仏像

東大寺 百万塔

東大寺百万塔

 

東大寺百万塔は、かなり前に手に入れました。本物ではないかもしれません。東大寺百万塔Wikipediaリンク

それほど貴重な品とは思ってもいませんでしたので、しまったまま忘れていました。

Wikipediaで見る画像と、こちらは一部かけていますが、まったく同じだと思います。

 

聖武天皇の発願により作られた百万分の一が、手元にありました。本物であれば、当寺で一番古い宝物です。

法隆寺に残されている百万塔は白土が塗られ、制作当時の状態を知る事ができます。

箱は桐材で後世に作られたと思います。

 

底部には大仏殿古杉と彫られています。文字部分は明るく補正してあります。

他の実物を検索すると檜材であり、このように彫られているのは、ありませんでした。

相輪が外せます。取ると内部が空洞になっており、本物なら世界最古の印刷物、百万塔陀羅尼が納めていたのでしょう。

 

千手観音像と掛軸

千手観音像

近頃は干支の仏さまをお参りする方が増えています。

阿弥陀堂にお祀りした御尊像です。子年の守り本尊様です。

阿弥陀堂は、寺カフェにもなっておりますので、ぜひお参りください。

 

千手観音さま掛軸

子年のお正月だけ御本堂に掛ける予定でいます。

千手観音さま掛軸

 

千手観音画

 

 

下の掛軸は子年に因み大黒天とネズミの図です。

やはり千手観音さま掛軸と、お祀りしたいと思っています。

大黒天 ねずみ

 

近々阿弥陀堂にお祀りする予定の御尊像です。

阿弥陀堂は、寺カフェにもなっておりますので、ぜひお参りください。

十三仏像

円泉寺には十三仏の全ての仏さまが祀られています。

古い仏さまから新しい仏さままで、全てを御紹介致します。

初七日 不動明王 円泉寺御本尊

二七日 釈迦如来 御本堂

三七日 文殊菩薩 御本堂

四七日 普賢菩薩 御本堂

五七日 地蔵菩薩 御本堂

六七日 弥勒菩薩 御本堂

七七日 薬師如来 御本堂

百ヶ日 観音菩薩 御本堂

一周忌 勢至菩薩 御本堂

三回忌 阿弥陀如来 阿弥陀堂

七回忌 阿閦如来 御本堂

十三・十七.二十三.二十七回忌 大日如来 御本堂

三十三回忌 虚空蔵菩薩 御本堂

真言の十三仏掛軸 工芸品

他にも、色々な仏さまが祀られています。

 

十三仏のお姿 ブログlink

十二支守本尊 ブログlink

 

十三仏信仰の史的展開 川勝政太郎 著   link    
 
十三仏信仰の意義  宮坂宥洪 著  link             
 

十二支守り本尊

今年のお正月には、数人の方が七福神詣ではなく、十二支守り本尊の仏さまをお参りに来られました。ただし、特別十二支守り本尊として祀っているわけではありません。

それほど遠方からは来られませんが、時折お参りに来るには近い方がと言っていました。

昨年来られた方には、印刷してお渡ししていましたが、今年はお参りだけで勘弁していただきました。

 

子年と12月生まれ 千手観音菩薩  阿弥陀堂

丑・寅と1・2月生まれ 虚空蔵菩薩  御本堂内

卯年と3月生まれ 文殊菩薩  御本堂内

辰・巳年と4月生まれ 普賢菩薩  御本堂内

午年と6月生まれ 勢至菩薩  御本堂内

未・申年と7・8月生まれ 大日如来  御本堂内

酉年と9月生まれ 不動明王  円泉寺御本尊

亥・戌年と10月生まれ 阿弥陀如来  阿弥陀堂御本尊

生まれ月本尊もあるようです。

 

他にも不動明王像と文殊菩薩画像も祀られています。

不動明王  阿弥陀堂内

文殊菩薩画像  本堂内

 

勝軍地蔵と十二支の御本尊が描かれています。

大変珍しい掛軸です。

 

さらに八幡神が阿弥陀如来の代わりに、亥戌年の本尊として描かれています。

以前にもネットで見たことはありますが、実際に描かれているのを見たのは初めてでした。

どのようなわけで、八幡様なのかは分かりません。

境内の阿弥陀堂には、十二支本尊のキーホルダーを石屋さんが扱っています。阿弥陀堂

阿弥陀如来・不動明王などのキーホルダー

パワーストーンも扱っています

 

閻魔と閻魔天

日本には、二種類の閻魔様が伝わっています。

先ずは中国風の閻魔王様、次に十二天の内の閻魔天様です。閻魔天Wikipedia

閻魔王

 

十二天の内  閻魔天 ※工芸品の掛軸

 

閻魔はヒンズー教の神で、死者を裁く恐ろしい神なのだそうです。日本では十二天の閻魔天として曼荼羅の中にも描かれています。十二天Wikipedia

 

