山内

昭憲皇后の御歌-明治神宮宮司書

戦前の書の額です。宮司だと思います。

由来は聞いたと思うのですが、忘れてしまいました。

何かの講演を担当者として依頼したおり、書いていただいたのだと思います。

 

 

大文字は「睦」で、仲が良くて良いです。深い意味もあると思います。

小さな仮名文字は明治天皇の皇后・昭憲皇后の和歌です。

「み可〃須者  玉もか〃ミもも  奈尓可せん  学ひ乃道も  可くこ楚有  介連」(みがかずば、玉も鏡もなにかせん。学びの道も、かくこそありけれ)

 

下の印は、右が乾徳(けんとく)で左は?徳で、私には読めません。感徳は天子の徳、進んでやまない立派な精神だそうです。

 

小笠原長生の書

戦前に本堂に飾られた小笠原長生(1867~1958)の書です。

長生(ながなり)は海軍の中将でした。東郷元帥の秘書も務めています。

 

 

正大氣

 

 

藤田東湖の「天地正大気」から採ったようです。

 

今から35年ほど前、この方の秘書だった方が、七福神のお参りに来られ、この書は本物ですと言っていました。

 

 

台風24号の当寺被害

台風の被害に遭われた方々に、お見舞い申し上げます。

昨夜は一時風雨共に強く心配致しましたが、いくらか枝が折れたのみで、被害はほとんどありませんでした。

後で気がつくかもしれません。

 

阿弥陀堂脇の百日紅の枝が、折れたのが一番の被害だったと思います。

さすがにお墓参り参りは、少ない日でした。

 

トカゲ

境内のいろいろな場所にトカゲが住んでいます。

今日、墓参りに来られた家族が指さしていました。

孫娘が「トカゲトカゲ」と喜んでいます。

 

いつもはカメラを向ける前に、すぐいなくなるのですが、ゆっくり撮影することが出来ました。ニホントカゲでしょうか。

この近くにも違うトカゲがいたようです。

お孫さんが指さしていたのですが、目を向けるとモウいませんでした。

 

 

こちらは違う場所のトカゲです。

 

台風21号

今朝境内を見回り、状態を確認してきました。

大きな被害に遭われた方々には、申し訳ないのですがホッと致しました。

檀家さんは、安心してお墓参りに来てください。

ペット供養塔前

枯れ枝が目立つ程度です。

妙見さま前

 

 

 

妙見さま裏の杉枝が、折れていました。

 

 

 

七福神と龍の絵馬

御本堂に飯能市の絵馬屋さん、故小槻正信さんの絵馬があります。

生前に書いて頂いた物です。

 

上の二枚が、幅約55センチです。

 

下は32センチです。

「上手に描いてはダメなのです」と言っていたのを思い出します。

ですから作品とあえて書きませんでした。

小槻正信」と検索すると、たくさんの絵馬が出てきます。

 

蝉の脱皮 大丈夫かなあ !

夕5時に蝉が脱皮していると教えてらいました。地面から約30センチです。

しかし、普通脱皮は朝の内だったと思います。

 

6時を過ぎました。

ほとんど変わりません。

以前、このまま脱皮できずにいる蝉がいました。

翌日は落ちて、蟻がたかっていました。またそうなるのかもしれません。

 

 

6時半、全く変わりません。

明日には、飛び去っていますように!

 

枝の伐採

今日は道路に面した木々の枝を伐採しました。寺の役員さんの提案で、護持会費で対応していただくことになりました。

道路に枝が出ており、危険防止のためです。紅葉は根を切りすぎていましたので、かなり枯れ枝がありました。

朝は8時から近くの植木屋さんが3人と警備員1人の計4人でした。

抜け道になっていますので、かなりの車の量でした。

 

昔は桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿と言われておりましたが、今は桜を切った後に何かの液剤を塗り、幹を保護しています。

たしか、北海道の公園で行われたのが、国内に広がったのだと記憶しています。

 

警備員がいないと、外での伐採は怖いです。

しかし、指示に気がつかず、停止しないで対向車が来て慌てている車を三台見ました。

状況判断が出来ない運転手さんもいますので、警備員さんも大変です。

 

4時に山桜の太い枝を切りました。これでおおむね最後の作業です。

 

5時に作業は終了です。

道路に太い枝が落ちる心配は、ほぼ無くなりました。

後は境内の桜の木が何本か残っています。急ぐ必要がありませんので、後日改めて行うことになっています。

永代供養塔 二基めの大型墓誌完成

 

永代合同法要に間に合うように、二基めの大型墓誌が完成致しました。

結構経費は掛かりましたが、年々石が値上がりし、先延ばしにすると大変な金額になりかねません。

納骨の方々に負担のならないようにしていますので、墓誌彫刻は、赤字すれすれです。

私が生きている間は、作らなくとも良いように、さらに大きくなりました。

大きな石は、これ以上の大きさでは、輸入するにも大変なことになるようです。

 

こんなに厚く生コンを入れるのかと思いました。かなりの量です。

1トン以上あるそうです。

 

 

合同法要前日に完成致しました。

 

5月13日の合同法要

 

お花に蝶々

蝶が舞っていましたが、なかなか写真に撮ることが出来ませんでした。

運良く撮れた蝶です。

 

 

でも、どのような名の蝶か分かりません。アゲハ蝶だと思うのですが。

 

 

裏からも撮ろうとしたのですが、飛んでいってしまいました。

ページ上部へ