他の寺社

薬研堀不動院と講談

 

 

川崎大師東京別院・薬研堀不動院にお参りと講談を聞きに行きました。

講談発祥の地とのことで、本日は有料ですが、毎月28日のお不動様の日は無料になります。

円泉寺檀家の姪御さん・宝井琴柑さんが出演しますので、早く到着の予定が1時間遅れとなってしまいました。残念ながら金柑さんの番に間に合いませんでした。

一竜斎貞寿師匠とトリの宝井琴星師匠は、タップリ堪能することが出来ました。

宝井金柑さんには、いろいろ気配りしていただき、申し訳なく思っています。

金柑さんに「ここのお寺は円泉寺と同じ真言宗智山派なのです」と言ってしまったために、主監をお呼びすると言われてしまいました。

慌ててお断りしたのですが、直ちに迎えに行ってしまい、弱ったな~と思っていると、主監が先に「○○さんですよね」と言われました。

なんと後輩の渡辺さんでした。

金柑さんにも成り行きに驚いていたようです。主監と話している間も、ずっとつきあっていました。気配りを大切にする芸人さんですね。

宝井金星師匠のしつけを当然のごとく守っているのでしょう。他の講談師の方も同じようにお客さんを大事にしていました。

 

 

 

講談は本堂の下他のホールで行います。

本堂脇には、弘法大師像と向かって右側が、講談発祥の地の碑、向かって左側が、順天堂発祥の碑があります。

 

 

渡辺主監には地元の名物、七味唐辛子をいただきました。申し訳ありません。

主監も職員も気配りが行き届いています。

寺の住職だと、ふんぞり返っている時代ではありません。特に祈願寺は、お客さん、信者さんには、このような気配りを大切にする必要を小僧時代から、しつけられているのでしょう。

 

千葉県木更津市 観音寺で柴燈護摩 火渡り 平成30年1月13日

 

「滝行の会」を主催する西澤師の元に時々来られる真言宗豊山派僧侶グループがいます。

彼らの仲間による柴燈護摩(火渡り)が、千葉県木更津市の観音寺近くの広場で行われます。

お札(3000円)を申し込みたい方は、電話にてお申し込み下さい。

 

◆日時  2018年1月13日(土)  午後1時より

◆会場  千葉県木更津市金田東3-3  観音寺霊園横広場  地図

◆電話  0438-41-1831  観音寺

 

※三井アウトレットパーク木更津の北側になります。アクセス

※アウトレット行き路線バスをご利用下さい。

※なお、駐車場はございません。

皆さんまじめな方ばかりですよ。

 

柴燈護摩当日の儀式    link

 

 

秩父神社の妙見様と養蚕神

秩父の妙見菩薩は女性?

秩父神社の妙見様は女の神様と言われています。旧武蔵国秩父郡や隣接する地区では、長女が○○神社、次女が秩父神社、三女が△△神社であるなどの三姉妹伝承があります。

童子形の妙見菩薩で他に女性とする所は、聞いたことはありません。

 

 

秩父神社のお姿と他の童子形妙見菩薩

童子形妙見菩薩の中世以降のほぼ共通した特徴
・亀に乗る
・髪の毛が長い
・甲冑を着て剣を持つ
秩父神社のお姿は他と異なり、桑の枝を持っています。
 

 

 

 

他の童子形妙見菩薩

群馬県高崎市群馬町  妙見寺

ブログlink

福島県南相馬市  相馬太田神社

福島県南相馬市  小高神社

福島県相馬市  相馬中村神社

ホームページ

 

不明

磐裂(いわさく)神社

栃木県日光市遠下3-1

 

中世以前の妙見菩薩は、吉祥天や密教系の諸天のお姿をしています。 三井曼荼羅図link
 
髪の毛が長いだけが女性の特徴ではありません。たとえば日本でも根来の行人や占い師は長髪でした。
髪を長く伸ばしている男は、特殊な能力を持った人の意味もありました。
無関係と思いますが、牛飼い童(うしかいわらわ)も成人でありながら長髪です。
道教の神々は、長髪が多く見られます。
 
日本では子供と老人は神に近いと考えられていました。
私は童子形妙見菩薩は玄武(中国では真武)がそのまま入ったのではなく、子供の姿として日本的展開をしたとの立場でいます。
聖徳太子像も少年の姿が多く見られます。
話は変わりますが、死後老人が子供になってあの世に行く図があります。人は若返って浄土に向かうと思われていたようです。
中世の童子形(津田徹英著)が参考になります。
 

常陸国(茨城県)の三蚕神社

星福寺  茨城県神栖市日川900

星福寺の衣襲明神ブログlink

蚕養神社  茨城県日立市川尻町2

蚕影神社 茨城県つくば市神群1998

 

