2018年02月

飯能ひな飾り展 絹甚

飯能のひな飾り展は、今回で13回目になります。飯能市内119カ所と公民館に雛飾りが展示されています。それほど古い人形はないようです。

飯能の老舗「絹甚」は経営者が建物、敷地と修理費を添えて飯能市に寄付をした建物です。

土蔵づくりの立派な建物で、中に入るのは初めてです。

沢山の雛飾りと、30人以上のボランティアの方々が手作りのつるし飾りを作りました。

この織物は、(株)マルナカの寄贈です。コンピューターを駆使して織り上げています。この図がポスターに使用されたようです。

さらに奥に行くと蔵があり、格子からひな人形を覗く仕掛けになっています。

 

ボランティアの人が、いろいろ説明をしてくれます。残念ながら、かなり忘れてしまいました。

駅からは近いですが、お車の場合は、駐車場が少ないですので、駅近くの有料駐車場をご利用下さい。

 

埼玉県飯能市本町2 店蔵絹甚  地図       

 

映画 空海−KU-KAI− 美しき王妃の謎 を見てきました。

映画を見にユナイテッド・シネマ入間に行ってきました。

久しぶりの映画鑑賞でしたので、ここのシステムが分からず右往左往です。いつもは池袋が多かったのですが、5年以上行っていないでしょう。

 

駐車場から映画館のある5階へ行きます。ここで前売り券を出し、席を確保します。早く行ったのでほぼ真ん中の席です。

駐車場の2時間無料券もいただきました。

 

7階へ行きます。

開演までロビーで待ちました。

 

 

ここが9番の入り口です。

作品の上映までの間、いろいろな映画の紹介や注意事項が流されています。いつもながら長いですね。

 

さて作品ですが、夢枕獏さんの原作を読んでいますが、全く異なる作品と思った方が良いでしょう。

感想は

  • 豪華なセットですね。
  • 楊貴妃役のチャン・ロンロンがキレイです。
  • 松坂慶子は好きな女優さんです。主役より存在感あり。

これでは感想になりませんが、あまり書くと見る予定の人がいると思いますので、止めておきます。

 

柏林寺 飯能市上名栗柏木

今は元柏林寺と言うべきかもしれません。地図

ここのお寺が上名栗の鳥居観音になりました。

たしか何年か前は医王寺が管理していました。今はどのようになっているのか分かりません。

 

 

 

せせらきキャンプ場を通り抜け、川を渡るとすぐ右折すれば寺に着きます。

    せせらきキャンプ場  リンク   飯能市 埼玉県 357-0111

名栗川の清流

 

曹洞宗 医王寺   飯能市上名栗556

 

ガチャポンのミニカメラ

フジのミニカメラをいただきました

私がフジのミラーレスを使用しているので、ガチャポンの富士フイルム4種類をいただきました。

調べると平成26年の商品でした。あと1種類、X-100tがあったようです。リンク

写るんです

X-A1

写るんです

X-T1

私の使用している機種はありませんでしたが、嬉しいプレゼントです。

大きさは幅4センチでした。

お食事 ケーキ お菓子 飯能市上名栗-綵珠(あず)

上名栗に来ると、かなりの割合で綵珠にて食事をします。

いつもパスタが多かったと思いますが、ここ5年ほど来ていません。

オープンになっていましたので入店しましたが、なんとお休みの日でした。ご主人が忘れていたそうです。

奥様が「カレーで良かったら、暖めていますから、いかがですか」と言われ、ご夫婦の分だと思いますが、頂くことにしました。図々しいですね。

ですからメニューが出ていませんので、写真は載せません。

お菓子は円泉寺近くの久邇カントリークラブに卸しているそうですので、当寺のこともご存じでした。

このゴルフ場は、地元の美味しいモノだけをお土産に販売しています。ですから安心してお薦めできます。

私が求めたのは、柚のママレードと梅干しです。梅干しは塩分0ですので、私にも安心して食べられます。いつもはケーキを買って帰ります。

 

