2018年06月

まだあるタイムズマート 飯能店長さんのボランティア活動

タイムズマートの本部は、とうになくなっているのですが、タイムズマート飯能の店長さんは年中無休で、まだ頑張っています。
 
場所
 
それだけでなく、「立ち上がれ飯能プロジェクト」を組織して、ボランティア活動にも力を注いでいます。
主に東日本大震災、熊本地震などです。
震災直後は、物資をトラックに満載して運びました。震災地域との交流などにも力を注いでいます。
 
ホームレスにも衣類を配っているそうです。
 
 
飯能市を中心としたアニメのヤマノススメにあるお店です。
ヤマノススメのグッズが置いてありますよ。ヤマノススメ
 
 
 
 
すぐ西隣は、名刹の天覧山能仁寺です。
 
先日、「飯能学」で講義をしたそうです。
内容は、『天覧山入口「ド根性コンビニ」店主の飯能奮闘記』です。
副題は「講師・本部倒産後も営業を続けているタイムズマート飯能店主」でした。
 
実際よくやっているよなあ! と思っています。
 
 
 
その折り、当寺の募金箱(賽銭箱)に触れて、「立ち上がれ飯能 !」に使用されていると、話していただきました。
 
それ以外にも、毎年の「永代合同法要」の塔婆料も立ち上がれ飯能と、他の2カ所に渡してあります。
 
お店にも募金箱がありますので、近くに来られたら、ぜひ募金をお願い致します。
 
また、宮城県産の特産ワカメを取り寄せて販売しています。風評被害に負けず、頑張っています。
怖がって逃げた国会議員にはあきれました。人を批判する資格などありません。
店長の爪の垢を煎じて飲んで欲しいです。
 
アイスクリームも、美味しいですよ。
この日は、お菓子を買って帰りました。
時折、ワカメも買います。
 
 

天神社宮司が日刊明星に俳優さんの滝行指導で掲載されています

西澤宮司は月に数回はマスコミからの取材や、タレントさんの滝行撮影、海外メディアの撮影などを受けています。

地元の方々の応援も後押ししていただいています。檜原村観光協会のご協力もいただけることになりました。

 

集英社の月刊明星 七月号でモデルは、人気俳優さんの押田学さんでした。

押田岳さんのtwitter

 

宮司は礼儀正しく 謙虚で爽やかのある青年で、 真剣に行に打ち込む姿に感銘しましたと話していました。

私はテレビをほとんど見ませんので、明星をめくっても、誰一人知っている芸能人はいませんでした。

時代遅れと言われそうです。

 

   滝行 東京都西多摩郡檜原村  リンク

 

愛染明王 縁結びの仏さま

 
御本堂内陣の奥にお祀りしていた愛染明王さまです。
信者さんの要望もあり、最近、御本堂向かって左側の部屋に、お祀り致しました。
 
 
 
御本尊さまがお不動様ですので、当寺にふさわしいと思い、5年ほど前にお招き致しました。
 
 
 
愛染明王様には十二の大願があり、その内の「女性に善き愛を与えて良い縁を結び、結婚後は善根となる子供を授ける」ことから、女性の間に縁結び、子授けの仏様として信仰されるようになりました。
 
 
 
 
弁財天十六童子さまと共に、お祀りしています。
 
近頃お参りしたい女性が、時々来られます。
いつでもお参りできるわけではありません。ご法事や行事などで、対応できないことが多くあります。
 
 

箭弓稲荷神社参拝 埼玉県東松山市

東松山市の箭弓稲荷神社に参拝して参りました。

かつて東松山駅には西口がありませんでしたが、西口ができ電車での参拝には便利になっています。東口には、赤い大きな鳥居がありましたが、老巧化と再開発のためになくなっていました。

 

 

 

かつての境内地は、駅も含む広い範囲だったようです。

 

歴史のある優れた神社としての格式を感じます。

 

宇迦之御魂社羽、七代目市川団十郎が崇敬者だったそうです。芸事の向上に来られる方が多いそうです。

 

牡丹園は花の時期、多くの方が訪れますので、車での参拝は避けた方が良さそうです。

 

以前お参りに来たときは、縁結びの場所は無かったと思います。

箭弓稲荷神社 埼玉県東松山市箭弓町2-5-14    

トンボ

 
境内にはいろいろな昆虫がいます。
クマンバチ、アシナガバチは願い下げですが、蝶やトンボが飛んでいました。
これはオニヤンマだと思います。
 
やっと止まっているトンボを撮ることが出来ました。同じトンボです。
 
 
シオカラトンボでしょうか、同じ場所に何度も飛んできたので、撮影できました。
 
飛んでいる姿は、全てピント外れです。
 
他の種類もいたのですが、まともな写真がありませんでした。
ネットで見るトンボのようには、とてもとても撮れませんね。
 
 

