花・植木

もみじ

境内のモミジが色づいています。モウ一本は、まだまだです。

黄葉は勢いがありません。

 

銀杏は、もう少しで黄色くなりそうです。

 

一部のドウダンツツジは、見事に赤くなっていますが、あまり色づかないうちに落葉しているものもあります。

 

 

今年の菩提樹の実は少ないです

今年の実は、台風のため落ちたのが多く、たくさん実を着けたのは少なそうです。

見ての通りです。

菩提樹の落ち葉が、毎日大量に落ちています。

昨年の菩提樹のみです。阿弥陀堂にあります。

 

数年前に七個付いた実を拾った方が、宝くじで50万円当たりました。

私も、それを聞いて10枚買いましたが、当たりは300円でした。

 

春の菩提樹の花 link

寒椿(山茶花)の赤い花が見事です

 

参道の4本の寒椿が、きれいに咲いています。

例年はこれ程咲くことはありません。

 

他の種類は、残念ながら勢いがありません。

日陰に植えた白い種類は、ほとんど花がありません。

植える位置を間違えたのかもしれません。

 

 

 

 

まだしばらく、咲き続けるでしょう。

 

 

山ツツジの狂い咲き

山ツツジは春に咲くのですが、今年は春に負けず咲いています。

これ程咲いたのは初めてです。

盛りが過ぎて、花びらが落ちかけています。

以前は藤が5房ほど咲いていましたが、天候の関係でしょうか。

センリョウが赤くなりました

お水屋の所にあるセンリョウの実が、赤く色づきました。

 

自然と生えた木が、年々枝が増えています。

 

もう少し熟してくると、鳥がついばみにやってくるのでしょう。

 

小学生の松笠とドングリひろい

昨日、小学生が来て、松笠とドングリを拾っていきました。

赤松は3本あり、私も見つけましたが、松笠はたった一つだけでした。

赤松ですから小さいです。

 

ドングリはまだありましたが、良い状態は少ないです。

子供が小学生の頃は、工作用に前もって拾っておいたことを思い出します。

 

十両(ヤブコウジ)が色づき始めました

本堂前の庭石の脇に、自然と増えた十両の実が、赤くなりました。

年々根を張り、増えていきます。

千両、万両は1本だけで見せますが、十両は高さが十数センチしかありません。群生していますので、実がなると見事です。

鉢に寄せ植えしているのを見たことがあります。

 

境内の花

秋明菊以外は今の時期、花も少なく気がつきません。

いろいろ探してみました。

 

これからの花、もう終わりの花、雑草、いろいろ見つかるものです。

こんな実もありました。

 

 

千日紅 ストロベリーフィールド

夕方にお墓に行くと、千日紅(ストロベリーフィールド)が咲いていました。

 

小さな蛾が止まっていました。

 

 

花も終わり、種を付けている物もありました。

もう少しすると一面に種が落ちて、来年はさらに広がるようです。

 

山椒の実

境内には自然に生えた山椒が何本かあります。

一本だけに赤い実がなっていました。

 

もう黒い種が見えていました。実の皮は調味料に使用でき、蒲焼きなどにかけます。

 

実を付けるのは雌株だけなのだそうです。

赤い実は、きれいですね。

ページ上部へ