その他

仏の国は !

 
 
約40年前、若手の僧侶に智積院化主・那須政隆猊下のお話がありました。
ほとんど覚えていないのですが、右人差し指で示しながら、
 
「仏の国はどこにあるのか。そこにある。そこにある。そこにある。」と右、真ん中、左と向けました。
 
その時、弘法大師の声字実相義に書かれた言葉「五大に皆響きあり、十界に言語を具す。六塵悉く文字なり。法身はこれ実相なり」(ごだいにみなひびきあり、じゅっかいにげんごをくす、ろくじんことごとくもんじなり、ほっしんはこれじっそうなり)を思い浮かべました。
簡単すぎるかと思いますが、仏様はあらゆる世界にいますよと言う意味になります。
 
真ん中を指したときは、私たち向けてでした。あなたたちも仏ですよと言われたのでしょう。
また、声字実相義には、仏の中にあらゆる世界があり、私たちの一毛の中にも仏の世界があることを教えています。
 
猊下は真言宗の教えを分かりやすく話され、人として恥じないよう、真言宗僧侶として精進しなさいと話されたのです。
 
それでも一般の方は、意味が分からないかもしれません。
 
死を間近に迎えた人やその親族にっては、来世に良い所(ごくらく、浄土、天国など)へ行けるのかが心配な方もいます。
私は、来世があると思い込むことにしています。行く手前で帰ってきた私には、まだ確信を持って言えないのです。
 
檀家さんに対して「天国であるか浄土であるか、間違いなく良い世界に行きます。」「きっとご主人、友人、両親、皆同じ世界にいるのです。」とお話ししています。
 
以前も書きましたが、
お釈迦様にあるおばあさんが問われました。
「お釈迦様、私は天国に行けますか。」
 
お釈迦様は、
「あなたは天国に行けますよ。」
と説かれています。
人によりその人に合わせて優しい言葉、思いやりを持って話されているのです。
 
宗教・宗旨に関わりなく、信仰の深さだけが、成仏や天国に行く条件と思っている人もいますが、それは差別につながりかねません。
 
「和を以て貴しとなす」
人として、善(よ)き人出あることが、一番大事なことです。
 
 
 
那須政隆猊下の書
 

Natural Curry Restaurant – NC カレー 東京都文京区根津

 

チキンカレーの大辛を食べたのですが、他の店の激辛でした。

素材にこだわり、健康志向のカレーでしたが、一口食べて!  「辛い!」 普通のカレー屋さんの激辛でした。先ずは中辛を食べましょう。

 

しかし、かみしめていくと今までにないカレーの味わいです。

玄米を食べ続けると花粉症に効果があるそうです。

満足して店を出ましたが辛さのためか、お店を写すのを忘れました。

 

NCカレー  東京都文京区根津2丁目2−1 パークサイド文京根津    

      ホームページブログ              地図

最後の将軍 徳川慶喜の墓

寛永寺から谷中霊園に向かいました。

普段の平日は人もまばらですが、かなりの人がでています。欧米から来られている方が多く見られます。

 

慶喜の墓は、先客が三組いました。

中央の桜並木の通りを行けば案内板がでており、間違いなく行き着くことが出来ます。

 

一人の方が色々説明をしています。まだ他にも明治以降の徳川家の墓があるようでした。

徳川慶喜の墓

 

正妻・徳川美賀子の墓

 

国宝 東寺―空海と仏像曼荼羅展 他 東京国立博物館

国宝 東寺―空海と仏像曼荼羅展

京都にいた頃も見られなかった仏様も展示されています。

東寺の国宝や重文など、超一流の仏様や書などが展示されていました。

国宝の帝釈天騎象像のみが写真が撮れました。近頃は一点のみ可能のことが多くなり、必ず写りの良いカメラを持っていきます。

多くの方々がスマホですが、やはり良いカメラにはかなわないでしょう。

私もスマホでも撮影しましたが、まあまあに撮れていましたので壁紙にしました。

 

 

 

特別展 御即位30年記念「両陛下と文化交流―日本美を伝える―」もありました。

内部は一切撮影できませんでしたが、天皇陛下の子供の頃、美智子様の養蚕作業の写真が印象に残っています。

 

平成館などでは、色々収蔵品が展示されています。

こちらは撮影可の品々が、多くありますので、かなりの枚数を撮してきました。

 

普段は入れない日本庭園が解放されていました。

 

博物館の旧因幡池田屋敷表門(黒門)前の桜も満開です。

 

上野公園は、人の波でした。

平日でありながら桜のメッカですね、土日はもっと人がでるでしょう。

 

