ホーム

円泉寺便り

弁財天十六童子像が修復されました。

ご本堂にお祀りしてい弁天様をご紹介します。十六童子を従えている御尊像です。最近修復致しました。

修復前のお顔が黒いのは、お顔に銀箔を貼っていたために、酸化して黒くなったのだそうです。
今回も以前の状態で復元致しました。いずれ酸化し黒くなるのだと思います。
このような技術があったことを初めて知りました。
 
しかし、明るい照明の下では、お顔が銀色で異常な色合いでした。
ふと昔だったら、どのように祀られているのだろうと思い、ロウソクだけにしました。

 

2017721155522.jpg

穏やかなお顔です。
さらに夕方になると、良い雰囲気になりました。
お顔を銀箔にしたのは、暗いお堂の中で拝むことを計算しての方法のようです。
 
手持ちで撮影したため、ぶれています。後日三脚などを利用して、再度挑戦する予定です。
 

201772118354.jpg

中央に坐す仏様は八臂弁才天様です。八本の手には弓、矢、刀、独鈷杵、羂索などを持ち、回りには、角髪を結った十六体の童子像を従えています。

下の画像は、明るい電気の下での撮影です。

2017720115428.jpg
2017720115445.jpg

2017720141059.jpg

童子像の衣服は金箔の上に朱で描いています。
 

2017720115628.jpg

修復前の像

 
回りに十六童子が祀られていますが、以前は十四体だけでした。
 
印錀童子、官帯童子、筆硯童子、金財童子、稲籾童子、計升童子、飯櫃童子、衣裳童子、蚕養童子、酒泉童子、愛敬童子、生命童子、従者童子、牛馬童子、船車童子、大黒天善財童子
を従えています。
 
弁天様と十六童子の功徳を見ると、家内安全、ペット安全、商売繁盛、学業成就、恋愛成就、五穀豊穣など、あらゆる功徳を授けて下さる神様です。
 
掛軸とお姿で見る十六童子・十五童子
2014928193815.jpg弁財天十六童子
2014928193842.jpg江島神社 弁財天十五童子   神奈川県藤沢市江の島

 

本来、弁財天だけでしたが、日本的展開を見せ、十五童子が加えられ、さらに善財童子が加えられたのが十六童子です。

信州・戸隠神社旧本坊勧修院 久山館  にも祀られています。

 

当寺の二臂の宇賀弁才天様

201494113953.jpg

これらの弁天様は、普段は本堂の奥に祀られており、お参りすることはできません。

 

阿弥陀堂の辨財天

以前にもご紹介した、阿弥陀堂に祀られてい弁天様です。歯や指の関節まで再現されています。

 

20149411559.jpg

こちらの弁天様は、お近くでお参りできますので、気軽にご参拝下さい。

ホーム

 

〒357-0014   埼玉県 飯能市平松376番地   円泉寺   電話042-973-5716  

 

学習院の遠足で当寺にご来山 昭和11年

当時の平松村に、女子学習院初等科の生徒が遠足に来られると住職が警察に伝えても、誰も信じなかったそうです。
今も田舎ですが、当時はもっと田舎でした。
 
戦前ですから事実と分かると、さあ大変。
駅から歩いて来られますので、道普請は当然ですが、境内の汚い小屋は取り壊し、トイレも正目の木材で作り直しました。
 
2017711163924.jpg
 
境内では、脱穀や餅つき、満作の歌踊りなどを披露したそうです。
数十年前までは、当時演じた人もいました。
自慢話を聞かされたものです。
 
201771116400.jpg
 
 
近所の栗林では、栗拾いです。
しかし、その時期は栗も落ちていました。
 
当日のために栗を畑に蒔き、栗の入ったいがを針金で吊ったそうです。
 
2017711164019.jpg
 
2017711164035.jpg
 
 
写真はありませんが、風船工場も見学されたと聞いています。
 
2017711164053.jpg
 
 
戦後お寺の裏手の山林あたりで、皇籍離脱後に久邇朝融氏は鉄砲打ちに何度も来られていたそうです。
その場所が、今では西武系になっている久邇カントリークラブです。
 
 
先日、千円札に描かれていた元総理大臣の子孫の方が来られました。(前列真ん中と向かって一番の左側の方)
ちなみにこの女性は、学習院女子初等科のOGです。
私も関連しているボランティア団体の顧問をされています。
 