梅干し

境内の石屋さんが、梅を漬けています。40キロは漬けているようです。

ほとんどを檀家さんや信者さんに分けているようです。

私の家には、数十年分の梅干しがありますが、お医者さまから塩分控えめと言われておりますので、なめる程度しか食べられません。

 

当寺の山号は、「梅松山」ですので、それに因み数十年前に植えました。

この写真の梅は、天神社前の物です。一番多く実がなります。

 

 

儲からない仕事が多い石屋さんです。

沙羅の花

境内の沙羅の花は、これから咲く花、咲いている花、実とかわっていきました。

まだ蕾です。

 

花が開きました。

 

花びらが落ちて、実となります。

 

実には、雄しべがありました。

 

実が枯れて、開ききっています。種はなさそうです。

 

 

このような変化が、一度に見られるとは思っていませんでした。

結構長い期間、次々に開花して楽しめる花の訳が、分かります。

 

洋服に下駄? 僧侶と下駄

何とも変な題で、申し訳ありません。
別々に取り上げても良いのですが、時代の変遷を感じています。
 
先日、ある女性とショートメールで連絡を取っていると、会話の流れで会社に下駄で出勤したと書いてありました。
 
「洋服 下駄」と検索すると、たくさんの洒落たサンダルのような下駄の画像が出てきました。
滑らないよう、音がしないようにゴムを張ったのもあります。
 
今若い人に、下駄を普通の洋服に会わせるのが、流行りなのだそうです。
 
 
私の下駄は、もう十年は使用していません。
メールを読み浮かんだのは、このような下駄だけでした。
 
彼女の会社はIT企業ですので、比較的服装が自由なのでしょう。
その会社だけでなく、他の会社の方々も下駄で行く方がいるのでしょうか。
おそらく普段の日のカジュアルな装いだと思います。
 
会社で着替えたのかもしれません。
一般の企業でしたら、きっと怒られるでしょうね。
 
近々都内に行こうと思っていますので、若者の足下を見てみたいと思っています。
池袋近辺では、いないかもしれません。
 
 
話が変わります。昔を思い出しました。
私が総本山智積院にいた昭和50年までは下駄でしたが、途中金堂が出来てから草履になりました。
建物の至る所で、磨いた大理石を使用したため、滑る人が続出したためだったと思います。
 
 
私も危なく滑りそうになった事がありました。
特に雨の日は危険です。
 
江戸時代の智積院は、仏教総合大学のような寺でした。
一番多いときは、2000人の僧侶がいたそうです。
場所は東山七条ですが、朝には五条まで下駄の音が聞こえたと伝えられています。
一般の人は、中には入れなかったようです。
 
昭和2年の某お寺のお弟子さん達(関連寺院のご住職)です。20年ほど前にお借りして、カメラで複写しました。スキャナーでもコピーしたのがあると思います。
 
全員が下駄を履いています。
 
智積院末寺の成田山、高尾山は、今でも御護摩の時は下駄だったと思います。
儀式によっては、分けているかもしれません。
他の真言宗でも、大きな寺院での儀式は下駄を多く見ます。
 
しかし、今では他宗旨も一般の寺院では、草履しか見たことはありません。
ホールで行われる通夜葬儀では、当然草履となります。
 
道路に砂利が撒かれ、その後アスファルト舗装となりました。
さらに車に乗っています。下駄で運転するわけにはいきません。
 
 真言宗智山派 総本山智積院  
 
 
追記
このブログを見た、メールの女性からメッセージが届きました。
会社では平服でよく、営業の人とお客さまの所へ伺うときだけスーツだそうです。
他の人は、ズッと以前ですが、中村雅俊の下駄姿にあこがれたと言っていました。
 

香取神宮参拝 千葉県香取市

前回お参りに来たときより、かなり多くお参りに来られているようです。

 

三の鳥居と総門から、本社に向かいます。

夏越の祓のため、茅の輪くぐりをする人が沢山いました。

インターチェンジから近いからでしょう。東国三社の中では一番の人出です。

 

 

東国三社は5人の内、3人が初めての参拝でした。疲れましたが満足していただけたと思います。

帰りは近くにインターチェンジがありますので、2時間程度で帰ることが出来ました。圏央道のお陰です。

香取神宮ホームページ      

息栖神社参拝 茨城県神栖市

鹿島神宮の後に息栖神社をお参りしました。

駐車場に駐めると、先ずは忍潮井に向かいました。

 

忍潮井(おしおい)の内 女瓶

 

 

東国三社のなかで息栖神社は、一番知られていない所です。

交通の便が悪いことや、道が狭く大型バスが来られないからです。

昨年来たときより、多くの方がお見えになっています。圏央道の使用が、良い流れとなっていると思います。

 

御本社

 

理然法師、藤原時朝、諦如法師、稱佛法師の歌碑がありました。残念ながら、知らないか方々のお名前です。

 

境内の稲荷社にもお参りしました。

 

ページ上部へ