2018年03月

漫画で知る永代供養

永代供養塔の漫画が出来ました

面白い企画を提案する会社もあるものですね。

全ての方に該当する永代供養の漫画ではありません。子供は娘ばかりの設定です。申し込む方の中でも、けっこう多い例です。

最初のラフスケッチは酷いモノでした。

家族の構築が出来ていない、主役のお婆ちゃんがいない、着ている和服・法衣を理解していない、私が若い尼さん?、おじいさんが幽霊、落語家さんが長髪で、髪の毛がボサボサ、などなどです。

しかし、一番の欠点は、永代供養がなんなのかを理解していない提案でした。言葉を入れ替えるだけで、どうにか対応できましたが、こればかりは実際のお寺、お墓、霊園、永代供養施設の写真だけでは、無理だったと思います。

若い担当者さんでは無理もないかとも思いました。

今の時代を理解しないと、無理でしょうね。少子化、子供が結婚していない、お墓はいらない、お墓が買えないなど、いろいろな問題があると思います。

これには関係ありませんが、地方から都市への一極集中がもたらす、地方寺院の衰退、廃寺など、山積みになっています。

永代供養・納骨堂のホームページに使用しています。link

 

 

1万円の永代供養があるなんて 困ったね !

先日、ネットで検索していると、15,400円の永代供養が見つかりました。
お骨は郵送(ゆうパック)で、送れば良いそうです。

他に一塔合祀墓もありますが、これは最初に46万2000円ですから、ずいぶん差があります。


かつて漫画家だった方が寺を作り、永代供養施設を作ったそうです。
元々は「牛次郎」と名乗り、「包丁人味平」などを書いた人です。
私もずっと以前、友人のを借りて読んだことがありました。

 

 

色々な思いがあり、出家した方です。何度か新聞や雑誌で読んだ記憶があります。
よっぽどの考えがあって納骨堂を作ったに違いありません、


しかし、私の寺だけでなく、他の寺院や霊園は脅威だと思います。
おそらく申し込む人は送るだけで、ちゃんとした供養を行う人はいないでしょうね。

いろいろな立場の人がいますので、一概には言えませんが、私は共に御供養することが、一番大事だと思っています。  漫画で知る永代供養
そのことを住職は、どのように思っているのでしょう。

ますます地方のお寺の崩壊、廃寺が進むでしょう。
書きたくなかったのですが、あえて開き直り書きました。

静岡県伊東市富戸1164-7 
  願行寺link 
 
※他に1万円ポッキリなどもあるようです。

 

古四王大権現と北辰妙見大菩薩の掛け軸 遠藤昌益作品 古四王神社

市内の骨董屋さんで購入した遠藤昌益(近松栄和)の作品と思われる掛け軸です。

古四王神社は胡四・巨四・小志・高志・越などと当て字され、秋田を中心に東北と日本海側に約40社点在しています。
古四王大権現の図は、おそらく秋田市の現在の古四王神社と思われます。

古四王神社 Wikipedia      秋田県秋田市寺内児桜1丁目55-5     

 

 

甲秀山古四王大権現

上右・釈迦如来   上左・薬師如来

中右・毘沙門天  中左・文殊菩薩

下・二童子

 

古四王神社は、本尊が毘沙門天のだった所が多かったようです。

 

下の妙見菩薩掛け軸と対になっています。

 

北辰妙見大菩薩

中左・水天   中右・三面青面金剛

下中央・妙見菩薩    下左右・二童子

 

古四王大権現は

  • 四天王
  • 釈迦如来・薬師如来・毘沙門天・文殊菩薩
  • 妙見菩薩

が習合し、信仰されていたことが、この絵からも分かります。

 

この掛け軸は阿闍梨・舜浄により、安政6年(1859)に開眼されました。亀甲山四天王寺東門院(廃寺)が別当を勤めていましので、その当時の住職ではないかと思います。

しかし、絵には甲秀山とありますので、他の古四王大権現なのかもしれません。廃仏毀釈ためか、由緒のある寺でありながら、分からないことだらけです。

もし他の寺としても、甲秀山は秋田県と思います。

 

 

遠藤昌益は文政4(1821)年に生まれ、秋田藩佐竹家の湯沢城代(秋田県湯沢市)の佐竹南家のお抱え絵師的存在だったようです。明治22年に北海道で亡くなりました。

筆渦により江戸に逃げ、帰郷して矢島領城内に身を隠し、近松栄和を名乗りました。この作品は筆渦事件以前の作品なのでしょう。

 

