他の寺社

香取神宮参拝 千葉県香取市

前回お参りに来たときより、かなり多くお参りに来られているようです。

 

三の鳥居と総門から、本社に向かいます。

夏越の祓のため、茅の輪くぐりをする人が沢山いました。

インターチェンジから近いからでしょう。東国三社の中では一番の人出です。

 

 

東国三社は5人の内、3人が初めての参拝でした。疲れましたが満足していただけたと思います。

帰りは近くにインターチェンジがありますので、2時間程度で帰ることが出来ました。圏央道のお陰です。

香取神宮ホームページ      

息栖神社参拝 茨城県神栖市

鹿島神宮の後に息栖神社をお参りしました。

駐車場に駐めると、先ずは忍潮井に向かいました。

 

忍潮井(おしおい)の内 女瓶

 

 

東国三社のなかで息栖神社は、一番知られていない所です。

交通の便が悪いことや、道が狭く大型バスが来られないからです。

昨年来たときより、多くの方がお見えになっています。圏央道の使用が、良い流れとなっていると思います。

 

御本社

 

理然法師、藤原時朝、諦如法師、稱佛法師の歌碑がありました。残念ながら、知らないか方々のお名前です。

 

境内の稲荷社にもお参りしました。

 

鹿島神宮参拝 茨城県鹿島市

 

仲間に鹿島神宮などの話をすると、日時を合わせ5人で東国三社にお参りに行くことに致しました。

先ずは、鹿島神宮参拝です。  

鹿島神宮                                         

 

以前来たときより、多くの参拝者がありました。圏央道の伸長は参拝者にとって、便利になったと思います。

 

多くの武将から、武神として信仰されており、ここの神官の子として生まれた塚原卜伝は鹿島新当流(卜伝流)を開きました。

本殿は北を向いています。ここで記念撮影。

 
 

 

奥社までで帰られる方が多いようです。ここも北向きです。

 

要石

御手洗池では茶店もあり、疲れたメンバーはここで一休みです。

大きな鯉も泳いでいました。

 

そばのお店では、ペットボトルを売っていましたので、仲間の一人は水を詰めていました。

以前来たときには、近くにも神宮の駐車場がありますので、何本も水を詰めている人がいました。定期的に来ているそうです。

 

五大尊と摩利支天社 埼玉県越生町

 

越生町の五大尊と摩利支天社に、お参りに行きました。

以前、ツツジの季節に来たことがありますが、ここの駐車場に向かう車でいっぱいでした。諦めて帰った記憶があります。

今の時期は、サツキが咲いていますが、種類は赤のみで数も少なく寂しいです。

ツツジ以外の時期は、いつも空いています。

 

五大尊  埼玉県入間郡越生町黒岩303 地図

五大尊に登るところは、四国八十八カ所の石碑があります。

 

五大尊

 

 

摩利支天社は、五大尊の下を南に行けば、間違えずにいけます。五大尊つつじ山から大高取山への登山道にあります。

新編武蔵野風土記にある今市村(現越生町)摩利支天社(個人持ち)が、たぶん今の摩利支天社と思われます。

西国札所の法華山一乗院の碑の脇を登ると、摩利支天社はすぐです。

 

 

滑りながら着くことが出来ました。

摩利支天社に到着しました。つつじ園の南端からは、すぐの場所にあります。

前日の雨のため、かなり滑りました。下るときは、木の枝をつかみながらの下山です。

靴は滑らない種類でしたが、ハイキング用が必要です。

 

越生町には、あじさいやま公園にも摩利支天が祀られています。ブログ

 

反町薬師参拝 群馬県太田市

このお寺は各種ご祈願で知られているようです。

1月4日の大縁日には、参拝者が殺到するようです。

 

 

新田荘遺跡の中では、最も良く残されている遺跡のようです。

四方の堀も水を張った状態で残されています。足利市の足利氏屋敷跡である鑁阿寺も素晴らしい景観でした。

 

 

南側の堀

 

東側の堀

 

南側の土塁

 

お薬師さまの西脇を行くと、小さなお堂があります。この先は北側の堀がありました。

竹塀の内側には、お寺の庭園がありました。豊かな水を利用した池があります。

 

 

お参りした時は、藤の房が約15センチほどになっていました。

今頃はさらに伸びているでしょう。連休前から見頃だと思います。

 

弘法大師を祀る大師堂

 

こんな素晴らしいお寺だとは知りませんでした。

反町薬師照明寺  群馬県太田市新田反町町896  ホームページlink         

明王院 石造千体不動塔 群馬県太田市

4月3日

東照宮をお参りし、明王寺安養院へ向かいました。

康平4年(1061)の開基と伝えられています。

安養とは安養浄土から採られています。即ち極楽浄土です。安養山、安養寺、安養院名の寺は、ご本尊として阿弥陀如来を祀っています。
時代の変遷で、他の仏様がご本尊の所もあるかもしれません。ここのご本尊は確認しませんでした。

