その他

お骨は送るだけの時代? ではないですよね。

 

お墓参りは大事です。

当寺の永代供養塔は、建立してから10年立ちました。絶えてしまった檀家さんの為が当初の目的でした。絶えてしまったり、いずれ絶えてしまう檀家さんの負担にならない、無縁墓とならないようにするのが大事と思い、建立したわけです。

その当時は、永代供養は一般的でなく、永代(えいたい)の読み方を知らない方が多かったと思います。私もその一人でした。

 

その後で、5万円→三万円と低価格が当たり前となりました。地元や元檀家さん以外では、二十万以上は申込者がいないお寺もありました。

今では三万円で送るだけ、さらに二万円、一万円の所も出ています。私は、そのような流れにはついて行けません。中には業者さんがまとめて納骨して、時折住職などが拝むだけの所もあるようです。物扱い、親捨てですね。

数年前ですが、業者が撤退したために以前預けた寺が高いことを言うと、当寺に来たことがありました。お墓参りに行ったことがないと話していました。当然お断りです。

たとえ低価格でもご本堂で拝み、永代供養塔でも納骨した後、ご供養するのがあたりまえとおもっています。中には誰も供養する人がいない、親とも思わない、存在が迷惑、親族が絶えてしまっている、などなど、色々な例があります。

今では葬儀社に依頼されて持ってきただけのお骨は、お断りするようにしています。葬儀社が供養に立ち会う場合のみ受け付けています。

 

 

子供や孫に捨てられないよう、お墓参りや行事に一緒に行くことが大事だと思います。

 

もう一つホームページを作ってみました

いくつもホームページを作っても、しょうがないのですが、暇に飽かせて頭の体操です。

今回は永代供養に特化しました。別に上位に出るためのホームページではありませんので、特別な事はしていません。

 

永代供養の漫画のページもあります。

 

全部で4ページだけです。後で増やすかもしれませんが、これでお終いにします。ブログも入れられますが、たぶんないでしょう。

link          

 

漫画で知る永代供養

永代供養塔の漫画が出来ました

面白い企画を提案する会社もあるものですね。

全ての方に該当する永代供養の漫画ではありません。子供は娘ばかりの設定です。申し込む方の中でも、けっこう多い例です。

最初のラフスケッチは酷いモノでした。

家族の構築が出来ていない、主役のお婆ちゃんがいない、着ている和服・法衣を理解していない、私が若い尼さん?、おじいさんが幽霊、落語家さんが長髪で、髪の毛がボサボサ、などなどです。

しかし、一番の欠点は、永代供養がなんなのかを理解していない提案でした。言葉を入れ替えるだけで、どうにか対応できましたが、こればかりは実際のお寺、お墓、霊園、永代供養施設の写真だけでは、無理だったと思います。

若い担当者さんでは無理もないかとも思いました。

今の時代を理解しないと、無理でしょうね。少子化、子供が結婚していない、お墓はいらない、お墓が買えないなど、いろいろな問題があると思います。

これには関係ありませんが、地方から都市への一極集中がもたらす、地方寺院の衰退、廃寺など、山積みになっています。

永代供養・納骨堂のホームページに使用しています。link

 

 

1万円の永代供養があるなんて 困ったね !

先日、ネットで検索していると、15,400円の永代供養が見つかりました。
お骨は郵送(ゆうパック)で、送れば良いそうです。

他に一塔合祀墓もありますが、これは最初に46万2000円ですから、ずいぶん差があります。


かつて漫画家だった方が寺を作り、永代供養施設を作ったそうです。
元々は「牛次郎」と名乗り、「包丁人味平」などを書いた人です。
私もずっと以前、友人のを借りて読んだことがありました。

 

 

色々な思いがあり、出家した方です。何度か新聞や雑誌で読んだ記憶があります。
よっぽどの考えがあって納骨堂を作ったに違いありません、


しかし、私の寺だけでなく、他の寺院や霊園は脅威だと思います。
おそらく申し込む人は送るだけで、ちゃんとした供養を行う人はいないでしょうね。

いろいろな立場の人がいますので、一概には言えませんが、私は共に御供養することが、一番大事だと思っています。  漫画で知る永代供養
そのことを住職は、どのように思っているのでしょう。

