その他

武蔵国高麗郡 某神社と某家の系図 歴史 游古疑考倶楽部調査委員会

ある神社の歴史と家系図について、常々おかしいと思っておりました。
ここの家が○○家の本家である。高麗郡の由緒正しい格式の高い神社であるなど、私の知る歴史とは大きく異なった歴史がホームページに掲載されています。

あちこちの神社におけるホームページは、廃仏毀釈以前に関して都合の良い歴史を書いてことが多々在ります。実際は寺であったのにかかわらず、始めから神社であったと案内板に書かれているのを見ることもあります。歴史の改竄が明治になって行われたのです。

それどころか平成になってからの改竄も見たことがあります。それも大きな石版に彫られていました。一緒に行った地元の歴史に詳しい友人は怒っていました。それは友人の先祖を侮辱した内容だったからです。さらに宮司は学校の恩師でもあったのです。


新編武蔵野風土記も信用できない部分があるのですが、何らかのヒントを与えてくれます。

同じような疑問を持つ隣の市の方々が、詳しい資料を掲載し、疑問点を整理しているホームページを開設しました。游古疑考倶楽部調査委員会ホームページlink

私がいただいた資料の一部です。

 

 

○○家の一番おかしいと思うのは、坂戸市の□□家が系図を借りながら、返さなかったと神社のホームページにあることです。
□□家に系図を借りながら、返さなかったのは○○家のはずです。
○○家が返していただけなかったら、新たな系図は○○家の創作なのです。自ら家系図を創作したことを認めている部分です。
私は50年前□□家ご本家にお話を聞いています。他の郷土史家の方や父からも同じ話を聞いていました。

ある大学の教授が資料を見せていただくと、見ただけで「けっこうな資料を見せていただいて、ありがとうございます」と言い、帰ってしまったと、一緒に行った人が何かに書いてあったのを思い出します。怪しいと思う人が他にも多くいるようです。

ホームページには、いろいろな資料が掲載されています。
今後も増えていくと思います。
  

 

製茶機会の発明者 高林謙三翁の生誕碑 埼玉県日高市

製茶機会の発明者 高林謙三翁の生誕碑

 

高林謙三の製茶機の発明は、日本の特許第2、3、4号となっています。

日高市には三ヶ所に高林謙三翁生誕の碑が建てられました。

高林謙三 ウィキペディアlink

 

①日高市の北平沢交差点近くの碑

実際に生まれた場所が明らかになり、有志の協力により平成23年に建立されました。

 

 

後ろに、ここに建立した趣意書が彫られていますが、とにかく狭く、どうにか前後だけ撮影できました。

 

 

 

埼玉県日高市北平沢754−6

 

②高麗川駅

この写真の右側に見えるポストの脇にあります。

 

 

 

高麗川駅  日高市原宿336-2

 

③平澤上組区公会堂駐車場

 

 

 

 

 

〒350-1242 埼玉県日高市北平沢874

 

NNT飯能緑町ビルの電波塔

地元の信用金庫駐車場の道を挟んで東側に、NTTの大きな電波塔と思われる施設があります。

ここの建物を調べるとNTTの業務内容と電話番号0120がありますが、客が入っているようには思えません。

収容局(交換局)とありました。ホームページはネットと電話で対応する内容のみです。

 

 

表には工事用の車と資材が置いてあるのみです。

 

 

 

表札はNTT東日本のみです。

 

 

かなり遠方からも電波塔を眺めることが出来ます。

 

 

詳細が分かりませんが、かなり重要な施設なのでしょう。

 

NTT東日本飯能緑町ビル  〒357-0024 埼玉県飯能市緑町4−5

 

鳩がガラスに激突

御本堂のガラスに鳩が激突したあとがありました。

何度か他の鳥を含めて、ぶつかったあとが残っていたことがあります。

これほどきれいに分かるのは初めてでした。

 

 

痛かったでしょうね。

 

 

なかなかピントの合った写真は撮れませんでした。

せっかく見晴らしの良い場所に別荘を建てた人が、毎日のようにガラスに激突するために、一年中よしずか簾を使用しなくてはならなかったと書いてある文章を読んだことがあります。

あるお店では、お客がドアにぶつかったために、ステッカーを貼らざるをえなくなったと書いてあったこともありましたた。

 

←グスタフ・クリムト『接吻』             大日如来像→

 

グスタフ・クリムト『接吻』(巧芸品)

一昨年の4月に東京都美術館において、「クリムト展 ウィーンと日本 1900」が開催されましたが、気がついたのは閉幕して数日後でした。

グスタフ・クリムト ウィキペディアlink

彼の作品は、日本の琳派などの影響を強く受けているそうです。

 