 妙見菩薩と養蚕神の習合

秩父に祀られるより以前に祀られている高崎市の妙見寺お姿をはじめ、他の神社仏閣では桑を持っていません。

 
秩父は養蚕で栄えました。明治以降は秩父銘仙も知られるようになりました。秩父の祭りは養蚕と関連しています。

秩父の妙見様は女神である養蚕神と習合し、江戸期に女性の神様とする考えが生まれたと思っています。

諏訪八幡神社と飯能恵比寿神社 埼玉県飯能市

緑豊かな境内は「おすわさま」として親しまれ、市民の憩いの場にもなっています。

 

201752134438.jpg

201752155837.jpg201752143028.jpg

 

飯能恵比寿神社(武蔵野七福神)

近頃は御朱印ブームで年間を通じて、お参りが増えています。

こちらの社務所は、お正月の七日あたりまでと、日曜日が開いています。よく確認してからお参りください。

20175213464.jpg

 

丹生神社(たんしょうじんじゃ)

201752134537.jpg

 

201752142945.jpg20175214303.jpg

 

丹生(にう)とは水銀です。かつて飾り職人さんなどがアマルガムを使用して金メッキをしていました。その職人さん信仰の深かったそうです。

 

201752134633.jpg

201752134725.jpg

 

神社の西側が飯能市郷土館、北側が飯能市民会館です。

飯能市民会館  link           飯能市郷土館 link         

 

201752141120.JPG

 

この間を抜けていくと観音寺に行けます。    観音寺 link

駐車場は、ここを抜けて境内にもありますが、郷土館にも駐車可能です。

 

201752142221.jpg

 

飯能市民会館の正面向こう側の杜が、諏訪八幡神社と飯能恵比寿神社です。

 

諏訪八幡神社 飯能恵比寿神社

埼玉県飯能市飯能263  地図
 

日本三大弁天のお姿札

このたび古い日本三大弁天の古いお姿を手に入れることが出来ましたので、ご紹介いたします。
 
厳島弁財天(広島県廿日市市 厳島 安芸の宮島)  リンク
神社の西側にある大願寺には厳島神社から移された弁財天が祀られています。
 
2017325124811.jpg
 
 
 
竹生島弁財天(滋賀県琵琶湖の竹生島)  宝厳寺リンク  竹生島神社リンク 
弁財天の御尊像は宝厳寺に祀られています。
 
イメージ 2
 
 
 
江ノ島神社(神奈川県藤沢市 江ノ島)  リンク
奉安殿に祀られています。さらに進み岩屋の中には沢山の弁天様石仏が祀られています。
足腰に不安の方はお勧めしませんが、是非お参りしていただきたい場所です。
 
イメージ 3
 
 
 
 
私は弁天様が祀られているところが三大弁天と思っていますので、三大は大願寺・宝厳寺・江ノ島神社を言うのだと思っています。
共に協力しなければならないので、勝手なことを言うわけにはいかないでしょう。
 
厳島神社、大願寺には、まだお参りしたことはありませんので、いつの日か、お参りしたいと思っています。
なお、手抜きですがグーグルのストリートビューで竹生島、厳島、江ノ島の境内も見ることが出来ます。
 
話は変わりますが、ネットでお墓参りが出来ると書かれているところがありますが、入院中とか海外移住などを除き、あまり認めたくありません。
 
 
※当寺の弁天様
 
201732512479.jpg
 
2017325124743.jpg
 
 
 

松下社と末社・蘇民祠-伊勢市二見町

今回は私を含め6人での伊勢神宮を含む寺社の旅となりました。

以前伊勢神宮にお参りしたおり、「蘇民将来子孫之家門(そみんしょうらいしそんのもん)」のお札を付けた注連縄が、お店の軒下に一年中吊してあることを知りました。

伊勢の将門ブログ   

 

2016828225045.jpg

 

このお札を配布する松下社の蘇民祠にどうしても行きたくなり、急遽行程に入れていただきました。

 

2016828225258.jpg

 

2016829172042.jpg蘇民祠 祭神は蘇民将来
2016828234420.jpg

松下社  祭神は須佐之男命・菅原道真・不詳一座

 

松下社の祭神は牛頭天王でした。その脇に関連する蘇民将来を祀ったのが蘇民祠です。

午頭天皇Wikipedia   

かつては加木牛頭天王様と呼ばれ、明治になり廃仏毀釈のため、同神と言われる素戔嗚尊に代えられています。日本中の牛頭天王をまつる社・天王社・祇園社は八坂神社や地元の名を付けた神社に名称を代えられました。

