円泉寺便り

離檀料が○百万円だって !

先日あるテレビで、離檀料(檀家をやめのための料金)の特集を行っていました。

離檀料が○百万円もするお寺があると、引き墓を斡旋する業者が取り上げられていました。

確かに高すぎると思います。

当寺に来られ、お墓や永代供養を見学した方は、田舎の寺から300万円、もう一件は150万円と言われたそうです。

内容が分からなければ、確かに高額の離檀料ですが、聞いてみると納得の料金でした。

300万円は、30年以上にわたり付け届けや御寄付無し。墓も放置していました。さらにお墓の位置が山の中腹で、広さも三坪ほどあるようです。

墓石や外柵を人力で片付けるにも、かなりの人件費がかかりそうです。

支払いの未納が100万円、墓地の片付け費用が200万円と考えると、決して高額な請求ではありません。

墓掃除もお寺に任せっぱなしだったのですから。

150万円は、やはり30年以上放りっぱなし、お墓の引き墓工事を入れれば、無理もないと思いました。

私は離檀料だけの話では無かったと思いました。

一方的に寺院批判の内容でしたが、詳細が明らかでない放送内容には、納得できない部分もあります。都合の良い業者や一部寺院の言い分だけでは、片手落ちでしょう。

ある引き墓の宣伝をしている業者さんに依頼した檀家さんは、墓地が広いので300万円と言われたそうです。

私が紹介した業者さんは半額でした。

有名な引き墓業者の内容も詳細に調べたのでしょうか。

ある寺院も紹介されていましたが、近在の寺院からは悪評を聞きます。

きれい事ばかり言って、隣の寺の檀家さんを10数件も檀家にしたそうです。2件のお寺から聞きました。周りのお寺にも意見を聞いたのでしょうか?

私は近在の寺からの引き墓や永代供養を依頼された場合は、お断りすることが多々あります。

檀家を勝手に取るようなことは、避けるべきでしょう。

マンション風のお骨自動搬送式施設も紹介していました。

ご先祖さまは静かに寝るどころか、四六時中建物の中を移動しているのです。

今は良いですが内部のシステムも30年で全交換する必要があるそうです。

ある駅から近い施設をついでに見学に行きましたが、周り中に反対の張り紙が貼り巡らされており、中まで行かずに帰ってきました。

そのお寺が倒産したそうです。元々の檀家さん、契約された方々は、どうしているのでしょう。

あるテレビ局は、宗旨問わず院号居士の料金を○万円としている寺院?の紹介をしていました。あそこは○○宗系ですよ。かつてはマンションの中にありました。マンションの一室でも宗教法人なのでしょうか?

そこで買った紙切れを持った方が、永代供養の見学に来られたことがあります。

しかし、私の話を聞き、信士の戒名にしました。だまされたと思ったそうです。

拝むことも、引導を渡すこともせず、○万円の紙切れを信じさせるとは。

当寺の檀家さんには、院号居士は1パーセント以下です。

檀家が減り、住職がいなくなる寺が増えています。お寺がなくなることもあります。

都内の一等地の宗教不問マンション墓地(宗旨問わずは、税務署が収益事業と見て、宗教行為と見なしていないはずです)やきれい事寺院に目を向けるだけでなく、田舎の寺の困窮状態も目を向けて下さい。

檀家さんの孤独死

 
お盆前に檀家さんから電話がありました。
分家の50歳台男性で、死後2月ほど経ています。
身体を壊して求職中だったようです。
 
近くの従兄弟は、警察から電話があっても、ご遺体の受け取りを拒否したそうです。
実の子供でも引き取らないこともあります。
叔父さんが生きていれば、こんなことにはならなかったでしょう。
 
当寺霊安室にお預かりすることになりました。
状況が状況ですので、霊安室に来て頂けるかと思いましたが、数人がお線香を手向けに来られました。
 
急遽、死後二日後の午前中に火葬に付したあと、御本堂で葬儀をして永代供養塔に納骨することになりました。
参列者は、ご本家と他の3人だけでした。
 
遺影、仮位牌、生花は、当寺で用意しています。
15年程前に私がデジカメで撮っておいた画像をい印刷し、遺影としました。
戒名は、ご両親の戒名に合わせて考えました。
 
施主がいるようでいない葬儀です。お布施などは頂けるような状態ではありませんでしたが、ご本家が供養料として、若干負担していただきました。
この浄財にてご本人・ご両親の戒名を永代供養塔に彫刻させて頂く費用にします。
 
