2019年07月

喪主は友人達

 

数ヶ月前でしたが、永代供養の申し込みに来られた方々は、友人達でした。

別れた奥さん、子供達は連絡しても、ご遺体を引き取らなかったそうです。

 

行政が負担をして火葬に致しましたが、仲の良かった友人達がお金を集めて、火葬後に御本堂で質素な葬儀をしました。

負担が無いように、永代供養に必要な料金以外に、お花代を数万円いただいただけです。

この後に永代供養塔に納骨を致しました。

時折仲間が墓参りに来ているようです。

 

このようなことが、数年に一度あります。

中には仲間の町長さんが火葬場まで来られたと、話していたこともあります。

 

こうして葬儀までしていただける仲間がいて、感謝していると思っています。間違いなく良い世界に行っているでしょう。

 

飯能河原の花火

昨年の飯能納涼花火大会です。

 

お気に入りです。

モノクロにしてみました。

 

 

 

今年(令和元年)は8月3日(土)   19:30~20:30   雨天中止

打上数 1000発

 

つまみ細工 阿弥陀堂匠工房の作品

阿弥陀堂の石屋さんが、つまみ細工に熱中しています。

バラ  吊り下げることもできます。

朝顔

朝顔にアリさんが。

下に磁石が付いています。右の苔玉は未完成品。

ひまわり完成

桔梗

ひまわりの額

バラ

お客さまの注文品 お店につるします。実物は色鮮やかです。

バラの花

 

 

円泉寺阿弥陀堂売店

住   所/ 埼玉県飯能市平松376

T   E   L/ 042-978-7703

営業時間/ 10:00~17:00

定  休  日/ 不定休無休 

石の匠工房リンク

葛飾北斎浮世絵 富嶽三十六景 江戸日本橋 工芸品

日本橋の人の賑わい、蔵、荷物を満載した小舟などの先に江戸城と富士が描かれています。

現在この位置から写真を撮ったら、どのようになるか興味があります。

 

以前行った時は、上に高速道路が走り、風情などはマッタクありませんでした。

高速道路の地下化の計画があるようですが、必要なことだと思います。

 

プーさんの蜂蜜 阿弥陀堂で扱っています。

 

阿弥陀堂に時々来られる廣田さんの自然蜂蜜です。

趣味で作っていますので、純粋に蜂蜜だけです。混ぜ物をしていません。

 

蓋を取ると花の香りがします。スーパーなどにある品とは異なります。

味も保証します。濃厚で美味しいですよ。

買って帰られた方からの話しでも同じ評価です。

 

白い泡はできたてだからだそうです。2月ほどで消えますので、安心してください。

冷蔵庫に入れる必要はありません。

 

もうけなどは度外視しているそうです。

 

 

普段は他の仕事に従事していますので、電話をしても対応できないようです。

阿弥陀堂でお求めくだい。      

円泉寺阿弥陀堂  飯能市平松376番地   地図 

TEL:042-978-7703  

 

平成 浮世絵 彩色 木版『婦女人相十品 相観 歌麿 考画』

以前求めた歌麿の浮世絵です。

都内の美術館で歌麿展か浮世絵展を見たおり、新しい浮世絵を何点か販売していましたが止めました。

 

本物は高価すぎて買えませんので、ネットで2、3年前に求めた中古作品です。

額装にして飾ろうかと思いましたが、色が変化しやすいので、時折取り出して見ています。

 

まだ北斎などもありますので、後日掲載致します。

庫裏の修復工事

庫裏の一部が雨漏りをしており、他も気になるところがたくさんありますので、無理して手を入れることに致しました。

 

先ずは足場の設置です。

 

この庫裏を建てた業者には、こりごりでした。建てたばかりに雨漏りが5回ほどあり、専門業者が来ると付け方が違っていることがわかりました。

毎日使用する機器も部品を間違えているだけでなく、間違ったところにビスをうったために、回線がショートしていました。一週間前は他の仕事をしていた職人さんなのですから呆れます。

入口の高さが、外より低かったなどなど、きりがありません。

 

今回は以前にも依頼した市内の建設会社にお願いしました。安心して任せられます。

 

ムクゲ

お墓のムクゲが見頃となっています。

以前は他の墓にも所々にピンク、白、薄紫もあったのですが、いつの間にか無くなっています。

お墓以外にもあったのですが、建物を建てるにあたり切らざるを得なくなりました。

 

ページ上部へ