その他

菅原道真公の生涯

菅原道真公

※この文は、「滝行の会」スタッフのN女子のご協力を得ました。

学者出身の優れた政治家

菅原道真は大学で歴史や詩文を教える文書博士(もんじょはかせ)を代々歴任する学問の名家に生まれた。道真は幼少の頃から非凡な才能を開花させ、やがて文書博士に就任する。

勢いを増す藤原氏の勢力を押さえたい宇多(うだ)天皇に以降を託された道真は、天皇のブレーンとして政治改革に邁進する。学者の家系として異例の右大臣まで登りつめた。

藤原氏の讒言による失脚

ところが、脅威と見た藤原時平の讒言により、道真は九州の大宰府の長官に左遷されてしまう。黙って受け入れた道真は、旅立つ朝自宅の梅の花に「東風(こち)吹かば、にほいおこせよ梅の花あるじなしとて春を忘るな」(春になって東風が吹いたなら、太宰府にいる私のところへ梅の花の香りを届けておくれ。私がいなくても春をわすれてはいけないよ) と語りかけたと伝えられる。

太宰に就いて二年ののち、道真は死去する。

死後三十年恐れられた道真の祟り

道真が去った後、都では天変地異が続く。激しい雷雨、飢餓、、疫病の流行で多くの死者を出した。さらに、藤原時平を始めとして左遷に関わった人々が次々と病に倒れ死去する。

また、内裏に激しい落雷があり、左遷に関わった藤原氏ゆかりの人々が、顔面や腹部の焼けただれた姿で発見されたことにより、人々は「道真の祟りだ」と恐れた。天災への恐れと相まって、道真の死後、約三十年にわたって「道真の祟り」が人々の口に上り続けた。

怒りを鎮めるために神に祀る

朝廷は道真の怒りを鎮めようと、京都北野の地にある北野社に道真を神として祀る(北野天満自在天神宮)。道真の祟りを恐れた藤原氏により、手厚く祀られることとなった。

天神として祀られた道真は荒ぶる祟りの神の姿から、罪をそそいで恵みをもたらす慈悲の神に姿を変え、人々の信仰を集める。さらに道真のがくさいにあやかって学問の神として信仰は広がっていった。

平安中期より現代に至るまで、学問の神様として人々の信仰を集めている。

 

天神社

〒357-0014

埼玉県飯能市平松376   円泉寺境内  

携帯090-3225-6286 西澤

普段は神社におりません。ご用の方は、前もってお電話下さい。

平松天神社 link

 

 

渡辺綱 浮世絵 役者絵 茨木の一條戻橋の場(豊原国周)と綱館(楊州州延)

十数年前になりますが、鴻巣市に出かけた折、渡辺綱がこの地で生まれたことを知りました。

その後二度ばかり綱の生地を探訪しました。

運良く手に入れることが出来た三枚綴の役者絵「茨木?」の場面です。幕末から明治に掛けて活躍した豊原国周(とよはらくにちか)と楊州周延(ようしゅうちかのぶ)により描かれました。

 

一條戻橋の場 豊原国周 浮世絵

 

綱館          楊州周延Wikipedia

 

  1. 歌舞伎の戻橋恋の角文字(もどりばしこいのつのもじ)」の一條戻橋の場は、明治23年に歌舞伎座で上演されました。髭切の太刀(現在北の天満宮に収められている)で、鬼(怪童丸)の腕を切り落とした場面です。渡辺綱を初代・市川左団次、怪童丸を五代目・尾上菊五郎が演じています。
  2. 同じく歌舞伎の役者絵です。渡辺綱を市川左団次・茨木童子を尾上菊五郎です。童子が綱邸で腕を取り戻す場面です。

鬼が怪童丸と茨木童子となっています。同じ鬼のはずですが歌舞伎に詳しくありませんので、あやふやなままです。ご了解ください。

 

これら浮世絵は、友人の渡辺さんにお譲りしました。とにかく鬼より怖い渡辺綱の子孫ですから、などと言ったら笑われるだけでしょう。

 

 

渡辺さん達と一緒に鴻巣市を訪れたときのブログです。 リンク

渡辺姓の方は、一度訪れることをお薦めします。

 

当寺の新聞 円泉寺通信

 

円泉寺通信

当寺で年4回出している新聞です。春彼岸、お盆、秋彼岸、暮れ正月号の年4回で、内容は毎回ほぼ同じです。

法話や仏事の歴史も入れるときもありますが、昨年同時期の記事に写真を入れ替え、日時を変更しているだけす。「○月○○日は何々があります。是非お参りください。」のような記事ばかりです。