ますます地方のお寺の崩壊、廃寺が進むでしょう。
書きたくなかったのですが、あえて開き直り書きました。

静岡県伊東市富戸1164-7 
  願行寺link 
 
※他に1万円ポッキリなどもあるようです。

 

山の神 田の神

山の神

田の神

境内の妙見堂階段下に山の神(やまのかみ)の社があります。元々は近くの林の中に祀られていました。

飯能ゴルフが出来るに事により、現在の場所に移築されました。

お寺の社でなく、地元の物と言われていました。長いこと放置されていましたが、あまりにも傷みが酷くなり、寺役員、自治会に諮り、修築いたしました。

「人は亡くなると山に帰り、山の神となる。春は山の神が、田の神として山から下りてくる。刈り入れが終わると、また山に帰る」と言われ、仏教と異なる古くからの山中他界(来世)観がありました。

田の神になるのは、稲作が大陸から渡ってきてからのことだと思います。

山の神は各地にありますが、元々は地元の方々の氏神、ご先祖様なのです。
ご先祖様は、いつも近くにいるとする考えです。。

関東では筑波山が一番知られています。奈良の三輪山、高野山、朝熊山も先祖の集まる山の神だったと思います。

それ以上に高い富士山は、霊山とは言われていなかったと聞いたことがあります。

  山の神Wikipedia


しかし、一つの他界観しか認めない立場の人もいます。
おそらく浄土真宗寺院の檀家さんのようですが、血相を変えて抗議した人もいました。極楽浄土だけが一番素晴らしい世界だと信じているようでした。

浄土真宗では、盆迎え、盆送りをしないようですが、他の宗旨で盆迎え、盆送りをするのは、比較的近くにご先祖様が、いらっしゃるとする考えがあったからでしょう。

他の宗旨宗派、宗教の立場も尊重し合うことが必要です。


宗教、宗旨、時代により異なる他界観があります。
一部に信仰する宗教以外一切認めない人もいます。
平気で「他の宗旨では成仏できない」と言う方もいました。


お釈迦様の教えは来世に成仏する事を重視するのでなく、その前にこの世に善き人であれとお説きになっているのです。

各地の氏神は、後々に有力な諏訪、春日、八幡、山王などの神々が勧請されると、それらの神々が氏神となり、古くからある氏神は合祀されて、忘れ去られてしまうことが多かったようです。

 

山の神、田の神は、ほとんど意識されなくなっていますが、古い歴史を持つ大事なお社なのです。

関連する宇賀神のブログlink    

 

おやこで楽しむ講談入門 彩流社

当寺檀家さんのご親戚、講談師・宝井琴柑(たからいきんかん)さんが著者の一人です。
琴柑さんは、伯父さんにとっては自慢の姪御さんのようです。

ちなみに本籍が、円泉寺と同じ飯能市平松です。

お子さんにも興味持って頂くために、フリガナをふってあります。
私のように国語や歴史が不得意だった人にも気軽に読めます。ただ読むだけでなく、声を出して読むことを薦めています。
歴史が得意な人でも武将の名前など、仮名がふってなければ、お手上げでしょうね。

若い方は講談て何だろうと思う方もいると思います。
今ではテレビでも放送されることは少ないですからね。
私の子供の頃は白黒の画面でしたが、一流の講談師がテレビに出ていました。

この本を読めば、講談の歴史、内容、張り扇(はりおうぎ)の作り方まで書いてあります。


講談師はイリオモテヤマネコより数が少なく、今では男性より女性が多いのだそうです。
宝井琴柑さんもその一人です。


お子さんに講談の魅力を知って頂くために講談教室の初心者コースを担当しています。

琴柑さんのブログ  こよみ草子リンク

BS12トップミッドナイトよせ太郎では、琴柑さんの講談を楽しむことが出来ます。  リンク

画面で見るより、実際に寄席などで聞く方が楽しいですよ。講談のイメージが変わりました。

 