客は私たちだけでしたので、かなり勝手な話をしました。

ご法事の時は、話が長い(法話?、正座が大変なだけですが!)、近年のお寺の大変さ、それでも檀家が増えている、ホームページは自分で書いている、などなど。

自慢話に聞こえるかもしれませんが、一応差し障りないようにはしていました。

ご主人は地元に大勢の方がお見えになるよう、ボランティアで有馬湖などの植栽や手入れをしているそうです。

お寺に対する厳しい意見も、柔らかくオブラートに包んで話していました。ご夫婦共に気配りの人のようです。

 

しばらくすると秩父市の市議会議員さんがお二人お見えになりました。

 

お一人は美味しいことで有名なおそば屋さんの社長さんです。私も何度か食べに行きました。時々お見えになるそうです。リンク

 

ケーキ工房綵珠

〒357-0111 埼玉県飯能市上名栗293   042-979-0405       地図

花の寺 縁結び 愛染明王の寺 放光寺 山梨県甲州市

花の寺 放光寺 愛の花も開きます

甲州市の放光寺は、武田信玄の祈願寺です。     放光寺       縁結びリンク

 

 

 

近年、愛染明王様のご縁を頂き、縁結びに来られる方が増えています。

 

お守りが縁結び

愛染明王様が縁結び

五円玉の付いた御守りを結びましょう。

 

心を落ち着けて祈りましょう

 

私が住む埼玉県飯能市からは圏央道が繋がり、放光寺へは丁度1時間で着きました。

この時期は、まだ梅もわずかに開いているだけですが、これから暖かくなると、桃、桜、牡丹、アジサイなどが咲き出します。

精進料理も楽しめますので、是非お参りされることをお薦めいたします。精進料理

 

※当寺の愛染明王リンク

 

 

ブドウを持ったお薬師さま 大善寺 山梨県甲州市

ぶどう寺 大善寺

 

 

以前から大善寺のぶどうを持った薬師如来様に興味があり、お参りに行きました。

お薬師さまのご開帳は、平成30年10月1日~14日予定となっていますので、その頃もお参りに行くつもりです。

薬師信仰はインドでなく、シルクロードで盛んだったようです。そのため古くはブドウを持ったお薬師さんの像もあったようです。

明治時代に大善寺を訪れるたお公家さんが、「お薬師さんの手にブドウがあるのはおかしい」とブドウを外させたとことが、ずっと以前にネットで書いてあったのを思い出します。

その当時はお公家さんの名前も書かれていたはずです。

 

逃げ恥のロケが行われ、多くの参拝者が来られているそうです。

受付の本堂脇玄関におひな様が祀ってありました。ご本堂内陣、庭園共に素晴らしいお寺です。

厄除け開運辨財天

拳印の大黒天

立派な仁王門です。仁王様も素晴らしい御尊像でした。

もう一体の仁王様も素晴らしい像です。

大善寺縁起

慶応4年に近藤勇などの部隊が官軍と戦った場所が、大善寺でした。この浮世絵は月岡芳年による作品です。

あと少しで階段も終わりです。150段だそうです。楽屋堂を抜けると、国宝薬師堂です。

楽屋堂

国宝の薬師堂です。ここにお薬師さまが祀られています、

平成になり、左手の葡萄を復元しています。

建物も立派ですが、普段お参りできる蓮慶の日天月天像、十二神将像も見事でした。

地蔵堂 ボケ封じの旗がありました。

境内から見る甲州市の景色です。

帰りは階段でなく、坂道を選びました。

武田勝頼の乳母が記録した武田滅亡記が残されています。

理慶尼のお墓

真言宗智山派 大善寺 

山梨県甲州市勝沼町勝沼3559 Home page      地図
    電話 0553-44-0027

 

 

 

埼玉県東京都の摩利支天を祀る寺社

埼玉の摩利支天

 

