2016年12月

『「寺院消滅」鵜飼秀徳著 日経BP社発行』を読んで

住職をしながら、他の寺・霊園のお手伝いをしながら、やっと食べている時代がありました。
その間に子供の養育、学費など、預金などする余裕などありません。
それどころか、貯金通帳の残高が、どんどん減っていました。
 
 
 
 
その間墓地を拡張し、檀家を増やしました。
現在45年前に比べて、2.5倍の檀家数になっています。
 
しかし、近頃は檀家になる人と引き墓をする人が、ほぼ同数となっています。
 
「寺院消滅」を読む数十年前から、このような時代が来るのを予測していました。
 
檀家数の減少は当市でも深刻です。
各地の寺で檀家がグンと減った、お寺が廃寺となり大きな寺と合併したなど、良く聞く話です。
祈願寺はもっと大変です。
人口の減少地域では、もっと深刻な状態になっているのです。
 
神社はもっとひどい状態です。
 
 
 
「消滅可能性都市」をこの本で初めて知りました。 消滅可能性都市リンク
少子化と人口減少が止まらず、存続が危ぶまれると指摘された896市区町村の自治体です。
信じられませんが、都内豊島区が入っています。
山間部の多い当市も、やはり入っていました。
 
隣接する市でも、住職が住まなくなった所もあります。
兼職をしなければ、お寺を維持できない寺が多々あるのですが、お葬式があっても休みが取れないことがありります。
 
某県他宗派の先輩などは、会社から「寺を取るか、会社を取るか。」と言われ、生活のため会社に勤務し続けることにした方がいます。
その寺は、近在のお寺さんの兼務寺になったようです。
 
 
この本によれば、2040年までに、寺院数が49.8パーセントに減少すると書かれています。
統計ではっきり出ている数字のようです。
 
 
子供の減少、結婚しないなど、人口はどんどん減っていきましす。
地方から都会に子供達が仕事を求め、お寺でなく霊園にお墓を移したり、永代供養にする人も増えています。
 
当寺でもお墓を守る人が3件絶えてしまったために、永代供養塔を建設しました。
その結果、ますます寺離れ、お墓離れ、葬儀離れを実感しました。
来られた方の半数以上が、葬儀をしていません。
 
イメージ 2
 
 
 
地方だけでなく、都内を含む多くの地域で起きていることです。
霊園に手伝いで行くと、控え室には地方から都内に出て、お寺を維持している人が、何人もいます。エセ僧侶もいますが。
 
お寺の住職は、みなベンツに乗っている、税金を払わなくていい、坊主丸儲け、とんでもない誤解です。
65万円で買った中古のマツダをみて、「でも、あの車はベンツでしょう。」と言った檀家さんもいました。
 
坊主、先生、医者は○○○なども実際にはあまり聞きません。知る限り他の職業の人の方が、遙かに多いと思いますよ。
あえて言っておきます。
 
各地のお寺の窮状を知っていますが、永代供養塔を建てたことにより、檀家を取っていることになります。
これでも心苦しく思っているのです。
 
これから住職として、どのように対応していくか、意識改革が必要なことは分かっているのですが。さて。
 
 

平将門の子孫・三田氏のお寺 海禅寺 東京都青梅市

海善寺は平将門公の子孫と称した三田氏のお墓があるお寺です。
三田氏の関連もあるのでしょう、青梅市には大きなお寺が多いです。
かつて栄えた地域であったことが分かります。
 
 
今日はかなり歩いたので、この程度の階段でも、きついです。
本当に情けない。
 
すごい山門です。すぐ脇に無粋な避雷針が立っていますが、何度も火災に遭った寺としては、致し方が無いですね。
 
 
 
緑の多い境内は以前来た時もきれいに掃き清められ、気持ちの良いお寺です。
先ずは御本堂に参拝しました。
 
 
現在はこのように本堂を開け広げているお寺は、ほとんど無いでしょう。
見えないところにセキュリティ対策が施されているのかもしれません。
 
 
御本堂を左に折れると、三田氏の墓と伝えられる場所に出ます。
 
 
 
 
 
春の桜の頃は、見事でしょう。
 
 
 
大きな楠が何本かあります。たしかに山間部では珍しいですね。
 
 
ツツジや桜の花の頃は、多くの方が見学に訪れるそうです。
 
青梅市の中心地は青梅宿として栄えましたが、現在は東部の平地が栄え、旧市内や山間部は大変なのだそうです。
私も以前は時々青梅に行くことがありましたが、旧市内はほとんど行ったことがありません。
山間部には、小さなお寺がいっぱいです。以前知り合った住職さんは、他のお寺の手伝いで、やっと食べてると言っていました。無住のお寺も多いようです。
関係ない話で、申し訳ありません。
 
 
青梅市二俣尾4-962   地図 

ままごと屋-小澤酒造(澤乃井)のお店 東京都青梅市

十年以上前には、家内と何度か食事に行っています。
美術館、酒蔵見学などあり、お酒の飲めない私でも楽しめます。
「JR沢井」駅からすぐです。  地図
 
小澤酒造
 
小澤酒造の道の向かいに駐車場があり、階段を降りると「ままごと屋」などがあります。
ままごと屋は、一度だけ家内と入ったことがあります。
結構高額な料理でしたが、美味しかったですよ。財布に余裕がある方は、是非食べに行って下さい。
 
 
私たちは、ままごと屋の支店「豆らく」にしました。他にも食べる場所が何カ所かあり、家内とはそのような場所が多かったですね。でも美味しいですよ。
なにしろ懐に余裕はありません。
 