中国にも閻魔様が道教に入り、地獄の主とされました。

この流れが日本に於いても、平安時代に末法思想が広がり、広く信じられるようになりました。

しかし、布教のためにとは言え、脅しをしているようで馴染めない考え方だと思っています。

 

以前、臨死体験の本を読むと、日本では三途の川を見たとか、三途の川の向こう側は花畑だったなどと書かれていたと思います。

檀家の女性5人以上が三途の川を見たと話していました。その他の人を含め、知る限り10人近くの人が、三途の川を見ていますが、来世は花畑だったと話している人が多いです。

奪衣婆や閻魔様を見た人は一人もいません。

 

インドに於いては、、臨死体験の時、閻魔の使いが来て連れて行かれたと話す人がいるそうです。

 

私は以前、あと少しで死ぬと言われる状態でした。実際死を宣告される一歩手前だったのです。

運良く三途の川を見られずに帰ってきましたが、今では来世は花畑だと思っています。

自分たちの宗教・宗派だけが、天国・極楽に行けるのだとか、言う人がいますが、脅しに乗ってはいけません。

行くところは、どこも同じだと思っています。

お釈迦様は、仏教を信じない物は地獄に行くなどと、一言も言っていないのです。

 

杉戸町の永福寺  閻魔大王と奪衣婆 

      ホームページ link

毘沙門天 禅尼童子 吉祥天の図

 

毘沙門天、吉祥天は知っていましたが、禅尼子童子は初めて聞く名でした。

毘沙門天の奥さんが吉祥天。子供の五童子の内、末子が禅尼子童子のようです。link

どのようないわれの掛軸かは、分かりません。

下がだい吉祥天女と禅尼子童子

 

猿田彦の掛軸

 

猿田彦は天孫降臨のおり、瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)の道案内をした神として知られています。瓊瓊杵尊と一緒に来た天宇受売神(あめのうずめのかみ)と結婚しました。

猿田彦は荒神としても信仰されています。

飯能市の北側の日高市猿田という地名があります。猿田は「さるた」ではなく、「やえんだ」と読みます。新編武蔵野風土記によると、かつては「さるた」でした。

私が当寺の住職になったとき、新しくお墓を求めた方が、何人か猿田でした。やえんだと読むことを知ったのは、その時以来です。結構年月が経っていました。

猿田彦が祀られている神社があるのか調べましたが、明らかではありません。

猿田近くの野々宮神社、高麗神社には猿田彦が祀られています。野々宮神社は江戸時代の石高は4石5斗です。近くの高麗山清乗院大宮寺・大宮社であった現在の高麗神社は3石でしたから、野々宮神社がより各上でした。

猿田彦

鯛、猿、鶏が描かれていますが、庚申との関係があります。Wikipedia

青面金剛

弥勒菩薩?の石仏

この弥勒菩薩さまと思われますが、右手がこのような像は、見たことがありません。五輪塔?がなければ、お釈迦様に似てます。

この御尊像は、本堂内陣に祀られています。

石仏が御本堂に祀られているところは、あまり知りません。私が入山したときから祀られていました。

一番奥の左側ですので、写真を撮るにも不自然な状態で行わざるを得ませんでした。

普段は弥勒菩薩として拝んでいます。

大日如来の掛軸

金剛界胎蔵界の大日如来が、上下に描かれた掛軸です。
真言宗においては、最も大事な仏様です。
 
 
 
 
真言宗においては、あらゆる仏様が大日如来が、その人に合った仏様となり、衆生を助けてくれると言われています。
 
お不動様を南無大日大聖不動明王と、お唱えする方も多いと思います。
 
ですから、どの仏様が一番優れているか、功徳があるかと言われる方がありますが、
どの仏様も丁寧に拝むことが大事と話しています。
 
しかし人によっては、同じ仏様でも有名な○○寺より、□□寺の方が合っていると言う方もいます。
 
また、月参りをしていた人が高齢になり、お参りできなくなったが、どこか近くの寺を教えて欲しいと言われたこともあります。
お教えした寺は、御本尊ではありませんでしたが、脇に祀られていました。
それでも喜んで月参りをしていました。
今は代替わりで、息子さんがお参りしていると聞いています。
 
当寺にも、月参りをしているがいます。
ある方は御本堂前で手を合わせているだけでしたので、気がつきませんでした。
気がつけば私から声を掛けて、御本堂に上がっていただいています。
 
 

普賢菩薩の可愛い衝立

仕事を依頼した表具屋さんに頂いた、普賢菩薩の小さな衝立です。

 

絵は表具屋さんの近くの床屋さんが、描いているそうです。

お地蔵さまの衝立は、欲しがっている方が多く、話しをする4点持ってきてくれました。

 

ページ上部へ