ご両親も後日供養を行い、永代供養塔に納骨となります。
お墓をどのようにするのか、まだまだ未定です。
 
檀家さんの葬儀としては、ここ数年で一番つらい思いの葬儀でした。
はにかみながら話す、個人の面影が浮かびます。
 
 

八坂神社(天王様)祭礼に巫女舞の奉納

今日は天神社・西澤宮司により、スグ隣の地元の八坂神社(天王様)の祭礼が行われました。

数年前までは、他の神職の方に依頼していたのですが、私から地元の方々に西澤師に依頼していただくようお願いいたしました。お掃除など宮司が行っていたのですから、当然のことでしょう。

今回は初めて巫女舞の奉納がありました。

毎回参列するのは、地元の役員だけでしたが、今回これでも三倍以上来られています。

若い女性やお子さんが増えたのは嬉しいですね。

毎年巫女舞の奉納があるわけではありませんので、今回は特別かもしれません。

 

江戸絵図

一枚ぐらい江戸の絵図を持っていたいと思い、市内の骨董屋さんから求めました。立て93センチ、横133センチです。掛け軸になっています。

一番驚いたのは、安かったことです。

骨董屋さん曰く「そんなものですよ」と言っていました。

 

絵図は右側が北

当然、江戸城中心です。

 

安政6年の図です。

 

増上寺

 

寛永寺

 

左下が目黒不動  右上が祐天寺

 

左  永代寺

 

左上  護国寺

 

その他、いろいろな寺院、屋敷などが描かれていますが、おおざっぱすぎて、小さな寺院などは載っていません。当然でしょうが。

 

以前求めた地図ソフト「江戸明治東京重ね地図」は便利です。

時代の変遷が分かるだけでなく、かなり詳しく掲載されています。拡大縮小も出来ます。

さらに南北が今の地図と同じになっています。これが以外と有り難いのに気がつきました。

 

 

愛犬・愛猫の新盆

ごくたまに聞かれるのが、ペットの新盆です。

先日もペット供養塔に愛犬を納骨した分家さんから聞かれました。

 

以前にも聞かれましたので、近頃は気が楽です。

「お墓参りだけで良いですよ、どうしてもと思うなら、写真の前に花とペットフードを置いてください」「お線香も手向けたいなら、ヒャクエンショップに香炉が売ってます」

「その前に、お爺ちゃん、お婆ちゃんの墓参り」

分家さん「あっ、忘れてた」

まあこんな感じです。

 

天神さま(道真公)の彫刻

 

菅原道真公(天神さま)を祀る神社には、牛の像が奉納されているのを目にします。

大宰府において道真公がなくなり、遺体を載せた車を引く牛が、座り込んで動かなくなりました。道真公が動かなくなった場所を自分のお墓にしたいのだと、周りの人は思い、そこが墓地となりました。

また丑年生まれであったことも、全国の天神社に牛の像を奉納し祀るようになったわけです。

 

骨董屋さんに聞くと、かつてこの彫刻は、飯能市内の神社に納められていたようです。

彫刻の左下にこれを彫った「野﨑直延」の名が彫られています。市内稲荷町の久下稲荷神社の稲荷神像台座には、野﨑直延の名があるようです。

 

この彫刻は、ご本堂に掲げてあります。

 

当寺天神社の撫で牛です。祭礼の時のみ拝むことが出来ます。 平松天神社

 

當麻曼荼羅(観経曼荼羅)

當麻曼荼羅は、奈良県の當麻寺に伝えられた、観無量寿経の世界を描いた刺繍の図です。

中将姫が蓮の糸を染め、作られたと伝えられています。(実際には綿糸のようです)

この曼荼羅図は原本からではなく、當麻寺の中之坊に伝えられた掛け軸の工芸品です。

當麻寺中之坊           當麻曼荼羅Wikipedia

 