御本堂前でご説明しただけしたが緊張しました。
 
2017711164225.jpg
 
その時お渡ししたのが、上の古い画像を印刷した写真です。
祖母から借りた写真をずっと以前にスキャナーで取り込んでいたのですが、画質が悪く、画素数も少ないために大きくは引き延ばせません。
 
 

講談師 宝井琴柑さん

以前、当寺檀家の姪御さんに宝井琴柑さんがいると聞きました。

調べると都内の巣鴨信用金庫本店で、「おたのしみ演芸会」に出演することが書かれていましたので、巣鴨まで出かけました。

 

20175259335.jpg

宝井琴柑さんのブログ link

 

今日は本店3階にて11時半より、宝井琴柑さんと柳家 わさびさんが高座を受け持ちます。

巣鴨信用金庫本店 「おたのしみ演芸会」 link

2017524194046.jpg

 

15分前に入ると、もう満席です。

なにせ無料ですから、集まるのも当たり前かもしれません。

201752419415.jpg

 

琴柑さんは話の冒頭から張り扇をパンパンたたき、速いテンポで一気に会場を盛り上げ、笑いの渦に包まれました。

とにかくお年寄りばかりの会場です。普段笑いを忘れた人にはぴったりだったのでは!。

うまく表現できませんが、昔お祭りで見たバナナのたたき売り以上の調子です。たたき売りを見たことの無い方は、渥美清さん演ずる「男はつらいよ」のフウテンの寅さんの調子だと思って下さい。

古典の軍記物、天保水滸伝などとは全く異なる世界です。私の持つ講談のイメージがずいぶん変わりました。

 

若いとはいえ、あの勢いで30分をよく持たせたと感心しました。すごいパワーですね。

しかし、新作ばかりでなく古典も得意なようです。

 

今日の演目は、新作 「ボクサー 白井義男伝」でした。 白井義男 Wikipedia

演題を聞いて、たいしたことが無いだろうと思いましたが、細部にわたり良く計算された流れです。一時として飽きさせませんでした。

二ツ目とは信じられません。

たとえ白井義男を知らなくても、ボクシングに興味のない人でも、30分を十分楽しむことが出来たと思います。

 

この後に行った柳家 わさびさんはやりづらかったでしょう。

演題は紺屋高尾(こうやたかお)でした。

 

午前の部が終わり、帰るために廊下に出ると、たまたま琴柑さんが前から来ました。図々しいと思いましたが、声をかけさせていただきました。

まだずっと先になりますが永代総供養の催しに、講談をお願いしたしました。 総供養link

その折、撮らせていただいたのが、一番上の写真です。

 

宇賀神像がBS TBS「諸説あり・縄文時代の文明」に使用されました。

先月BS TBS「諸説あり・縄文時代の文明」に、ほんのわずかですが、宇賀神(うがじん)像が出てきます。 link
 
当寺ブログ  宇賀神 link
 
縄文時代には高度な建築技術が存在した!?
縄文時代には高度な航海技術があった!?
縄文時代にはピラミッドがあった!?
 