各地の古四王神社は豊作と、目の神として信仰されています。

 

雪のお中日

今日はお中日ですが、ミゾレから雪になりました。

駐車場は、いつもの三分の一程度です。

普段は来客が多いのですが、ほとんどいません。

ここ数年、お彼岸のお中日と日曜日は、駐車場が混み合いますので、ご法事を入れないようにしています。

ミゾレの後に雪に変わりました。その後、また雨になりましたが、自宅の車には雪が少し積もっていました。

 

彼岸の入り(日曜)は、かなりの人出ででした。

葬儀屋さんだけ参列のお葬式と永代供養

近年、直葬(火葬のみ)が多くなりました。

子供や親戚がありながら、葬儀社に火葬後にお骨を預け、永代供養にする人も出てきています。

 

※実際の写真ではありません。

 

以前は、誰もいない葬儀も認めていたのですが、永代供養の生前予約を除き、今は最低限誰かがいる場合のみ受けています。例外として、跡取りがいない喪主さんが、入院中の場合だけでした。

今回は地元の葬儀屋さんの依頼です。財産も無く、甥御さんはいるのですが、関わりたくなかったようです。

手続きから供養、永代供養塔納骨まで、責任を持って立ち会ってくれました。本人はそれが当然だと言っています。ここの葬儀屋さんは、これで4度目です。

お骨を送るだけの納骨は、一度も認めていません。その場合、そのような施設に送るよう話しています。ある程度まとまってからの納骨もしていません。必ずお施主さんと共に行うのが当然と思っているからです。

 

私は他で葬儀をしたことが明らかでも、必ず引導作法を行っています。当寺の他の檀家さんとの整合性が必要だと思っています。

 

大山不動の石灯籠

境内の中門の前にある石灯籠です。

今から30年程前に道路拡張で行き場所が亡くなり、当寺に移されました。

 

 

正面は大山不動ですが、飯縄大権現(高尾山)、満行大権現(榛名山)も彫られています。江戸期には地元にはそれぞれの講があり、お参りに行ったのでしょう。

 

大山詣は江戸庶民だけでなく、多くの人で賑わいました。

廃仏毀釈でお不動様はどうにか難を逃れられましたが、現在の阿夫利神社には廃仏毀釈を先導した人の銅像がありました。どこかの町では名誉町民です。

 

 

正面

    大天狗

大山不動明王石尊大権現

    小天狗

 

向かって左側

飯縄大権現

 

向かって右側

満行大権現

 

 

裏面

嘉永元年(1848)‥‥    

願主‥‥

村内‥‥

 

全ての文字が読めれば良いのですが、あやふやな所は後日調べ直そうと思います。

 

 

 

当寺の阿弥陀様石仏

当寺境内には、阿弥陀如来様の石仏が4体祀られています。一体は平成ですので、取り上げません。

まずは、永代供養塔脇の御尊像です。三体の内一番大きな像です。

秀性代の延享四年(1747)の建立です。

 

次にすぐそばに祀られている小さな御尊像です。

延享元年(1744)ですから、おそらく秀性の時でしょう。

 

昭和9年に開設された奥多摩新四国霊場の御尊像です。お堂と下の大きな台座は、私の代の物です。

この札所開設者の武田弥兵衛の奉納です。札所は今はほとんどお参りがありません。

 

当寺を含む旧高麗群精明村には六ヶ寺ありますが、江戸以前の阿弥陀如来石仏は当寺だけしかありませんでした。
お地蔵様と馬頭観音様が圧倒的に多く祀られています。
各お寺に必ず祀られていると思ったのですが、意外でした。
 
 
 
関係ありませんが、境内のラッパ水仙です。
 

密葬 直葬の後に 次々と弔問客が!

