2015年07月

施餓鬼会のお塔婆書き

いつまでも暑い日が続きます。

今日中にお盆の施餓鬼塔婆を書き終えてしまおうと思っていましたが無理でした。

 

201572718352.jpg

疲れがたまって、さらに蚊の相手をし始めたとたん、やる気が失せました。

以前は全て手書きでしたが、三年前より印刷にしました。年齢と共に、あらゆる事がきつくなってしまいます。

こんなに楽とは思いませんでした。

以前は、お掃除や準備に手間取り、お施餓鬼の前日まで塔婆書きに追われたこともあります。

 

お施餓鬼のお塔婆は、お寺を運営する大事な浄財です。あちこちの修復改装で、たちまち無くなってしまいます。

また、年に数度お寺に詣で、いつまでもお寺、ご先祖様、檀家を結んでいただく大事な機縁となります。

 

今は五尺塔婆ですが、以前は六尺でした。

六尺の頃は地元の檀家さんがほとんどでしたが、だんだん隣接する地区が多くなり、今では地元の何倍もの檀家さんがいます。

車で来られる方が多くなり、小さな車ではやっとの長さでした。

自転車の荷台に斜めにくくり付けると、後ろから来る車に接触する可能性もありました。

 

役員会にはかり、今までの長さで、1000円値上げするか、五尺で今まで通りにするかのと提案したところ、当然五尺になり、ほっとしました。

以前は五尺にすることを提案しただけで、反対されていました。

 

お塔婆は塔婆屋さんから50本づつ束になり、運ばれてきます。

以前は六尺でも二束運べましたが、今では五尺でも一束が限度です。ずいぶん衰えたと思います。

 

宇賀神の石仏-真言宗 常照山 清蓮寺-日高市寺野新田

時々抜け道で通っているのですが、ここに宇賀神(うがじん)の石像が祀られているとは知りませんでした。宇賀神とは蛇形の弁財天です。

なかなか味わいのある御尊像です。年代など文字は彫られていません。

 

2015724203630.jpg
宇賀神(蛇の姿の弁財天)の石仏
 
2015724205528.jpg

清蓮寺のご本堂

 

本堂の前の碑に懐かしいお名前をみつけました。先代の御住職のお名前が刻まれています。

知り合いの坂戸市のお寺さんが兼務住職をしています。
 

2015724205550.jpg

このお堂の右隣に宇賀神は祀られています。
 

真言宗智山派  香花院常照山 清蓮寺  埼玉県日高市駒寺野新田130  地図

 
願望弁天  日高市 

 

ちなみに当山の宇賀神像です。

 
 

諏訪の北斗神社と物部連

以前諏訪大社にお参りかたがた、妙見菩薩関連の神社仏閣を訪ねました。平成22(2010)年の6月3日でした。

その中に北斗神社があります。

北斗神社   長野県諏訪市神宮寺    

 

2015722205752.jpg

北斗神社  真北を向いています。

2015722205824.jpg

祭主 物部安貞(守屋安貞)と彫られた石灯籠

 急な階段は約200段、斜面は約45度の所もあるそうです。高所恐怖症の人には参拝は無理です。友人は20段あたりで退却しました。

 

2015722205936.jpg北斗神社の階段

 

最近当寺の妙見様にお参りに来られた「守矢」さんが、諏訪大社の守矢神長官(じんちょうかん)家の末裔でした。

その折、北斗神社の石灯籠に「物部」の名が刻まれていたのを思い出し聞いてみると、「物部守屋」との関係ですと言われました。(江戸時代までは守矢の姓は、本家しか名乗れれず、守屋は分家筋となる)

その時もっと聞いておけば良かったのですが、他に妙見菩薩と千葉氏総本家の話を聞くだけで、かなり時間がかかってしまいました。

八ヶ岳原人さんのブログリンク

 

いろいろ調べてみると、蘇我氏に敗れた物部守屋の次男武麻呂が逃れて諏訪に土着したと伝えられ、その子孫が守矢一族の先祖なのだそうです。

「神長家裏古墳」は、守矢家の伝承によれば物部武麻呂の墳墓ということになっているそうです。

 

守矢家敷地にある施設

 

2015722211918.jpg

神長官守矢家祈祷殿

2015722211012.jpg

御左口神社(みさく神)

20157246348.jpg神長官守矢資料館の展示資料 「御頭祭の再現」

 

神長官守矢家祈祷殿  みさく神  茅野市神長官守矢史料館    長野県茅野市宮川389-1      

 

諏訪には他の地域と異なる独特の信仰、御柱、神長官守矢家の伝承などが伝わっています。どのような繋がりがあるのか、この地独特の古墳なども興味が涌きます。

明治維新の時、廃仏毀釈だけでなく、地域独特の信仰も廃絶させられました。つくづく残念に思います。

守矢神長官も諏訪大社から排斥され、七十七代続いた歴史から降ろされてしまいました。

 

2015722222653.jpg当山妙見堂と神長官子孫の守矢氏夫妻

 

〒357-0014   埼玉県 飯能市平松376番地   円泉寺   電話042-973-5716    

 

水子さんの供養と納骨法要をしました。

一昨年永代供養で納骨されたA家で、今度はお孫さんが流産してしまい、奥様の退院に会わせ永代供養塔に納骨致しました。

 

201571320519.jpg
2015713205138.jpg

 特に奥様は疲れ切った表情で、いかにも辛そうです。誰一人笑顔を見せず、淡々と儀式を進めざるを得ませんでした。

本堂では遺骨の後ろに左側の赤いお地蔵様を配して、お地蔵様に抱かれるように致しました。

 

2015713205944.jpg

鬼子母神(訶梨帝母)様ともう一体のお地蔵様もお参りできるように配し、少しだけ両仏様についてお話しをさせていただきました。

 

