その他

離檀料が○百万円だって !

先日あるテレビで、離檀料(檀家をやめのための料金)の特集を行っていました。

離檀料が○百万円もするお寺があると、引き墓を斡旋する業者が取り上げられていました。

確かに高すぎると思います。

当寺に来られ、お墓や永代供養を見学した方は、田舎の寺から300万円、もう一件は150万円と言われたそうです。

内容が分からなければ、確かに高額の離檀料ですが、聞いてみると納得の料金でした。

300万円は、30年以上にわたり付け届けや御寄付無し。墓も放置していました。さらにお墓の位置が山の中腹で、広さも三坪ほどあるようです。

墓石や外柵を人力で片付けるにも、かなりの人件費がかかりそうです。

支払いの未納が100万円、墓地の片付け費用が200万円と考えると、決して高額な請求ではありません。

墓掃除もお寺に任せっぱなしだったのですから。

150万円は、やはり30年以上放りっぱなし、お墓の引き墓工事を入れれば、無理もないと思いました。

私は離檀料だけの話では無かったと思いました。

一方的に寺院批判の内容でしたが、詳細が明らかでない放送内容には、納得できない部分もあります。都合の良い業者や一部寺院の言い分だけでは、片手落ちでしょう。

ある引き墓の宣伝をしている業者さんに依頼した檀家さんは、墓地が広いので300万円と言われたそうです。

私が紹介した業者さんは半額でした。

有名な引き墓業者の内容も詳細に調べたのでしょうか。

ある寺院も紹介されていましたが、近在の寺院からは悪評を聞きます。

きれい事ばかり言って、隣の寺の檀家さんを10数件も檀家にしたそうです。2件のお寺から聞きました。周りのお寺にも意見を聞いたのでしょうか?

私は近在の寺からの引き墓や永代供養を依頼された場合は、お断りすることが多々あります。

檀家を勝手に取るようなことは、避けるべきでしょう。

マンション風のお骨自動搬送式施設も紹介していました。

ご先祖さまは静かに寝るどころか、四六時中建物の中を移動しているのです。

今は良いですが内部のシステムも30年で全交換する必要があるそうです。

ある駅から近い施設をついでに見学に行きましたが、周り中に反対の張り紙が貼り巡らされており、中まで行かずに帰ってきました。

そのお寺が倒産したそうです。元々の檀家さん、契約された方々は、どうしているのでしょう。

あるテレビ局は、宗旨問わず院号居士の料金を○万円としている寺院?の紹介をしていました。あそこは○○宗系ですよ。かつてはマンションの中にありました。マンションの一室でも宗教法人なのでしょうか?

そこで買った紙切れを持った方が、永代供養の見学に来られたことがあります。

しかし、私の話を聞き、信士の戒名にしました。だまされたと思ったそうです。

拝むことも、引導を渡すこともせず、○万円の紙切れを信じさせるとは。

当寺の檀家さんには、院号居士は1パーセント以下です。

檀家が減り、住職がいなくなる寺が増えています。お寺がなくなることもあります。

都内の一等地の宗教不問マンション墓地(宗旨問わずは、税務署が収益事業と見て、宗教行為と見なしていないはずです)やきれい事寺院に目を向けるだけでなく、田舎の寺の困窮状態も目を向けて下さい。

檀家さんの孤独死

 
お盆前に檀家さんから電話がありました。
分家の50歳台男性で、死後2月ほど経ています。
身体を壊して求職中だったようです。
 
近くの従兄弟は、警察から電話があっても、ご遺体の受け取りを拒否したそうです。
実の子供でも引き取らないこともあります。
叔父さんが生きていれば、こんなことにはならなかったでしょう。
 
当寺霊安室にお預かりすることになりました。
状況が状況ですので、霊安室に来て頂けるかと思いましたが、数人がお線香を手向けに来られました。
 
急遽、死後二日後の午前中に火葬に付したあと、御本堂で葬儀をして永代供養塔に納骨することになりました。
参列者は、ご本家と他の3人だけでした。
 
遺影、仮位牌、生花は、当寺で用意しています。
15年程前に私がデジカメで撮っておいた画像をい印刷し、遺影としました。
戒名は、ご両親の戒名に合わせて考えました。
 
施主がいるようでいない葬儀です。お布施などは頂けるような状態ではありませんでしたが、ご本家が供養料として、若干負担していただきました。
この浄財にてご本人・ご両親の戒名を永代供養塔に彫刻させて頂く費用にします。
 
ご両親も後日供養を行い、永代供養塔に納骨となります。
お墓をどのようにするのか、まだまだ未定です。
 
檀家さんの葬儀としては、ここ数年で一番つらい思いの葬儀でした。
はにかみながら話す、個人の面影が浮かびます。
 
 

江戸絵図

一枚ぐらい江戸の絵図を持っていたいと思い、市内の骨董屋さんから求めました。立て93センチ、横133センチです。掛け軸になっています。

一番驚いたのは、安かったことです。

骨董屋さん曰く「そんなものですよ」と言っていました。

 

