その他

醍醐寺展 サントリー美術館

サントリー美術館で開催されている『京都 醍醐寺 真言の宇宙』に行ってきました。

開催期間  2018年9月19日~11ゆ月11日    東京都港区赤坂9丁目7−4 東京ミッドタウン ガーデンサイド   地図

 

全くのお上りさんですので、着いたときはホッとしました。

地下鉄の乃木坂の近くです。

 

残念ながら内部写真は撮れませんでした。

画像にある如意輪観音さまが、まず迎えてくれます。

国宝、重要文化財のオンパレードでした。

 

 

仏像・仏画・仏具だけでなく、たくさんの貴重な古文書や絵なども展示してありました。

私にとっては、総本山智積院に縁のある根来寺頼瑜僧正筆の秘鈔問答が一番でした。頼瑜僧正が醍醐寺三宝院の憲深から伝授されて伝わる、幸心方の流れの一端を知る事が出来ました。

憲深は足利尊氏から、庇護を受けていたそうです。

 

展示の場所から出ると建物東側のスペースに、たくさんのカラフルなカードが撒かれて落ちてきます。

スマホで落ちてくる様子を撮る人がいっぱいでした。

面白いパフォーマンスだなあと、私も何枚も写真を撮りました。

 

ごめんなさい‥‥ 渡辺俊明墨彩画

 

絵は吉祥天ではないかと思います。勝手な解釈ですが。

「ごめんなさいと 素直にいえる 自分でありたい」   とても私には出来ないことです。

 

このところ渡辺俊明の墨彩画にひかれています。

この作品は、御本堂に飾りたいと思っています。

 

多胡碑

多古碑は5回目になります。多古碑Wikipedia

碑の見学だけでなく、記念館でいろいろな催しもやっています。

前々回は家内が属していた書道の会とは異なりますが、書道展がありましたので、多古碑記念館に運転手としてきています。

多古碑  群馬県高崎市 吉井町池1095  地図   

先ずは多古碑の見学です。

 

文字は碑文の説明を見れば、私にも少しは理解できます。

「羊給」に色々な説があるようです。

この碑は羊さまと呼ばれ、地域の信仰がありました。

少し離れたところに、羊神社があります。以前の羊神社ブログlink

羊神社  群馬県安中市中野谷  地図          

 

多古碑記念館は、4時半を過ぎていましたので、入れませんでした。

 

記念館横の古墳

何の木でしょう。赤い実がなっています。

 

帰りには藤岡の「道の駅 ららん藤岡」に寄り、お土産と夕食です。

高速から入れます。

仲間がこれを食べたいと言いますので、同じ物を頼みました。

 

日枝神社の山王廃寺・放光寺跡(前橋市)と山上碑(高崎市)

上野三碑の内、山上碑に行きました。

先ずは、山上碑を残した放光寺の僧侶・長利がいたところです。

日枝神社(山王廃寺・放光寺跡)

山王廃寺跡Wikipedia   

以前ここに来たときは、地元の方に案内して頂きました。

かなりの規模だったようです。

発掘調査の結果、方光の文字が書かれた瓦がでて、古文献にある放光寺跡であることが分かりました。

 

廃仏毀釈以前の日枝神社は、昌楽寺というお寺でした。

 

中には、古代の石製鴟尾と塔心柱根巻石(重要文化財)があります。

塔心礎

 

 

元寺院であったことを物語る石仏なども祀られています。

 

日枝神社  前橋市総社町総社2408  地図      

 

山上碑

いつも時間がなくなって、来られなくなった場所です。

一緒に行った二人は、若いから元気です。

 

碑の保存されている建物と古墳です。

 

この碑は、僧・長利が母・黒売刀自のために建てました。

 

山上古墳は黒売刀自の父・大児臣の墓で、黒売刀自が追葬されたようです。

 

古墳の中には石仏が祀られています。

三面庚申でしょうか?

