花・植木

河川敷の彼岸花

今年は隣の市にある巾着田は、彼岸花の芽を刈り取ってしまいました。

新型コロナウイルスのために、仕方無しの対応でした。

市内某所の彼岸花です。

 

早朝から何人もの人が楽しんでいます。

 

 

車を駐める場所がありませんので、ここへは歩いて行くことになります。

 

←ザクロの実               台湾の寺院  法水寺 群馬県渋川市→

 

秋彼岸 ザクロの実が大きくなってきました

ザクロの実が日に日に大きくなってきました。

昨年初めて実を付けるけましたが、虫に穴を開けられて腐ってしまいました。

今年は薬剤を散布しましたので、少しですが実があります。

 

 

まだ花も咲いています。結構長い間咲いています。

 

 

まだこれから咲き出す花もありますので、更に結実するのか楽しみです。

 

 

当寺のザクロを持った鬼子母神さま

 

お釈迦様のお陰で、鬼女から子育ての福神となりました。

かなりふくよかな御尊像です。慈母像と言えるでしょう。

 

←彼岸の入り               河川敷の彼岸花→

 

ホオズキのスケルトン

境内阿弥陀堂にいる石屋さんが、お盆に使用されたホオズキをスケルトンにしました。

ただ水につけておくと表面が柔らかくなり、皮が溶けてきました。

ブラシで皮を取り、漂白剤を入れるだけで完成です。

 

 

白とオレンジが見事に調和しています。

 

 

 遠頼の画像                福禄寿画 作者不明と藤原伊剰作の掛軸→

 

アジサイの狂い咲き

永代供養塔脇に阿弥陀さまの石仏があります。

後ろに昨年植えた紫陽花が、狂い咲きしていました。

 

 

他の花は終わりなのが分かると思います。昨年も狂い咲きしていました。

もう9月ですから、すでに猛暑の時から咲いています。

 

 

来年は、もっと咲くでしょうが、狂い咲きすることはないと思います。

 

←小さな薄緑の花               聖観音と空也上人の掛軸→

 

小さな薄緑の花 カラスウリと思っていたらアレチウリだった

永代供養塔とペット供養塔の間に、寒椿がありますが、カラスウリを這わせてみました。

かつては檀家さんが断らずに切ってしまいました。

 

 

じっくり見ないと気がつかないと思います。小さな目立たない花です。カラスウリと異なります。

 

 

 

小さな虫たちも来ています。

 

 

かつてあった同じような蔓草がありましたが、遙か大きく白い花でした。これがカラスウリだったのです。

アレチウリは特定外来生物ですので、全て取り去るつもりです。

残念。

 

 

他の場所に実のなった蔓草がありました。

来年は種から挑戦します。

 

←この高温の中 永代供養塔墓誌彫刻作業          アジサイの狂い咲き→

 

オリエンタルユリ ピンクの百合

境内の一角にピンクの百合が咲いています。

オリエンタルユリと思うのですが、確証はありません。

 

境内のゴミ小屋に捨てられていた球根を取りあえず植えたのが、このピンクの百合でした。

おそらく、お墓にあったのだと思います。

 

 

捨てた人も、このように良く咲くようになるとは、思わなかったと思います。

 

←梵鐘の供出 現在の坂戸市・鳩山町・鶴ヶ島市の寺院          道本憲壽の書

ユリが咲き出しました

境内のユリが咲き出しました。

お墓参りの人が、スマホで写しています。

 

 

駐車場に面したユリが、一番きれいです。

 

 

御本堂前は、土の質が悪かったために茎が細く、花数が少ないです。

 

 

ここ一週間が見頃だと思います。

 

←梵字円相掛軸               天皇陵 御陵印の御朱印掛軸

 

クチナシの花

阿弥陀堂入り口のクチナシが咲いています。

あまり良い場所ではありませんが、移植する場所がありません。

 

雄しべめしべを見て、クモがいると言った子供がいました。

 

 

マダマダ咲き続けます。

 

 

以前は離れた場所から甘い香りを楽しむことができましたが、入院以来近づかないとあまり感じません。

前に比べるとズッと香を感じるようになっていますが、残念な気持ちでいます。

 

新型コロナウイルスの影響ではありません。たぶん !

 

すぐ側にトカゲがいました。

 

 

シャッターチャンスがあればと思っていたのですが、やっと撮ることができました。

 

←コロナで破綻した会社がありました                  姥宮神社 埼玉県寄居町→

 

ヤマアジサイ

アジサイは日本が原種なのだそうです。

その一種であるヤマアジサイです。ベニガクと言われる種です。

 

 

奥に見えるアジサイと大きさが違うのが分かると思います。

日本から中国へ。更にヨーロッパに渡り、日本に伝わった種類が私たちが日頃見るアジサイです。

 

 

大きな花を付ける栽培種は、まだまだ先に咲きます。

 

 

2020/06/03

 

アジサイWikipedia link

 

←横室の摩多利神碑 群馬県前橋市 横室歌舞伎衣装脇                 ツタンカーメンの椅子レリーフ 京都科学標本レプリカ→

 

芍薬

三色の芍薬が植えられています。どれも檀家さんからの奉納です。

数日前に撮影した白い花は、本堂前にあります。今は一番の見頃を少し過ぎました。

 

 

仮植えしているピンクと黄色の種類です。

 

さらに増えていくと思います。楽しみです。

 

←諸尊仏龕 枕本尊 三開仏              教王図尊像 (釈迦三尊十六神)善→

ページ上部へ