今でも八坂神社の祭礼を天王様(てんのうさま)と言っている所が多いと思います。

午頭天王と素戔嗚尊に関連する蘇民を祀る社が神仏分離により影響を受けても、蘇民将来子孫之家門のお札が残っただけでなく、伊勢や鳥羽の地区によく根付いていると思います。

蘇民将来Wikipedia   

ただ、このお札が将門(まさかど・平将門)とも読めるため、「笑門」に代えた家もありました。

 

お伊勢様に関連する「伊雑宮(いざわのみや)」の周りは笑門がほとんどでした。

 

2016828234347.jpg

 

松下社は緑が多く、蘇民の森として知られています。

境内には根元に空洞のある樹齢約1800年大クスがあります。

 

201682992051.jpg

楠の木

201682992111.jpg

大きな空洞の根元

 松下社の東側には、二見しょうぶロマンの森があり、初夏の頃には約4万株100品種以上の花が咲き揃うようです。

 

松下社のすぐ隣は「民話の駅 蘇民」がありますので、ここを目指して行かれるのが良いと思います。

 

201682995425.jpg

松下社駐車場より撮した民話の駅・蘇民

 

民話の駅 蘇民」  三重県伊勢市二見町松下1335 HP

 

蘇民将来の注連縄は、10月中旬ごろから通販でも求められます。「蘇民将来注連縄 通販」検索してみてください。

1,000円から6,500円ぐらいと差があります。高価な注連縄ほど豪華なようです。

 

全国の円泉寺

日本全国に円泉寺(圓泉寺)は私が調べた限り8ヶ寺しかありません。以前探した時はもっとあった気がします。

 

円泉寺  東京都世田谷区太子堂3-30-8  真言宗豊山派



円泉寺  東京都足立区加平2-6-16  浄土宗

201761481713.jpg

 


円泉寺  埼玉県飯能市平松376  真言宗智山派

201761482120.jpg



円泉寺  埼玉県入間郡越生町鹿下50  真言宗智山派

圓泉寺  埼玉県比企郡川島町大字一本木71  真言宗智山派

円泉寺  静岡県焼津市大住484    曹洞宗

円泉寺  静岡県駿東郡清水町玉川244-1  臨済宗

円泉寺  広島県山県郡北広島町大塚2215  浄土真宗本願寺派

 

 

真言宗智山派 信州夢殿・長福寺 重文・天平の救世観音 長野県上田市

生島足島神社の東側駐車場から見えたお寺が長福寺でした。神社の北側に位置しています。

長福寺ホームページ  リンク   

看板に信州夢殿とあり、夢殿の観音様が重要文化財であることを知りました。

 

201679191619.jpg

YouTube(上田市)      

 

すぐスマホで検索すると、残念ながら、拝観するには前もって予約が必要なようです。

古くから長福寺に祀られていなかった仏様ですが、由来がはっきりした観音様でしたら、国宝のままだったようです。

 

また、今までに三回も盗まれながら戻ってきているそうです。近頃は「お戻り観音」と言われるそうです。

旅行安全の御祈願にふさわしい観音様ですが、サラリーマンでしたら地方に転勤しても本社に戻って来れるように、お願いするのも良いかもしれません。ご夫婦や恋人の仲が戻るように、失せ物祈願にも良いでしょう。

 

20167913251.jpg

 

長福寺は、当寺と同じ真言宗智山派に属しています。ご本尊として大日如来と薬師如来を祀ります。

康保2年(965)の開山ですから、信州でもかなり古いお寺ですね。

 

201679125827.jpg

長福寺本堂

201679125846.jpg

月例行事:お護摩・写経・談話会

毎週月曜日:御詠歌

 

 20167913933.jpg

 

生島神の神宮寺は廃仏毀釈に会い存在していませんが、足島神の別当であった長福寺は存続することが出来ました。

その後の火災などで、お寺を維持するのも大変だったと思います。

 

201679141451.jpg

 

御本堂にお参りに行くと、本堂前の小屋からピアノの音が聞こえてきました。ピアノ教室を開いているようです。

 

追記 2016/07/13

知人と電話をしていたら、長福寺の観音様の話が出てきました。

「先日行ってブログを書いたから見てください」と話すと、面白い展開となりました。

 

知人は東京在住の知り合いのルーツを調べる手伝いをしていた折、生島足島神社を参拝しました。その後引かれるように「夢殿」に向かうと観音様がご開帳していたそうです。

強いパワーを感じ、ここは何か違うと思ったと話していました。

 

2016713204340.jpg

 

その後先祖捜しが順調に進み、上田から上杉謙信に従った先祖が、次々に繋がっていったそうです。

「お戻り観音」がルーツ探しに役立ったことに、同行した方は感謝していたそうです。

生島足島神社参拝 ブログ     

 

