2015年04月

三尺藤

境内の三尺藤があと少しで満開になります。

2015428204852.jpg

花房は90㎝以上のものもあり、もっと伸びそうです。

2015428205123.jpg

2015428205243.jpg

昨年手入れをしませんでしたので、花芽がたくさんありました。勢いもあります。

通路が藤の花でふさがりそうになり、少しだけ詰めざるを得ませんでした。

201542820520.jpg

つつじもきれいに咲いています。

201542820577.jpg

2015428205744.jpg

つつじはまだこれからの種類が多く、当分被写体には困りません。

毎日カメラを持ち、うろついています。

東学院 永代供養 群馬県甘楽町 富岡市 高崎市吉井町 藤岡市 安中市

稲荷山東学院 永代供養のご紹介 ‥ 群馬県甘楽郡甘楽町福島

 

20161017145218.jpg
永代供養
 

東學院の永代供養

  • 宗旨国籍は問いません。
  • 一霊 33万円より。
  • 御本堂で拝んだ後に納骨廻向致します。
  • 葬儀、法事なども、お受け致します。

甘楽町だけでなく高崎市、富岡市、藤岡市、安中市など、その他群馬県内外の多くの方がご利用になっています。

ご気軽にお問い合わせください。

 

稲荷山東学院

織田信長の次男・信雄が、大和宇多松山藩三万石と上野国小幡二万石を賜り、当初福島の地に仮陣屋を造り(元和二年~寛永十九年)20年あまり居住しました。
その場所が東学院(東學院)との説があるそうです。
江戸初期の元和九(1623)年の法印「快印」によって開山されました。
 
福島に織田氏が在館中三代信昌が誕生したので、笹森稲荷神社を鎮守神として崇敬しました。それ以来織田氏はここに武運長久と領内安全を祈念しました。
この神社の別当を勤めたのが東学院でした 。    織田氏家臣録
山号額に「稲荷山」とあり、わずかにその歴史を物語ります。
 
東學院は残念ながら火災と無住時代が永く、また明治以降神仏分離などにより多くの物が失われ、詳しいことは分からないことが多いそうです。
 
 
20161011112634.jpg
稲荷山東学院
 
 
 
2016101194741.jpg

稲荷山の扁額

2016101194759.jpg

笠付六地蔵石塔

 
 
真言宗智山派  稲荷山東学院(東學院)
   電話0274-74-5485
   群馬県甘楽郡甘楽町福島741-1   地図
   最寄りの駅は上信電鉄 「上州福島」駅がすぐ近くです。「高崎」駅から「上州福島」駅まで31分です。
   御本堂北側から入るのが近道です。駅から約2分。
  
 
 
※東学院をご紹介致します。円泉寺住職
 

三井曼荼羅図-弥勒仏・尊星王・黄不動・訶梨帝母・新羅明神・智証大師円珍 他

私は妙見様を約十年ほど調べています。

資料として御尊像、掛軸、お姿なども収集していますが、密教系のみがありませんでした。

この度手に入れることが出来ましたが、詳しいことは一切不明でした。

 

2015422193227.jpg

 

妙見菩薩、智証大師、不動明王などいろいろな単語で検索してみたところ、「三井曼荼羅図」(みいまんだらず)であることが判明しました。妙見様は三井寺の尊星王像です。

「国宝 三井寺展」の図録を出して調べると、他の御尊像も全て説明がありました。図録の三井曼荼羅図で見ると左側の画像とほぼ同じです。

 

2015421212131.jpg

三井寺展図像集にある三井曼荼羅図、

 

中央が金堂のご本尊・弥勒仏です。右側が上から黄不動、新羅明神、訶梨帝母(鬼子母神)。中央上から妙見尊星王、弥勒仏、僧形山王権現。左が十八社明神、三尾明神、智証大師円珍でした。

2015421211811.jpg

91㎝×41㎝

 

