仏像

能勢形妙見像

当寺の妙見さまは、霊符神と童子形の妙見菩薩像です。

関西には圧倒的な妙見信仰の能勢妙見山があり、能勢形のみが妙見菩薩と思っている人も多くいると思います。

近松門左衛門も熱心な信者でした。

 

関東では圧倒的に童子形が多く祀られています。

 

 

能勢の紋が切り竹矢筈十字で、刀と剣印が横と縦で十字架をあらわしていると見れば、隠れキりスタンが能勢形妙見菩薩像を十字架として信仰したとする説があります。

この地を治めた戦国大名の高山右近は、熱心なキリスト教徒でしたので、間違いとは言えないのかも知れません。

各地の隠れキリシタンは妙見菩薩を天帝として祀ったようです。

 

 

小さな妙見さまです。

おそらく身につけて、お守りのようにしていてのだと思います。

 

わずか2㎝ほどの像です。残念ながら剣は折れて無くなっています。

3体とも小さな御尊像ですが、おそらく能勢妙見において信者さんに、お授けした仏像なのでしょう。現在これらの御尊像は、他宗旨の寺院に祀られています。

 

「妙見菩薩」とヤフオク!で検索すると古い像は、ほとんどが能勢形の像です。童子形はめったに出品されません。妙見菩薩の資料として、ヤフオク!で落札しました。

能勢形の妙見菩薩は、大将軍八神社の武装大将軍神像によく似ていることから、成り立ちに関連があると思われています。大将軍八神社のホームページより、他の方のブログなどの神像画像に剣の位置が異なるだけで、そっくりな像が紹介されています。

神社では大将軍神は北斗七星をあらわしていると説明されているようです。北斗七星=妙見菩薩=北極星との関連もあるわけです。

大将軍八神社 神像 検索リンク

妙見菩薩資料集リンク

 

←円照寺の睡蓮とコウホネ 埼玉県入間市

 

聖観音レリーフ

昨日掲載した『ツタンカーメンの椅子』と同じく、京都科学標本の製品です。

京都科学標本の製品は、有名な仏像などを戦後の一時販売していました。

この聖観音レリーフも、有名な仏像をモチーフにした作品と思って、画像検索をしたのですが、似たような仏像は見当たりませんでした。

 

 

少し厳しいお顔ですので、当時の作家の作品を元に制作されたのかもしれません。

しかし、自信はありませんが。

 

 

後日、御本堂に掛けようと思っています。

 

←ツタンカーメンの椅子レリーフ 京都科学標本レプリカ                参道工事中→

 

般若教主尊像 (釈迦三尊十六善神)

この般若教主図は臨済正宗の「道?禅寺」に蔵されていたようです。臨済正宗とは黄檗宗です。 黄檗宗Wikipedia link

現在の黄檗宗には、同じ名の寺はありません。寺名を代えたか、臨済宗に変わった、あるいは廃寺でしょうか。

作者は「土佐光長」とありますが、無理があると思います。土佐光長(常盤光長) Wikipedia link

 

 

大般若経を守護する釈迦三尊十六善神、普賢菩薩の下の僧形の菩薩が法涌菩薩、文殊菩薩の下の合掌する菩薩が常啼菩薩です。

江戸期の作だと思いますが、分かりません。かなり力のある画家によって描かれています。 

 

  

 

下の右中が玄奘三蔵法師、左中が深沙大王です。

深沙大王は調布市の深大寺に祀られています。「王の」です。西遊記に出る沙悟浄を思い出します。

 

テレビで放映された西遊記が楽しみでした。沙悟浄役は岸部四郎です。

ゴダイゴのテーマソングが好きでした。

先日、ゴダイゴのメンバーである浅野孝已さんが、亡くなりました。私より1歳ほど若かったのに、ご冥福をお祈り申し上げます。

 

裏には経典が使用されています。

 

経典は寛永11年(1634)年版です。

所蔵していた寺院名は、臨済正宗(黄檗宗)の道□禅寺とありますが、□が読めません。

 

 

土佐光起の鑑定書もありますが?  土佐光起ウィキペデアlink

 

深大寺・深沙大王堂  東京都調布市

深大寺ブログlink

 

←芍薬               弥陀堂で石屋さんが アマビエの朱印付きのマスク発売中→

諸尊仏龕(しょそんぶつがん) 枕本尊 三開仏

お釈迦さまを中心とした中国の古い仏龕・三開仏です。

 

 

中心の仏様は、お釈迦様と十大弟子、右前方に密迹金剛力士、左前方には那羅延金剛力士で間違いないでしょう。

高野山霊宝館に祀られている、弘法大師が唐より持ち帰った諸尊仏龕と、ほぼ同じ御尊像です。

高野山霊宝館 諸尊仏龕 リンク                     仏龕ウィキペディアlink

 

 

左右の中心の仏様は、高野山の場合は右・観音菩薩、左・弥勒菩薩ですが、こちらはどちらも観音菩薩に思えます。

三面の下には、仏法を守護する風神・雷神・霊獣などが彫られているようです。

 

 

 

全高は16㎝です。

似たような三開仏は、オークションで数多く出品されています。

 

高野山の場合は、おもての蓮花や文字は彫られていないようです。

 

 

「仏の光はあまねく照らし  あまねく衆生を度す」

仏様の光は、あらゆる所を照らし、全ての人々を救うと彫られています。

 

 