裏面も入れて2ページの事もありましたが、知力が追いつきません。

数十年前に大先輩が、ガリ版刷りの葉書新聞を年10回ほど発行していました。

「内容はともかく、とにかく出すことが大事だよ。」と言っていたことを思い出します。

まねは出来ませんが、ワープロを購入してから一度も休んだことはなかったはずです。

新聞は、出すことが大事と言われたことが、事実だったことを今実感しています。

檀家数の多い寺院より、お墓参りが多く感じます。

実際、お参りに来られた方から、「どうしてこの寺は、お墓参りが多いの!」と言われたこともありました。

同じ儀式をしても、檀家の多いお寺より参加者が多く、「実家の菩提寺より参列者が多いですね。」などと言われたことが何度かあります。今年のお施餓鬼の参列者は、雨にもかかわらず、檀家の多い寺より遙かに多くの方がお見えになりました。

本山の印刷物も檀家さんにお渡ししていますが、同宗派寺院の檀家さんから、「このような本はもらった事がありません。」言われたこともあります。

菩提寺からは、○月○日までに、付け届けを銀行口座に入れてくださいの通知が来るだけと言っている方もいました。

読んでいない方も多く、経費は掛かりますが、少しは寺と檀家さんとの結びつきが強くなっていると思われます。

 

 

ホームページをリニューアル致しました。

しばらくの間、検索等におきまして、ご迷惑をおかけすると思います。

特にブログは新URL移行に伴い、認識されるまでの間、トップページが表示されます。

リンク先が表示できないブログがほとんどとなりますので、順次変更する予定です。

よろしくお願い申し上げます。

 

 

講談師 宝井琴柑さん

以前、当寺檀家の姪御さんに宝井琴柑さんがいると聞きました。

調べると都内の巣鴨信用金庫本店で、「おたのしみ演芸会」に出演することが書かれていましたので、巣鴨まで出かけました。

 

20175259335.jpg

宝井琴柑さんのブログ link

 

今日は本店3階にて11時半より、宝井琴柑さんと柳家 わさびさんが高座を受け持ちます。

巣鴨信用金庫本店 「おたのしみ演芸会」 link

2017524194046.jpg

 

15分前に入ると、もう満席です。

なにせ無料ですから、集まるのも当たり前かもしれません。

201752419415.jpg

 

琴柑さんは話の冒頭から張り扇をパンパンたたき、速いテンポで一気に会場を盛り上げ、笑いの渦に包まれました。

とにかくお年寄りばかりの会場です。普段笑いを忘れた人にはぴったりだったのでは!。

うまく表現できませんが、昔お祭りで見たバナナのたたき売り以上の調子です。たたき売りを見たことの無い方は、渥美清さん演ずる「男はつらいよ」のフウテンの寅さんの調子だと思って下さい。

古典の軍記物、天保水滸伝などとは全く異なる世界です。私の持つ講談のイメージがずいぶん変わりました。

 

若いとはいえ、あの勢いで30分をよく持たせたと感心しました。すごいパワーですね。

しかし、新作ばかりでなく古典も得意なようです。

 

今日の演目は、新作 「ボクサー 白井義男伝」でした。 白井義男 Wikipedia

演題を聞いて、たいしたことが無いだろうと思いましたが、細部にわたり良く計算された流れです。一時として飽きさせませんでした。

二ツ目とは信じられません。

たとえ白井義男を知らなくても、ボクシングに興味のない人でも、30分を十分楽しむことが出来たと思います。

 

この後に行った柳家 わさびさんはやりづらかったでしょう。

演題は紺屋高尾(こうやたかお)でした。

 

午前の部が終わり、帰るために廊下に出ると、たまたま琴柑さんが前から来ました。図々しいと思いましたが、声をかけさせていただきました。

まだずっと先になりますが永代総供養の催しに、講談をお願いしたしました。 総供養link

その折、撮らせていただいたのが、一番上の写真です。

 

極和美膳 暖らん 埼玉県飯能市

地元の大野屋さんが経営する「暖らん(だんらん)」で昼食です。
入間店もあります。
 
先日、三峯神社にお参りした時は、Nさんに車、ガソリン、昼食、夕食(夜食)を負担していただいたので、今回は私が負担しました。 先日の三峯神社のブログlink
 
201751721222.jpg
 
西武池袋線「東飯能」から秩父方面に向かう線路に面しています。
駐車場が広いのですが、12時過ぎると、かなり待たされることも多いお店です。
女性客が多いですね。
 
日曜日はご法事後の予約などで貸しきりのこともあります。
当寺のご法事後席で檀家さんの使用するのが、一番多いお店です。
仕出しや、お肉屋さんも経営しています。
どこもお薦めできます。
 