ここからは図録で三井曼荼羅図を解説している大阪市美術館学芸員の石井知彦先生の文章を元に書かせていただきます。

黄不動は智証大師の感得像。、新羅明神は唐から帰朝する大師の船中に現れた御法神、訶梨帝母(鬼子母神)は教法の護持を誓った御法神。

尊星王は智証大師がその秘法を始めて伝え寺門独自の修法となった。三室戸寺に伝わる尊星王図像に近い。弥勒仏は金堂のご本尊。僧形山王権現は比叡山の地主神、御法神。

十八社明神は大師が勧請した伽藍守護神、三尾明神は創建時に三井寺の御法神となった地主神。智証大師(円珍)は三井寺(園城寺)を本山とする天台寺門宗の宗祖。

この曼荼羅は三井寺内に祀られる神仏を描いた三井寺諸尊集会図と言える存在とのことです。

 

201542222223.jpg

弥勒仏

201542222330.jpg

黄不動

 

201542222419.jpg

尊星王

201542222445.jpg

訶梨帝母(鬼子母神)

 

201542222511.jpg

三尾明神

201542222536.jpg

新羅明神

 

201542222558.jpg

十八社明神

201542222618.jpg

智証大師円珍(天台寺門宗の宗祖)

 

201542222640.jpg

僧形山王権現

 

2015422193822.jpg

図録の山王権現1

2015422193844.jpg

図録の山王権現2

 図録の曼荼羅図は「三井寺展」で見たはずなのですが、一切記憶にありませんでした。

大津市歴史博物館のサイトも役になります。   リンク

妙見信仰   リンク

図録と当寺の図像を比べるとひいき目かもしれませんが、当寺の方が優れているような気がします。

図録を拡大しても意味がありませんが。


三峯神社(秩父市)の三井曼荼羅図

 

〒357-0014   埼玉県 飯能市平松376番地   円泉寺   電話042-973-5716  

 

二輪草

誰が植えたのか約30年ほど前からニリンンソウが咲き出しました。今ではかなりの面積になっています。

2015416183917.jpg

201541618403.jpg

花に小さな虫がいました。

2015416184055.jpg

約一ミリほどの羽虫です。モニターを見てやっと気がつきました。

2015416184329.jpg

もう少しすると下から茎が伸びて咲き出します。

2015416184359.jpg

川中美幸の唄「二輪草」もいいですね。昔は演歌なんかと思ってましたが。

他にももいろいろな植木、草花、雑草が咲いています。

2015416191353.jpg

2015416191420.jpg

201541618531.jpg

2015416185328.jpg201541619928.jpg

2015416185355.jpg

201541619417.jpg

今の季節はカメラを持って、手当たり次第に写真を撮っています。

 

花びらの絨毯

境内の桜もそろそろ終わりとなりました。ソメイヨシノは若葉が日に日に大きくなり、木の下は花びらの絨毯になっています。

2015411134250.jpg

山桜もかなり花びらが散っています。

2015411134722.JPG2015411134755.jpg

藤の花芽が大きくなっています。棚を擬木に代えるために根をかなり切ってしまいました。樹木医さんに手当をお願いしましたが心配です。

2015411135138.jpg

根が順調に伸びるように祈っています。

 

 

笹森稲荷神社 群馬県甘楽郡甘楽町福島

笹森稲荷神社

織田信長の次男・信雄が、大和宇多松山藩三万石と上野国小幡二万石を賜り、当初福島の地に仮陣屋を造り(元和二年~寛永十九年)20年あまり居住しました。
福島に織田氏が在館中三代信昌が誕生したことにより、笹森稲荷神社を鎮守神として崇敬しました。それ以来織田氏はここで武運長久と領内安全を祈念しました。
この神社の別当を勤めていたのが東学院でした 。  
 
2015424203851.jpg

緑豊かな広い境内は、古い歴史を感じさせます。本殿はは約100メートルの前方後円墳の上に建てられており、玄室の高さは2.5mあります。
玄室は例祭日のみ開扉しています。 リンク

 
 
2015426204755.jpg
 
2015424204917.jpg
 
甘楽郡甘楽町福島字笹森1350  地図
ページ上部へ