お茶の水から 秋葉原

いつもはお茶の水からは電車なのですが、秋葉原まで歩きました。

以前も歩きましたので、二回目です。

線路の南側を東に向かいます。

しばらくするとレンガの壁がありました。

昔はレンガで作られ、時代が変わり補強されて、現在まで使用されていました。

高架下には、いろいろなお店がありました。

私はCave Bar 紅梅河岸で昼食にすることにしました。女性客が多く人気のお店のようです。

お店から神田川が見えました。

 

外堀通りの神田川を渡ると秋葉原電気街でした。

 

これなら迷子になることはありません。

ページ上部へ