花・植木

百日紅

境内の百日紅が、まだまだ元気です。

お盆には、ますます暑さを感じそうです。

中門の前

 

永代供養塔前

 

お墓の紫がかった 花

 

ピンクの花は、そろそろ終わりです。

 

枝の伐採

今日は道路に面した木々の枝を伐採しました。寺の役員さんの提案で、護持会費で対応していただくことになりました。

道路に枝が出ており、危険防止のためです。紅葉は根を切りすぎていましたので、かなり枯れ枝がありました。

朝は8時から近くの植木屋さんが3人と警備員1人の計4人でした。

抜け道になっていますので、かなりの車の量でした。

 

昔は桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿と言われておりましたが、今は桜を切った後に何かの液剤を塗り、幹を保護しています。

たしか、北海道の公園で行われたのが、国内に広がったのだと記憶しています。

 

警備員がいないと、外での伐採は怖いです。

しかし、指示に気がつかず、停止しないで対向車が来て慌てている車を三台見ました。

状況判断が出来ない運転手さんもいますので、警備員さんも大変です。

 

4時に山桜の太い枝を切りました。これでおおむね最後の作業です。

 

5時に作業は終了です。

道路に太い枝が落ちる心配は、ほぼ無くなりました。

後は境内の桜の木が何本か残っています。急ぐ必要がありませんので、後日改めて行うことになっています。

ユリが満開です

阿弥陀堂脇のユリが満開になりました。

早く咲き出した花は、もう終わりになりそうです。

 

虫も飛んでいましたが、速すぎて撮影できませんでした。

 

本堂前は、同じ時に植えたのですが、ひ弱です。土質が悪いのでしょう。

 

沙羅の花

境内の沙羅の花は、これから咲く花、咲いている花、実とかわっていきました。

まだ蕾です。

 

花が開きました。

 

花びらが落ちて、実となります。

 

実には、雄しべがありました。

 

実が枯れて、開ききっています。種はなさそうです。

 

 

このような変化が、一度に見られるとは思っていませんでした。

結構長い期間、次々に開花して楽しめる花の訳が、分かります。

 

紫陽花

境内のアジサイがきれいな時期です。

 

 

 

まだまだ楽しめますので、ぜひおいでください。

樹木医さんによる木々の治療

年数回お寺の弱った樹木のために、樹木医さんに治療をお願いしています。

 

今は元気ですが、かつては上三分の一が黄色くなり、勢いがありませんでした。

塀を作るとき、設計士さんに木が枯れないように依頼したのですが、自分の美意識優先で、根をかなり切ってしまいました。毎年数回手入れをしていますが、今年になり、急に勢いがなくなり、枯れそうです。

 

溶液を注入後、地表に黒い肥料を追加します。

境内には多くの木がありますが、弱った木もほとんど力強く葉を茂らせています。

 

近在のお寺さんにも御紹介しましたが、明らかに良くなっているようです。

 

 

南天の白い花

銭洗い弁天さまの脇には、赤と白の実を着ける南天の花が咲いています。

花はどれも白です。

赤い実の南天の花

 

赤い実の南天の花②

 

一番下の写真が、白い実を着ける南天の花です。見比べると上の花とわずかに異なります。

白い実の花は、少し黄色みを帯びています。

 

移植した寒椿に芽が出てきました

新大型墓誌の建設のため、先月植え替えた寒椿に、新しい芽が出てきました。昨日はなかった芽です。幹から出た赤い部分が新芽です。

葉がついていた部分は、新葉となっています。

 

 

かなり枝を伐採したため、暑さに負けて芽が開かなかったり、木全体が弱り枯れ枝になる可能性が残っています。

週二回の水やりは、必ず行うようにしていますが、あと数年は気が抜けないと思います。

 

 

このまま新芽が大きく育ちますように!

 

さつき

境内のサツキが咲いています。

毎年、この花を楽しみにしている方も多いようです。

 

 

 

紫陽花は、まだまだ先です。

 

弁天池のナガバオマダカ

 

弁天様の池に、ナガバオマダカの可憐な花が咲き出しました。

檀家さんが、昨年持ってこられ、植えられた水草です。株がかなり増えています。

親戚の伯父さんがメダカを飼っており、家でも植えたのですが、また繁殖したのだそうです。

 

北アメリカ原産の帰化植物ですが、生態系を破壊するため、勝手に川や池などに移植をしたり、捨てたりすることは避けないといけないようです。

 

 

 

 

場所が日陰ですので、花もまばらです。

ネットで調べると、もっと咲いているのを見かけます。

 

 

ページ上部へ