今日は奥様に合わせて、レディース懐石にしました。
男性も注文できます。
 
2017517211253.jpg
 
201751721139.jpg
 
2017517211331.jpg
 
2017517211357.jpg
 
2017517211416.jpg
 
2017517211440.jpg
 
2017517211459.jpg
 
今日は、かなり豪勢な食事でしたが、この懐石の半額でも十分に満足でき、男性でも満腹になります。
 
早めに入店することをお薦めします。
今日も帰るときは、駐車場が満杯になっていました。
 
暖らん飯能店  ホームページ
埼玉県飯能市新町4-4
TEL042-971-6129

都内散策

先月、首塚から上野まで1日かけて散策してきました。

大手町は地下鉄で行くのですが、地上に出る前に迷子になりそうです。友人にこの事を話すと笑われました。

 

平将門公首塚は次々とお参りがやってきます。

 

 

お堀の脇を通り、皇居東御苑に向かいます。

 

東御苑を半周し、天守閣の跡を登ってから北詰門に向かいました。

 

北詰門から北の丸公園は初めてです。

武道館ではサンタナの講演があるようでした。

 

靖国神社は鳥居の前で手を合わせただけで、次に向かいました。

 

筑土神社には平将門公が祀られています。

 

東京大神宮は女性の参拝客がいっぱいでした。いつの間にか縁結びの神社として知られるようになっていたようです。

男の人は、わずか3人でした。

近くの飯田橋駅はすぐ近くです。

御茶ノ水駅から神田明神に向かいました。ここも平将門公関連です。

神田祭の準備が始まっていました。

 

 

湯島天神の途中に妻戀神社がありましたので参拝です。すぐ前には話題になったアパホテルがありました。

他のアパホテルを利用したことがありますが、貧乏人の私には有り難いホテルです。

 

 

途中食事をして、湯島天神を参拝しました。旅行中の高校生が3人お参りしていました。

梅の実がいっぱいなっています。

 

神社の前を西に向かうと法衣屋さんがあり、和袈裟を求めました。

この通りを東に向かうと、上野に出ます。

途中、旧岩崎邸庭園を見学しました。

いつもは通り過ぎるだけでしたので、もっと早く見学しておけば良かったと後悔です。

残念なことに工事中で、建物に覆いが掛けられており、せっかくの外観が見ることが出来ません。

内部は素晴らしい造りになっており、旧財閥の資金力はすごかったことがわかります。

昔は現在の四倍の面積だったそうです。

 

さらに東に向かうと不忍池です。

やはり広いですね。


 

不忍池弁財天は直にお参りするより、遠くから眺める方が風情があります。

 

弁天様の参道をまっすぐ東に向かえば、清水観音堂です。

観音様をお参りし、上野公園を散策しました。でも足は棒です。

ヘブンアーティストのパフォーマンスが何カ所かでおこなわれていました。

 

一番の目的である東京化学博物館です。

6月11日(日)まで「大英自然史博物館展」が開催されています。

2017516211351.jpg

 

色々な化石、絶えてしまった動物たちの骨格、大英自然史博物館展に関わった人達、いろいろな面白い展示物が日本で見ることが出来ます。

 

シロナガスクジラの脇を抜けて外に出ました。

2017517111912.jpg

 

東京国立博物館も見学予定でしたが、疲れて今回はパスしました。

鶯谷駅から帰途につきました。ああ疲れた。

 

 

那須政隆猊下の言葉 「仏の国は!」

仏の国

今から40年ほど前になりますが、総本山智積院の大書院において、若い僧侶にお話をされました。

「仏の国はどこにある。そこにある。そこにある。そこにある。」

と、向かって左側の壁に人差し指で差し、次に私たちに向かって。最後に庭園を指しました。

 

20172229435.jpg

 

2017222961.jpg

40年ほど前は模写がありませんでした。

20172229623.jpg名勝庭園

他の言葉は忘れましたが、この言葉だけは今でも思い出します。

 

そのとき浮かんだ言葉が、弘法大師の著・声字実相義の「五大に皆響きあり、十界に言語を具す。六塵悉く文字なり。法身はこれ実相なり」(ごだいにみなひびきあり、じゅっかいにげんごをくす、ろくじんことごとくもんじなり、ほっしんはこれじっそうなり)でした。

