などを出品します。

檀家さんの蜂蜜もあります。

※こちらの画像商品は、阿弥陀堂店にございます。

 

ちょいちょい阿弥陀堂にコーヒーを飲みに来る寛田さんの蜂蜜です。

無添加の純粋蜂蜜です。

 

美味しいですよ。

 

こんな物も扱っています。

ある囃子連では、何人も首に掛けているそうです。

 

〒357-0004 埼玉県飯能市新町8-15  駐車場有ります。  地図      パワーストーン  
TEL:042-978-7703
FAX:042-978-7704

飯能駅北口から、北に800メートルです。

 

円泉寺境内の阿弥陀堂では、毎日扱っています。

円泉寺 阿弥陀堂店 

   営業時間 10:00より16:00

小さなお仏壇、仏具、位牌、念珠、線香、パワーストーン・天然石を発売中です

〒357-0014 埼玉県飯能市平松376

石の匠工房リンク 
円泉寺ペット供養塔管理業者
TEL: 042-972-8863
FAX: 042-972-8862

 

 

接写リングで花の写真

接写レンズを1本持っているのですが、あまり効果がありません。

安いエクステンションチューブ(接写リング)を購入して、試してみました。

難しいですが、そこそこに撮れました。

 

下の蜘蛛は切り取っています。

かなり小さな虫でしたので、まったくピントが合いませんでした。

やっと梅が干せました

 

天神社前の梅の実を漬けた石屋さんが、やっと干せると喜んでしました。

毎日グズグズした天気でしたので、気が気でなかったようです。

檀家さんや、お客さんから予約されていました。

売るわけでなく、毎年プレゼントです。

 

 

今年は梅が不作でしたので、買うと倍以上だったようです。

どこの家も漬ける量を減らしていたようです。

 

滝行でアイドル目指せ !

先日、当寺天神社宮司で「滝行を楽しむ会」を主催する西澤師が、スカパーの滝行取材の指導を行いました。

 

8月からスカパーPigooチャンネルで放映されるバラエティー番組で、アイドルをめざしている女子たちです。  スカパーPigooチャンネルlink

この日は肌寒く 適温が15°で台風の影響で雨の中でした 。

多少過酷な悪天候でしたが、 皆さん最後まで笑顔をたらやさず頑張っていたそうです。

東京都檜原村で滝行-九頭竜の滝・龍神の滝 link      

考える葬儀屋さんのブログが面白い 葬儀紹介だけの会社に注意

面白いブログを見つけました。
 
考える葬儀屋のブログ』です。考える葬儀屋のブログ link
 
 
下の画像はイメージです。
 
 
 
ある方が檀家さんになる前、検索で見つけた「小○○○○式」では安くお葬式ができると思って依頼すると、紹介されて来た葬儀社が、まったく異なる金額を提示したそうです。
だったら、私が紹介する葬儀社の方が、遙かに豪華で安いです。
 

葬儀紹介サイト「小○○○○式」の記事には、本当に呆れていました。

いくらいくらでできますが、実際には直葬(火葬のみ)でありながら、堂々とトップページにあります。
何が無い、あれも無いの、呆れたホームページでした。
今は追加料金なしの文字が、削除されているようです。
 
 
他の葬儀屋さんも、そのからくりを書いていました。
紹介する葬儀社からは、15%のバックマージンを取るだけが目的の会社だったようです。
消費者庁からも処分されています。link
そのような会社が、たくさんありますので、気をつけてください。
 
病院で紹介する葬儀社は、断るようにしましょう。「考える葬儀屋のブログ」を読めば、そのからくりが理解できると思います。
 
このブログには、為になる記事がたくさんありますので、読んでみてください。
きっと役に立つでしょう。
 
そのブログに当寺を悪く書かれないよう、願っています。
 
 

紫陽花のオブジェ

阿弥陀堂に来ているアルバイトと檀家さんが、お水屋で面白いことを始めました。

 

水の上に紫陽花を主体にハナミズキをたして浮かしていました。

面白い試みです。

お墓参りが多く来られていましたので、喜んでいたのでは無いかと思います。

天気が良くないため御朱印はゼロでした。晴れていればデジカメで撮影する人が多かったと思います。

 

お寺さん崩壊 水月昭道著

 

地域の大きなお寺さんばかり見ていると、一般の人は理解できないかも知れません。各地の檀家数の少ない寺や、祈願寺では大きな危機が訪れているのです。

大月昭道師は浄土真宗本願寺派の住職であり、他にも「高学歴ワーキングプア」なども書かれています。

坊主まるもうけ」なんて大うそ!

まさに事実です。読売新聞オンラインlink

上のリンク先を読んでいただくと、この本の内容が分かります。

 

記事とは異なりますが、30年もすると、約半分の寺が廃寺となる可能性があるそうです。檀家の少ない住職のいない寺では、檀家だけで寺院を維持するには不可能になっています。

10年ほど前ですが、都内の寺院も檀家減で困っていると話していたこともあります。収入も3割減ったそうです。車庫の車を見ると5ナンバーでした。副住職は他の寺の手伝いで、どうにか寺を維持しているそうです。

 

今から10数年前、関東のある仏様を調べていました。二ヶ寺の屋根が崩れており、ある神社は鳥居だけが残っていたり、やはり屋根が崩れている所もありました。

市内でも数ヶ寺が廃寺となっています。神社はモット大変なようです。

 

何年も前に檀家さんから「お寺さんは、みんなベンツに乗っているんでしょう!」と言われたことがありました。

「あれはマツダです。中がMでしょ!   65万円の中古です」と言ったことがあります。多くの檀家さんの方が、私に言わせれば高級車でした。

 

 

ズッと以前、年間の葬儀の数を単純に計算したことがあります。檀家数100件で年間4件の計算になります。

檀家数が200件を超えたときは、ホッとしました。

 

友人の寺は近くに高速道路ができ、檀家が多く働く温泉街が寂れてしまいました。客はさらに遠くの温泉街に行くそうです。

温泉に団体で行く時代で無くなったことも原因です。

檀家は次々に少なくなり、維持管理もいずれできなくなると言っていました。優秀な息子さん達に、寺は継がなくてよいと言っているそうです。

 

檀家が少なすぎて、兼職しても家族を養えないどころか、結婚できないと書いてあった雑誌もありました。

もし息子が寺に入ったとしたら、今の給料を保証しなくてはなりません。その時から年金生活者にならざるを得なくなります。

寺にいる限りは、支出もとんでもなく多くあります。

住職のいなくなった寺の多くが樹木が伐採され、檀家さんが管理しやすくするため、庭は除草剤をたくさん撒き、味気なくなっているところが多く見られます。

 

将来が不安になる毎日です。

 

ページ上部へ