境内でペットの火葬

指定の業者さんのみ境内でペットの火葬を許可しています。

今日は市内の方でした。

今日は彼岸中でしたので、不便ですが目立たない場所で火葬です。

いつもは駐車場や広場で行っています。

ご家族は収骨まで、阿弥陀堂に控えていただいています。

ご家族の希望で、一週間ほど自宅に安置して、その後ペット供養塔に納骨することに致しました。

今日も何組もペットの墓参りに見えていました。

ミモザの黄色い花

先日は都内で娘夫婦などと昼食を摂りました。

駅ビルの四階でしたが、庭園のようになっています。

早めに行くとミモザが咲いており、みんなで記念写真を撮りました。

 

 

実はミモザの名は知りませんでした。娘が知っていたので助かりました。

椅子席もありましたが、前もって娘が和室を予約してありました。

とてもとても普段気軽に入れような店ではありません。

 

道の駅 埼玉伝統工芸館 埼玉県小川町

ここには何度か訪れて、紙を求めています。

ここのうどんも美味しいのですが、遅いおやつになってしまいますので、今回はパスしました。

道の駅おがわまち  伝統工芸館  link   埼玉県比企郡小川町大字小川1220  地図

 

切り絵の作品展が工芸館で開かれていました。

残念ながら内部は撮影できません。

モノクロだけや色彩を加えた作品が50数点展示されています。

意外と遠近感を感じます。

中には写真をそのまま作品にしたと思われる物もありました。やはり作品にするには自然に見えるよう下書きをする必要があると思います。

しかし、素晴らしい作品ばかりでした。

 

石州半紙(島根県浜田市)、本美濃紙(寄付兼美濃市)、細川紙(埼玉県小川町、東秩父村)がユネスコ無形文化財に登録されたのを知りました。

 

手作りのつるし雛です。

 

工芸館では、和紙を使用した物の販売と、体験学習が出来ます。

工芸館では、色紙を道の駅ではパウンドケーキを買いました。

 

賽銭箱が震災義援金募金箱

彼岸前ですので、義援金を渡すために募金箱を空けました。

本堂の賽銭箱が、義援活動に利用されています。

知人を通しボランティア団体と大熊町に送らせていただいています。

知人は大熊町出身です。

年に何回かに分けて、渡しています。

 

手打ちうどん ごん兵衛 日高市

時折食べに行く蕎麦屋さん「百日紅」の女将さんのブログに、近くの「ごん兵衛」のうどんが美味しいと書かれていました。

同業ですから間違いないだろうと、友人と出かけました。

入ったときは我々だけでしたが、たちまち女性客でいっぱいになりました。

常連さんばかりのようです。

一番人気と書かれている肉汁うどんにしました。

武蔵野うどんとありますので、地粉を使用しているのでしょう。

私好みの腰のある地粉うどんでした。

注文してから、うどんを打つと書かれていましたが、それほど待たずに出てきます。

一緒に行った友人も満足していました。

けっこうボリュームもあります。漬物と卵焼きも私好みでした。

 

また行こうと思っています。

 

ごん兵衛  埼玉県日高市南平沢408 場所             百日紅ホームページ

 

NHN放送博物館 港区

愛宕神社の隣にあるNHK放送博物館です。

NHK放送博物館         地図

 

番組の背景と人物が別々に撮されて、合成される様子の説明です。

背景は海の中でした。サメが泳いでします。

手前はニュースの原稿がどのように読まれているかを説明していました。原稿が映し出された画面を見ていれば、そこの裏側にカメラがあり、いかにもカメラを見ているように写されます。

向こう側は天気予報の様子です。

ここでは朝のドラマを展示してありました。

画面が異なりますが、世界中で放送された「おしん」を見ることが出来ました。

モノクロだったのに、私の記憶ではカラーで放送されたと思っていました。小林綾子、泉ピン子など懐かしいシーンです。

 

「梅ちゃん先生」の世界を表現したジオラマです。

昭和30年代のイメージです。

 

テレビの番組で使用された音作りの道具です。

左側が「風」、右側が「波」の音です。昔テレビで紹介されていたのを思い出します。

 

番組で使用された台本が並べられています。

今でも放送されている番組や、懐かしい番組の人形が展示されていました。

「ひょっこりひょうたん島」の放送は、いつも楽しみでした。ひょっこりひょうたん島Wikipedia

番組では明らかにされていませんでしたが、火山の噴火のために本当は全員死んでいて、幽霊だったのだそうです。

知らなくて良かった裏話です。 ひょっこりひょうたん島 ユーチューブ

 

1960年代の茶の間の様子です。

この中では、テレビが最も高価だったと思います。

ジェスチャーを放映していました。柳家金語楼、水の江瀧子など、懐かしい人が出演しています。お題は「親亀の背中に小亀を乗せて、小亀の上に孫亀乗せて」でした。

ジェスチャーWikipedia

その他にも8Kで撮されているオーケストラや放送機器の変遷など、興味のある部屋がありました。

時間を掛けて楽しみたい場所です。

 

 

ページ上部へ