近頃は檀家さんも密葬が増えました。永代供養塔に納められている方々は、圧倒的に直葬が多いです。

 

 

しかし、時々その後のことを聞くと、次々と友人、会社関係者などが来られ、留守に出来ずに困ったことがあったと話されています。どうして知らせてくれなかったのかと、怒られたこともあったそうです。

引き出物を追加して持ってきてもらったり、業者に送ってもらったりで、結構大変なことになったと話されていました。

 

檀家さんのご親戚で、ある霊園の方ですが、昔は羽振りが良く、お付き合いが多かった方がいました。戒名もご両親は院号居士です。しかし、ご主人の時に会社を整理し、どうにか家屋敷だけが残ったと言われた方がいました。

密葬にして、ひっそりと送りたいとの話でしたが、「チャンとした葬儀を行い、御香典なしで、引き出物や後の食事は家族親族のみにします」と伝えれば良いですよ。そうでないと昔世話をした方や元の取引先が、後日次々ときてたいへんなことになりますよ。皆さん事情を知ってますから」と話しました。

結果はそのようにして正解だったようです。業者さんから業者さんに連絡が入り、親族以外に百数十名以上の参列者でした。生花もかなりの数です。誰からも引き出物などのことで、あれこれ言われることも無かったそうです。

その家によりそれぞれですが、時流だからと安易に進めるのも、良し悪しです。前もって調べておく必要があります。

他府県の方ですが、新興宗教にのめり込んだ息子さんの時は、わざわざ埼玉で火葬を行いました。その日のうちに当寺で葬儀を行い、永代供養塔に納骨です。

お仲間に一切知られないようにするためでした。こんなこともあるのですね。

境内の大乗妙典一字一石塔

約10年ほど前、卒論を書くため来られた女学生により、一字一石塔を知りました。

私は、ただの大乗妙典塔としか思っていませんでした。
上部に阿弥陀三尊の梵字が彫られています。
 
 
飯能市では、この塔はここにしか無いようです。
飯能市教育委員会発行の「飯能の石仏」は持っていたのですが、注意深く読んだわけではありません。
 
 
天保11年(1840)に釈浄賢と釈和賢が大乗妙典を一字づつ小石に書き写した成就塔だそうです。
元々あった場所が明らかでありませんが、この石塔の下に書き写した小石を埋めてあったのでしょう。

石に書かれた文字は消えてしまい。たくさんの小石は何かに使用されてしまったのでしょう。
植木を何本も植えましたが、知る限り小石がたくさん埋まっていたことは、ありませんでした。
 
 
 

山の神 田の神

山の神

田の神

境内の妙見堂階段下に山の神(やまのかみ)の社があります。元々は近くの林の中に祀られていました。

飯能ゴルフが出来るに事により、現在の場所に移築されました。

お寺の社でなく、地元の物と言われていました。長いこと放置されていましたが、あまりにも傷みが酷くなり、寺役員、自治会に諮り、修築いたしました。

「人は亡くなると山に帰り、山の神となる。春は山の神が、田の神として山から下りてくる。刈り入れが終わると、また山に帰る」と言われ、仏教と異なる古くからの山中他界(来世)観がありました。

田の神になるのは、稲作が大陸から渡ってきてからのことだと思います。

山の神は各地にありますが、元々は地元の方々の氏神、ご先祖様なのです。
ご先祖様は、いつも近くにいるとする考えです。。

関東では筑波山が一番知られています。奈良の三輪山、高野山、朝熊山も先祖の集まる山の神だったと思います。

それ以上に高い富士山は、霊山とは言われていなかったと聞いたことがあります。

  山の神Wikipedia


しかし、一つの他界観しか認めない立場の人もいます。
おそらく浄土真宗寺院の檀家さんのようですが、血相を変えて抗議した人もいました。極楽浄土だけが一番素晴らしい世界だと信じているようでした。

浄土真宗では、盆迎え、盆送りをしないようですが、他の宗旨で盆迎え、盆送りをするのは、比較的近くにご先祖様が、いらっしゃるとする考えがあったからでしょう。

他の宗旨宗派、宗教の立場も尊重し合うことが必要です。


宗教、宗旨、時代により異なる他界観があります。
一部に信仰する宗教以外一切認めない人もいます。
平気で「他の宗旨では成仏できない」と言う方もいました。


お釈迦様の教えは来世に成仏する事を重視するのでなく、その前にこの世に善き人であれとお説きになっているのです。

各地の氏神は、後々に有力な諏訪、春日、八幡、山王などの神々が勧請されると、それらの神々が氏神となり、古くからある氏神は合祀されて、忘れ去られてしまうことが多かったようです。

 

山の神、田の神は、ほとんど意識されなくなっていますが、古い歴史を持つ大事なお社なのです。

関連する宇賀神のブログlink    

 

ページ上部へ