摩利支天を調べると、飯能市に五カ所の摩利支天のお堂、社がありました。興味を持って、埼玉県の摩利支天を祀る寺社を調べてみました。

併せて、東京都も入れました。

この画像は当寺の摩利支天掛軸です。

摩利支天Wikipedia

 

 

とても小さい掛軸です。現在は友人の手元にあります。

かなり丁寧に描かれています。

 

摩利支天社 飯能市美杉台5-16  平等院の西、防災倉庫から山に向かい約100メートル。ブログ

 

摩利支天堂    飯能市長沢  顔振峠(こうぶりとうげ)の平九郎茶屋(長沢1562)の東脇を降りてすぐ。ブログ

 

八耳堂  飯能市大河原582  軍荼利神社 摩利支天社   ブログ

 

円泉寺  摩利支天掛軸  飯能市平松376   ブログ  

 

御嶽神社  飯能市中藤中郷四郎寺 石仏  ブログ


熊野神社(洞雲寺裏山)  摩利支尊天文字碑  ブログ
   洞雲寺  飯能市下名栗368

 

摩利支天神社  埼玉県日高市久保51  ブログ

 

下野上神社  摩利支天碑 秩父郡長瀞町野上下郷字横丁2046 

父不見山(ててみずやま)の南 石祠 秩父郡小鹿野町藤倉の寺平

摩利支天社  小鹿野町藤倉日尾

摩利支天石碑   秩父郡長瀞町上野上

奈倉館跡 摩利支天跡  秩父郡小鹿野町下小鹿野納蔵

日本武神社(十六様)   秩父郡小鹿野町般若  新編武蔵野風土記に本地仏として愛染・文殊・千手観音・不動・馬頭・薬師・烏蒭瑟麼・普賢・地蔵・大日・摩利支天・軍荼梨・勢至虚空蔵大威徳・弥勒とある。「秩父三大修験」

能気神社 摩利支天碑 埼玉県秩父郡東秩父村安戸382  ブログ

 

摩利支天堂  深谷市江原84-1  木曽御嶽信仰の神社。丸江講の元拠点。ブログ

 

摩利支天堂  秩父郡横瀬町大字横瀬5108番地 地図  個人の所有  ブログ

 

剣ヶ峰  摩利支天石碑  比企郡ときがわ町  堂平山からテレビ中継受信塔のある山頂町

八宮神社  摩利支天像  比企郡嵐山町廣野927  ブログ

 

大行院  摩利支天石仏  比企郡嵐山町大蔵558

石仏群の内 摩利支天  本庄市児玉町小平  秋本橋(小山川) 県道287号線脇の崖下

摩利支天社と摩利支天碑(文字)  大里郡寄居町西ノ入り  仙元山

花園御嶽城跡  摩利支天碑   大里郡寄居町末野2185  「御嶽山大神、八海山大神、三笠山大神」以外「妙見尊神」など  地図

摩利支天  埼玉県羽生市弥勒   ブログ

 

摩利支天堂  入間郡越生町  五大尊つつじ山から大高取山への登山道  ブログ

 

摩利支天王  あじさいやま公園 入間郡越生町麦原 越生町麦原528 ブログ

 

摩利支天塚古墳?   坂戸市

土屋神社 摩利支尊天石碑   坂戸市浅羽野2-2-11  ブログ

 

東印寺 摩利支天石仏   加須市中種足1378ブログ

 

摩利支天大神の石碑  本庄市児玉町稲沢  ハイキングコース(尾根)

摩利支天堂  川越市寺尾 勝福寺(寺尾640)の東 パールメゾンの前  地図

本応寺番神堂 日天子・月天子・明星天子・摩利支天  川越市石原町1-4-10

熊野神社  摩利支天碑  川越市岸町2-21-7

御嶽神社  摩利支大神  東松山市下唐子  下唐子1号墳の上  ブログ

 

摩利支天神社   南埼玉郡宮代町本田4-5-32  屋敷神  ブログ

 

