仏像

熊野観心十界図 工芸品

もうじきお盆です。

戦国から江戸初期に活躍した熊野比丘尼が絵解きで使用した地獄極楽図です。

元の図は臨済宗円福寺の寺宝で、東京都指定有形民俗文化財になっています。実物は、かなり大きいようです。

円福寺  東京都西多摩郡瑞穂町箱根ケ崎132  リンク

 

女性が多く書かれていますので、比丘尼による女性の救済を強く説く図のようです。

天・人・修羅・餓鬼・畜生・地獄の六道と、仏・菩薩・声聞・縁覚の四聖界の十界が描かれています。

順不同に並べましたが、おどろおどろしい図は嫌いです。

現在と時代の様相が異なりますので、この図の説明を読んでも違和感を覚えてしまいます。

 

お寺での御法事などでは、希望が持てる明るい展開になるように、特に49日忌では、間違いなく良い世界に行っていると説明するようにしています。

 

今度の施餓鬼会には、御本堂に掛けるつもりです。

 

熊野観心十界図 ジグソーパズル

 

 

10年ほど前に求めたジグソーパズルです。額の大きさはA3程度の大きさです。

 

愛染明王の掛軸

最近修復した掛軸です。

愛染明王様は、けっこう人気があるようです。

 

 

御本堂には仏像も祀られています。

 

いずれ塗り替える予定なのですが、何時になるか分かりません。

まだズッと先でしょう。

 

お不動様の掛軸です。

 

ザクロの花と鬼子母神さま

一週間前よりザクロの花が咲き出しました。

昨年咲き出して、少し見られるようになりました。

少し手入れをしないといけません。伸び放題になっています。

花芽がたくさんありますので、これからが楽しみです。

 

御本堂に祀ってある鬼子母神様です。手に持っているのがザクロの果実です。

 

この御尊像に因み、一昨年植えました。

かなり大きくなりますので、場所をもっと考えれば良かったと思っています。

弁財天の絵銭

江戸時代の二種類の弁財天絵銭です。

左が面、右が裏です。

弁財天絵銭1

 

弁財天絵銭2

 

今では成田山など、落慶などの記念品として配布されたりしますが、この当時は子供のおもちゃだったそうです。

お札のように持ち歩き、大事にした大人の人もいたのではないかと思います。

 

普賢菩薩 文殊菩薩 掛け軸

紺地に金の線で描かれた「普賢菩薩」と「文殊菩薩」です。

中心に釈迦如来の掛軸があり、釈迦三尊になっていたのかもしれません。

普賢菩薩

文殊菩薩

12日の永代合同法要に左右に祀る予定です。

永代合同法要

永代合同法要

 

当寺の仏様ですが、釈迦三尊として撮した画像です。

 

広目天の剣?

不動明王剣と箱書きにありましたが、梵字は「サ」、仏様の姿は「?」でした。

梵字に当てはまるお姿の仏様では、天部の広目天しかありません。他にもあるのかもしれませんが。

面  仏様と梵字

上部のお姿

下部の上が梵字 サ

箱書きには不動明王とあるのですが、中身は明らかに異なります。

 

当寺に祀られている懸仏。広目天だと思います。

 

広目天画像

 

東大寺 百万塔

東大寺百万塔

 

東大寺百万塔は、かなり前に手に入れました。本物ではないかもしれません。東大寺百万塔Wikipediaリンク

それほど貴重な品とは思ってもいませんでしたので、しまったまま忘れていました。

Wikipediaで見る画像と、こちらは一部かけていますが、まったく同じだと思います。

 

聖武天皇の発願により作られた百万分の一が、手元にありました。本物であれば、当寺で一番古い宝物です。

法隆寺に残されている百万塔は白土が塗られ、制作当時の状態を知る事ができます。

箱は桐材で後世に作られたと思います。

 

底部には大仏殿古杉と彫られています。文字部分は明るく補正してあります。

他の実物を検索すると檜材であり、このように彫られているのは、ありませんでした。

相輪が外せます。取ると内部が空洞になっており、本物なら世界最古の印刷物、百万塔陀羅尼が納めていたのでしょう。

 

阿弥陀さま光背の和鏡に天下一の文字

阿弥陀堂の御本尊・阿弥陀如来さまです。
当寺においては、木像の仏さまとしては、一番古いのではと思います。
 
 
阿弥陀さま光背頭部の丸い部分が、和鏡を使用されています。
和鏡には五三の桐と「天下一」の文字が使用されています。
 
 
 
 
「天下一」の文字は、織田信長が手工芸者の生産意欲の高揚促進を目的として、許可しました。
 
江戸時代には鏡師のほとんどが使用するようになったため、天和二年(1682)使用禁止となリました。
 
また、いつ頃かは分かりませんが、その後も使用されるようになったそうです。
 
 
仏像の特徴、天下一の和鏡の使用から、江戸初期の阿弥陀如来像だと推測できると思います。
他の天下一和鏡の画像を検索しても、使用されている和鏡は、天下一と言える製品ではありません。
 
仏像に詳しい方も、やはり江戸初期と言っていました。
人によっては、修復したときに天下一の和鏡を使用したため、室町時代と言う人もいましたが、無理なような気がします。
 
曇って鏡と思えない状態ですが、作られた時は光っていたのでしょう。
光背に和鏡を使用した例は、検索しても見つかりませんでした。
 
追記画像
 
 

光背の鏡が、どのように使用それているか分かると思います。
 

千手観音像と掛軸

千手観音像

近頃は干支の仏さまをお参りする方が増えています。

阿弥陀堂にお祀りした御尊像です。子年の守り本尊様です。

阿弥陀堂は、寺カフェにもなっておりますので、ぜひお参りください。

 

千手観音さま掛軸

子年のお正月だけ御本堂に掛ける予定でいます。

千手観音さま掛軸

 

千手観音画

 

 

下の掛軸は子年に因み大黒天とネズミの図です。

やはり千手観音さま掛軸と、お祀りしたいと思っています。

大黒天 ねずみ

 

近々阿弥陀堂にお祀りする予定の御尊像です。

阿弥陀堂は、寺カフェにもなっておりますので、ぜひお参りください。

木目込みの人形 お地蔵さま 猪

檀家さんから納められた木目込み人形です。
 
お地蔵さま
 
 
 
一時ご本堂に祀りましたが、今は私の寝室近くに祀っています。
なんとも可愛いお地蔵様です。
気持ちが安らぎます。
 
 
亥年の猪
 
 
 
当寺は武蔵野七福神の札所になっています。
正月のご開帳期間に祀らせていただきました。
 
檀家さんからは毎年の干支の木目込み人形を納めていただいています。
ページ上部へ