 
吟糠の揚出し膳にしました。
ご飯が少ないので、物足りなさそうな気がしましたが、けっこうお腹にたまります
 
 
隣席の女性達は、都内から電車で来たようです。女性客かほとんどでした。
都内で食べたら、もっともっと高額になるでしょう。
 
この料理にある品のいくつかは、外の売店でも売っていました。
 
食後は多摩川を渡り、対岸まで行きました。
吊り橋がいいですね。
 
 
対岸の寒山寺です。
 
 
左側には「櫛かんざし美術館」が見えます。リンク    地図
 
 
 
今回は行きませんでしたが、素晴らしい品々が展示されています。
かなり広い駐車場があります。ままごと屋に停められない場合は、回り道で遠くなりますが、見学かたがたここに置くと良いでしょう。
ここも小澤酒造の経営です。
 
櫛かんざし美術館から少し離れますが、「玉堂美術館」があります。リンク地図
以前昼食をここの「いもうとや」で食べました。
 
橋の上から撮った売店前の売店前の風景と「ままごと屋」です。
 
 
 
気軽に食事をするなら食券を買い、うどん、おにぎり、おでんなどが食べられます。
かなり並んでいました。
 
 
売店では、土産に豆腐、厚揚げ、柚のジャムを買いました。
 
 
酒蔵見学もおすすめです。聞き酒も出来ます。
 
 
今回は見学しませんでしたが、以前に3回あったと思います。
この近くからら道路の下のトンネルを抜けて行きます。
 
なお、一緒に食べたAさんは、消防団員ですが、食事中に火災発生を知らせる消防団アプリ「め組」(めぐみ)は、小澤酒造の社長が作ったと聞いていると話していました。
 
 め組リンク
 
Aさんのスマホに時々火災発生の知らせが入ります。このアプリだったのですね。
 
たしかに青梅商工会議所が「め組」のホームページにリンクされてますね。
 
 
ままごと屋  リンク
   東京都青梅市沢井2-748 
 

ヴィッラ・デルピーノ 都下檜原村のイタリアンレストラン

友人が全額持ちで、美味しい料理を食べさせてくれると言うので、図々しく檜原村のイタリアンレストラン「ヴィッラ・デルピーノ」に行かせてもらいました。  地図     facebook
 
 
 
感じの良いレストランです。
 
 
 
本日は都合により、私たち4人だけの貸し切りでした。
 
 
 
一人でやっています。
 
 
料理は地元産の新鮮野菜を使用しています。
最初のスープから美味い!と、感嘆符が出てきます。
 
 
蕪のスープ
 
 
リボリータ
 
パンはおかわりできます。
 
パン
 
 
パスタがあったのですが、撮り忘れました。
 
スパゲティー
 
 
 
とにかく素晴らしい味です。今まで食べたソテーの中では、一番の味でした。
 
ソテー
 
 
赤ワイン・コンポート
 
最後は好きな飲み物を申し込みます。
 
 
 
食べ始めてから2時間が経過していました。
私が食べたイタリアンの中では、おいしさ№1です。
美味しい、満腹、満足。
 
満腹で夕食が食べられませんでした。
 
Nさん、ごちそうさまでした。
 
 
 
ヴィッラ・デルピーノ
東京都西多摩郡檜原村本宿5493地図
電話 042-598-1054
ランチ    11:00~15:00
ディナー 18:00~22:00  要予約
定休日 水・木曜日

日本の滝100選 払沢の滝 東京都檜原村

払沢(ほっさわ)の滝は日本の滝100選に選ばれています。
東京都西多摩郡檜原村本宿  地図
 
 
 
 
山道は良く整備されています。
道には木のチップが撒かれていて、柔らかく、滑りません。
 
 
途中に郵便局がありました。でも看板に木工房「森のささやき」とありました。
 
 
 
 
変化に富んだ渓谷ですね。
 
 
 
 
皆さん挨拶しながらすれ違っています。
 
 
 
 
15分で到着です。
 
 
この川の水が、檜原村の水源になっています。水の中には入れません。
 
 
 
 
いつもお世話になっているAさん。あれほど私と行くときは靴に注意と言っているのですが、革靴でした。
 
 
 
この後で100メートル手前のレストラン「ヴィッラ・デルピーノ」に向かいました。
次回になります。

広徳寺 東京都あきる野市

都下の広徳寺に行ってきました。
五日市駅の近くですから、てっきり五日市町だと思っていました。
 
 
 
 
 
広徳寺は臨済宗建長寺派の名刹です。
 
 
江戸時代に40石はすごいですね。
関東で私の知っている限りでは、寛永寺、増上寺、喜多院、輪王寺などの巨刹以外は、30石が上位でした。
あまり興味が無かったので、見落としていただけかもしれませんが。
 
 
 
 
 
駐車場には工事の車以外は、私たちの車だけでしたが人が大勢います。
皆さんハイキングで来られているようです。
 
見事な山門です。
 
 
 
イチョウはほとんど落葉しており、翌日なら掃かれていたでしょう。
良いときに行けたと思います。
 
 
 
いかにも禅宗らしい御本堂です。
 
 
多くの方々が、本堂裏手に向かっていましたので、私たちも行ってみました。
 
 
 
 
 
 
御本堂裏もなかなか風情があります。
江戸時代なら、もっと手入れがされていたでしょう
 
建長寺派の寺院は山中に多いですね。
これだけの格式の寺では、明治以降の寺院運営は大変だったと思います。
 
いくつもの下寺を組み入れ、檀家を確保しながらの格式を維持しているところが他宗派も含め多くありました。
 
ページ上部へ