長久寺 猪に乗った将軍地蔵  坂戸市浅羽1486

※久邇カントリークラブ内  猪に乗った将軍地蔵  飯能市平松

※安立院  猪に乗った将軍地蔵   東京都台東区谷中

 

東京の摩利支天

徳大寺 台東区上野4-6-2  摩利支天が本尊  ブログ  ※摩利支天だけの御朱印を受け付けているのは、ここだけだと思います。

玄静院 摩利支天堂  豊島区南池袋3-6-16

感通寺  摩利支天堂   新宿区喜久井町39

裏宿神社 青梅市裏宿町 中世は摩利支天宮776  裏宿神社に変えた。ブログ

常福院仁王門  摩利支天像  東京都青梅市成木7丁目1192   ブログ   

正福寺  摩利支天石像  東京都青梅市今井2丁目1045    ブログ
 
泉岳寺  摩利支天像(秘仏)  東京都港区高輪2-11-1 
 
日先神社  江東区猿江1-22-12
 
妙善寺  摩利支天像  東京都港区西麻布3-2-13

豊川稲荷東京別院  摩利支天石像  東京都港区元赤坂1-4-7   
 
西方不動尊 摩利支天石仏  東京都北区上中里1-47
 
本立寺 摩利支天像 東京都八王子市上野町11-1 ブログ  ※ここの摩利支天御朱印は、朱の三尊の押印だけのようです。
 
 

 

※意外だったのは、埼玉県では飯能市が一番多かったことです。出かけるにも近場が多いので、結構回ることが出来ました。青梅市は飯能とは隣接しています。

関東全域、日本全域は調べるのを止めました

 

別:八千矛神社(摩利支天宮) 群馬県佐波郡玉村町川井1192  ブログ

 
別:摩利支天塚古墳と台林寺  栃木県小山市飯塚   ブログ
 
 
 
別:善光寺 世尊院釈迦堂  摩利支天像  長野市長野元善町475  ブログ
 
 
別:将軍山 摩利支天  秋田県大仙市  ブログ
 
他にも寺院神社、故人蔵など、多く祀られているはずです。
他の仏様ですが、「○○寺の□□様は、なぜ載せてないのか?」と電話してきた方がいました。
私は、「ネットに載っていない□□様は、掲載していません」と伝えしかありませんでした。
その地区で少しは知られていても、情報がない場合は掲載することが出来ません。
 

東京国立博物館表慶館 アラビアの道-サウジアラビア王国の至宝展

 アラビアの道-サウジアラビア王国の至宝展

「仁和寺と御室派のみほとけ-天平と真言密教の名宝-」を楽しんだ後、表慶館に向かいました。

仁和寺展の券でご覧になれます。

 

王族の継承で権力争いも伝えられた国です。没収された王子達の財産額が桁違いでしたね。

 

最初に石像が迎えてくれます。紀元前3000年前後の人形石柱です。

 

彩紋鉢などの土器

 

ダーダン王国の男性像、イスラム教徒に頭部を壊されたのでしょう。紀元前4~3世紀

 

ヒトコブラクダの像  紀元前2~3世紀ごろ

 

緑彩双耳壺  1世紀前後

 

少女の葬送要のマスク  1世紀頃

 

ダーダン文字碑

 

その他沢山の秘宝が楽しめました。

 

仁和寺展は大勢来られていましたが、ユックリ楽しめます。

 

特別展「仁和寺と御室派のみほとけ-天平と真言密教の名宝-」3月11日まで

東京国立博物館平成館で開かれている特別展「仁和寺と御室派のみほとけ-天平と真言密教の名宝-」に行って参りました。

国宝三十帖冊子など貴重な文物が展示されています。  link

ほとんどが撮影禁止なのですが、観音堂の仏様と内部を再現した場所は撮影可能です。

 

葛井寺の千手観音像は素晴らしいですよ。他にも沢山の仏様に会えます。

ページ上部へ