絵図は右側が北

当然、江戸城中心です。

 

安政6年の図です。

 

増上寺

 

寛永寺

 

左下が目黒不動  右上が祐天寺

 

左  永代寺

 

左上  護国寺

 

その他、いろいろな寺院、屋敷などが描かれていますが、おおざっぱすぎて、小さな寺院などは載っていません。当然でしょうが。

 

以前求めた地図ソフト「江戸明治東京重ね地図」は便利です。

時代の変遷が分かるだけでなく、かなり詳しく掲載されています。拡大縮小も出来ます。

さらに南北が今の地図と同じになっています。これが以外と有り難いのに気がつきました。

 

 

ハグロトンボ

今朝、外でのお勤め中にハグロトンボ(羽黒蜻蛉)が飛んでいました。神様トンボとも言われているそうです。

終わってカメラを持ち出しました。

まあまあに撮れたのは、この2枚だけでした。

 

場所も悪いし、ピントも合わず、腕も悪いのピンぼけばかりでした。

飛んでいるトンボを見事に捕らえるなど、夢のまた夢です。

田舎や 栃木県下野市

下野の古代寺院跡の旅に、楽しみの一つは昼飯です。

1時近くになっていましたが、駐車場に車が多い所を選びました。

田舎や

帰る途中、4時過ぎでも車がありました。

 

きのこ汁うどんの大盛りを注文しました。

田舎うどんで腰が強く、食べ応えがあります。味も私好みでした。

混んでいるのも当然ですね。

 

 

近ければ何度でも行きたいところです。

田舎や  栃木県下野市笹原 10-5     

 
都内池袋駅近くに系列店の「武蔵野うどん うちたて家」がありました。
涼しくなったら、行くつもりです。
 

下野国庁跡 栃木市田村町

下野国庁跡資料館は、5時過ぎでしたのでしまっていました。

   資料館リンク     月火が休館日です。    

栃木市田村町300   下野国庁跡資料館    地図

宮野辺神社に接しています。

PDF

 

下野国庁跡Wikipedia

発掘調査により、昭和54年に国庁跡と確認されました。

草ぼうぼうで、雨のため靴はビショビショになってしまいました。あまり訪れる人もいないのでしょうか。

復元された前殿

 

 

脇殿跡は、藤棚になっている。

 

摩利支天塚古墳 琵琶塚古墳 栃木県小山市

国史跡 琵琶塚古墳・摩利支天塚古墳資料館

この資料館は、今年4月21日に開かれたばかりですので、カーナビでは表示されません。琵琶塚古墳、摩利支天古墳を目指していくことになります。

 

大和政権が下野の国(ほぼ現在の栃木県)全体を支配下に置いた最初の大首長の墓(5世紀末から6世紀初頭)と言われているようです。

摩利支天塚古墳の次に造られたのが、栃木県で一番大きな古墳・琵琶塚古墳です。親子なのかもしれません。 下毛野古麻呂(不詳 – 和銅2年・710)の先祖のお墓のようです。

琵琶塚古墳のすぐ北側が、東山道と推測されているようです。PDF資料

 

国史跡 琵琶塚古墳・摩利支天塚古墳資料館   リンク    栃木県小山市飯塚335  地図

 

中に入ると新しい施設だけあって、面白い展示をしています。

両古墳だけでなく、他の発掘品も展示されていました。

 

琵琶塚古墳

資料館の道を挟んで反対側が琵琶塚古墳です。

 

摩利支天塚古墳

摩利支天塚古墳は、資料館の南西になります。

近くの天台宗台林寺の持ち物になっています。

摩利支天社

今でも年に一度、祭礼が行われています。

天台宗 台林寺

 

下野薬師寺跡 薬師寺(安国寺) 薬師寺八幡宮 栃木県下野市薬師寺

弓削道鏡で知られる下野薬師寺です。

薬師寺は奈良東大寺、筑紫観世音寺と共に、三戒壇として重要な寺院でした。

薬師寺歴史館

  地図      リンク

駐車場に入れて、先ずは下野薬師寺のことを知る事にしました。

 

この敷地の中に安国寺(薬師寺後継寺院)も、残されていました。

 

戒壇の受戒の様子が模型で作られています。東大寺戒壇院を思い出します。

 

後で気がついたのですが、薬師寺跡では、スマホで薬師寺を再現することが出来ました。

歴史館でもタブレットを貸し出ししています。
パンフレットをよく読めば、もっと楽しめたはずです。
 
 
博物館の屋上からは、薬師寺跡が望めます。
 

薬師寺跡

 
 
 
復元された回廊
 
 
 
戒壇院跡に安国寺の六角堂があります。
鑑真和上の図を納めた厨子と、不動明王像、韋駄天像を祀っています。手前には安楽寺歴代住職の墓、東側には墓地が並んでいました。
 
安国寺の東側には、憧竿支柱跡、塔跡があります。
 
 
 