来年の当寺の催し「永代合同法要」には、来ていただき、講談を行っていただくことになっています。

飯能ひな飾り展 絹甚

飯能のひな飾り展は、今回で13回目になります。飯能市内119カ所と公民館に雛飾りが展示されています。それほど古い人形はないようです。

飯能の老舗「絹甚」は経営者が建物、敷地と修理費を添えて飯能市に寄付をした建物です。

土蔵づくりの立派な建物で、中に入るのは初めてです。

沢山の雛飾りと、30人以上のボランティアの方々が手作りのつるし飾りを作りました。

この織物は、(株)マルナカの寄贈です。コンピューターを駆使して織り上げています。この図がポスターに使用されたようです。

さらに奥に行くと蔵があり、格子からひな人形を覗く仕掛けになっています。

 

ボランティアの人が、いろいろ説明をしてくれます。残念ながら、かなり忘れてしまいました。

駅からは近いですが、お車の場合は、駐車場が少ないですので、駅近くの有料駐車場をご利用下さい。

 

埼玉県飯能市本町2 店蔵絹甚  地図       

 

映画 空海−KU-KAI− 美しき王妃の謎 を見てきました。

映画を見にユナイテッド・シネマ入間に行ってきました。

久しぶりの映画鑑賞でしたので、ここのシステムが分からず右往左往です。いつもは池袋が多かったのですが、5年以上行っていないでしょう。

 

駐車場から映画館のある5階へ行きます。ここで前売り券を出し、席を確保します。早く行ったのでほぼ真ん中の席です。

駐車場の2時間無料券もいただきました。

 

7階へ行きます。

開演までロビーで待ちました。

 

 

ここが9番の入り口です。

作品の上映までの間、いろいろな映画の紹介や注意事項が流されています。いつもながら長いですね。

 

さて作品ですが、夢枕獏さんの原作を読んでいますが、全く異なる作品と思った方が良いでしょう。

感想は

  • 豪華なセットですね。
  • 楊貴妃役のチャン・ロンロンがキレイです。
  • 松坂慶子は好きな女優さんです。主役より存在感あり。

これでは感想になりませんが、あまり書くと見る予定の人がいると思いますので、止めておきます。

 

ガチャポンのミニカメラ

フジのミニカメラをいただきました

私がフジのミラーレスを使用しているので、ガチャポンの富士フイルム4種類をいただきました。

調べると平成26年の商品でした。あと1種類、X-100tがあったようです。リンク

写るんです

X-A1

写るんです

X-T1

私の使用している機種はありませんでしたが、嬉しいプレゼントです。

大きさは幅4センチでした。

お食事 ケーキ お菓子 飯能市上名栗-綵珠(あず)

上名栗に来ると、かなりの割合で綵珠にて食事をします。

いつもパスタが多かったと思いますが、ここ5年ほど来ていません。

オープンになっていましたので入店しましたが、なんとお休みの日でした。ご主人が忘れていたそうです。

奥様が「カレーで良かったら、暖めていますから、いかがですか」と言われ、ご夫婦の分だと思いますが、頂くことにしました。図々しいですね。

ですからメニューが出ていませんので、写真は載せません。

お菓子は円泉寺近くの久邇カントリークラブに卸しているそうですので、当寺のこともご存じでした。

このゴルフ場は、地元の美味しいモノだけをお土産に販売しています。ですから安心してお薦めできます。

私が求めたのは、柚のママレードと梅干しです。梅干しは塩分0ですので、私にも安心して食べられます。いつもはケーキを買って帰ります。

 

客は私たちだけでしたので、かなり勝手な話をしました。

ご法事の時は、話が長い(法話?、正座が大変なだけですが!)、近年のお寺の大変さ、それでも檀家が増えている、ホームページは自分で書いている、などなど。

自慢話に聞こえるかもしれませんが、一応差し障りないようにはしていました。

ご主人は地元に大勢の方がお見えになるよう、ボランティアで有馬湖などの植栽や手入れをしているそうです。

お寺に対する厳しい意見も、柔らかくオブラートに包んで話していました。ご夫婦共に気配りの人のようです。

 

しばらくすると秩父市の市議会議員さんがお二人お見えになりました。

 

お一人は美味しいことで有名なおそば屋さんの社長さんです。私も何度か食べに行きました。時々お見えになるそうです。リンク

 

ケーキ工房綵珠

〒357-0111 埼玉県飯能市上名栗293   042-979-0405       地図

ページ上部へ