2017518152444.jpg
 
2017518152524.jpg
 
 
ここで紹介されている宇賀神の説は、Wikipedia(宇賀神)などで書かれている考えとは異なります。
 
縄文ピラミッド説に秋田県鹿角市の「黒又山」は人工的に石を敷詰めてあり、頂上に祭祀跡があります。黒又山Wikipedia
近くにある「大湯環状列石」も紹介されていました。
 
夢枕獏氏によれば、この三角形の山が、蛇がとぐろを巻いている姿に似ており、蛇信仰があったのではないかと述べています。
似たような山がいくつか信仰の対象になっています。
青森県のモヤ山、富山県の尖山(とやま)が、人工的に手を入れられた可能性があるようです。
(靄山の南方には中世に繁栄していた十三湊があります。気になる場所です。)  青森県靄山グーグルマップlink
 
奈良の三輪山の祭神である大物主は蛇の姿で現れています。日本には古くから蛇信仰があったのでしょう。大物主Wikipedia link      三輪山Wikipedia link
 
古くからの蛇信仰があり、宇迦之御魂神(うかのみたま)と習合したのかもしれません。
 
昔歴史の授業で教わった縄文時代観が、三内丸山遺跡の発掘以来かなり変わってきていることを強く感じています。
今も縄文時代の文化が脈々と日本人の中に残されているのを感じました。
 
今回の番組とは関係ありませんが、三途の川の概念は縄文の遺跡「奥三面遺跡」があります。 『日本人の他界観を探る―三途の川―』
 
この奥三面遺跡群には環状列石があり、三内丸山遺跡と同じ様な掘立柱建物跡が発掘されています。
 
 
 
いつ頃のことか忘れましたが、人は死ぬと魂は近くの山に移って、山の神となると言われていました。山の神の語源だと思います。
山の神=ご先祖様=氏神だったわけです。後に大陸から伝わった西方極楽浄土や天国とは異なる世界観です。
関東では筑波山が知られています。三輪山などもそうだったのではないでしょうか。
 
霊山とは富士山のような高い山でなく、近くの山でした。
山が無いところでは、少し高くなった林の中がそうだったのではと思います。当寺境内の山の神の社は、そのような場所から移されています。
 
ご先祖様であった氏神様に、有力な八百万神が祀られ、名も無い神社が諏訪神社、八幡神社、稲荷神社などになっていきました。
黒又山も神聖視され、勝手に山に入ることはタブーだったようです。
この番組の内容では、宇賀神とお山の関係が、どのように結びつくのか、私には分かりませんでした。
しかし、古代信仰との関連はあったように思います。
 
 
 
最後のテロップに圓泉寺の文字もでました。
 
201751815258.jpg
 
 
BSが見られないので、録画していただいたブルーレイディスクでの視聴です。
気になるところを何度か見直ししています。
 
その後、制作会社からDVDビデオが送られてきました。
 
 
追記  2017/06/07
 
201767214731.jpg
 
 
吉野裕子著「日本人の死生観 蛇 転生する祖先神」河出文庫によると、世界中で蛇は祖霊であったようです。
「古代日本人は、木や山を蛇に見立てて神とした。そして、人の誕生は蛇から人への変身であり、死は人から蛇への変身であった・・・・・・」
とあります。
円錐の山は蛇がとぐろを巻く姿であり、先祖神として映りました。
古くは出産のその日のためにだけ建てる産屋の屋根が三角錐で、とぐろを巻く蛇の胎内なのだそうです。円錐形の三輪山(奈良県桜井市)、宇迦山(西南麓に出雲大社がある)、カンナビ山はいずれもトグロを巻く蛇神の姿そのものとしてとらえられ、信仰の対象となっている・・・・・・・
 
同じく吉野裕子著「山の神 易五行と日本の原始蛇信仰」講談社学術文庫にも、同様な事が書かれています。
 
※吉野裕子氏の面白い記事がありました。link
 
 
※縄文土器には、蛇のデザインが数多く見られます。 Yahoo!画像link
 
※兵庫県たつの市新宮町の香山(かぐやま)は「播磨国風土記」に鹿来墓(かぐはか)と言いました。久野昭著「日本人の他界感」(吉川弘文堂)より。(ここも綺麗な円錐形の山です。グーグルマップlink)
同書に書かれた山田秀三著「北海道アイヌ地名を尋ねて」楡書房に「モイワは道内の諸所にある山の名前である。モ(小さい)・イワ(山)なのであるが、小山なら何処にでもある。併しこの名でよばれる山を見に行くと、版で押したように、円頂は円錐形の目立って美しい、印象的な独立丘である。特別な山の名であるようだ。問題はアイヌ語のイワに在るらしい。『小辞典』には、今はただ山の意に用いるが、もとは祖先の祭場のある神聖な山をさしたらしい。‥‥。日本人は‥‥神奈備山を崇敬していた。‥‥札幌の円山も、大和の神奈備山と同じような意味で、アイヌの霊域だったのではあるまいか。」とあります。
 