真言宗智山派 安国寺(薬師寺)

境内には薬師寺の礎石が残されていました。

 

本堂は改修中でしたので、離れたところから手を合わせました。

 

本堂などの改修が終わった後に、「安国寺」から「薬師寺」に寺名を改称するようです。
 

薬師寺八幡宮

八幡宮は塔跡のすぐ東側にあります。
 
 
 
 
 
八幡宮の正面鳥居脇には、天狗山雷電神社がありました。
 
 
明治に八幡宮に合祀してあったのを昭和44年に再建しました。
各地の神社を巡ると、合祀されていたはずの神社が、実際には元の場所で維持されている事があります。
 

下野国分寺跡、国分尼寺跡 しもつけ風土記の丘資料館 栃木県下野市

 

先日の雨の中、栃木県に出かけました。

この近辺には、国庁跡、下野薬師寺跡、琵琶塚古墳、摩利支天塚古墳など、下毛野氏が下野を支配した地域の中心に、多くの遺跡があります。

 

風土記の丘資料館

 

国分寺国分尼寺を知るには、知識を得てから見学することをお勧めします。

国分寺、国分寺尼寺が建てられたのは、有力な下毛野氏の本拠地近くであったためのようです。

 

七重の塔の模型以外にも、沢山の出土品や、資料解説があります。

 

近くの古墳から出た機織り機の埴輪も展示されています。

 

国分寺跡

本当に広い場所です。

 

ここだけでなく、天平の丘公園を回りたかったのですが、うっそうとした森の中で雨のため諦めました。

晴れた日の散策には、もってこいの場所です。

 

中門・回廊・金堂跡

 

機織り機の埴輪のあった甲塚古墳です。敷地内にあります。

 

国分尼寺跡

 

 

国分尼寺跡は広く、また良く整備されていますが、ここは規模が小さいです。

両遺跡共に、昔の姿を想像しながら回れば良いのですが、そのような才能に恵まれず、浮かびませんでした。

 

国分寺

現在の国分寺は、国分尼寺の北方にあります。

現在は住職が住んでいません。

国分寺  栃木県下野市国分寺1541   地図

   

薬師堂

 

古い歴史を物語る住職のお墓でしょう。長いこと住職が住まなかったことが分かります。

 

月刊住職に掲載された低価格寺院葬

 

月刊住職平成30年7月号に、当寺の寺院葬が紹介されました。

都内二ヶ寺と当寺の三ヶ寺を取り上げています。

 

結構きれい事を書いていますが、経費面も含めて、檀家さんには喜ばれているようです。

地元の割合が、非常に少ないのですが、列席者親族含めて35人までとせざるを得ない理由があるからです。

実は椅子が35しかありません。理由にならないかもしれませんが、置く場所に限度があるからです。

実際には、50人以上になったこともありましたが、座布団で我慢していただきました。

前回は、某葬儀社で250万円かかった家が、当寺で行った場合、規模が違いますが50万円(消費税別)で、ほとんど対応できています。

御本堂をお貸しするのは、指定葬儀社だけです。

なぜならば、他の葬儀社では準備に戸惑うだけでなく、道具を勝手に移動するため、後で探すのが大変だったことや、お寺の仏具を葬儀社が持って帰ってしまったりと、いやなことばかり続いたからです。

葬儀終了後に片付けず、三日後に来た業者もいます。その時は、貧乏寺だからと馬鹿にするなと思いました。二度と使わせませんでした。

まさかこれ程の寺(大した寺ではありませんが)となるとは思わなかったでしょう。

 

家族葬するなら寺が一番と伝えよう

さすが記者さんですね。良い題名を考えます。

右上の写真は当寺の御本堂での家族葬写真です。

 

上の写真の家も、決してお金がないからではありません。近在や勤務先でも家族葬ばかりで、地元の葬儀社祭場でやるよりは、菩提寺で行いたいとの希望でした。ありがたいことです。

しかし、暮れやお正月の一時期、お盆、お彼岸、祭礼、行事など、対応出来ないこともあります。

本堂葬儀の下の写真は、霊安室と掲載してありますが、記者さんが当寺の他の写真と取り違えたようです。こんな豪華な葬儀ではありませんでした。生花二束の質素な葬儀でした。中には御本堂の生花を急遽霊安室に移して行ったこともありました。

同じように霊安室で三回行っています。霊安室は全て檀家さん以外です。一件は後日、当寺永代供養塔に祀られました。

 

指定葬儀社のみに、檀家さん以外にも無料で霊安室をお貸ししています。一番遠い方は都内でした。

 

戒名説明書も掲載してありました。以前も掲載していただいたことがあります。

以前ほどではありませんが、生前戒名の依頼を檀家さんだけでなく、お付き合いのなかった方からも依頼を受けてます。

 

寺院葬と安置室

寺院葬の例

 

当寺霊安室

 

式場への搬送

 

ページ上部へ