ここは安養寺館跡で、太田市の説明に「安養寺館跡は、土塁(どるい)・掘割(ほりわり)は現状では見られませんが、安政2年(1855)の安養寺村絵図や昭和の地籍図には掘割が確認できます。居住者は、死後に「安養寺殿」と諡(おくりな)された新田義貞が有力です。」とありました。


新田義貞の鎌倉攻めにここの不動明王が山伏に化身し挙兵を触れ回り、勝利に導いたことで「新田触不動尊」と呼ばれています。

 

 

新田触不動尊

 

素晴らしいと思ったのは、ここの 石像千体不動塔です。石像が本当に千体あり、ピラミッドの形で祀られていました。

 

 

 

御本堂は昨年新築されました。ご本尊は倶利迦羅不動明王。

 

堀割などがなくなっているので、ここは止めようと思っていたのですが、行って正解でした。千体不動塔は一度お参りに行って頂きたいと思います。

明王院  群馬県太田市安養寺町200-1  地図

明王院ブログ     

冠稲荷神社参拝 群馬県太田市

昨年に続き二回目の参拝となりました。

 

ここも新田氏と関連する神社です。

 

ここの木瓜は前回来たとき以上にキレイだったように思います。これだけの所は見たことがありません。

 

厳島神社には弁財天十六童子が祀られています。

 

御本社では何人もの方のご祈願が行われていました。お参りも大変多い神社です。

聖天宮

 

この結婚式場を利用される方が大勢いるようです。

ここでは簡単な食事ができます。参拝者もここのトイレを利用できます。

次に世良田の長楽寺と東照宮に向かいました。

 

妻沼聖天山歓喜院参拝 埼玉県熊谷市

4月3日、文珠寺の後に熊谷市妻沼の聖天様をお参りしました。ここを少し北に向かうと利根川が流れており、先は太田市に続きます。

斎藤別当実盛が、先祖伝来の歓喜天をお祀りし、治承3(1179)年に聖天宮を開きました。現在の本殿「聖天堂」は宝暦10(1760)年に再建されました。

平成15年10月から約7年間をかけ、本殿の大修理が行われました。

 

 

 

 

 

以前、修復後にお参りに行きましたが、きらびやかすぎて違和感を覚えましたが、今回はグンと落ち着きが出ました。

 

毎日ボランティアの方々により、10時より説明があります。この時間に合わせてお参りされることをお勧めします。

 

本殿の三面に見事な彫刻があります。春、夏、冬がありますが、秋はありません。

 

 

 

下の彫刻は駕籠彫りと言い、くり抜いて彫られています。手の込んだ彫刻です。

 

本殿の北側に多宝塔が、ひっそりと建っていました。ここも是非お参りしていただきたい場所です。

 

来年の4月16日から22日までご開帳になります。滅多にない機会ですので、必ずお参りに行きたいと思っています。

 

最期に名物のいなり寿司を食べに行きました。小林寿司 地図 

 

次に太田市世良田の長楽寺と東照宮に向かいました。

三体文殊 五台山文珠寺 埼玉県熊谷市

 

県内、群馬の寺社を4人の仲間と参拝に行きました。一人は仕事が入り不参加です。

文珠寺には今回で三度目のお参りになると思います。最初は関越高速もなく、どのように行ったか思い出せません。

国営武蔵丘陵森林公園の近くですから、インターチェンジを降りると、それほど時間はかかりません。

桜の開花に合わせていく予定だったのですが、あまりにも咲くのが早く、もう散りかけていました。

 

曹洞宗総持寺元輪番のお寺でしたから、相当な格式の寺だったのでしょう。

大祭や受験シーズン前は、大勢の参列者で賑わったのでしょう。

 

本堂内には、千羽鶴が沢山下がっていました。合格祈願と、合格のお礼のためでした。

 

今日は受験生の親御さんでしょう、女性ばかり数人お参りに来ていました。

 

話は変わりますが、ここは増田館跡で城主は増田四郎重富です。文殊寺を長享元年(1487年)に再興し、寺で没したと伝えられています。

 

柏林寺 飯能市上名栗柏木

今は元柏林寺と言うべきかもしれません。地図

ここのお寺が上名栗の鳥居観音になりました。

たしか何年か前は医王寺が管理していました。今はどのようになっているのか分かりません。

 

 

 

せせらきキャンプ場を通り抜け、川を渡るとすぐ右折すれば寺に着きます。

    せせらきキャンプ場  リンク   飯能市 埼玉県 357-0111

名栗川の清流

 

曹洞宗 医王寺   飯能市上名栗556

 

ページ上部へ