簡単すぎる説明ですが、

五大とは、地水火風空。十界とは仏界から地獄までの世界(あらゆる世界)。

六塵とは眼耳鼻舌身意の対象である色声味触法。法身はこれ実相なりとは、仏様はあらゆる世界にいますよ。

となるかもしれません。

 

また、声字実相義には、仏の中に世界があり、私たちの一毛の中にも仏の世界があると書かれています。マクロからミクロまで、仏様の世界なのです。

御大師様は山野を駆け巡り、自然の中で仏の世界を実感したのに違いありません。

私たちも時々は心を落ち着け、自分を見直す場を作る必要があります。

 

「仏の国は何処にある。そこにある。そこにある。そこにある。」

仏の国は遠く離れた所で無く、私たちの身近も含まれる世界だったのです。

私たちに向かって指さしたことは、私たちも仏であることを知りなさいといわれたのだと思います。

 

また曼荼羅として考えても良いと思います。

 

201722210158.jpg

金剛界曼荼羅

2017222101527.jpg

胎蔵界曼荼羅

 あらゆる世界を仏様の世界として描かれています。

この中の仏様の廻りに、沢山の仏様が、沢山の仏様の廻りに沢山の仏様が描かれているのです。

これを二次元の図から三次元の図にすると、この宇宙になります。

宇宙から銀河系に、銀河系から太陽系に、太陽系から地球に、地球から日本に、日本から私たちに、私たちからご先祖や未来の子孫、友人、他人、天地自然とあらゆる世界が描かれています。

 

あらゆる世界が曼荼羅の中に調和されているのが、曼荼羅です。

この世、天国、浄土、地獄など、全てが描かれているのです。

私たちは来世に対して囚われては行けないとも言われているように思います。

 

 

しかし、来世を信ずる信じないにかかわらず、多くの方々と社会を営み、色々な方の死を身近にしています。

どのように考えれば良いのでしょう。即身成仏だけでは通夜葬儀の折、檀家さん向けのお話は出来ません。密厳浄土はなじみがありません。

 

私は、来世があると思い込むことにしています。

檀家さんに対して「天国であるか浄土であるか、間違いなく良い世界に行きます。」とお話ししています。

「きっとご主人、友人、両親、皆同じ世界にいるのです。」とお話ししています。

 

浄土宗、浄土真宗だけが極楽浄土に行けると思っている方もいるでしょう。あるいは自分の信仰する宗教、会だけが天国極楽に行けると思っている人もいます。

 

お釈迦様にあるおばあさんが問われました。おそらく初めて会った方でしょう。

「お釈迦様、私は天国に行けますか。」

お釈迦様は、

「あなたは天国に行けますよ。」

と説かれています。人によりその人に合わせて優しい言葉、思いやりを持って話されているのです。

 

信仰の深さだけが、成仏、来世を決定づけるわけではありません。まずは人として、どのような人なのかが一番大事でしょう。

熱心すぎると日本で言えば、オウム真理教のようになりかねません。

 

「安心論争」と言う那須猊下(当時は先生)と渡辺照宏先生の面白い議論があります。  真言宗の安心(あんじん) リンク

今の私にとって、この論争は那須猊下の説がためになりました。ただし、渡辺先生の説を否定しているわけではありません。

興味のある方は、読んでください。

 

猊下が大学の教授であった時の授業、たしか「真言学概論」は、ただただ授業の言葉をノートに書き写すだけでした。何やなにやら難しくて分からなかったことを思い出します。

大書院でのお言葉に「授業でもっと分かりやすく教えてくれれば良かったのに」と、つい思ってしまいました。

授業は後々自分で考えなくてはならない場だったのですね。

 

那須政隆猊下の書

 

201722210440.jpg

 

平将門の浮世絵

最近手に入れた浮世絵です。本物か、後世の復刻版かは不明です。

円泉寺の妙見堂に祀られていた妙見菩薩は、平将門公の念持仏と伝えられています。

残念ながら、現在の妙見様は、近年祀られた御尊像です。

妙見菩薩・平将門資料集 リンク

将門公にちなみ、購入した作品です。

 

歌川豊国の役者絵 「平親王 将門」(平将門)
豊国には、他にも同じ様な構図の浮世絵があります。
文久二年(1862)、中村芝翫(しかん)演ずる歌舞伎の浮世絵で「御好見立三福対」の一枚です。
 
下の図の役者も中村芝翫かもしれません。多分四代目と思います。
 

201723105429.jpg

 