山上碑  群馬県高崎市山名町2334 場所

山上碑Wikipedia     

金井沢碑

上野三碑がユネスコの世界の記憶に登録されました

まず金井沢碑(726年・神亀3年)を見学です。

金井沢碑  群馬県高崎市山名町2334 場所     

群馬郡下佐野の三家(みやけ)の子孫が、七世父母、現在の父母等のため建てた碑文です。

奈良時代仏教の民間への浸透を知る事が出来ます。

 

 

 

図で見ると分かりやすいですね。

群馬の地名が地元で使われた始めだったこと知りました。

奈良時代初めに郡名が車(くるま)から一文字の使用禁止により、群馬郡(くるまこおり)になったわけで、群馬県の元になった地名です。

 

無料バスがあります。

三碑めぐりバス link

洞窟観音・山徳記念館・徳明園 高崎市石原町

12日の続きです。

洞窟観音、徳明園は知らない所でした。

地図に乗っていましたのでネットで調べると、素晴らしい石仏と庭園がありました。

 
 
 
呉服商・山田徳蔵により、大正8年から50年の歳月をかけて作られました。
全て人力で工事をしました。かなりの財力がなければ無理です。
 
 

洞窟観音

まずは洞窟観音に入りました。
400メートルもあるそうです。
 
 
素晴らしい石仏が、たくさん祀られていました。
 

如意輪観音

千手観音

 

持経観音

圓光観音

白衣観音

 

美臥観音

 

滝見観音

 

施薬観音

 

 

徳王観音

岩戸観音

 

 どれも素晴らしい観音像です。

 

徳明園

次に庭園の散策です。

中国からの人たちです。

少し日本語がしゃべれますので、日本で働いているのでしょう。

 

 

徳明園が「ぐるたび」サイトにて「群馬県の庭園注目度ランキング2016年&2017年」1位となっています。

北関東一の名庭園と言われるだけのことはあります。

 

山徳記念館

山田徳蔵の写真などが、飾られていました。

掛軸には「合気道」とありますが、近くに合気道の道場がありました。

 

山徳記念館

中で歴代首相の似顔絵展が行われていました。写真は撮れませんでした。

良く特徴がでています。

中で来られなかった方のために、お土産を買いました。

紅葉は11月のライトアップの頃が良さそうです。

さぞかし見事でしょう。

 

高崎観音には、健脚であれば歩いて行けます。ここの受付で聞いてください。

吊り橋もあるそうです。

 
 

浜離宮公園

皇居の後に浜離宮公園です。

ここは将軍の鷹狩りの場所でした。江戸地図で見ると、江戸城の結構近くでした。

 

 

 

左下の濱御殿が現在の公園です。公園の右手の方に旧築地市場がありました。

いまは11日の豊洲市場の開場を目指して準備中です。

 

 

ボランティアの方の案内で、園内を廻ります。

 

300年の松は、とても立派です。

群馬県伊勢崎の菅原神社でで立派な松を見学した記憶があります。地図

 

一番の見所は、この池の景観でしょう。

海水を引き入れていますので、海の魚が泳いでいます、

 

以前、一人で来たときは、ここでお茶と御菓子を頂きました。

外国から来られた方も味が分かるのでしょうか。以前お茶はともかく、和菓子は苦手と言っていたアメリカ人がいました。

 

以前来たときは、藤が咲いていました。

唯一当寺で勝てるのが、藤の花の長さです。自慢にはなりませんが。

 

鴨場の小屋は何軒かありました。

除くと水鳥が二羽泳いでいました。

 

他の場所の小屋です。

 

 

説明を受けるまで、鷹狩りの鴨場であることを忘れていました。

 

将軍お上がりの場です。

将軍がここに来るには、駕籠か船だったそうです。

かなり大きな船でここまで来て、小さな船に乗り換え上陸したのだそうです。

近年最後にこの場所を使用したのは、プラタモリの撮影でした。映像がありました。プラタモリ

 