 

阿弥陀如来

 

勢至菩薩

観音菩薩

 

 

当寺で迎えた勢至菩薩像は、この図と同じ形でした。そのような縁もあって迎えた掛け軸です。

一周忌法要には勢至菩薩のお話をしますが、當麻曼荼羅の話が中心になっています。

 

當麻寺には行ったことがありませんが、奈良市内に中将姫誕生地と言われる誕生寺前を通ったことがあります。

もう7年も前のことです。

 

朝の8時半頃でしたので、中ではお参りできませんでした。

誕生寺  奈良市三棟町2   地図

立山曼荼羅と布橋灌頂会

かなり以前、テレビで布橋灌頂を放映していました。

それまで立山曼荼羅や芦峅寺(あしくらでら)は知りませんでした。芦峅寺Wikipedia

毎日新聞布橋灌頂記事            布橋灌頂会ユーチューブ

 

立山は女人禁制でしたので、極楽往生を願い、女性のための布橋灌頂会(ぬのばしかんじょうえ)が行われたそうです。

廃仏毀釈で神社になったあとも、憲法上の問題もあり、町としてはイベントとして真言宗豊山派・天台宗僧侶が協力して、声明(しょうみょう)の演者として行っているのだそうです。

この曼荼羅は、有名な和宮(静寛院宮)の寄進です。芦峅寺の吉祥坊に伝えられました。

本物はかなり大きな曼荼羅のようです。

 

この面には阿弥陀如来二十五菩薩来迎が描かれています。

 

内容は立山の開山縁起、地獄図、女人往生の布橋灌頂会の様子などが描かれています。

 

 

 

 

布橋灌頂会

立山参詣  布橋灌頂会 奪衣婆

 

元が和宮の寄進だけあって、工芸品の小さな掛け軸でも、素晴らしい作品であることが分かります。

 

 

立山縁起絵巻の漫画は、立山曼荼羅図を理解するのに役立つでしょう

※追記

先日、あるお寺の施餓鬼会で、布橋灌頂会の導師をされた新井弘順師に、お話を伺う機会がありました。

芦峅寺(あしくらでら)が神社にされて、儀式がなくなった後、布橋灌頂会再興に尽力された方です。

 

地元では、宗教でなくイベントとして開催したかったようです。

新井師は地元の意向に沿って、イベントとして行うことに同意したそうです。

 

しかし、やるべきことは真言宗の僧侶として、恥ずかしくないように行っていたそうです。

私も「あれは結縁灌頂(けちえんかんじょう)ですよね」と伺うと、同意されていました。

 

資料館の学芸員は、立山曼荼羅にあるように、あくまでも昔のままで再開したかったようですが、あくまでも、真言宗としてのこだわりを通したそうです。

 

たとえば曼荼羅図の中の布橋灌頂会の場面を見ると、目隠しをしていません。着ている物も普段着に裸足のようです。

ユーチューブを見ていただければ、全女性が目隠しをしています。私もここが大事だと思いました。

目隠しを取り、暗いお堂の扉を開くと、眼前に立山の山並みが見えることは、感動深い経験を生むことになる訳です。結縁灌頂に使用する曼荼羅が、立山の山々なのです。

 

慈母観音の掛け軸 工芸品

工芸品の慈母観音掛け軸です。

実物は、かなり色あせた状態ですので、かなり画像をいじくりました。

 

 

 

 

元々の絵を撮影し、印刷した画像を使用していましたので、かなり眠い絵でした。

狩野芳崖の作品だったと思います。

 

以前、他の慈母観音掛け軸のパンフレットが、送られてきましたが、高価すぎで買えませんでした。

仏具屋さんで見た掛け軸も同じく高価でした。

 

修正した画像をA3で印刷し、額に入れようかと思っています。

 

百日紅

境内の百日紅が、まだまだ元気です。

お盆には、ますます暑さを感じそうです。

中門の前

 

永代供養塔前

 

お墓の紫がかった 花

 

ピンクの花は、そろそろ終わりです。

 

ページ上部へ