「江戸の花 名勝会八番組  神田」

「江戸の花 名勝会」は東都の名所八カ所を選んで八枚一組とした作品群です。沢山の作者による江戸を紹介する錦絵のようです。

この一枚は、三代歌川豊国・歌川貞秀・歌川芳虎による一枚です。

 

豊国が尾上菊五郎の滝夜叉姫。

芳虎が戯画で将門公の首が飛んで、岩を噛んだ所が神田。

貞秀が神田明神の風景を描いています。

 

2017218131952.jpg

 

月岡芳年の浮世絵 「武者無類 相模次郎将門」

相模次郎将門とありますが、本来は相馬小次郎平将門です。

武者無類は武者震いから来ています。
 
大変迫力と見事な構図の浮世絵ですが、将門公はこの後に死を迎えることになります。
右上に鏑矢が描かれています。
この矢に驚いた愛馬が立ちすくみ、流れ矢に当たり討ち取られました。
 
いたみがありますが、四点の中で私が一番気に入っている作品です。
 

 

2017218134024.jpg

 

月岡芳年の浮世絵 「大日本名将鏡 平将門」
手前が平貞盛、奥があと少しで最期となる平将門公です。

 

20172310562.jpg

 

芳年は幕末から明治に掛けての代表的な浮世絵師でした。「最後の浮世絵師」と言われています。

 

3代目歌川国貞(香朝楼)の浮世絵「前太平記擬ノ玉殿」

20175419741.jpg

「前太平記擬ノ玉殿(ぜんたいへいきまがいのぎょくでん )」明治234月市村座にて初演 
平親王将門(市川左団次) 桔梗ノ前(沢村源之助) 千種姫(尾上栄之助) 俵藤太秀郷(尾上菊五郎) 權ノ頭興世(中村芝翫) 
 
豊原国周の同名の作品があります。早稲田大学演劇博物館 link
 
 
豊原国周の役者絵  平将門島広山討死の場
 
20177317469.jpg
将門公の背後に影武者が描かれています。影武者は六人いたと伝えられています。
この絵には二人だけですね。
 
201773175628.jpg
 
前太平記擬ノ玉殿」の最期の場面なのでしょう。
平親王将門(市川左団次)  千種姫(尾上栄之助)  俵藤太秀郷(尾上菊五郎)  平貞盛(市川権十郎)
 
千種姫は知らない名前です。役者絵を集めて初めて知りました。
歌舞伎の世界では、知られているのでしょう。
 
明治23年版
浮世絵は江戸期の物と明治以降は開化絵とばかり思っていました。維新後の歌舞伎の衰退が、役者絵のおかげで復活したようです。
すぐには文化は変わらないものですね。

 

将門軍記 上下巻  著者・竹内栄久 編[他]  出版者・小森宗次郎 
    和本の表紙です。
    竹内栄久は三代目歌川豊国でした。
    明治20年1月31日の発行です。
 
2017515213126.jpg
上巻:「将門と桔梗」 縦横約16.5-11.3センチ
 
 
2017515213154.jpg
下巻:「将門と貞世」
 
詳細は、他のブログを参照して下さい。ブログlink
 
番外  滝夜叉姫と平良門
三代歌川豊国  今様押絵鑑  七綾太夫(瀧夜叉姫) 
   滝夜叉姫は平将門の娘とされる妖術使い。
 
滝夜叉姫
 
 
三代歌川豊国  今様押絵鑑  平太郎良門
   良門は平将門の長男と言われる伝説上の武将。
 
平良門
 
 「江戸の花 名勝会 よ 一番組 中村芝翫/内神田橋芝崎の里/内神田」
三代歌川豊国他
 
 

「江戸の花 名勝会八番組  神田」に比べると残念ながら汚れが目立ちます。

小学生の頃、妖術比べの絵が子供雑誌に掲載されていたのを思い出します。誰かは忘れていましたが、ガマガエルとなった姿は不気味でした。

近所の子とマネをして遊んだのを思い出します。

 

保護猫譲渡会 埼玉県狭山市 11月27日

狭山市アニマルサポート  アンジュにおいて、11月27日(日) 保護猫の譲渡会が行われます。
11月27日(日) 12:00~15:00
 
会場  コモンズカフェ
   狭山市富士見2-21-27  Map
   電話090-1857-1475
   アンジュのブログ  link  
 
イメージ 1
 
猫ちゃんを飼いたいな~とお思いの方、是非お待ちしています。
 
関係者の方のブログもご紹介します。小夏日記
ページ上部へ