 
これらのことだけでなく、日本各地の独立した円錐形の山は、蛇信仰が残されているようです。
ネットで調べてみると、黒又山周辺の神社にも龍神、蛇への信仰がありました。
 
縄文時代には高度な建築技術が存在した!?
縄文時代には高度な航海技術があった!?
縄文時代にはピラミッドがあった!?

 

極和美膳 暖らん 埼玉県飯能市

地元の大野屋さんが経営する「暖らん(だんらん)」で昼食です。
入間店もあります。
 
先日、三峯神社にお参りした時は、Nさんに車、ガソリン、昼食、夕食(夜食)を負担していただいたので、今回は私が負担しました。 先日の三峯神社のブログlink
 
201751721222.jpg
 
西武池袋線「東飯能」から秩父方面に向かう線路に面しています。
駐車場が広いのですが、12時過ぎると、かなり待たされることも多いお店です。
女性客が多いですね。
 
日曜日はご法事後の予約などで貸しきりのこともあります。
当寺のご法事後席で檀家さんの使用するのが、一番多いお店です。
仕出しや、お肉屋さんも経営しています。
どこもお薦めできます。
 
今日は奥様に合わせて、レディース懐石にしました。
男性も注文できます。
 
2017517211253.jpg
 
201751721139.jpg
 
2017517211331.jpg
 
2017517211357.jpg
 
2017517211416.jpg
 
2017517211440.jpg
 
2017517211459.jpg
 
今日は、かなり豪勢な食事でしたが、この懐石の半額でも十分に満足でき、男性でも満腹になります。
 
早めに入店することをお薦めします。
今日も帰るときは、駐車場が満杯になっていました。
 
暖らん飯能店  ホームページ
埼玉県飯能市新町4-4
TEL042-971-6129

都内散策

先月、首塚から上野まで1日かけて散策してきました。

大手町は地下鉄で行くのですが、地上に出る前に迷子になりそうです。友人にこの事を話すと笑われました。

 

平将門公首塚は次々とお参りがやってきます。

 

201751621143.jpg

 

お堀の脇を通り、皇居東御苑に向かいます。

201751621412.jpg

 

東御苑を半周し、天守閣の跡を登ってから北詰門に向かいました。

201751621439.jpg

 

北詰門から北の丸公園は初めてです。

武道館ではサンタナの講演があるようでした。

201751621520.jpg

 

靖国神社は鳥居の前で手を合わせただけで、次に向かいました。

201751621554.jpg

 

筑土神社には平将門公が祀られています。

201751621622.jpg

 

東京大神宮は女性の参拝客がいっぱいでした。いつの間にか縁結びの神社として知られるようになっていたようです。

男の人は、わずか3人でした。

201751621654.jpg

近くの飯田橋駅はすぐ近くです。

御茶ノ水駅から神田明神に向かいました。ここも平将門公関連です。

神田祭の準備が始まっていました。

 

201751621747.jpg

 

湯島天神の途中に妻戀神社がありましたので参拝です。すぐ前には話題になったアパホテルがありました。

他のアパホテルを利用したことがありますが、貧乏人の私には有り難いホテルです。

 

201751621833.jpg

 

途中食事をして、湯島天神を参拝しました。旅行中の高校生が3人お参りしていました。

梅の実がいっぱいなっています。

20175162199.jpg

 

