山内

聖観音石像 永代供養塔

永代供養塔の聖観音様です。

供養塔(納骨堂)の中にも御本尊として木像聖観音菩薩像が祀られています。

この石像は御前立の観音様です。

 

 

約5尺の立像です。

 

とても穏やかなお顔をしていますので、永代供養塔に納骨されている方だけでなく、お墓の人も手を合わせてくれます。

 

 

この石仏の御尊像は、永代供養塔建立に会わせてお祀りました。

 

←弁財天図 小坂島邨筆               借宿神社 埼玉県飯能市→

 

ツワブキの黄色い花

ツワブキは塀が出来るとすぐに植えました。

毎年黄色い花を咲かせています。

 

最初は三株だけでしたが、少しずつ増えてきました。

 

 

完全な日陰ですので、勢いがありません。

 

 

駐車場に面していますので、スマホで撮影している檀家さんが時折います。

 

←小さな犬の七福神            今年のペット合同供養→

 

彼岸の入り

土曜日で彼岸の入りですから、普段はもっと混み合うはずですが、コロナのためか少ないようです。

駐車場の交通整理を依頼しませんでしたので、気になっていました。

 

 

途切れずにお墓参りに来られています。

皆さんマスクをしています。挨拶をされても誰だか分からないことがあります。

コロナの心配をして、来られない方もいると思いますが、買い物する場所よりも広い境内ですので密になりません。

安心してお参りください。

 

 

駐車場は程よく流れています。

 

秋明菊

 

昼頃行くと、かなりお花が手向けてありました。

 

 

雨の予報もあり、墓参りは午前中の早い時間に集中したようです。

午後はグンと減りました。

それにしても少ない彼岸の入りでした。

 

←匠工房が看板を作りました                秋彼岸 ザクロの実→

 

この高温の中 永代供養塔墓誌彫刻作業

まだまだ暑い日が続いています。

今日は気がつくと、永代供養塔墓誌に戒名などを彫刻していました。

慌ててカメラを取りに行きましたが、終わる間近です。

 

 

先程まで鉄粉を吹き出す音がしていましたが、静かになっています。

 

 

完全防備のような姿で、作業をしていたことが分かると思います。

この暑い日差しの中、鉄粉と石の破片が飛び散るのですから、楽な仕事ではありません。

 

 

丁寧な仕事をしていただきました。

 

 

当寺の墓誌に彫刻する文字は、他の寺院や霊園などに比べると、大きく彫刻されています。

墓誌も大きく、見栄えの良い納骨の施設です。

契約された方の全てが彫るわけではありませんが、後々残るお名前や戒名ですので、満足度は大きいと思います。

 

←慈母観音像掛軸               小さな薄緑の花

 

永代供養塔の観音様

今朝も永代供養塔の前で勤行を行っていると、観音様のお顔が神々しく感じました。

諸堂を廻り、近在のおばちゃんと立ち話をした後の撮影でしたので、少し感じが変わっていました。

 

 

それでも良いお姿だと思います。

 

 

供養塔内部に観音様が祀られています。

よく見えなくて残念なのですが、正面と同じ天女像が後ろに彫られています。

 

 

まだまだ暑い日が続いています。さらに新型コロナウイルスのために、お参りが減っていますので、祀られている方々も寂しい思いをしているかも知れません。

境内は三密の心配はありませんので、気軽にお参りください。

 

←桜井の別れ 斉藤弓弦作               慈母観音像掛軸

 

ハグロトンボ

目の前を黒いカゲロウが飛んでいました。

記憶によるとメスのようです。オスは光沢のある緑色をしていたと思います。

止まっているところをすかさず撮影です。

 

 

かなりピント外れが多いのでガッカリ。

 

 

飛んでいる写真は全滅です。

調べてみるとハグロトンボのメスでした。ハグロトンボ wikipedia リンク

 

←カナブンとヤマトタマムシ          「無 良寛禅師」又野龍也作

ブルーサルビア

鉢植えのブルーサルビアです。昨年から放ってあります。

いざ咲き出すときれいでした。

 