運良く巧芸品の「接吻」(1908年)を手に入れることが出来ました。

グスタフ・クリムトの『接吻』ウィキペディアlink

 

 

実物の大きさは180㎝×180㎝です。作品の一部を印刷し額装にした品です。

 

 

残念なことに飾る場所がありません。

しばらく私の仕事部屋(和室)に掛けて、楽しもうと思います。

 

←阿豆佐味天神社 東京都立川市               鳩がガラスに激突→

柿本人麻呂図

 

ほのほのと あかしのうらの あさきりに しまかくれゆく ふなをしそおもふ
ほのぼのと 明石の浦の 朝霧に 島隠れ行く 舟をしぞ思ふ

 

 

柿本神社が発行した古い掛軸です。

同じ和歌が書かれています。

 

 

柿本神社  兵庫県明石市人丸町1−26 地図               ホームページlink

 

←陶器の吉祥天               お水屋の花→

 

当寺掛軸 木花咲耶姫 の絵が使用されます。新春・美しき百人一首への旅

10月にテレビの制作制作会社ディレクターの方々がお見えになり、当寺掛け軸の木花咲耶姫画像使用を依頼されました。

『新春・美しき百人一首への旅』は、2012年から今までに合計9タイトルを放送しています。

 

日時が異なりますが、北海道から沖縄まで、27の放送局から放映されます。

関東での放送日は、MXテレビで2021年令和3年1月1日 16:00-16:15分の予定です。

今回は「富士・桜」に関する歌です。

 

 

似た絵がネットでは散見出来ます。おそらく同じ版木を使用しているのだと思います。

 

放送内容につきましては、詳しく述べることは出来ません。

 

←空海狂草図               陶器の吉祥天→

 

空海狂草図

懐素の草書は「狂草」として知られています。酒に酔い書き散らした伝えられています。事実はともかくとして、後世に名を残した人ですから、優れた書家であったことは明らかです。

 

「空海狂草図」掛軸は空海和上(弘法大師)の書が書かれているわけではありません。筆を持った弘法大師の後ろに描かれている煙のような描写が、狂草と表現される部分だと思います。

 

 

左の空海の文字以降は、狂草なのでしょう。

 

この図のお大師様の表情は、日本で知られる大師像とは大きく異なります。

やはり大陸的な表現なのだと思います。この図は自由な発想の元に描かれた狂草に通じる絵なのかも知れません。

 

 

 

 

下の図は額になっており別の狂草図です。本堂廊下のわかりずらい場所に掛けてあります。

 

 

気がつく人は、ほとんどいません。

 

時折御本堂に仏画などの掛軸を展示しています。

そのような場合は掛軸が便利です。

 

涅槃会の折には、掲げたいと思っています。

 

←石山寺の紫式部 源氏物語               木花咲耶姫 の絵がテレビで使用されます→

 

石山寺の紫式部 源氏物語

この掛軸には題名がありません。しかし滋賀県大津市の石山寺で、源氏物語の構想を練っている紫式部だと思いました。

調べてみると滋賀県甲賀市のMIHO MUSEUMに「石山寺観月図」(土佐光起筆)がありました。

よく似た絵柄です。MIHO MUSEUM 「石山寺観月図」 ホームページlink

 

 

石山寺には西国33観音霊場巡りで、45年程前参拝しています。

紫式部が、ここで源氏物語の構想を練ったことを知りました。

 

 

どこかの博物館か美術館で、似たような掛け軸を観た記憶があります。

 

 

直観の雅号がありましたが、調べてみると該当する画家は分かりませんでした。

 

 

石山寺 滋賀県大津市石山寺1丁目1−1 ホームページlink

 

←善光寺阿弥陀三尊伝来縁起図など               空海狂草図→

 

曹洞宗 高養寺 埼玉県入間市

かつて寺竹は金子村に属していました。現在は入間市なっています。

天正15年(1587)に亡くなったた金子筑後守家定による開基です。

全国にいる金子姓は金子村が大元になっています。特にこの金子地区に多い姓です。

 

 

落ち着いた雰囲気の寺院でした。

2基の六面六地蔵石幢が祀られていました。

 

 

西脇には白山堂が祀られています。

 

 

寺の周りには地名と同じように、たくさんの竹が繁茂していました。

 

高養寺 埼玉県入間市寺竹1022 地図リンク

 

←長久寺 旗本 土屋氏の墓 埼玉県入間市               普陀大仕(観音菩薩)拓本→

 

ページ上部へ