神社の前を西に向かうと法衣屋さんがあり、和袈裟を求めました。

201751621946.jpg

この通りを東に向かうと、上野に出ます。

途中、旧岩崎邸庭園を見学しました。

いつもは通り過ぎるだけでしたので、もっと早く見学しておけば良かったと後悔です。

残念なことに工事中で、建物に覆いが掛けられており、せっかくの外観が見ることが出来ません。

2017516211030.jpg

内部は素晴らしい造りになっており、旧財閥の資金力はすごかったことがわかります。

昔は現在の四倍の面積だったそうです。

 

さらに東に向かうと不忍池です。

やはり広いですね。


2017516211123.jpg

 

不忍池弁財天は直にお参りするより、遠くから眺める方が風情があります。

201751621127.jpg

 

弁天様の参道をまっすぐ東に向かえば、清水観音堂です。

2017516211237.jpg

観音様をお参りし、上野公園を散策しました。でも足は棒です。

ヘブンアーティストのパフォーマンスが何カ所かでおこなわれていました。

201751621139.jpg

 

一番の目的である東京化学博物館です。

6月11日(日)まで「大英自然史博物館展」が開催されています。

2017516211351.jpg

 

色々な化石、絶えてしまった動物たちの骨格、大英自然史博物館展に関わった人達、いろいろな面白い展示物が日本で見ることが出来ます。

2017516211417.jpg

2017516211439.jpg

201751621155.jpg

2017516211528.jpg

2017516211554.jpg

 

シロナガスクジラの脇を抜けて外に出ました。

2017517111912.jpg

 

東京国立博物館も見学予定でしたが、疲れて今回はパスしました。

鶯谷駅から帰途につきました。ああ疲れた。

 

 

三遊亭神楽師匠の奉納落語

永代供養塔が出来て10年になります。総供養は今回で9回目となりました。参列者も180人以上だったそうです。

儀式の中に催しを入れて三回目となりました。

今回は落語家の三遊亭神楽師匠です。  三遊亭神楽link   三遊亭神楽師匠のお墓参りlink

 

2017514211340.jpg

神楽師匠、義妹親子さんと一緒に記念撮影。残念ながら奥様は近くにいませんでした。

このとき今回の題目を伺いましたが、まだ決めていないとのことでした。

 

2017514211636.jpg

 

本堂でのご法要の後は、いよいよ神楽師匠の出番です。

「魅惑のワンダーランド、円泉寺へようこそおいで下さいました。」で始まります。

201751421189.jpg

 

小話に爆笑バクショウでした。

 

2017518102750.jpg
201751810289.jpg
 
以前飯能で演ずる機会があり、どうしても笑ってもらえなかったことがあるとのこと。
お客さんに聞くと「ここは飯能市内(反応しない)」。ますます爆笑です。私も以前変換ミスがあった言葉です。
 
今まで私の前で笑ったことのない方も笑っています。
 
本題に入り、演目は古典の「鍋泥」です。初めて聞く話でした。
他の方もあまり話す機会がないようです。
内容はかきませんが、オチの「今度は家を盗まれた」には、これまた爆笑です。
 

201751421628.jpg

2017514212624.jpg

いや~、楽しかった!。

 

落語が終わると外に出て、永代供養塔前での法要に移りました。

奥様、義母様もお塔婆を申し込まれています。

2017514214221.jpg

師匠と奥様、義母様、義妹さん達も心を込めてお焼香をしていました。

201751421449.jpg

当日の儀式全体の流れ ブログ

 

201751421331.jpg

 

三遊亭神楽師匠へのお仕事ご用命はjinraku3@yahoo.co.jp

諏訪八幡神社と飯能恵比寿神社 埼玉県飯能市

緑豊かな境内は「おすわさま」として親しまれ、市民の憩いの場にもなっています。

 

201752134438.jpg

201752155837.jpg201752143028.jpg

 

飯能恵比寿神社(武蔵野七福神)

近頃は御朱印ブームで年間を通じて、お参りが増えています。

こちらの社務所は、お正月の七日あたりまでと、日曜日が開いています。よく確認してからお参りください。

20175213464.jpg

 

丹生神社(たんしょうじんじゃ)