 

昨年は、もっと咲いていた記憶があります。

あるいは誰かが今年になって苗を買ってきたのかも知れません。

 

 

サルビアには赤やピンクなど、色々な種類があります。

 

←釈道本憲壽の書              カナブンとヤマトタマムシ→

 

緊急事態解除後も新宿には寄るな ! 新宿区の某会社の方針

先日、円泉寺のホームページの契約をしている、新宿区の某社営業さんが来られました。。
基本的な設定と目に見えぬ部分以外は、私が自分で書き込んでいます。ブログも書けるシステムになっています。



緊急事態宣言が解除され、どうにか営業再開となりましたが、新型コロナウイルスのため、ほとんどの社員がテレワーク(在宅勤務)となっています。しかし、未だに本社には問合せ、システム保守など、最小の社員だけで対応していると話していました。

この会社では新宿区にありながら、新宿の繁華街には行くなと厳命が出ているそうです。
当然人混みの多い場所は、禁止のようです。

東京ではコロナ感染者が、またまた増えてきました。埼玉でも東京で感染した人がいるのです。当然の対応だと思います。

 

 

 

昨日のニュースでは、新宿より池袋での感染が増えていると書かれていました。西武池袋線沿線には、当寺檀家さんが大勢住んでいます。円泉寺は西武池袋線「飯能駅」が最寄りの駅です。

 

来られたのは二人の真面目な営業さんです。
当然、マスク着用でした。
私もマスクは必需品です。

 

 

御本堂を開け広げて対応です。
まあ、通す部屋がないのと、一番風通しの良いのが御本堂なだけでしたが。

 

 

今までの契約より月々の支払いが、グンと多くなりますが、新しい提案を受け入れました。
実務を担当する部署からも電話連絡があり、先方の提案、こちらの要望などを話し合いました。

担当の窓口の方は、寺院の特色を良く研究しているようでした。
以前来られた別の会社では、営業が寺院や現在の意識の変化を知らなすぎることがありました。呆れて帰ってもらったことがあります。

ホームページは見た目が変わらないと思いますが、支払い分だけでも成果があればと思います。
各寺院だけでなく、いろいろな企業が新型コロナウイルスのために、壊滅的な被害を受けています。檀家さんから収入が減った、実質リストラなどの声を聞きます。

いつまでもじっとしているわけにも行かず、このところ人のいないと思われる場所に出かけ、ブログネタを見つけています。おとなしくばかりしていることも出来ません。

新しい提案には前々より考えていたことが含まれていました。専門知識がないと対応できないことでしたので、ワンステップが良い結果となれば良いと思っています。

 

←天台宗 薬王寺 埼玉県毛呂山町               円照寺の睡蓮とコウホネ 埼玉県入間市

 

菩提樹の花が咲き出しました

今年の菩提樹の開花は、暖冬のため若干早いように思います。

毎年、ミツバチが戯れるのですが、暖冬でミツバチの巣に虫が湧きました。そのため全滅したところが多いのだそうです。今日は一匹も見ませんでした。

 

 

花の咲き具合の問い合わせもあります。

 

 

もう少しすると黄色い花が落ちて、絨毯のようになります。

 

2020/06/12

今朝見るとミツバチが舞っていました。

2020/06/16

花が落ちています。更にジュウタンのようになります。

 

←梅もぎ               玉洞院 埼玉県熊谷市→

 

梅もぎ

境内の石屋さんが、毎日梅をもいでいます。

今年は檀家さんや、お客さんに40㎏以上差し上げていると話していました。

 

 

私は梅の木から滑り落ちそうになってより、採るのを止めました。

 

 

かなりの数の瓶が並んでいます。頼まれているのもあるそうです。

 

 

これはブランデー漬けです。

 

 

今年は梅干しが、これからのようです。

←参道工事中                   菩提樹の花が咲き出しました→

 

ページ上部へ