2006年10月

日蓮宗 常圓寺 新宿区

新宿駅からは、すぐ近くにありますが、とても落ち着いたお寺です。

今日の目的は、妙見菩薩を祀る寺として、お参り致しました。

おそらく右の建物が、日蓮宗仏教研究会だと思います。ここに妙見菩薩は祀られているようです。

 

入口や御本堂前の桜が、春には見事な花を咲かせるのでしょう。

太田南畝(蜀山人)の筆による、便々館湖鯉鮒作の「三度たく 米さへこわし 柔らかし 思ふまヽには ならぬ世の中」の狂歌碑があります。

 

高校の日本史授業で狂歌は、少し触れてあったことがありましたが、川柳さえも理解できない私には、遠い世界でしかありません。

 

常圓寺  -5 地図            ホームページlink

日蓮宗 常圓寺 目黒区八雲

東急東横線の都立大学駅より、すぐの場所でしたので、間違えずに向かうことができました。

 

 

気軽に寄って散策している方が、何人もいました。

大きな銀杏の木を見上げる人たちがいましたが、私も同じです。

 

妙見堂は山門を入り、向かって左側にありました。お堂内には妙見菩薩と七面天女が祀られています。

 

常円寺  東京都目黒区八雲1丁目2-10 地図              ホームページlink

 

天台宗 目黒不動瀧泉寺 参拝

江戸五色不動尊の内、目黒不動瀧泉寺に参拝致しました。

 

妙見菩薩関連の星曼荼羅などもあるようです。

阿弥陀堂

男坂を登りました。

 

お不動様を祀る御本堂に参拝。

 

寺では甘蔗まつりを行っていました。甘蔗とはサツマイモです。

飢饉に備え、薩摩芋の普及に尽力されましたので、甘蔗先生と言われています。

裏に回り、青木昆陽のお墓をお参り致しました。青木昆陽Wikipediaリンク

青木昆陽墓

 

目黒不動瀧泉寺  東京都目黒区下目黒3丁目20−26 地図            ホームページlink

 

法華宗 妙見山立石教会 東京都葛飾区

門柱には「法華宗妙見山立石教会」とありました。

妙見菩薩をお祀りしているのでしょうが、詳細はマッタク分かりません。

 

 

妙見山立石教会 東京都葛飾区東立石4の40の13 地図

東京大仏 浄土宗浄蓮寺 妙見祠 板橋区赤塚

浄土宗の寺に妙見さまの石祠がありますが、元々は赤塚千葉氏の城跡でした

寺は国道17号線拡幅のため、ここに移転しました。

ここより少し北側にある城跡が、公園となっています。

かなりの急な階段です。

城跡でもあったのですから、無理もありません。

御本堂にお参りしたあと、大仏にも参拝です。

 

 

しかし、目的の石祠が身からず石材店の方に聞くと、大仏側の二の丸跡の石柱の脇にありました。

千葉氏は妙見信仰がありましたので、お城でも妙見菩薩を祀っていたと思います。

 

池には弁天様が祀られていました。

 

追記 2018年

以前、初詣にベビーカーの自粛をネットで非難されていました。

あとで調べると無理もないことが分かりました。かなりの階段と急坂ですから、坂からの参詣はベビーカーが優先されるので、大きな子供がベビーカーで参拝するなど、問題があったようです。ベビーカーにつまずいて怪我をする人もありました。

調べずに、行きもせず書くのも問題ありです。

 

浄蓮院 東京都板橋区赤塚5丁目28−3 地図

ページ上部へ