201752134537.jpg

 

201752142945.jpg20175214303.jpg

 

丹生(にう)とは水銀です。かつて飾り職人さんなどがアマルガムを使用して金メッキをしていました。その職人さん信仰の深かったそうです。

 

201752134633.jpg

201752134725.jpg

 

神社の西側が飯能市郷土館、北側が飯能市民会館です。

飯能市民会館  link           飯能市郷土館 link         

 

201752141120.JPG

 

この間を抜けていくと観音寺に行けます。    観音寺 link

駐車場は、ここを抜けて境内にもありますが、郷土館にも駐車可能です。

 

201752142221.jpg

 

飯能市民会館の正面向こう側の杜が、諏訪八幡神社と飯能恵比寿神社です。

 

諏訪八幡神社 飯能恵比寿神社

埼玉県飯能市飯能263  地図
 

日本三大弁天のお姿札

このたび古い日本三大弁天の古いお姿を手に入れることが出来ましたので、ご紹介いたします。
 
厳島弁財天(広島県廿日市市 厳島 安芸の宮島)  リンク
神社の西側にある大願寺には厳島神社から移された弁財天が祀られています。
 
2017325124811.jpg
 
 
 
竹生島弁財天(滋賀県琵琶湖の竹生島)  宝厳寺リンク  竹生島神社リンク 
弁財天の御尊像は宝厳寺に祀られています。
 
イメージ 2
 
 
 
江ノ島神社(神奈川県藤沢市 江ノ島)  リンク
奉安殿に祀られています。さらに進み岩屋の中には沢山の弁天様石仏が祀られています。
足腰に不安の方はお勧めしませんが、是非お参りしていただきたい場所です。
 
イメージ 3
 
 
 
 
私は弁天様が祀られているところが三大弁天と思っていますので、三大は大願寺・宝厳寺・江ノ島神社を言うのだと思っています。
共に協力しなければならないので、勝手なことを言うわけにはいかないでしょう。
 
厳島神社、大願寺には、まだお参りしたことはありませんので、いつの日か、お参りしたいと思っています。
なお、手抜きですがグーグルのストリートビューで竹生島、厳島、江ノ島の境内も見ることが出来ます。
 
話は変わりますが、ネットでお墓参りが出来ると書かれているところがありますが、入院中とか海外移住などを除き、あまり認めたくありません。
 
 
※当寺の弁天様
 
201732512479.jpg
 
2017325124743.jpg
 
 
 

馬頭観音様の石仏

境内にはかなりの数の石仏が祀られており、妙見堂に登る東側階段入り口に馬頭観世音の石仏があります。
 
境内の石仏の中で、一番好きなのが、この石像です。
市内の石仏愛好家には、よく知られているそうです。
 
201732315037.jpg
 
宝暦年間に祀られました。
昭和初期までは、現在の観音堂がここの前に東向きに立てられており、祭りには馬を引き、お堂を回ったそうです。
現在でも近在の下川崎・普門寺では、実際に馬を借りてお祭りをしているようです。
 
観音堂のあった場所には、現在ペット供養塔があり、木造の馬頭観音がご本尊として祀られています。
こちらは馬頭観音様らしく怖いお顔をしています。 馬頭観音Wikipedia
 
 
2017323102910.jpg
 
20173239512.jpg
 
埼玉には、あまり優れた石像は少ないようです。
群馬や長野には、確かにあちこちに良い石仏があります。
良い石があり、石工も優れた職人が多かったのだそうです。
 
201732394911.jpg
 
 
 
近在の馬頭観世音です。
 
2017323103045.jpg
 
第二用水の橋の近くに、用水に面して祀られています。
 
どこに祀られているのか分からなかったのですが、たまたま石屋さんが倒れてしまった馬頭観音様の場所を整地しなおし、真っ直ぐしたと聞き、行ってきました。
時々通る道脇でも一段低くなっており、分かりづらい場所でした。
お参りするにも用水の反対側からしか拝めません。
 
 
ページ上部へ