この左手先に水上バスの乗り場があります。

一人で来たときは、浅草まで乗船して行きました。

 

以前来たときは、外国人は個々に来られていましたが、団体さんも結構増えたようです。

 

皇居参観

今日一番喜ばれたのが、皇居参観でした。

参観が終わると、普段お礼など言わない役員さんからも、一斉に「ありがとうございました。」の声が出ました。

 

 

参観には手続きがいります。 参観案内link

結構面倒だったようです。

参観者は桔梗門の入り口近くで、並んで待ちます。ここで参観者カードを受け取ります。

ここでは、御所内に入れないで、断られる人もいるそうです。何が基準であるかは分かりませんが、自衛隊の団体が参観しようとすると、断られた人がいたと聞いたことがあります。

自衛隊内部にも問題のある人がいたのでしょう。天皇家を誹謗する過激な思想の持ち主が、入り込んでいたのかもしれません。

桔梗門から窓明館に向かいます。ここで持ち物のチェックがあります。

その後に説明を受けます。

窓明館はかなりの人が待っていました。

当日は皇居の記念品は、参観後買えないとのアナウンスがありました。

先に売店に行き、不参加の役員さんと、家族のために土産を買いました。ほとんどに菊の紋が入っています。私用に紋入りのキーホルダーを買いました。

役員さんは全員が、何かしら買い求めたようです。今年の天皇陛下が印刷されているカレンダーを手に持っている人が何人かいました。

中国人はここでは大人しかったと思っていましたが、売店カウンターでの横入りは、評判通りだったようです。

途中、雨が降りだしましたので、傘をバスに置いてきた人は、傘を買いましたが、紋はありませんでした。

先ずは英語圏の人達が先に出ました。

一番大勢いたようで、一気に人が減り、次に中国語圏が出て行きました。日本は一番最後です。

中国語圏と日本は、ほぼ同じ人数でした。

 

最初に石垣の説明です。

熊本の細川家と、薩摩の島津家の紋が彫られていました。

富士見櫓を過ぎると、騎乗と馬車の皇宮警察が前を通りました。ラッキーでした。

 

次に宮殿前での説明です。

 

一番喜ばれたのが、ここです。

天皇陛下が手を振っているのが、自然と眼前に浮かびます。役員さんも同じ様です。

何人もが、「一番感動した。来れて良かった」と話していました。

 

 

高級車が二度入ってきて、中にどなたかが入っていきました。

参観者の中に国会議員だと話している人の声が聞こえました。

 

二重橋に向かいます。

二重橋からはビル群が望めます。

 

植木もたくさんの種類が植えられており、四季ごとに楽しめるようです。

これから少し経つと、モミジがきれいなのだそうです。

 

宮内庁庁舎にも高級車が来ました。

参観者カードを門を出る前に返しました。

 

役員止めてからもまた来たい、家内も一緒に連れてきたいの要望がありました。よっぽど嬉しかったに違いありません。

私は役員さんに入れない人がいるのではないか、何かアクシデントがあるのではないかと、昨夜はあまり眠れませんでした。

 

皇居を出ると楠公レストハウスで昼食です。

かなり豪華な食事でした。

 

ここでも記念品を買えます。

しかし、なんと帰りの三芳PAでも買えました。若干高いですが以前は売っていなかったと思います。

 

首塚参拝

今月の4日は、役員さんとの研修旅行です。

都内の首塚、皇居、浜離宮公園に行きました。

先ずは、首塚です。

まだビルの工事をしていて、予防のため塚ノ上には被いがかかっています。

 

 

 

当寺は、将門公由来と伝わる妙見(現在は二代目)さまを祀っていますので、ここは外せません。

 

春夏秋冬雑花万歳 墨彩画

 

渡辺俊明の「春夏秋冬雑花万歳」です。

小さな作品ですが、なかなか面白いと思います。

 

この作品は、世話になっている友人に送る予定です。

ページ上部へ