その後は永代供養塔に納骨し、供養塔の前であらためて御供養致しました。

 

201571321194.jpg
2015713211925.jpg

水子供養ははっきり言って苦手です。どうしても辛くなってしまうからです。

奥様のお顔をまともに見ることが出来ませんでした。親族の方々は私以上に辛かったと思います。

 

A家は入間市とはいえ、お寺から約2キロメートルです。いままでも時々お墓参りにみえているようです。

お元気でお参りできるようになって下さいね。

 

〒357-0014   埼玉県 飯能市平松376番地   円泉寺   電話042-973-5716    

 

 

紹介-いろいろなお札、時宗総本山遊行寺のお札、お札の製作実演など-

ある仏像画像を検索していたところ、興味あるサイトを見つけました。

大正大学のホームページある「おふだ」です。 

YouTubeなどと異なり、画面いっぱいの映像で見ることが出来ます。リンクをクリックして下さい。  大正大学 御札の映像

 

大正大学

 

  1. いろいろなお札
  2. 遊行寺の遊行上人より授けられる、700年変わらない「南無阿弥陀仏」のお札  総本山遊行寺
  3. おふだ作り   蓮光寺 新座市
  4. フランスのおふだ研究者  フランク教授のお札データバンク

 

201571117460.jpg4.に高野山奥之院 弘法大師がありました。

 

などを紹介しています。

注:私の場合はExplereでは見れましたが、Firefox、スマホではお札のサイトは見れませんでした。環境によっては重すぎて無理なのでしょう。

 

大正大学には放送・映像表現コースがあります。このようなホームページの表現は面白いですね。

 

私が通っていた頃とは様変わりしています。

その頃も勉強はしませんでした。中身のないまま60をすでにいくつも超えています。

遊んでばかりいると私みたいになりますので、少しはまじめに勉強しましょうね。

 

天狗さんのお姿札掛け軸

以前にも書きましたが、当寺に秋葉権現様をお招きしました。一応は祀られていることになっていましたが、御尊像はありませんでした。

火伏せの神としか知らなかったわけですが、説明するにも知らないことばかりでは恥ですので、少しは知識を蓄えることができました。

 

それに併せてごく一部ですが、天狗さんのお姿の御札を集めてみました。

日本各地の天狗さん

 

201578165339.jpg

高尾山 薬王院  飯縄権現

東京都八王子市高尾町

201578165419.jpg

 

 

 

秋葉権現  秋葉山本宮秋葉神社

静岡県浜松市

201578165449.jpg

 

奥山半僧坊 方広寺

静岡県浜松市

 

201578165531.jpg道了尊  大雄山最乗寺

神奈川県南足柄市

201578165550.jpg

 

金剛山 転宝輪寺

奈良県御所市高天

201578165612.jpg

 

古峰ヶ原 古峯神社

  栃木県鹿沼市草久


20151231171827.jpg

金刀比羅宮

香川県仲多度郡琴平町

 

201668132314.jpg鞍馬寺 鞍馬山魔王大僧正

京都市左京区鞍馬本町1074

 

江戸期は天狗の東西番付もあったようですが、現在では高尾山がトップでしょうね。観光地でミシュランの三つ星は、他にありません。

 

高尾山では廃仏毀釈の話しを聞くと、鳥居など撤去し翌日には神社らしさを一切消し去ったそうです。

神社にしようとした人々か押し寄せてくると、お寺であると押し通したそうです。

 

神社になった所で、以前の力を保持できたのは、そうは無かったと思います。

ひどい時代があったわけです。

大正大学 御札の映像リンク 

 

当寺にお招きした妙見堂の秋葉権現様と金毘羅大権現

20157817542.jpg

秋葉大権現

 

白狐に乗った秋葉様と飯縄権現、道了尊の違いが分かる人はいないでしょう。

興味のある方は、川副秀樹氏のブログに、くわしい説明があります。   そえじいの福々巡り  高尾山の歴史巡り  リンク

 

 

20151231172840.jpg

金毘羅大権現

 

 

 

〒357-0014   埼玉県 飯能市平松376番地   円泉寺   電話042-973-5716   

 

 

皆野町の華厳の瀧でライトアップ-埼玉県皆野町下日野沢

秩父 華厳の瀧

 
■7月10日~12日に秩父華厳の滝がライトアップされます。 
      日没から9:30まで
 
201574213413.jpg

皆野町観光協会

   〒369-1492 埼玉県秩父郡皆野町皆野1420-1

   tel:0494-62-1462

 
華厳の滝って日光じゃないのと思うでしょうが、秩父の皆野町下日野沢にもあります。
 
遊歩道も広がり、以前より気軽に行けるようになりました。
駐車場から約5分です。
 
さらに上流の「不動の滝」では、将来「滝行」が出来るようになるようです。
 
ハイキングコースが整備され、しだいに散策しやすくなるようです。
皆野町観光協会も徐々に日野沢地区に力を入れています。
 
 
■蛍の鑑賞会は残念ながら、もうピークを過ぎてしまいました。
     例年ならば、この時期のようです。
 
■「火水霊」(かみたま)は友人のF師が導師を勤めます。
 
        「 天空の  龍の泉  火之沢に  華厳と讃え  古の水 」
 
 
日野沢地区での催しは、今年始まったばかりです。町のホームページにも掲載されていません。
 
まだまだですが、楽しみにして下さい。 
 
 

天空の楽校

 
近年知られるようになったのは「華厳の瀧」よりさらに行ったところにある「天空の楽校」です。
 
 
 
 
お食事、お土産、バーベキューなどが楽しめます。
私はここのちまきが大好きです。
 
ページ上部へ