下に「乾隆(けんりゅう)年製」とあります。清が最も栄えた乾隆帝(高宗)時代に造られたと彫られています。

「乾隆年製」とある製品は、後の時代にも使用されていますが、作られたのは更に後のことでしょう。

近年でもあるようです。

 

 

 

中国の骨董品は95%は、偽物と言われています。

それはそれで、良い仏様を迎えることができたと思っています。

 

←ニワゼキショウ                 →芍薬

 

小さな お大師さま像

①弘法大師木像

ある儀式に使用した高さ約12㎝ほどの弘法大師御尊像です。法要ブログlink

小さくとも丁寧な作りでした。

 

 

残念ながら五鈷杵と念珠は無くなっています。

念珠はビーズで作ろうかと思っています。

 

 

本来は曲録に座っていたのだと思います。

台座の四隅が欠けています。

 

②弘法大師陶器像

ある法要には、こちらの弘法大師を祀ろうと思ったのですが、若干小さな木像があっていると思いました。

木像より少し大きめです。

 

木像には五鈷杵と念珠がありませんが、こちらは庇護が少ないお姿をしています。

 

 

画像で見ると何故こちらにしなかったのかと思われると思います。

カメラとレンズが異なるため、この御尊像がきれいに見えるのかもしれません。

 

実際に並べたときの落ち着いた表情が、①は寺にはあっているように思いました。

※②の御尊像は、ある方の仏間に祀られる予定です。

 

←小さな鳥の七宝香合              バイカウツギ→

 

小さな善光寺式阿弥陀三尊

最近求めた高さが約9㎝の善光寺式阿弥陀三尊です。

善光寺式阿弥陀三尊に興味を持ち、昨年県内に祀られている石仏を訪ね歩きました。

 

 

今年もと思っていましたが、新型コロナウイルスの影響で、家に閉じこもっています。

運良く小さな御尊像を迎えることができました。

 

 

仏像だらけになっていますが、御本堂に祀ろうと思います。

 

以前求めた掛軸です。

 

 

善光寺発行のお姿を元に描かれています。

善光寺式阿弥陀三尊のお姿

 

←御法事の読経 住職のお経です                 第十一回合同法要は お焼香のみ

 

新しい摩利支天像

当寺で迎えた新しい摩利支天さまです。高野山霊宝館に納められている画像が元になっているようです。高野山霊宝館摩利支天リンク

台座を含めて、わずか10㎝ほどの御尊像です。

 

埼玉県・東京都を中心に、摩利支天を祀る寺社を調べました。リンク

由緒のない御尊像ですが、当寺にはふさわしいかと思います。

 

 

お厨子が大きすぎますが、勘弁していただこうと思います。

 

←今日の花々               御法事の読経 住職のお経→

              

猫大師 弘法大師像 猫神 ペットの健康祈願と供養に

最近お迎えした、猫のお顔をした弘法大師(空海和上)の石仏です。このような石仏は初めて見ました。高さは約30㎝です。猫神さまとして祀られていたのかもしれません。

調べてみると、他にもあるようです。

江戸期のお大師様ですので、現代的なアニメ風の優しいお顔ではありません。

犬猫などのペットは供養塔(納骨堂)がありますので、猫大師さまにはペットの健康祈願と供養のお参りのため、ペット供養塔近くで各自が気軽に手を合わせていただこうと思っています。

 

 

川崎大師は厄除け祈願として知られています。少し厳しいお顔ですので、御祈願には向いている気がします。

でも、何とお唱えしたら良いか困っています。

やはり弘法大師の御法号「南無大師遍昭金剛」でしょうか?  あるいは「南無猫大師」?。

 

 

下は弘法大師の掛軸ですが、普通はこのようなお姿をしています。

 

 

現在は御本堂の弁天様、愛染明王様のお近くに祀られています。

 

 

新型コロナウイルスの影響が無くなりましたら、阿弥陀堂近くに祀る予定です。

 

猫は弘法大師が、経典をかじられないようにと、唐から連れてきたとの伝承があります。しかし、弥生時代から日本で飼われていたそうです。「日本猫」ウィキペディアlink

 

←月刊住職5月号に掲載されました 新型コロナ対策               妙見堂下の宝鐸草 ホウチャクソ

 

弥勒菩薩画

広隆寺や法隆寺のような半跏思惟像の弥勒菩薩図は見かけますが、このようなお姿は、なかなか目にすることはありません。

 

 

アマチュアの画家さんの手になる掛軸と思います。しかし検索すると、能面を作られている同名の方がいました。画家としては見つかりませんでした。

 

十三仏全ての掛軸を探していますが、半跏思惟像はたくさん見かけます。

このような菩薩像を手に入れられただけでも良かったと思っています。

 

←ツツジの植え込み              月刊住職5月号に掲載されました

 

吉祥天の板絵

板に描かれた吉祥天です。

国宝の薬師寺吉祥天の写しです。薬師寺吉祥天Wikipedia link

 

マッタク同じではありませんが、剥がれた場所なども忠実に再現してあります。

 

描いたわけではありません。どのように印刷したのでしょうか。

 

奈良時代には妙見菩薩は、吉祥天と同じ姿とされていたようです。東大寺などの吉祥天も妙見菩薩だったかもしれません。

元羽黒山五重塔にあった懸仏の御尊像の内、妙見菩薩は三井寺の吉祥天そっくりだそうです。三井寺 吉祥天 link                    円泉寺blog link

 

 境内のツツジ                旧五圓札→

 

ページ上部へ