長福寺 長野県上田市下之郷541
  TEL 0268-38-3029
  FAX 0268-38-3043
 

信州の名刹・前山寺参拝と名物くるみおはぎ 

前山寺  長野県上田市

北向観音などをお参りした後、前山寺に向かいました。

まずは御本堂を参拝致しました。

 

201678121337.jpg

前山寺御本堂

 

前山寺は真言宗智山派に属し、長野の名刹としてよく知られています。

しかし、同行した友人の目的は、名物「くるみおはぎ」でした。

 

20167812133.jpg

冠木門を入り長い参道を歩くと、自然と心が落ち着きます。

201678121231.jpg

春には、ここのしだれ桜がきれいだそうです。

 名物 くるみおはぎ

 

201678183520.jpg

小さく切りながら、くるみだれを付けて食べます。絶品ですね。

いろいろな方のブログを読むと、どなたもべた褒めです。

 

 

201678121650.jpg

ホームページには要予約とありましたが、予約なしで食べられました。

念のため電話で確認した方が良いでしょう。

201678122029.jpg

庫裡にて中庭を拝観しながら食べると、代金以上の満足を得られます。

ここからは塩田平をながめることが出来ます。

三重塔ー未完成の完成の塔

前山寺と言えば、この三重塔抜きでは語れません。信州で一番素晴らしい塔だと思います。

 

201678123449.jpg

 

 

20167812324.jpg

 

201678123227.jpg

石の多宝塔

 

本堂の「本」の文字

 

201678125952.jpg

本堂のかやぶきの屋根に本の文字がありました。いわれを聞いたところ、本堂の本、数多い末寺を持つ本寺の本と共に、三重塔への階段を登ったあたりから見ると「水」に見えることから、「火防」の意味があるそうです。

20168118462.jpg

確かに「水」に見えます。

 

 

夏の花

201678123339.jpg

真言宗智山派の紋は桔梗です。御本堂の幕など、いろいろな場所で紋が見られます。

201678123359.jpg

萩の花が咲き出しました。ここは信州七草寺の萩の寺です。ここと葛の長谷寺が上田市、他は全て千曲市にあります。桔梗が見性寺。尾花(ススキ)が長楽寺。藤袴の長雲寺。女郎花(オミナエシ)が智識寺。撫子が明徳寺です。しかし、札所としては活動していないようです。

 

上田城は前を通っただけですが、NHK大河ドラマ「真田丸」のためか、駐車場はバスがいっぱいで、観光客も大勢います。真田丸の旗が沢山たなびいていました。

塩田平の北向観音・前山寺は反真田関連のためか、真田丸の旗があったか記憶にありません。

 

前山寺には、春に再度来てみたいですね。

 

前山寺   前山寺ホームページ  

 長野県上田市前山300

   電話: 0268-38-2855

 

   シャトルバスの運行  リンク

 

北向観音・常楽寺、安楽寺参拝ー長野県上田市

一度信州の北向観音へ参拝したいと思い、思い切って出かけました。友人も行ったことがないとのことで、運転手をかってくれました。身体のことを思うと無理はしたくないのですが、来れて良かったとつくづく思います。

別所温泉の一番の奥になります。今日も暑いですね。

 

2016786367.jpg

北向観音 次に訪れる常楽寺が本坊です。

201678114748.jpg

平日で参拝者も少なく、落ち着いてお参りすることが出来ました。

 20167863716.jpg

温泉薬師瑠璃殿

名刹だけに芭蕉や北原白秋など著名人の碑が並びます。

 

この後に常楽寺に向かいました。歩いてすぐです。天台宗の別格本山で、北向観音はここの境外仏堂です。

 

20167863840.jpg

 

前御住職は元天台宗化主・半田孝淳師で、昨年12月に遷化されました。

天台宗管長として、高野山金剛峯寺に初めて参拝されたことが、記憶に残っています。伝教大師と弘法大師の確執が、まだ残っていたのに驚いていました。

 

20167864010.jpg

御本堂と五葉の松

かやぶきの屋根が、いいですね。

20167864030.jpg

石像多宝塔は重要文化財になっています。ここから北向観音の千手観音様が現われたところと伝えられています。

 20167864052.jpg

 
 

次は安楽寺です。

 

20167864222.jpg

三ヶ寺ともに近いですね。

 

安楽寺は曹洞宗のお寺です。信州で一番古い禅寺だそうです。

 

20167864346.jpg

国宝・重要文化財などが残されています。

20167864416.jpg

国宝 八角三重塔

201678101625.jpg

 

 

この後に名刹・前山寺に向かいました。

 

ページ上部へ